退職・転職のコラム記事

クールビズをして再就職の面接場に出向く場合、やっぱりジャケットま・・

クールビズ(軽装)のスタイルで再就職の面接を受けに行く場合、ジャケットはさすがに着用しなくても良いと断言できます。ですが、ネクタイは面接ではつけている方が好印象を与えてくれます。タイに関してもジャケットと一緒でなくても大丈夫だと認める企業も存在する確率もありますが、ことネクタイに関してはクールビズであろうと必ずつけなければならないと考えている会社がある程度あります。
退職・転職のコラム記事

転職のため職探しをする際に注意すべき求人は、そんなにきつそうな仕事ではないのに給料が高めで、…

転職活動をする場合に注意が必要な募集内容は、そこまできつそうな仕事内容ではないのに給料が高く、拘束される時間が長いものです。こういった案件は、記載されている給料に『みなし残業代』を含んで計算しているケースがたいへん多いです。みなし残業代というのは『みなし』とも呼ばれ例えばですが、30時間、45時間といった形で求人の記載内容に時間が書いてあります。
退職・転職のコラム記事

違った職場がいいと転職を希望するときの場合には「一刻も…

違った会社につきたいと転職をする活動をしている中のとき、「ほんの少しでもはやく、内定(採用通知)がものにしたい」と思ってしまうはずです。でも、その気持ちが強くて内定通知が得たいばかり、自身の能力について、嘘の申告をしたり、あるいは逆に自分を過小評価にしかならないマネは出来るだけ避けておきましょう。
退職・転職のコラム記事

転職サイトは一度登録したあとに、電話・メールが何度も掛かってきます。

転職エージェントに一旦登録すれば、電話やメール連絡が執拗に入ります。これに関して「転職エージェント」の利用が初めての人は非常にびっくりするケースが少なくありません。転職エージェントは転職させることが役割だと考えられるので、とても積極的にアプローチしてきます。
退職・転職のコラム記事

転職活動の際には履歴書と職務経歴書が必要になってきます。

転職活動においては、履歴書と職務経歴書が必ず必要です。企業の大多数は履歴書や職務経歴書の記載内容を元に面接するかどうかを決めるため、まずはこの2枚の書類の作成が大事です。単に記入するだけでなく、内容の魅力化を図ることも大切です。「職務経歴書」は、これまで行ってきた職務の詳細と、自己アピールをしっかり記入します。
退職・転職のコラム記事

派遣として就業しています。派遣法や労働契約法のおかげ…

派遣で勤務しています。労働契約法により否応なく、長く務めてきた企業でのお仕事を終了しなければなりません。同じ派遣の人の中には、派遣の就業先で正規社員の条件を得た方もいるのですが採用された理由としてははっきり言って仕事がどうというのではなく派遣先上司の扱いが得意な方でそのおかげでお引き立てがあったとしか考えられません。
退職・転職のコラム記事

退職|在職中であるのなら、できたら、会社内の人に悟られないよう・・

在職中には、可能なかぎり周囲が気づかないように、(私のときは)前職中に転業したいという考えのみ早いタイミングで社内の人間に言ってみたことがありました。けど、その顎、求人情報を必死に探してみたものの、結局は転職先も転職するタイミングすら何も決まらないまま、やみくもに時間が過ぎてしまいました。そして一方の会社の方も退職に関わる手続き、私自身の退職日などが確定していき、そして最終的には、「退職予定日に合わせて就職先を決める」という、お粗末な状況で会社を去ることになりました。
退職・転職のコラム記事

転職のときに行われる面接というのは、規模の小さい企業であ・・

再就職のための面接では、中小企業クラスの場合、大抵は「人事」が面接担当になりますが、別の場合もあります。例えば、仕事をすることになる現場の担当者、というような課長や部長などが面接担当になる可能性もあります。特に、営業職や事務職などのジャンルでは、資格を介した人の評価が難しいのでやはり自分自身をアピールしていくことがとても必要であります。
退職・転職のコラム記事

退職|人生初の転職を行うにあたって、注意すべきことはなぜ現職を辞めたいか…

初めて転職を行う際、注意しなければいけないのはなぜ今の仕事を去らなければいけないのかを明確化しておくことだといえます。その理由が根本問題なので、必ずやっておくべきです。そして問題を改善できるであろう企業を選んでください。社会に出てからの転職活動は、在学中の就職活動とは違って、今の仕事を継続しながら就職活動を行っていくことから、時間と体力を消耗します。
退職・転職のコラム記事

転職で、派遣社員という勤務形態を考えている方にぜひチェックしてもらい…

転職の際、正社員ではなく派遣社員という勤務形態を考えている方に注意して欲しいことが複数あります。まず派遣社員という言葉を聞くと、「データ入力」「電話対応」「その他雑用」のようなものをぼんやりと連想される方がおそらく少なくないとは思います。実は私もまさにそう思っていました。