退職・転職のコラム記事

就労期間にあるときは、出来るだけ社内の人間に悟られないよう、…

雇用中はできれば周りの人間にバレないよう(ちなみに私自身のときは)雇用期間中に転身する意図のみを早い段階で社内で話したことがあります。けれども、その顎、求人サイトを必死にあれこれ見ていったものの、結局は就職先も転職時期さえも何も決まらずズルズル時間が過ぎてしまいました。そして一方、会社の側は、業務の引き継ぎや手続き、退職日などが確定していき、そして最終的には、「退職予定日に合わせて転職先を決める」という、お粗末な展開を迎えました。
退職・転職のコラム記事

再就職の際の面接では、零細企業クラスの場合大体が「人事」が面接官ですが…

再就職のための採用面接では、零細企業だったら概ねそこの会社の「人事」担当者が面接官ですが、別のケースもあります。例えば、仕事を一緒にしていく部署の責任者、つまり課長・部長などの役職の人が面接をすることもあります。その中でも事務系や営業系などの部署に転職するのなら、資格を介した見極めが難しいので、自発的に自分自身を売り込んでいくことが必要なのです。
退職・転職のコラム記事

人生ではじめて転職をするなら、大切なのはなぜ現職を辞めたいかを…

初めて転職をするのであれば、頭に入れておくべきなのはなぜ今の仕事を辞める必要があるのかをハッキリしておかなくてはいけません。その理由が根本問題なので、やっておくのが無難でしょう。問題解決ができる企業を選んでいってください。転職活動は、学生時の就職活動とは大きく異なり、働きながら転職活動をするので、時間と体力とが必要だと考えられます。
退職・転職のコラム記事

転職の際、「派遣社員」として、転職を考えている人にぜひチェックしてほしい…

これから転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」として、転職を考えている人にぜひ覚えてほしい箇所があります。なんとなく派遣に対して、電話対応、データの入力などの雑務、雑用等をといった業務内容をなんとなく考える方がおそらくいるはずです。本音を言うと私自身もかつてはそう思っていました。
退職・転職のコラム記事

時間に融通が効くはずの派遣社員だからといっても、契約期間を迎えたら…

派遣社員になっても1年経ったら好きな時にすぐ辞められるというわけではないことを転職したことで実感しました。私は結婚した後、生活が落ちついたら、なるべく早く子供を授かりたかったので、妊娠するまでの間のためにおよそ1年半~2年くらい今の職場で継続で仕事したいと思ったので、就職することにしました。
退職・転職のコラム記事

求人関連の情報を見てみると、大部分の場合は大部分の職場で・・

求人関連の情報では、ほとんどの場合、多くの企業では月の給料が記載されているはずです。ただしこの部分を頭に入れる際は、深く確認する事が大切です。その数字だけを見て納得しないほうが無難です。というのは企業によっては、月収の額のなかに「毎月15時間分の残業」が含まれているおそれもあります。
退職・転職のコラム記事

古来より「石の上にも三年」という諺がありますが、現在・・

古来より”石の上にも3年”という諺もありますが、大正末期から昭和初期にかけて原型がつくられた、「終身雇用制度」といわれる現代では「転職」を経験するのが決して珍しいものでなくなっています。そうではあるものの、誰もが簡単に転職できる甘い考え方は禁物です。転職しようと考える場合、時期を図る必要があります。
退職・転職のコラム記事

近頃、株式・不動産投資などといった不労所得、または独立を目指す人も増えています。

今のご時世では、株式・不動産投資をはじめとした不労所得で生活費を稼いだり、自営業、起業等、そのような移り変わりもあるせいか、雇用されて働くことが世の習いといった常識も変わってきています。高度経済成長を遂げている最中には、不安の残る株式投資や自営業者よりも雇用されて働いているほうが大いに将来が安定していて、人生の正しい進路として、またそれが当たり前であるかのように、世の中に認知されてはいました。
退職・転職のコラム記事

転業を検討しているのなら、多様な会社の募集案内をチェックしておけ…

再就職を検討しているのなら、労を惜しまずに多様な企業の募集案内をチェックしておけば転業先の選択をするときに大いに役立ちます。今現在の仕事にやりがいを感じられないと思っている場合、実際に転職活動をするときに、どんな企業でもいいように見えてしまいます。そうなると、どの会社に応募するべきか困ってしまいかねず、選択を誤りかねません。
退職・転職のコラム記事

転職活動をするにあたっては、いろんな経路で情報を収集するのが通常だと思います…

転職活動を始めるにあたって、いろんな経路で情報を集める人が大半だと思いますが、転職系の口コミサイトはとても有益です。一時期、会社に不利益となる悪い口コミが掲載されたということで、損害賠償を、その掲載会社に請求したケースがありましたが、会社の都合で退社した元社員の復讐としてその手の口コミが投稿されていると見るのが一般的ですが、見方を変えると、ウソの書き込みだったなら、会社側が気にする必要は無いと言う事になります。