転職活動をする際は、「履歴書」「職務経歴書」の2点が必須となります。

退職|転職活動する場合、履歴書と職務経歴書が必須といえます。

  • 転職活動を行うときには履歴書と職務経歴書を準備することが必須となります。企業の大部分は履歴書に加えて職務経歴の記載内容を見て面接するかどうかを決めるため、まずはこの2枚の書類の作成が大事なポイントといえるでしょう。ただ穴埋めするだけでなく記載内容が充実していることも大事です。「職務経歴書」では、これまでの職務の詳細や、できる限り自己アピールとなる内容を書き綴ります。また、現在の職務で挙げた実績を、たとえば売上をこれまでの○パーセントアップ達成した、などかなり具体的に書いていきます。難しいと思う場合は、「転職エージェント」に職務経歴書をチェックしてもらって、文章をチェックしてもらったりして自分のブランディングのために転職エージェントを活用してみるのも転職を成功させるための有効な方法です。

  • とみにPCやスマホを使えばわかるけどネット上では、いわゆる…

  • 近頃はスマートフォンを使えばネットのエリアには、要するに「転職に役に立つサイト」と呼ばれるものがあちこちにあります。サイトから自分自身が求めている転職先と思えるのを探すためにも、最初は情報が大事ですから収集から始めましょう。このような「転職サイト」をうまく利用することで効率的な転職先探しができます。最新情報が満載で、客観的なデータもしっかり掲載される優良なサイトがある一方で、情報更新が遅く、粗悪な内容ばかり掲載しているサイトもあるので、注意しておきましょう。はじめは、本当に信用していいのかどうかを見極めることが大事ですから他と比べつつ、確かめてみましょう。

  • 長期間接客関係で務めていたのですが、歳をとるにつれ…

  • ずっと接客関係で仕事をしてきましたが、年のせいか立って行わなければいけない仕事は体力的につらいため、オフィスワークへ仕事を変えることを第一目標として動きました。事務の経験がないとなるとなかなか厳しく、接客の経験も活かせる受付兼医療事務になろうと資格も獲得して個人病院に転職することができました。周りは超ベテランの先輩パートさんだらけで人間関係においても複雑。夜間のシフトばっかり押し付けられ、接客業で働いていた時よりも帰宅時間が遅くなってしまったのですが、初めの頃はキャリア形成の時だと観念し頑張ります。

  • シフトのある仕事についての話なのですが、特定の曜日に仕事できる人を募集している求…

  • これはシフト制のある仕事についてです。毎週、同じ曜日に勤務できる人を募集している求人をよく見ますが、もしも応募しようと思っているならシフトの提出方法や休む手順については、あらかじめ確認しておいたほうが良いです。それはどうしてかというと、私は過去、産休で休む人の代役として、正社員として入社したのですが、そこでは「土日」固定のシフトだったのですが、新人の私以外、他の社員は現場にいませんでした。前任の方が「土曜、日曜」に必ず出勤することができたので、私自身も出勤できる人と思われていたようです。実際「土日」に休まざるを得なくなると、シフトを変更してもらう必要があり、職場の先輩たちに「土曜日に休まなければならないので代わりに出ていただけませんか?」と自らお願いをしに行かなければいけませんでした。立場も給料も同じなのに土日は一人だけなんて・・・。振り返るとよく我慢したな、と自分でも驚きです。

  • 退職|比較的時間に融通が効くはずの派遣社員だからといっても…

  • 時間に融通が効くはずの派遣社員になっても契約期間を迎えたら好きな時にすぐ退職できるわけではないことを実際に転職で気付かされました。結婚し、落ち着いたらなるべく早く子供を持ちたかったので、妊娠するまでと思い約1年半~2年ほど今の継続で続けられれば良いなと思い就職しました。派遣社員としてだったので、正社員より報酬は少なめでしたが、仕方なく時間的な自由が得られるのでガマンしました。でも、入社したあとで、一緒に働く人たちは大多数が10年、15年と続けていらっしゃったのです。意外にも派遣社員だからといって、期間が過ぎたらすぐに辞められる雰囲気などなく、悩みが増えました。

  • 仮にあなたが転職をするとき、「Uターン」「Jターン」「Iターン」に…

  • 再就職をする場合、「Uターン」「Jターン」「Iターン」において都市部から地方へと移住したうえで転職してみたいと思っている方も少なくありません。昔と違って転職サイトを駆使すれば、郊外・地方での求人情報にもタッチできます。ただし、郊外や地方での求人の場合、どうしても都市部よりも少ないので、それがマイナスといえます。そのため、転職サイトだけに頼り切ると機会損失が大きくなるので要注意。転職サイトと併せて、「地方自治体・商工会議所」などのサイトもきちんと確認しておくと良いでしょう。「地方自治体・商工会議所」などの行政が開催している転職サポートのイベントにも確認しておくとよいでしょう。

  • 転職を考える際、その職場の年収を気にしすぎる人がわりと…

  • 転職を考える際、転職したあとの自分の年収ばかりを気にする人は、わりといるでしょう。とうぜん大部分の人は仕事というのは収入を得るため、自分の生活を成り立たせるために行うものです。ですから生活費を給与として得るべく仕事をしているとは思います。だから年収は自身がどれほど評価してもらえているか、としての側面もありますから大切に思うのは当然なのですが、とはいえ、愚かにも年収の額ばかりを執着しすぎるのも考え気がするでしょう。この世には年収が期待できない業種でったも人間的な成長が遂げられる可能性がゼロではないからです。

  • 退職|『今すぐ転職をしたい!』と思っている人のなかで、自分の意志が固いな…

  • 『転職をしたい!』という願望があって、その意志が強いのであれば、退職したいという旨を速やかに上司に伝えるべきです。なぜならば相談という形で話せばもしかすると言いくるめられる確率が高くなるので気をつけましょう。そして、実際にわたしが転職をすると話した時には話がこじれて結果的に、退職までに半年ちかく掛かりました。最初に直属に上司に話した時は年度末、結果的には退職出来たのはこの年の11月です。予定では、区切りの良い年度末を退職のタイミングにしようと考えていたのに、スムーズにはいきませんでした。やはり職場サイドとしても、人事の都合があるのかもしれませんが、社員のを要望を聞かないまま、上司を含め、会社ぐるみでズルズルと伸ばされたので、その会社に対しての前の会社に対しての呆れてしまいました。

  • 働く中で回復が難しいほど精神的に自分が苦しくなって職場を変えなくてはいけなくなってしまった時には…

  • 仕事のせいで回復が難しいほど心的に自分が苦しくなって転職しなくてはいけない状況となったなら、そのときは、職場の人と相談するより自身の家族に話を聞いてもらい退職するかどうか判断した方が良いです。それは、働くことは当事者であるあなたです。が、しかし同時に家族の問題でもあるのです。毎月、納得のいく高い給料をもらっていたとしても、精神がダメージを負うほど我慢しながら無理しながら働くのは健全とはいえません。現在の社会では、経済的なことよりも、働く本人が働きやすいことを重視する生き方も徐々に認められつつあります。ですから、あなた自身の身内や、あなた自身の心身をいたわりましょう。

  • 失業保険の給付に関して、客観的な意味で、職を探している姿勢を見せる必要があります。

  • 失業保険の給付においては、職を見つけようとしていることを理解してもらわなければいけません。でも、現実は「ハードワークから解放されたし、少しの間でも働かずにゆっくりしたい」と思うのが現実でしょう。というワケで、心から働き先を探しているように見せかける方法があるので紹介します。月イチの「ハローワーク」での面談はパスできませんが、その場で求人票の閲覧は最低限必要です。真剣に探したくないときは、閲覧だけして(ハローワークスタッフとの)面談時に「続けられそうな仕事が残念なことに今月はゼロ件でした」と言って、次の機会を狙いましょう。

  • 自身のスキルを有効活用しつつ、就職活動をしようと考えているのな・・

  • 今ある自分のスキルや資格をふまえて転職活動をしていく場合、比較的、再就職しやすい業界とそのスキルが不必要な、転職が難しい業界がある事を認識しておきましょう。転職しやすい業界は、たえず人手不足である医療・介護業界がその最たる例です。医療・介護の職種では看護師や介護士は「資格」を必要で、ハードルが若干高いのも転職しやすさの拍車を掛けています。今、医療や介護の現場で勤務している人が、理由あって他の業界へ転職したいと思っているのなら、すこし踏みとどまった方が良いです。「医療」「介護」以外の働き手の流動性がそれほどありません。ですので、簡単に考えない事が必要です。再就職を希望するなら、ほかの分野の仕事では「医療」「介護」の仕事探しよりも厳しいものとなることを気をつけておきましょう。

  • 退職|ある古物商の人員募集にて、書類選考に受かりました。そ・・

  • ある古物商の人員募集に応募したところ、書類選考をクリアして担当者から、面接日時を教えてもらいました。にもかかわらず、当日、時間通りに指定場所へ行ってみると、どうしてか相手が、面接準備を一切していないと知りました。しばらく待っていると、所長らしき人物が面接担当をしてくれましたが、終始けだるい表情を見せ、ひとまず面接は終わりました。予定日を過ぎているのに、採用結果もまったく告げられず、しびれを切らし、私から問い合わせると、「結果は郵送で本日送付しました」と告げられました。心待ちにしていたのですが、届くことはありませんでした。仕方なく改めて連絡をしたところ、どういったわけか、「今回はご縁がなかったということで」とすぐに電話を切られました。しばらく絶句してしまったのですが、採用されなくて良かったとホッとしています。

  • 再就職の際の面接での身なりは会社側からクールビズでも大丈夫です・・

  • 転職の面接での身なりは企業側からクールビズでも大丈夫ですよと書かれている場合もあります。ですが、クールビズのスタイルで赴くのは実際は社会人として常識に欠けるのでは?と思ってしまう人もいます。そういうことで悩みを抱えている人たちに言っておきたいことが、企業側からクールビズを指定されたのなら、伝達事項を守った方が間違いないです。疑心暗鬼になってしまい、とても暑い季節にスーツをしっかりと着ると相手側に不自然に思われますから、会社側からクールビズ可と伝えられたらクールビズでも大丈夫というわけです。

  • 退職|もしあなたが転職サイトを利用して自分が新たなチャレンジのでき・・

  • 会社の将来性に不安を感じ、転職サイトで自分のやりたい分野のあるストレスを感じずに働ける企業を探しているのなら、「転職エージェント」は必ず利用しておきましょう。どうしてかというと、必要情報を入力し、エージェントサービスに登録したあと、そこで紹介される仕事は、一般的に公開されていないからです。誰でもチェックできる公開求人とは違ってどう比べても、比較対象にならないほどとても質がいいといえます。さらに、あなたに相応しいものをピックアップし、調査して紹介してくれます。ですから、かなり高い精度で理想に近いあなたの希望する職種の求人をもらえたりします。もし、同一の求人を発見したとしても、自分の力で手当たり次第に探すのと比べればとても効率的です。そのうえ試してみる価値はあります。

  • 退職|転職先を探す際、やりがいのある仕事をすることも大切だけ・・

  • 転職先を探すにあたって、仕事におけるやりがいアップと共に加えて収入のアップも大切なことなので「年収サイト」というところに登録して今いろいろ研究をしています。同じ会社で加えて一緒の職種、社歴であるのにずいぶん人によって幅があることも複数あって、ぶっちゃけて言えば面接の際質問をしたことがあります。面接をした人も同じサイトをチェックしていたみたいで「ああ、高収入で書かれているのは、書いた側も誰であるのかある程度予想できるのですが、おそらく良いように見せようとしてるんですよ。低い方だと覚悟しておいてください」とのことでした。

  • 退職|自分自身の大好きな分野の仕事に就きたいと思っている人は注意です。

  • 大好き、を仕事にしたいという風に思っている方は要注意です。これは、私が実際に経験したことなるのですが、私自身、もともと食べることが大好きだったのですが、以前は、飲食の世界(レストラン)で働いていた期間があります。そのお店での業務は、そのレストランで私が任されていた業務は、シンプルな盛り付け作業やホール業務でした。この仕事内容については、不満もありませんでしたし楽しかったのですが、人間関係のいざこざでとても嫌になってしまったのです。ということが原因で、退職する羽目になったのですが、その影響で、大好きだった食べることやその飲食店で提供していた食べ物も嫌になってしまい、よく似た飲食店には現在も行けません。当時の匂いを思い出すだけで気分が悪くなります。仕事を始めた頃は、好きだったものが苦手になるとは思ってませんでした。自分の好きな分野の仕事に就きたいと夢見て、実現できるのは本当に素敵なことです。しかし、あなたの「好き」のレベルはどの程度のものなのか、真剣に自分自身と向き合う必要があります。