退職|派遣として就業しています。労働契約法が原因で不本意で…

派遣で働いています。派遣法とか労働契約法の関連で残念なが…

派遣で勤務しています。労働契約法のせいで残念なことにずっと働いていた就業先での仕事があと数週間で終わります。派遣仲間の中には、派遣先の企業から直接雇用の地位を手に入れた方もいるのですが正直に言うと仕事ができるわけではなく派遣先上司の扱い方が上手な方でそれで採用された様子。職務を遂行するスキルよりもおじさん転がし能力の方が大事なんじゃないのと抜擢されなかった別の派遣のメンバーと勤務先で愚痴を言う日々です。

転職するにあたり、現在勤めている会社を辞める時に「失業保険」を受け取るための手続きをしておく必要がありますが…

転職を目前にしているなら、今務めている会社を辞める時に「失業保険」給付のための手続きをしておく必要があるのですが、自分が望んで退職願を提出して会社を辞める、いわゆる自己都合退職のときはすぐさま失業保険が出るのではなく手続して失業したことが認められてから3ヶ月経ないと実際に受け取ることができないのです。よく勘違いして辞めた次の日から3か月経てば給付されると思い込んでいる人がいますが、実際に誤解してしまった人が、ハローワーク側にミスがあると言い張ってそれが原因となりハローワークの職員と言い争っていたのを過去に見たことがあります。なお、社員側の都合ではなくリストラみたいな「会社都合」での解雇に遭遇したときは、失業認定が下ったのち直ちに失業保険が給付されます。

未経験である業界などに転職したいと考えている場合には・・

全くの未経験である分野などに転職したいと考えているときには、自分が前の職場で育んできたスキルやこれまでの経験が生きるというアピールが必要になります。働いたことのないジャンルの場合、それだけそのジャンルで勤務したことがある方よりも事実、足りない部分はありますが、自らの持っている力がそこで十分に発揮できるということをしっかりと相手に伝えれば、勝負になるケースは多くあります。そういった訳で、未経験のジャンルに挑むときには、その業界と今まで自分が経験してきた仕事内容とのつながりを必ず見付けましょう。

再就職の時の面接などの際に名刺を手渡してきた場合、あなたも名刺を相手…

再就職の面接などにおいて名刺を差し出してきたら、自分も相手の方に名刺を渡す必要があるのかどうかと悩んだときは、大体は渡さなくても良いと覚えておきましょう。転職のための面接に関して言えば仕事の内ではなくて、仕事を得るための就職活動の一環なわけですから、普通に考えれば名刺を交換する場ではないのです。そのうえ、あなたは会社の人間としてその場にいるのではなく、あなたのことでそこにいるわけです。なので、もし相手から名刺を渡さても、こちらの方は、ただ受け取るだけで大丈夫で、面接担当者に相手に渡すことはないと思われます。

求人についての情報を見てみると、多くの会社では月の給料が記載されているはずです。

求人広告には、ほとんどの場合、たいていの株式会社では月の給料が明記されています。しかしこの部分を確認する際は、しっかり確認する事が必要です。その数字だけを見て判断しないほうが無難です。そのわけは企業によっては、月収の金額のなかに月10時間残業の場合が含まれているかもしれません。そういうことは残業代をトータルすることで好条件であるかのように見せ、人材を募集しているケースも考えられるのです。また、基本給プラス歩合給で、歩合をかなり多く見積もって月収として見せている会社もあります。だから、その手の応募者を増やそうとする会社にはスルーしておくのが無難といえます。

退職|転職活動を行うにあたっては、事前に求人雑誌を閲覧したりし・・

転職をするとき、予め、ウェブサイト、求人票、企業パンフレットなどで気になる会社を調査するはずです。しかし、その会社が情報を載せるにあたっては、専属「コンサルタント」が手を入れている可能性が高いです。コンサルタントは、会社の利益にならない情報を隠す達人です。たとえ公表したとしても遠回しな表現に徹します。そのような会社紹介や社長の意見や社員のインタビュー情報などは、半信半疑で聞き流すべきです。心地よいフレーズを鵜呑みにしてしまったら、「聞いていた話と違うじゃないか」と気が付くことになることが多いです。悪徳会社は、バカ正直な人間を取り込み、その後、様々な難癖をつけて会社を辞めれないように仕向けてきます。この手のブラック企業には気を付けましょう。

一昔前の求人情報に必要とする人材の「性別」までもれなく明記されていました。

以前は求人誌に雇用側の希望する「性別」が記載されているのがほとんどでした。しかしながら現在では、男女雇用機会均等法によって、雇用する際、男女差別があってはいけないという決まりになり、求人情報に男女の文字を見ることはなくなりました。でも、求人情報を出す側は、性別に拘らず雇用するとは断言できないのです。実際、実際は男性を必要とする案件に女性が応募してきたり、女性希望の企業に男性が応募してきたり、といったような問題が起こりうる可能性があります。たとえば、「女性が活躍できる職場です」の記載がある場合、女性の働き手を希望しているのだと考えると確実です。

3日ほど前転職のために人材紹介会社へ登録に行きました。

昨日転職先の会社を探すために人材会社に登録に行きました。そのとき登録カウンセリングをするために出てきた担当者の雰囲気がどうも若い社員のようで、こちらが説明をしていることの半分ほども彼は理解できていない模様。それでいて「キャリアデザインがよくないですね」とか「もっと自分の強みと弱みを明確化する必要性があります」とか、一丁前に横柄に言い散らかすので非常にイラつきました。カウンセリングを担当させるのはそれなりに社会人を経験している方にしてほしいです。

退職|就職活動において、年収はとても重要な要素です。

就職活動において、年収は非常に大切なポイントです。面接では、ほとんどすべての企業で現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。このとき本当の年収より多く言って、多額の年収を獲得しようと試みても、無駄でしょう。なぜかといえば、結局は源泉徴収を提出することになるので、一時的に信じ込ませたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、結果的にウソがバレてしまうのです。ヘタをすると、トラブルに発展する事態にもなりかねないので、現在の年収を水増しせずに伝え、それに釣り合った希望年収額を設定するのが正解です。例をあげれば、年収400万の人が急に年収500万になるようなことは普通はありません。たとえば、今、430万円の年収であるのなら、希望は400~450万円であると転職先に伝えておくべきでしょう。露骨な嘘は、転職活動時のトラブルだけでなく、せっかく入社した会社を退職に追いやられる事態になる恐れもあるので、気をつけましょう。

退職|割とたくさんの人材紹介会社に登録していたのですが、その際に思ったこと、それ…

以前はかなりたくさんの人材紹介会社に登録していたのですが、転職のアドバイザーの質が本当に多種多様で大体は不満足を感じる担当者ばかり。こっちは人生かかっているのにもっと心して臨んでほしいという感情がいっぱいになり、その事がきっかけとなって自分がキャリアカウンセラーになろうと思い立ちました。資格取得までにはコストも必要だったし勉強の面に関してもかなりハードではありますが、仕事を探している方から頼みにされる人間になるべく努力しています。

仕事を探しているときにチェックすることになる求人内容…

転職をする際に目を光らせることになる求人内容は一般的なものとして書かれている、ということもありますから、書かれていることは何もかもが間違いのないものだと信じるのはやめておいたほうが最善でしょう。その中でも特に給与面においては、平均の金額なのか?それとも最低限の金額なのか?最高額の給料なのか?という判断ができないケースが多く、独断で考えてしまうと、後から悔いが残る事も少なからずあるでしょう。そのため、嫌な思いをしないために、求人というのは、基準だと思って、そういったようなたいへん肝心な内容は会社の方に直に聞くのが適切でしょう。

近いうちに転職活動を始める際に次までの仕事に期間がある方・・

これから転職活動をしていく人で、次の仕事を始めるまでにまだ時間があるのなら、「失業手当」を受け取っておきましょう。現在の企業側がもし「雇用保険」を払っていた場合は、手続きをすればだれでももらえます。また、手続きについては「ハローワーク」で行う必要があります。もしも自己都合で会社を辞めたのなら、3か月の待機期間があるのですが、場合よっては企業の都合での退職、あるいは残業時間次第では即、受け取ることが出来たりもします。さらに支給される「失業手当」の金額は、会社で最後に働いた月の近々の給料を基に支給する額を算出されるため、働いている会社に「閑散期」「繁忙期」の波がある業種の人は、理想なのは「繁忙期」のあとに辞めた方が良いでしょう。

派遣会社に会員登録して働く人が一昔前の規制緩和以…

直接雇用ではなく派遣という形態で働く人が現在多くなっていますが、労働の対価として派遣会社にいくら支払われ、そのうちの何割が自分に入るのかを可能な限り面接時に質問しておくことをオススメします。派遣業は、労働力を必要とする企業に人材を派遣し、その対価としてお金を手数料を徴収するシステムです。実際に派遣される労働者の取り分が不明確になっているケースが多いです。50%以上の額を還元しているのであれば、比較的よいのですが、中には開示すらしないところも多く、酷い派遣業者では、8割しか労働者に還元しないという場合もあるのです。面接時に、まじめに回答に答えてくれない派遣業者は、なにかと不都合な点を隠そうとする特徴があるので、なるたけ異なる派遣会社のもとで登録されることを推奨します。

転職したいと考えているなら、前もって資格を取るとステップアップします。

もしあなたが転職される場合は、前もって「資格」を取得しておくと有利になります。また、仕事を続けながら資格取得をしておくのがお勧めです。転職の際にあたって幅が広がるので、新しい仕事も探しやすくなります。そのため、在職中であり、かつ転職活動前の段階が資格取得においての最も好ましいタイミングです。あなたが未来を見据えて、次の仕事に必要な資格を取得しておくと、現在の職を辞めた後も躊躇なく次に進められるはずです。加えて、資格を取得できれば転職活動では資格が味方をしてくれるので面接の場では即戦力になる人材だと判断され、以前より待遇アップも期待できます。

近い将来、労働力という観点において今以上に思考を必要としない仕…

近い将来、私たちの社会的環境においてみるみるうちに簡単な仕事は機械に入れ替わり結果として、そういう仕事をする労働人口はどう考えても減少させられてしまいます。というのも、思考を必要としない労働という観点では人よりも機械でやったほうが比べられないほどすぐれているからです。例えば、数をカウントするとか、同一の手順をずっと反復したりすることは機械には何の苦もありません。もちろん人間とは違って泣き言も言わない、ペースが変わることもなくずるもしない、正確だし均一化できるのも魅力です。加えて、人と違って給与が発生しないのもメリットといえます。ですから、人を使う理由が到底無さすぎるため、機械に置き代わるのも自然の結果といえます。

最近はウェブ上では、「就職斡旋エージェント」だけでなく…

近頃はネット上では、「就職斡旋エージェント」だけでなく、ヘッドハンティングを専門に行う会社をよく見かけるようになりました。あなたに特許を出した経験があるなら、連絡が来やすくなります。彼らは、特許権を獲得した人だけでなく、研究開発で論文を出した経歴のある人や、TVで紹介されている人など、「功績」ある人を対象に、電話やメールを用いてコンタクトを取り、ヘッドハンティングのネタにしています。もしも、あなたがヘッドハンティングと思われることを言われた場合は、そういったことが無かったか考えてみましょう。あまりないことですが、ヘッドハンティングと称して、登録料を要求しようとする業者もあるらしいですが、そういったものはおそらくは詐欺ですから相手しないのが正解です。ヘッドハンティングは、登録企業が報酬を支払う形になるので転職希望者が払う必要などありません。