在職期間中は、可能なかぎりバレないよう(自身の経験談で…

雇用期間にあるときは、極力周りの人にバレないように・・

  • 在職中は出来るだけ水面下で(自身の経験談ですが)前職中に転社する意図だけ、活動初期の段階で同僚に仄めかしてみました。けれど、その後に転職サイトを必死にあれこれチェックしていったのですが、悲しいことに転職先も時期などさえも何も進めていたので、あっという間に時間だけが過ぎてしまいました。その一方で、会社のほうは、退職に関わる手続き、自身の退職日などが決定していき、そして最終的には、「退職予定日に合わせて就職先を決める」といった、お粗末な事態になってしまいました。そして、思うような展開にはならず、失職期間を経たあと、次の就職先を探すハメになりました。
  • 転職候補に挙がっている会社で会社見学しておけば、すごく参考になります。

  • 転職先で見学などがあれば、たいへん勉強になります。とくに、「職人」がいる会社は、職人技を近い距離で見られるのでワクワクします。しかしながら残念なことに「職人」がいる会社見学では高確率で見学者には、普段通りの働き方を見せてくれないのが特徴です。もっとも顕著なのは、ブルーワーカーなどのジャンルです。個人のプライドも高い業種なので、入社しないと、実際の姿はわからないものです。そのため、「見学現場=仕事現場」と解釈しないことがたいへん大切です。ましてや、会社見学の時に実際に仕事体験させてくれる会社はとても危険ですから正直言って、気を付けるべきです。入社すらしてない人には仮に問題が発生したとしても、それに対する保障が一切無いので、仕事体験を勧められても丁寧に断るほうが良いでしょう。
  • 転職活動中に、面接で高い確率で聞かれるのは志望動機と転職理由の2つです。

  • 転職活動を行っていて絶対に聞かれることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。このうち志望動機については、隠さずに話してもOKですが、これとは異なり転職理由について率直に話すのは得策ではありません。給料・待遇に対する不満、上司と相性が悪いことなど、面接官に悪い印象を持たれるものです。もっとも、自分にとってマイナスになると予想されることをそのまま話す人は非常に少ないと思いますが、採用担当者はそのような部分に注目しやすいので、慎重に質問をしてきます。これに対して悪い印象を与えるのを回避する方法として、現職の仕事の内容以外には、触れないように心がけることです。それにプラスして、「入社後、〇〇をしていくつもりです」、5年後はこうなっていたい、そのために御社を選びました、と未来志向となるように、うまくかわしていきましょう。
  • 退職|たいていの場合は大手企業の採用は、「定期採用」であることがほとんどなので・・

  • 一般的観点からすると大きな会社の採用は、「定期採用」であることがほとんどなので、転職希望者には適していません。そして、都会の外だとその見込みは厳しくなるでしょう。例外として、製造業の企業においては、地方の工業団地のあたりに製造工場を持っていることも多々あります。また、その地方工場では事業拡大時等に「途中採用」をしていることがよくあるので、そういった機会を利用するのがベストです。地方の工場での転職を考えているなら、転職を希望する会社についての予備知識をあらかじめチェックしておきましょう。その会社のホームページを覗いて、求人予定の有無など、しっかりとチェックしておきましょう。
  • 日本には古来より「石の上にも三年」といわれる諺もありますが…

  • 古来より”石の上にも3年”という人生において役に立つ教えがあります。「終身雇用制度」といわれる現代では転職というのは決して珍しいものでなくなっています。しかしながら、「仕事を変えること」が一昔前よりも身近になってきたとはいえ、やたらと職を変えようとするのはキケンです。実際に転職するには適した時期を捉える必要があります。その基本として、今現在の職場、仕事について具体的に、納得できない点をおよそ10個、箇条書きにしてみましょう。そうしておくと、再就職がスムーズになるはずです。そして、おおまかな進路が見いだせたら、尻込みせず、今より良い職を手に入れるべく努力することも大切です。
  • 転職の面接を受けに転職希望の会社へ出向きました。

  • 転職の採用面接を受けにある会社に伺いました。その会社の会議室が空いていないというわけで社外で面接官との待ち合わせをして面接を行って、その場で解散、面接担当者も会社に寄ることなく自宅に直帰されるとのことだったのですが、偶然にも自宅最寄駅が同じ。なので電車の中においても面接官と一緒にお話をしながらいっしょに帰宅することとなり、おかけで緊張が解けて面接より話が弾んで、それが良かったからなのか無事に採用を掴むことができました。
  • 新卒採用で入社した会社に別れを告げ、一歩踏み出して転職することにしました。

  • 新卒採用で入社しましたが、転職した経験があります。はじめは非常に悩み、不安な気持ちになりました。しかし、新卒で入った会社を数年で辞めて、大半の人が転職を経験していることを私自身が転職したことで知り、無意識のうちに悩みが消えて、気持ちが楽になりました。なにより1度、転職したことで不思議と前向きに物事を考えるようになって、自分に合った仕事見つけることが出来て楽しくなっていきました。やはり「自分の仕事をコロコロと変えるのは問題だ」といったような転職する行為を咎める意見もありますが、私の場合は転職してみるも大事だと思っています。
  • 退職|転職活動をスタートするときに、まずまず勤務先の会社の退社手続きをしてか・・

  • 転職活動をスタートするときに、まず現在働いている会社を完全に辞めてから転職しようと考える人もいますが、そうするときにはボーナスが入る時期を前もって調べておきましょう。ボーナスがもらえる会社は山ほど存在しますが、ボーナスがもらえる会社であれば、ボーナスが入る時期まで数か月しかないなら、それから会社を去るというのも得をする方法です。ボーナスはなかなか大きな額なので、手に入れなければ損ということもはっきりと言うことができますから、退職の時にはボーナスについての規定と支給日を確実に頭に入れておく方がボーナスをもらい損ねないと思います。
  • 職を変える時に必要なスーツの色味については、新卒の就職活・・

  • 転職の面接で必要なスーツの色味は、新卒の就活の際にに身に付けている色味が良いとされています。ですから、黒系や紺系といった感じのような暗めの色合い、ということになります。再就職のケースにおいても、ビジネススーツの色というのはこういった色が圧倒的多数であって、黒や紺以外の色の転職者はほとんど見ることはありません。それ以外の色と言うと、たまにグレー系を着ている方がわずかにいるほどです。たいていの場合は黒系や紺系のビジネススーツを着用している方が大多数を占めているので、人事担当の方からも黒や紺色であるほうが普通に見えます。ですから、身だしなみ、という観点においてはおすすめということになります。
  • これまで私は、職探しをする場合は「転職サイト」より・・

  • 前は「転職サイト」を利用するより、「ハローワーク」を優先していました。その理由は、有名な「転職サイト」は、いつも都心部にある会社の求人ばかりだからです。このため、新しい職場を探す際は、いつも「ハローワーク」を使っていました。やはり、いくらか知名度は低くなりますが、昔から地域に密着した企業も多くあり、都会以外での転職には役立ちます。しかし、「どんな求人があるかわからない」と思われている人が多いとは思います。以外にも、良い求人もありますのでもし勤めている会社を辞めたい場合は、お近くのハローワークに行って相談するもの良いかもしれません。大手転職サイトのように多くの電話・メールが頻繁に送られてくる心配もありません。
  • 転職エージェント、そして転職サイトを通じて、転職活動することは今では当たり前のことです。

  • 転職サイトや転職エージェントを用いて、転職活動を行う人はかなりいるはずです。とはいっても、条件のよい転職先を確実に見つけたいなら、それに加えて転職フェアも積極的に活用しましょう。多くの企業が一堂に会し、そこに足を運ぶことによって複数の企業についての情報を得ることができ、その上、その場で説明しているスタッフさんから、その企業の社風がある程度わかります。もしも、転職フェアに参加される場合は、面接を受けるのと同じようにしっかりとした準備をしておくことがおすすめです。その結果フェアの最中に企業側の担当者に気に入られれば、後で採用面接で大きなアドバンテージになるでしょう。
  • 再就職をスムーズに行いたい場合、相応の準備は必須です。

  • 転職をスムーズに行いたい場合、それなりの準備はやらなくてはいけません。特に目に映る「ファッション」は、気になるところだと思います。でも、今の採用面接については形式ばらない服装で良い会社もあるため、ガッチリとビジネススーツで決めて面接に向かわなくてもいい場合がケースもあります。会社の創設して間もない会社などは、お堅いマニュアルもないことが多く、私服で面接の場に行ったほうが、相手先に印象をあたえます。さらに、正装でないので、フランクに会話できるのも魅力のひとつです。そうして、私服ですと面接の際に、ファッションについて、話もしやすいですから、もしかしたら担当の人から気に入られる期待もできます。というわけで、転職活動は会社の「創業年数」で選択し、(ベンチャー系の)面接の際は私服で勝負してみる、というのもアリかもしれません。
  • 女性の転職において、今と数年前では若干、違いがあるようです。

  • 女性が再就職する時、数年前と今現在とは多少の違いがあったりします。以前は面接の際に、結婚観や出産予定などに関して、ごく当たり前に質問されることが多々ありました。ところが、今ではこういった内容は、「セクハラ」の恐れがあるとして、聞かない会社、が増加傾向にあります。そしてまた、世間に名の知れた大企業ほど、この手の質問をNG質問として神経を尖らせているようです。しかし、企業側としては、YES・NO、の2択でなく、その人の生き方、結婚した後は退職するのか、出産後の細かい予定を漠然とは知っておきたいとは思っています。自分の価値観を理解しておいてもらうためにも、志望した動機や自己ピーアールと併せて表現することで、面接官にも認識してもらえ、判断してもらいやすくなると考えられます。ですので、たとえ、聞かれていない箇所についても、こちらが先んじて気遣って話していくことを考えてみてください。
  • 新しい仕事についてすぐは年収に関して高望みはしないほうが無難です。

  • 転職しようと思うなら、いきなり年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。中でも、入社したはじめの年度は、大方「研修期間」を含んでいる企業もあります。自らのときは、やっとのことで転職したのに、悲しいことに前の職場での稼ぎと見たところイコールで変わりませんでした。そして、業務は多忙を極め、たいへん責任が伴うものだったので、1年目を越すのもやっとの状態でした。そのような体験から初年度は、仕事を学ぶ期間と割り切り、なるべく転職前に貯蓄をして気持ちに余裕をもたせた方が良いと思います。
  • 退職|看護師という職の人のそれと違う仕事に転職の原因はその人によりけりです。

  • 看護師という仕事の人のそれと違う仕事に転職を決断する理由は、人によって違うはずです。どういう理由が多いかというと看護師でありながらの転職には「職場に関わりたくない人がいる」「結婚することで家庭環境の変化によって出産加えて子育て加えて親の介護など、いくつかの環境の変化など、仕事が難しくなってしまった」「今の稼ぎに不満を感じている」など多種多様の理由があるのでしょう。ですが、転職を決める前に「なぜ、自分は転職する必要があるのか?」と、落ちついてじっくりと現在の状況を客観的に見つめ直すこともしてみてください。「本当に転職する意味があるのか?」と再考したのち、決断してみましょう。
  • 私は20代の時点で転職を2回し、現在、資格をゲットする・・

  • 私はこれまでに20代で転職を2回した為、そして現在、資格をゲットするべく「派遣社員」として働いています。常勤の勤務ではないのでやはり手取りは安くなりました。以前より心と時間的な余裕ができました。たまに、学生時代にいくつか資格を取得し、仕事をできる人はとても少ないです。やはり、実際に、そういった人を見る度、うらやましいなと思ってしまいます。以前は、成功している人と自分とのギャップに劣等感を感じる日もありました。しかし今は、結婚してから、がらりと生活自体が大きく変わり、以前よりもそのなかで将来の進路も定まったので楽しい毎日を過ごしています。