求人関連の情報を見てみると、大部分の株式会社では月収が記載されているはずです。

退職|求人関連の広告には、大部分の場合は多くの会社では月の給与が明記されています。

  • 求人関連の情報誌やサイトを見てみると、ほとんどの場合、多くの職場では月の収入がしっかりと記載されていますよね。この月収の部分を頭に入れる時には、しっかり確認する事が大事です。その多い少ないだけでわかってしまわないようにしましょう。実は案件によっては、月収の額の中身に月20時間残業の場合が含まれているかもしれません。要するに残業代を含めて計算することで魅力的な案件のように見せかけ、募集しているケースも考えられるのです。また、「歩合給」を基本給以外に考える、という案件も要注意です。歩合を過剰に多い前提で月収を多く見せている企業もあります。ですから、こうして「不誠実」とも取れる詭弁を弄する案件には「ブラック企業」な可能性も高いので、警戒しておきましょう。
  • 退職|転職活動を始める場合、最初に、ハローワークや求人雑誌の求人情報を閲覧したりし…

  • 転職活動の際は、あらかじめ、ハローワークや求人雑誌の求人情報を閲覧したりして関心のある会社を調べるはずです。しかしながら、当該会社が情報を公表するにあたっては、コンサルタントから指導を受けている場合が多いです。コンサルタントは、会社の利益にならない情報を隠すプロでもあります。たとえ公表するとしても遠回しな表現に徹します。そういった社員の声や社長のインタビューについては、半信半疑でちょうど良いレベルと思っておきましょう。仮に情報を信じて入社してしまった場合、「こんなはずじゃない!」と後々、後悔したり、場合によってはトラブルに遭遇するおそれもあります。悪徳会社は、素直な人材を効率的に取り込んで、そのあとは、あれこれと理由をつけて辞めさせないように謀っています。この種のブラック企業には注意が必要です。
  • 昔の求人誌に雇用側が必要とする「性別」について、しっかりと記載されていました。

  • 数年前は求人誌に求める人材の「性別」までハッキリと記載されていました。ところが今現在では、1985年に男女雇用機会均等法ができたことによって、採用する際、男女の差別があってはならないとして、求人情報の概要に「性別」が記載されなくなりました。そんな変化があるものの、募集情報を出す側は、性別に関係なく平等に雇用の機会を与えてくれるとは限らないのです。現実問題として、本当は男性が必要としている業種に、女性が応募してきたり、女性希望の企業に男性が来てしまったり、といった問題も他人事ではないのです。もし、「女性が活躍できる職場です」と記載される案件の場合は、会社側が働き手は女性を必要としている、と捉えておいたほうがトラブルを回避できます。
  • 昨日転職活動の一環として人材バンクに登録に行きました。

  • 3日ほど前仕事を探すために人材バンクに登録に出向きました。そこでカウンセリングの時に現れた担当者が見た感じ学生と見間違うほどの若い社員で、私が伝えたいことの5割もその社員はわかっていない感じ。それにもかかわらず「キャリアデザインが甘いですね」とか「もっと自分の強みと弱みをはっきりさせておくことが大事です」等、わかったように偉そうにのたまうので大変嫌な気持ちになりました。カウンセリングを担当する人はある程度社会人経験がある方にするべきです。
  • 就職活動において、年収はかなり大切なポイントです。

  • 就職活動において、ポイントになるのが年収です。面接時には、現職の年収だけでなく、将来的な希望年収額についても質問されるはずです。このとき実際もらっている年収よりも多めに申告し、転職先の年収を引き上げてもらおう、とは思わないようにしましょう。なぜなら、源泉徴収票が必要となるため、たとえ一度は騙せたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、そこで虚偽の申告をしたことがバレていまいます。ヘタをすると、トラブルに発展しかねないので、現職の年収を水増しせずに申告し、それに釣り合った希望年収額を設定するのが賢い選択となります。例をあげれば、現在の年収が300万円の方が転職後に500万円となる可能性はまずあり得ません。仮に、現在が430万円の年収であれば、希望年収額は、400~450万円と転職先に伝えておくのが良いでしょう。ウソの申告は転職活動後のトラブルだけでは済まないこともあり、入社後のトラブルとなって、一時的に採用されたとしても、退職せざるを得なくなる恐れもあるので、気をつけましょう。
  • 仕事を探していた時期にいくつかの人材紹介会社に登録していのだが、…

  • キャリアップしたいと思いかなりいくつかの人材紹介会社に登録していました。その時に特に感じたのは転職のアドバイザーのレベルに関しても色々でそのほとんどは物足らなく感じる方でした。こちらは人生かかっているのにもっと情熱をもってに臨んでほしいという気持ちが高まってきてしまいました。そんなことがあったこともあり私はキャリアカウンセラーの道を目標にすることになりました。キャリアカウンセラーとして働くための資格取得にはコストも必要だったし勉強面においてもとても大変ですが、仕事を探している人から信用される人間になるべく頑張っています。
  • 退職|仕事を変えようとしようとしている時にチェックすることになる…

  • 仕事を探している際にチェックする求人内容に関しては、目安として記載されている、ということもあります。そのため、そこに書いてある情報は全部正しいものだと簡単に信じないほうがいいと思います。とりわけ給与の金額などにおいては、全社員を平均した値なのか?最低金額であるのか?一番高い給料なのか?というような評価ができない人はたくさんいて自分で適当にわかったつもりでいると、今後、そのことを悔いることもあります。それゆえ、悔いることのないように、募集要項については、参考程度に考えて、そのような重要なことは会社に直接確認を取るのが好ましいでしょう。
  • 年内中に転職される人で次の仕事を始めるまでに期間がある場合は…

  • 近いうちに転職活動を考えている人で次の仕事を始めるまでに時間があるのなら、可能ならば「失業手当」をもらっておきましょう。この手当ては会社側が「雇用保険」を支払っているのなら、申請をすれば必ず誰でも失業手当を受け取ることができます。詳細の手続きについては、「ハローワーク」で行います。自身の都合によって仕事を辞めた場合は、「自己都合」として処理されるので、3か月の待機期間があるのですが、働いている企業の都合や残業時間によってはただちに貰える可能性もあります。さらに「失業手当」の額は、会社で最後となる勤務月の直近の給料がもとになって失業手当の金額を計算するので現在の会社に「閑散期」「繁忙期」がある業種の場合は、なるべく「繁忙期」のあとに辞めた方が良いでしょう。
  • 派遣という形で仕事をする人が近頃は増えてきていますが・・

  • 直接雇用ではなく派遣という形態で仕事をする人が一昔前の規制緩和以降、多くなってきています。派遣先から支払われる一時間当たりの報酬がいくらで、そのうちどれだけがあなたに入るのかを極力面接のときに確認しておくべきです。派遣業は、労働力を必要とする企業に人材を派遣し、その見返りに、手数料を天引きする形を取っています。実際に派遣される労働者の取り分が不明確になっている場合が少なくありません。半分以上を還元しているのなら、良い会社といえますが、中には開示すらしない派遣業者も多く、酷い場合は、2割だけ労働者に還元して、残りは全部自分のものにするケースも少なくありません。なお、面接の際にきちんと答えてもらえないような会社は、不都合な点を隠す傾向が強いので、極力別の派遣業者を利用されることをオススメします。
  • 退職|もし近い将来、転職するのなら、前もって考えておいて損をしないのが資格の取得です。

  • 転職をするなら事前に「資格」を取っておくと選択肢が増えます。また、現在の仕事をしているあいだに資格を取っておくのがベストです。転職の際にそれを生かせるので、新しい仕事を探すのも容易になります。そういうわけで、在職中であり、かつ転職活動前の段階がもっともよい時期といえます。あなたが将来のために、是非とも在職中に目指したい仕事の資格を取ると今の仕事に別れを告げても前向きに次に進めるはずです。おまけに、資格を取得した後では、転職先の面接の時には担当者に「即戦力」と好意的に捉えられ、今までより待遇アップも期待できます。
  • これから、私たちの労働環境において着実に考えなくてもできる労働・・

  • 近い将来、私たちの労働環境において段々と短絡的な仕事は機械化が発展していきそれによって必要な稼働人口は縮小させられてしまいます。なぜかというとシンプルな作業は人の手を借りるよりも機械のほうが数段にすぐれているからです。数量を計測したり、同一の手順を反復したりすることは機械にとっては何の苦もありません。人間とは違って愚痴は言わないし、肉体的な疲れもないし、誤魔化すこともないし、正確にこなしてくれますし、均一化できるメリットもあります。さらに、給与が発生しないのも大きな違いといえます。こういったことから、労働力として人を使う理由がまったくなさすぎます。ですから機械化の流れは必然といえるでしょう。
  • 最近はインターネットの就職斡旋エージェントの中でビジネスの一環としてヘッドハンティングの請負を行う会社をよく見かけるようになりました。

  • 近頃、インターネット上では、「就職斡旋エージェント」をはじめ、ヘッドハンティングの専門業者をよく見かけるようになりました。特許を取ったことのある人は、直後に彼らから電話が掛かってくる可能性が高くなるといいます。彼らは、特許を取った人のほかに、研究開発で論文を出した実績のある人や、雑誌で紹介されている人など、何かで有名な人をターゲットに、電話やメールで連絡を取り、ヘッドハンティングのためのネタとしています。もしも、あなたがヘッドハンティングっぽい話をされた場合は、そうなったきっかけを考えてみてください。稀にヘッドハンディングと言いながら、登録料を払わせようとする会社がありますが、当然ながら詐欺といえるので注意しましょう。通常、ヘッドハンティングは、登録企業が報酬を支払うだけで、転職希望者がお金を支払う必要はありません。
  • 退職|転職活動をする際は、「履歴書」「職務経歴書」かならず求められます。

  • 転職活動を行うときには「履歴書」「職務経歴書」の2点が必須となります。会社の大部分は履歴書や職務経歴書に記載されていることで面接するかどうかを決めるため、この2枚の書類の作成が重要です。単に穴を埋めることにとどまらず、記載内容を魅力的なものにすることも必要です。職務経歴書には、自分の職務の詳細な内容、できる限り自分のできること書きましょう。さらに、過去以外に、現職で挙げた実績でアピールをするのも忘れずに。売上を前年比○パーセントアップさせた、などわかりやすく書くのが望ましいです。作成の方仕方がイマイチわからあい場合は、転職エージェントに職務経歴書のチェックをさせたり、よりよい内容にしてみましょう。自分の価値を高められるように活用をはかることも満足のいく転職をするための良い結果を導きやすくなります。
  • 退職|最近PCで調べればインターネット上には、今では「転職サイト」と呼ばれるも・・

  • とみにPCを使えばインターネットで見られる世界では今では「転職に関するサイト」に類するものがそこらじゅうに存在します。その数限りないサイトから自分にピッタリの転職先というのを見いだすにはなんといっても情報が大事ですから収集です。こういうサイトをうまく使うことで、満足度の高い転職先探しが可能です。正しいレビューなども載っている役に立つ「転職サイト」がある一方、そうではないと思われるサイトが存在しているのも事実ですから充分に注意しておきましょう。利用して間もない頃は、信用に足るサイトかどうかを見極めることが大事ですから類似サイトと比較しながら確かめてみてください。
  • 長年接客関係で勤務してきましたが、年齢的に立ち続ける仕・・

  • 長期間接客関係で働いていたのですが、加齢とともに立って行わなければいけない仕事は体力的につらいため、座り仕事であるオフィスワークへ仕事を変えることを目指して活動をしました。事務の経験がない場合なかなか厳しく、だから接客の経験も活かすことができる受付兼医療事務を目指そうと思い資格試験にも合格し個人のクリニックに転職しました。周囲はベテランである先輩パートさんばかりで人間関係が大変。夜のシフトばっかりさせられて、接客の仕事をしていた頃よりも帰る時間も遅いのですが、とりあえずはキャリアを形成しなければいけないと受け入れて頑張ります。
  • これはシフト制の仕事についての話です。

  • これはシフト制の仕事に関する話なのですが、毎週、一定の曜日に働ける人を募集する求人を頻繁に目にしますが、もし、応募しようと考えているならシフトの出し方、休み方については面接時に確認しておきましょう。過去に私は出産のため抜けた人の代役として、正社員として就職したのですが、私のシフトがそこでは「土日」固定のシフトだったのですが、新人の私以外、誰も現場にいませんでした。産休に入った前任の女性が土日は必ず出勤できる人だったので、私も出勤できると思われていたようです。なので「土日」に休まざるを得なくなった場合、、シフト変更を前もって伝える必要があり、職場の先輩方に私の代わりに出勤してもらえるように、とお願いをしに行かなければいけませんでした。立場も給料もほとんど同じなのに土日は私だけなんて・・・。今思うと異常な職場だったんだと思います。