退職|近年では、株式・不動産投資の不労所得のほか、個人事業や起業といった形で生きる方法も人気です。

この頃では、株式・不動産投資をはじめとした不労所得で生計を立てたり…

  • 近頃、株・不動産投資などといった不労所得を得たり、個人経営 といった形で生きる方法も人気です。そういった移り変わりに伴い、「雇用されて働くこと以外は不安定であぶない」といった従来の見解も変わってきています。高度経済成長の頃に関しては、先の見えない自営業や株式よりも組織の一員として働くほうがはるかに安定性がありました。人が生きていくうえで正しい道として、一般の人々に認知されていました。そういった社会全体が安定成長する時代は過ぎ去り、現代では「成熟期」ともいわれます。将来は、機械化、自動化が進んで多くの仕事で人の手を必要としなくなる時代がやってくる、とも言われています。

  • 派遣会社での仕事が決まりました。

  • 派遣会社でのお仕事が決定しました。勤務1日目に派遣会社の営業担当の方と就業場所に近いコンビニエンスストアで落ち合うことになっていたのですが、約束をしたお店の前にいないので中にいるのではないかと思ってコンビニの中に入ってみたところ、なんと雑誌の所に座り込んでいかがわしいグラビアのページを開いて読んでいるところを発見しました。こんな担当者の仕事なんてやってられないだと感じ、その場で声をかけることなく店内から出てすぐさま派遣会社へ辞退する旨の連絡をしました。

  • 転職をする際の面接を受ける時につけていく腕時計は、ビジネスの場らしからぬ派手すぎ…

  • 再就職する時に行われる面接のときにする腕時計の事についてですが、ビジネスの場らしからぬ目立つようなタイプの時計はつけないほうが良いです。この目立つという意味は高そうに見える腕時計とか、といったことだけではないのです。それとは反対にチープなものの印象を与えるとか、そういう目立つという意味であって正反対の意味で目立つのだと考えておいてください。再就職の面接のときに着用する腕時計においてはネクタイやスーツと同様にとらえビジネスの場にふさわしい安全なものを選んだ方が確実です。ただ、年齢に適しているということも不可欠なことで、新卒の頃に着けていたものよりはほんのちょっとでも値を上げた方が好印象であるということは言えるでしょう。

  • 退職|転職を成功させたいのなら、行動する前に意味のある情報を収集することをしておきましょう。

  • 転職を成功させるためには、事前の意味のある情報を集めることをしておきましょう。そうするには近年は会社の名前を知られていない小さな企業であろうともHPで会社を紹介しているケースがたいていだから、インターネットの機能を使ってあれこれを手に入れるとまたその企業についてわからない点を整理しておくと転職の助けになってくれます。さらに公式サイト以外にも「転職サイト」をチェックしておくのもお勧めです。そのほか、インターネット以外の方法として転職を考えている希望の職場を自分自身で見てチェックしてみることも大切です。

  • 退職|退職と転職を度々しないための対策は、とてもシンプルです。

  • 転社を繰り返さないために、ひとつだけ対策が必要です。仕事面のスキルアップもそうですが、それとは別にメンタル部分のスキルを磨くと、転職を繰り返すことがなくなります。今ではインターネットを用いてメンタル面を強くするヒントはカンタンに知ることができます。また、意外とも思えるでしょうが、転職以外の行動によっても、メンタル面を強化することができます。オススメは、「海外旅行」です。海外旅行に行くと、はじめて目にする光景もたくさんあったりと、大きな刺激を常に得られます。ですから、帰国してからも心境の変化を実感できるはずです。帰国すると、自分が小さな世界しか見えていないことに気づかされ、「世間の小ささ」というものを思い知らされることになります。この状態のまま面接に向かえば、これまでとは違って自信にあふれた態度でアピールもできるはずです。しかしながら、退職後しばらくはメンタルが弱気になりやすいので、その後のために休暇も必要です。

  • 転職で職場を一新するということは、自身に合う職場に転職したいものです。

  • 転職することで勤め先を新しく替えるということは、自分自身に適合する職業を選んだほうが良いです。勤務先、職場を変えることによって、天職に出会えるかもしれません。しかしながら、実際に行動する場合は、転職先にふさわしいスキルを持っていないと、良い職は得にくいはずです。別の言い方をすると、自分自身が価値ある人材になれば、「天職」に巡り会える、というだけの話です。今の時代は職業選択の自由が社会通念上として認められているので、転職して転職を選んでも特にトラブルになることはないでしょう。終身雇用制度がなくなりつつある昨今、「即戦力になる人材が欲しい」と思っている企業もだんだん増加しているので、このチャンスを有効活用してみてください。

  • 転職のための面接では注意しておくべきポイントがあります。

  • 転職時の面接では、少々うそを交えたほうが良いこともあります。面接担当から「転職の理由は何ですか?」といった形で、必ずと言っていいほど質問されます。この場合、どれだけ正しい意見だと思っても、前の仕事場での「人づきあい」「労働環境」が悪かったという回答は、絶対に口にするのは避けるべきです。なぜなら、此の様な内容の話は、心象を悪くしてしまい、チャンスを棒に振ってしまいかねません。面接時は、「前向き」な姿勢を見せつづけることがかなり大事で、正直な理由でなくとも、「新しい職場では自身の能力を十分に発揮し、御社に貢献していきたいと考えています。」といったような未来志向での返答が理想です。

  • 転職時にとても重視されるのが「面接」なのは間違いありません。

  • 転職をするときにかなり重視されるのが「面接」になります。普通の面接では、面接官が応募してきた人に対し、転職に至った動機や仕事の意気込みなど将来の展望など、さまざまな点を尋ねると思います。そして、面接が終盤を迎えるあたりで次は、面接希望者側からの不安・疑問に感じることを質問できるチャンスがやってきます。面接担当のスタッフから「弊社に関して何か疑問や質問などはありますか・・?」と言ってくれるわけです。そういった質問をされたとき、緊張しすぎて慌ててしまうこともあるかもしれません。こんな場面に備えて、前もって面接担当者からの質問を想定し、答えをいくつか考えておくのもいいかもしれません。実際に働く前の段階で、何かしらの疑問点はあるはずです。ぜひ、やってみてください。

  • 退職|クールビズの格好で再就職の面接に行く際には、いくらなんでジャケットまで…

  • クールビズ(軽装)スタイルで転職の面接会場に行こうとする際には、ジャケットにおいてはやはり着込まなくても安心であるとはっきりと分かるわけです。ですが、ネクタイは着用していったほうが印象的には良いです。ネクタイの着用はなくても大丈夫だとしている会社もある可能性はなくはないですが、ネクタイについては例えクールビズでも身だしなみとしてつけて行く必要があるとしている企業がまあまあ存在します。それゆえに、例えクールビズで来るように言われていてもネクタイにおいてはしてから行った方が安全であるということを分かっておいてほしいです。

  • 生まれて初めて失業保険をもらう場合、何もしなくても給付されると考えている人…

  • 生まれて初めて失業保険をもらう場合、じっとしていれば給付されると思っている人が少なくありませんが、それは誤りです。現実には、失業保険の給付をもらうためには、「就職活動」をしている必要があり、毎月1回、ハローワークに通う必要もあるんです。1ヶ月ごとに職員に求職活動の状況をきちんと説明して真剣に仕事を探していることをわかってもらえれば翌月、保険が給付されるという仕組みになっています。もしも、本気で就職活動に取り組んでいないと思われたり、毎月のスタッフとの面談に参加しない場合は、当然問答無用で給付がされなかったり、場合によってはそれ以降の給付資格も失効するおそれがあるのでそうならないよう注意してください。

  • ほんの2ヶ月まえに、転職したばかりだというのに、あっという間…

  • ほんの3ヶ月まえに、転職したというのに、何ヶ月もたっていないのに辞めてしまうという届を提出する人が意外と多いものです。何故そうなるのかと考えてみると私の思うところをいうと心機一転、素晴らしい仕事環境で勤務を始めてみたものの、「思っていた職場環境とおかしいと思うほどギャップがあって幻滅した」「職場の雰囲気に馴染めない」と考えてしまって退職を決意することが多いようです。こういった、転職先選びで後悔しないためには、とにかく事前の情報集めを徹底しなくてはなりません。手を抜くことなく、徹底して行うべきなのです。職場内の環境、給与体系、などあれこれ調べておくことで転職後に後悔するリスクは大きく減らせるはずです。

  • 退職|仮に転職をしようと考えていても全てがうまくゆくとは限りませ…

  • 仮に転職活動をはじめたとしてもあらゆることがうまく進行するというわけではありません。もしも転職するのなら、いつかするつもりなら若い間になるべく早く行動に移すべきでしょう。ほとんどの場合、20代のあいだは有利な展開を期待できますが、これが30代後半から40歳代に達してしまってからの転職の場合は、かなり厳しいものと理解しておくべきです。もしもあなたが、管理職など、重要な役職を担当している場合、転職の意思が強くなっていても会社に残ることも結論として選ぶ答えの中に入れておくべきです。つまり、会社を辞めてから転職活動を始めるよりも、今の会社を辞めないままの方向で慎重に未来を構築していったほうが失敗しなくて済みます。

  • 就労期間中なら、できるだけ周りの人間に気づかれないように…

  • 就労期間中なら、極力周囲にバレないように(自身のときは)雇用期間中に転職する考えだけを早期に会社内で言ってみたことがありました。でも、その後転職サイトを色々とチェックしてみたのですが、結局働く先や転職するタイミングすら無計画なまま決まらないまま、ダラダラ時間だけが過ぎてしまいました。その一方で、会社の方も仕事の引き継ぎや手続き、自身の退職日などが確定していき、さいごは「退職予定日に合わせてとりあえず就職(できる)先を決める」という、本末転倒な状況下で会社を辞める形になりました。ですが予定は噛み合うこともなく、失業期間を経験したのち、次の就職先を探すことになりました。

  • 転職先で会社見学しておけば、非常に勉強になります。

  • 転職しようと考えている会社で見学などがあるととても勉強になります。そういった会社のなかでも、「職人」さんがいる会社では、職人技を間近で見られてワクワクします。が、残念なことに「職人」がいる会社見学は、たいてい見学者には、いつもの現場を見せることが少ないです。例を挙げるとずばり、ブルーワーカーなどの業種です。この分野では、癖の強い人が多いので実際に働きだしてからでないと、本当の姿はわからないものです。なので、見学内容イコール仕事現場、と考えないことが賢明です。さらに、見学の時に仕事体験できる会社は危険ですから正直言って、言語道断といえます。正規雇用が結ばれていない場合、仮に何かトラブルが発生しても、それに対する保障などありません。スタッフから勧められても丁寧に断ることが大事です。

  • 転職のための活動を行っていて絶対に質問されることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

  • 転職活動を行っていると面接時に高い確率で聞かれることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。このうち志望動機に限っては、正直に話しても問題ありませんが、転職理由について率直に伝えるのは問題です。たとえば報酬に対する不満、同僚や上司とのイザコザ、職場内での問題点など、面接担当者に好印象を持ってもらえるものではありません。おそらく、自分の得にならないことを馬鹿正直に話す人は極めて稀だと思いますが、転職先の企業はそういった点を気にかけているため、慎重に質問されることは避けられないでしょう。これに対して現職の不満を言わないように答えるには、現職の仕事内容は、その内容だけを話します。そしてさらに、この会社に入社してこんなことを実現したい、「5年先はこういったことをしているだろう」、「こういった希望を叶えられるのは御社だけです」、といったようなうまく話をすり替えましょう。

  • 退職|多くの場合一流企業は、「定期採用」で人材確保することが多くを占めるた・・

  • たいてい一流企業は「定期採用」で人材を確保するため、転職で入る事は中々難しいものです。そのうえ、地方でとなるとそのチャンスがとても低くなるでしょう。ただ、製造業の会社の場合、地方の工業団地などを製造の拠点としていることもはずです。また、そのような地方の工場の場合、事業分野の拡大時に「中途採用」をしていることがよくあるので、そのタイミングに転職を考えるのも悪くありません。そのためには、地方の工場での転職をされる場合は、転職を希望する会社についての下調べからチェックしておきましょう。公式サイトにアクセスし、人員募集の予定がないか頻繁にチェックすると良いでしょう。