就職活動において、年収は大変大事なポイントです。

退職|就職活動において、年収は非常に重要なポイントです。

  • 就職活動において、年収は非常に大切な要素です。面接において、ほとんどの場合現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。ここで実際の年収より多く言って、転職先の年収を引き上げてもらおう、とは思わないようにしましょう。なぜなら、最終的には源泉徴収を提出しなければいけないので、もし一度は信じさせたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、どのみちウソがバレてしまうためです。最悪の場合、トラブルを引き起こすこともあるので、現在の年収を正確に伝え、それに見合う希望年収を設定するのが一番良いです。例をあげると、今の年収が400万円の人が、転職後に500万円となる可能性はまず無理です。たとえば、今の年収が430万円だとすると、希望額は400~450万円と伝えておくのが無難です。悪質とも思えるウソの申告は、転職活動を苦境に追いやるどころか、一時的に採用されたとしても、退職しなければならないという事態になることもあるので、注意しましょう
  • 退職|求職中のころ何社かの人材紹介会社に登録していました。

  • 私が勤め口を探していたころかなり複数の人材紹介会社に登録していのだが、その際に思ったこと、それは転職のアドバイザーのレベルにおいても色々あって大方いまいちな担当者ばかりでした。私にとってはかなり重要なことなのにもっと思い入れを込めて臨んでほしいという想いが募って、そんなことがあったこともあり私はキャリアカウンセラーを志すことになりました。資格取得のためには支出が増えました。それに加えて勉強に関してもかなり大変ですが、お仕事を探している方から頼られるキャリアカウンセラーになるべく努力しています。
  • 仕事を変えようとしようとしている時に気にかける募集内容の情報というのは…

  • 仕事を変えようとしようとしている時に注意を向ける求人情報というのは、目安として、アバウトに書いてあることもありますから、そこに載っている情報は必ずしも正しいとは考えるのはやめておいたほうが良いでしょう。特に生活に大きくかかわってくる給与面に関しては、平均的な額なのか?最低限なのか?最高額の給料なのか?という評価ができない人はたくさんいて独断で理解したつもりでいると、今後、後悔する事も少なくありません。そんな訳で、悔しい思いをしなくて済むように、募集内容はおおまかなものだと思って、そういったようなたいへん大切な事は会社に直接問い合わせた方が好ましいです。
  • 退職|転職される人で次の仕事をする前にまだ期間があるのな…

  • 今年中に転職される人で次の仕事をはじめるまでに期間がある場合は、可能ならば失業手当をもらうことをおススメします。この手当ては会社側が社員に「雇用保険」を支払っているのなら、必ず誰しも失業手当を受け取れます。手続きは「ハローワーク」で行います。自己都合で仕事を辞めた方は失業手当が受給されるまでの待機期間(3ヶ月)ありますが、今の会社都合での退職、あるいは残業時間次第ではただちにもらえる場合もあります。このときの、支給される「失業手当」の額は、会社の辞めた月の給料を基準にして手当の額を算出されるので、もし、「閑散期」「繁忙期」の波がある業種の人は、理想なのは「繁忙期」後に辞めるのがお勧めです。
  • 派遣会社に登録して働いている人が近頃は多くなっていますが…

  • 派遣会社に会員登録して仕事をする人が過去の規制緩和以降、多くなっていますが、この先、派遣社員として働く予定があるなら、派遣先から支払われる1時間あたりの報酬がどのくらいで、そのうちの何割が自分に入るのかをなるたけ面接のときに質問しましょう。派遣業は人材を希望する企業に派遣して、その見返りにお金を会社に支払う仕組みで運営していますが、実際に派遣される労働者の取り分をうやむやにしている場合が多いです。5割以上を還元しているのであれば、まだよい会社ということができますが、中には開示すらしない派遣会社も少なくなく、酷いケースでは、2割だけ労働者に還元して、残りは全部自分のものにする場合も決して少ないとはいえません。面接時、誠実に返答してくれない派遣業者は、不都合な点を隠す傾向が強いので、なるべく異なる派遣業者で登録されることを推奨します。
  • もしもあなたが転職を予定しているのなら、資格を取得することで有利に事が運びます。

  • もしもあなたが転職したいと考えているなら、転職前に「資格」を取っておくと選択肢が増えます。とくに、在職中に資格を取得するのがお勧めです。転職活動時には有効活用することができますから、転職先を探すのが容易になります。というワケで、資格取得するなら、在職中であり、なおかつ転職活動前の段階が一番最適です。転職を目指しているなら、就きたいと考えている仕事に役立つ資格を取ると、現在の会社を退職後も心残りもなく、前に進んでいけます。しかも、資格によって転職活動では資格が味方をしてくれるので転職先の面接で「即戦力」と見なされ、待遇も良くなる可能性が高いです。
  • 退職|この先、一段と考えなくてもできる作業は機械に交代させられていき…

  • 近い将来、社会ではますます短絡的な作業は機械に変更されていき当然の結果として人手は少なからず削減させられてしまいます。なぜならシンプルな労働という観点では人間が作業するよりも機械でやったほうが数段に強いからです。例えば、数量をカウントしたり、同じ手順を延々と反復したりすることは機械では当然何も不自由もありません。当たり前のことながら人と違って言い訳することもないし、疲れないし、不正をすることもないし、正確にこなしてくれますし、均一にこなせます。おまけに報酬も発生しません。というわけで、生身の人間を使う意味が無さすぎるため、機械化されるのは自然といえます。
  • 退職|今日はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」以外にも・・

  • 現代はネット上では、「就職斡旋エージェント」や、「ヘッドハンティング」の専門業者も増えています。もしもあなたが特許権を取得したことがあるなら、ヘッドハンティングされることが期待できます。彼らは、特許を取った人に限らず、「研究開発論文」を発表した人や、「マスコミ」によって注目を浴びた人など、何らかの業績を残したと思われる人をターゲットに電話・メールで接触し、ヘッドハンティングのための理由にしています。仮にあなたが、ヘッドハンディングのような話をされたときには、自身の過去を振り返って、「キッカケ」を考えてみましょう。ここ最近は、ヘッドハンディングのように見せかけて、登録料を取ろうとする会社があるのですが、その手の輩は当然ながら嘘であるので注意しておきましょう。ヘッドハンティングは、企業が仲介業者に報酬を支払うので転職希望者が払う必要はありません。
  • 転職活動を行う際には、履歴書と職務経歴書が大切です。

  • 転職活動を行うにあたっては、履歴書と職務経歴書を準備することが必須だと考えられています。会社の大半は履歴書及び職務経歴書に書かれている内容で面接するかどうかを判断するため、ともかくこれらの書類の作成が大事です。必要事項を埋めるだけでなく、記載内容を充実させることも重要です。「職務経歴書」では、過去に経験してきた職務の詳細や、可能な限り自己アピールとなる内容を記載します。さらに、過去だけでなく、現職で挙げた実績も良いアピールとなります。残業時間を何時間減らしました、などわかりやすく書くのが望ましいです。作成の仕方がもうひとつわからない場合は、転職エージェントに職務経歴書のチェックをさせたり、良い文章を引き出してもらうなどしてみましょう。自己ブランディングのために利用することも転職を成功させるための有効な手段だといえます。
  • 退職|いわゆるPCを使えばわかるけどネット上には、要する・・

  • 今ではスマホを見ればネットの世界では、今では「転職に役に立つサイト」と呼ばれるものが多すぎるくらいあります。その無数のサイトから自分自身に合った転職先を見つけるには最初は情報が大事ですから収集が欠かせません。こういう転職サイトをうまく使うことで、満足度の高い転職先を探せます。最新情報が満載で、転職希望者にとって役立つ情報が満載で、客観性ある内容に富む有益な「転職サイト」がある一方、情報更新が遅く、粗悪な内容ばかり掲載しているサイトもあるので、安易に信じるのは考えものです。まずは、信用できるサイトかどうかを同ジャンルのサイトと比較しながらしっかりチェックしてみてください。
  • 退職|長い間接客関係で仕事を続けてきましたが、年齢を重ねるにつれ…

  • ずっと接客業で仕事を続けてきたのですが、年齢的に立ったお仕事は体力的に耐えられず、座り仕事である事務系のお仕事へ転職することを目標にして動きました。事務の経験がない場合なかなか厳しくて、それなら接客経験も活かすことができる受付兼医療事務になろうと資格を取得して個人クリニックに転職しました。周囲はベテランである先輩パートさんだらけで人間関係も複雑。いつも夜の勤務を押し付けられて、接客業で働いていた頃よりも帰宅も遅いわけですが、初めの頃はキャリア形成をするんだと考えて仕事に励みます。
  • 退職|これはシフトの仕事に関する話なのですが、特定の曜日に仕事できる人を募集している求人を…

  • 「シフト制」の仕事についての話なのですが、特定の曜日に仕事できる人を募集している求人をよく見ますが、もし、応募しようと思っているならシフトの出し方や、休む方法の詳細を事前に確認しておいた方が良いです。前に私は出産のため抜ける人の代わりにと正社員として入ったのですが、私のシフトが「土日」固定のシフトで、新入社員の私以外だれも出てくれませんでした。前にいた女性が「土曜、日曜」に必ず出る人だったので、私自身も出勤できると思われていたようです。実際「土日」に冠婚葬祭が入ると、シフトを変えてもらう必要があり、上司に私の代わりに出勤してもらえるように、と私自身が交渉しないといけませんでした。一緒に働いて給料は同じなのに土日は一人だけなんて・・・。今思えば本当によくやってこれたなと思います。
  • 派遣社員であっても、1年経ったら自分の好きなタイミングで辞められるものではないと…

  • 比較的時間に融通が効くはずの派遣社員というものは、1年経ったら好きな時にすぐ辞められるというわけではないことを転職を経験して学びました。私は、結婚生活が落ちついたら、すぐにでも子供がほしかったので、子供ができるまでの間のために約1年半~2年ほど現在の会社でそのまま仕事したいと思ったので、就職することにしました。フルタイムでなく派遣社員だったので、正社員より月収は少なめでしたが、仕方ないので時間的な融通を得たかったので、あえて選択しました。ところが、入社したあと、一緒に働く人たちの大半のスタッフが10年~20年ちかくつづけて勤務していたのです。たとえ派遣であったとしても、契約が過ぎたらすぐに辞められる雰囲気ではないと気付かされ、この先どうすべきか、とても困惑しています。
  • 仮にあなたが再就職をする場合、「Uターン」「Jターン」「Iターン」におい・・

  • あなたが転職を考える場合にU・J・Iターンで都会から郊外・地方に移り住んだうえで再就職したい、と考える人も多いです。最近は転職サイトを見れば、国内全エリアの求人募集もタッチできます。ただ、地方での求人の場合、都市部ような選択肢がないので、その点がマイナスといえます。なので、転職サイトを使用するのは当たり前ですが、求人情報サイトにプラスして、「地方自治体・商工会議所」などのサイトもよくチェックしておくと良いでしょう。「地方自治体・商工会議所」といった機関が主催する転職サポート系のイベントについても確認しておくとよいでしょう。
  • 転職について考えた場合、転職したあとの自分の給与ばかりを気にする人は、…

  • 転職というものについて考えた場合、転職後の給与について気にしすぎる人がとてもいるでしょう。たいていの人は仕事というのは収入を得るため、自分の生活を成り立たせるために行うものです。だから生活費をつくるために働くはずです。したがって年収というのは自身がどれほど評価してもらえているか、としての側面もあるから当然大切なことは無理もありません。でも、ひどく年収というものに執着しすぎる生き方というのも悲しい気がするでしょう。よく見れば年収がさほど期待できない仕事であったとしてもやりがいを感じられることがゼロではないからです。
  • 退職|『なるべく早く転職をしたい!』と考えていて、自身の意志が強いのであれば、…

  • 『転職をしたい!』という願望があって、自身の意志が本当に強いものであるなら、辞職したいということを速やかに上司に伝えましょう。ただし、そのときに曖昧な表現をしていると、もしかすると言いくるめられるおそれがあるので要注意です。また、実際、私も上司へ転職相談をしたのですが、退職を引き伸ばされてしまい、最終的に、退職するまでに半年くらい掛かりました。退職したいことをはじめて直属の上司へ相談をしたのが年度末だったのですが、結果的には数ヶ月働くことになり、辞められたのはその年の11月です。本来、ちょうど年度末を区切りにしたかったのに、思ったとおりにはいきませんでした。やっぱり職場も、人事的な都合があるのかもしれませんが、スタッフの意見を聞かないまま、上司を含め、会社全体でずるずると引き伸ばされてしまったので、さすがに前の会社に対しての失望しました。