転職の面接で必要なスーツのカラーについては、新卒の就職活動の際…

退職|転職時の面接でいるスーツの色合いについては、新卒の就活の時…

  • 転職の面接で着用するスーツの色合いは、新卒の方が就活の時に準じている色がベストです。言い換えると、黒や紺色といったダークな色合い、ということになります。それは転職であっても、スーツの色味というのはこのような暗めの落ち着いたカラーが圧倒的多数であって、他のカラーを着ている転職者はほぼ見かけることはありません。強いて言えば、ごくたまにグレーのスーツを着ている人がいるくらいです。ほとんどが黒や紺色がほとんどを占めているので、面接を行う人事担当の方からも多数を占めるカラーを着用している人の方が普通に見えてしまいますから、第一印象という観点ではそういった色を着用する方が良いわけです。

    退職|かつての私は、求人情報は「転職サイト」ではなく、いつも「ハローワーク」に通っていました。

  • これまで私は、「転職サイト」を利用するより、「ハローワーク」を活用していました。というのは、規模の大きな「転職サイト」は、システム上、都会を中心にした求人情報ばかり掲載してあるからです。であったので、転職をする際は、「ハローワーク」ばかり使用していました。やっぱり、大手転職サイトに掲載されている求人よりいくらか企業数や給料などで若干の見劣りがあるものの、古くから地域に密着した企業も多くあり、安心できます。また、ハローワークというと、なんだか地味な感じがすると感じている方もいるかもしれません。求めていた労働環境の求人があるかもしれないので、もしも転職しようと思うのなら、ハローワークに足を運んでみてください。「転職サイト」を利用した時のようなたくさんの電話やメールもありません。

    転職エージェント、そして転職サイトを用いて、転職活動を行う人はかなりいるはずです。

  • 転職サイトや転職エージェントを用いて、転職活動を行う人はたくさんいます。としても、転職先を見つけるチャンスをもっと増やしたいのであれば、並行して転職フェアに参加してみるのはいかがでしょうか?転職フェアでは、多くの企業が同時に参加するので、参加したのならいろんな企業の情報を得ることができ、それだけでなく、フェアに参加している企業スタッフから、企業の個性を伺えるはずです。もしも、転職フェアに行くときには、面接を受けるつもりで自身をしっかりアピールしていきましょう。それが奏功してフェアの中で、自分の能力や人柄が評価されれば、後に実際の面接時に良い手応えを期待できます。

    再就職する場合、相応の準備が必要となります。

  • 転職活動では、準備は欠かせません。一言で準備といってもたくさんありますが、そのなかでも、目に見える「服装」は重要だと感じてしまいます。ですが、ここ最近の、企業面接では私服で大丈夫な会社があるので、「面接はビジネススーツでなくては」と考えて臨まなくても良いでしょう。会社の創立してすぐの会社などは、厳しい規則も作られてないことが多く、がちがちの服装で行くよりも相手からの印象が良くなります。また、堅いイメージを与えないのでフランクに会話できるのも魅力のひとつです。そうして、私服ですと面接中に、ファッションについて、相手との話が広がる可能性もありますから、うまくいけば担当者と打ち解けあえるチャンスがつくれます。というわけで、転職にトライするなら「創業年数」を確認し、(ベンチャー系などの)面接の際はスーツは着ずに私服で挑んで見るのも良いかもしれません。

    女性の再就職に関しては、今現在と数年前では少なからず、違ってきている点があります。

  • 女性の再就職に関しては、一昔前と今日とでは若干、違いがあるようです。前までは面接の場で、「結婚観」や「出産後の予定」について普通に質問されることがありました。ところが、現在の流れとしては、そのような内容は、セクハラに該当する恐れがあるとして、聞かない会社、の方が増加傾向にあります。また、特に大企業ほど、神経質になっています。ですが、面接する側はYES・NO、の2択でなく、その女性が、結婚した後も働きたい、育休の取得が必要なのかどうかなどを知っておきたいと思っているはずです。あなたの価値観を理解してもらうためにも、志望の動機や自己ピーアールと混ぜながら言い表すことで、企業側にも考えが伝わり、判断してもらいやすくなると思います。なので、質問されていない部分も、先にあなたの側から気遣いつつ、話をしておくのが良いです。

    職場を変えたいと思っているのなら、すぐに「年間報酬」を高望みしないほうが無難です。

  • 新しい仕事についてすぐはいきなり満足できるほどの「年間報酬」を手にできると考えないほうが良いです。ことさら、入社した年度は、大体「試用期間」が含まれているというのが多いです。自身の転職して新たな仕事をした時は、なんとか転職したというのに、年収が前職での稼ぎと大方差がありませんでした。そればかりか、仕事内容はかなりキツく、かなり責任も重大だったために、初年度を乗り切るのに本当に労力を伴いました。そのような実体験から1年目は、勉強に充てる年と捉えておき、可能ならば転職前に貯金をしておくべき、と思います。

    看護師という職の人のそれ以外の仕事に転職する理由はその人によりけりです。

  • 看護師でありながらほかの職に「転職しよう」と思う理由はその人それぞれではないでしょうか。それを見てみると看護師からの転職には「職場環境に自分と相性の悪い上司・同僚がいる」「結婚してから一人とは変わって出産・子育てそれに親の介護など、種々の変化によって今までと同じようには仕事が難しくなってしまった」「現在の稼ぎに不満を感じている」というような問題が抱えているのかもしれません。ですが、転職を決断する前に、「どうして自分は転職をしたいと思っているのか?」と思うに至った理由を冷静に、現在の状況を客観的に見つめ直すこともしてみてください。「実際に転職したら状況が好転するのか?」と再考したのち、決断しておくと間違いありません。

    これまで20代前半までに転職を数回で、いまは資格を取得したいの…

  • 私は20代の時点で転職を2回し、そして今、資格を取るべく「派遣社員」で勤務しています。フルタイムの勤務とは異なるため、どうしても手取りは過去の仕事よりも少ないです。心と時間に余裕ができました。学生時代に資格を取得し、仕事をできる人はとても少ないです。資格を活かしている人を見ると私もこうなりたかったと見えたりもします。前までは、自分と比べてしまうことがガッカリする日もありました。現在では結婚して生活環境も大きく変化し、以前よりもその中で将来の目標も定まったのでしあわせな生活を送れるようになりました。

    退職|派遣というかたちで働いています。

  • 派遣で働いています。労働契約法の関連で不本意ですが長い期間働いた派遣先の会社での仕事があと数か月で終了します。同じ派遣である人の中には、派遣先の会社で正規社員の条件をゲットした人もいるのですが採用された理由としてはぶっちゃけ仕事の腕がよいというよりは派遣先上司の扱いがうまい人でそれが採用の決め手となったみたい。業務上のスキルよりもおじさんを転がすスキルの方が必要なんじゃないのと抜擢されなかった派遣仲間の同僚と勤務先で愚痴を言う日々です。

    転職を予定しているのなら現在勤務している会社を退社する・・

  • 転職のために今務めている会社を退社する時に失業保険に関する手続きをしなければいけませんが、もしもあなたの都合で退職届を出して退職する、いわゆる「依願退職」のときはすぐさま失業保険が出るわけではなく手続きをした後で失業が認定されてから3ヶ月経ないともらえないのです。よく勘違いして退社の1日後から3か月経てば給付されると勘違いしている人がいますが、実際に勘違いしてしまった人が、ハローワークのスタッフの方が間違っていると主張してハローワークの担当者とトラブルを起こしているのを見たことがあります。念のため、自己都合ではなくリストラなど会社都合で解雇されたケースでは、失業認定を受けたのち即座に失業保険を受けとることができます。

    全く経験のない業種などに転職したいと考えているときには…

  • 初挑戦の業界などに転業をしようとするときには、自分が以前の職場で身に付けたスキルや今まで経験したことを発揮できるという訴えが必要です。働いたことのないジャンルの場合、その分その分野の経験者よりも事実、不足することはありますが、自らの持っているスキルがその業種でも生きるということをうまく相手に伝えれば、戦うことができるケースもあり得ます。したがって、経験が全くない業界にチャレンジする際には、その業界と自分がこれまでやってきた職務との関連を発見しましょう。

    退職|転職における面接などに関して面接担当者に名刺を差し出されたとしたら、…

  • 転職での面接などの時にもし名刺を手渡されたら、こちらとしても名刺を相手側に差し出すべきであるのかどうかと悩んだときは、ほとんどの場合は差し出さなくても良いと考えておきましょう。面接に関して言えば仕事の内ではなくて、職に就くための就職活動の一部です。ですから大体の場合は名刺をやりとりする時間ではないのです。合わせて、あなたは会社の者としてその場にいるのではなく、あなた個人の問題でこの場にいるわけです。それゆえに、もしも相手の方から名刺を渡された場合であっても、こちらに関しては、ただもらうだけで大丈夫で、担当者に相手側に渡す必要性はないと判断できます。

    退職|求人についての広告には、ほとんどの場合、大部分の企業で・・

  • 求人についての情報では、ほとんどの場合、多くの職場では月収が記載されているはずです。この月収を確認する時には、しっかり確認する事が大事です。値だけで納得しないようにしましょう。ひょっとすると、月収の内訳で「毎月15時間分の残業」が含まれているおそれもあります。それは残業代の金額を含めて金額を多く見せ、応募者を増やそうとするケースも考えられるのです。さらに「歩合給」を基本給以外に考える、という案件も要注意です。歩合の割合をかなり多めにした上で、月収を高く見せている可能性も考えられます。ですから、このような「不誠実」極まりない案件は、「ブラック企業」な可能性も高いので、警戒しておきましょう。

    退職|転職をするとき、最初に、ハローワークの求人票や求人雑誌、あるいはウェブ上の求人情報を見たりして…

  • 転職活動を始めるとき、まず第一にインターネット上で求人サイトを閲覧したりして転職候補先の会社を調べるでしょう。ところが、その会社が情報を載せるにあたっては、専属「コンサルタント」の手が入っている、と理解しておくべきです。コンサルタントは、会社に不都合な情報を隠す能力に長けています。たとえ公表したとしても曖昧な表現を使ってうまくごまかそうとします。そのような社長の方針や社員の感想については、それをすべて事実だと捉えるのではなく、半信半疑で聞いていた方が間違いがありません。もしも書かれていたことを信じて入社してしまった場合、「聞いていた話とまったく違う・・・」とあとでガッカリすることになりかねません。悪徳会社は、バカ正直な人間を取り込み、その後は、いろいろと言いがかりをつけて辞めさせないように画策しています。このようなブラック企業には注意が必要です。

    今までは求人誌には、性別が明記されていました。

  • 以前の求人情報に雇用主が必要とする人材の「性別」まで明記されていました。しかしながら現在では、「男女雇用機会均等法」が成立したことによって、男女差別が採用時にしてはならない事となり、応募条件のなかに男女の文字を見ることはなくなりました。そのような変化があったのですが、募集情報を出す企業側は、男女どっちでも等しく採用するとは限りません。そのため、実は男手が希望の企業に女性が応募してきたり、対称的に、女性が必要なのに、男性が応募してくる、といった問題は誰にでも起こる可能性があります。仮に、「女性が活躍する職場です」といった内容なら、会社側が「女性」を必要としている、と捉えておくべきです。

    退職|転職活動の一環として人材紹介会社に登録に出向きました。

  • 3日ほど前新しい仕事を見つけるために人材バンクに登録に出向きました。そこで登録するときのカウンセリングをしに現れた担当の人がどうも仕事の経験が少ない社員のようで、私の話の50%ほども理解ができていない感じ。にもかかわらず「キャリアデザインを考え直す必要があります」とか「きちんと自分の強みと弱みをはっきりさせておくことが大事です」等、何もかもわかっているかのように横柄にのたまうのでとても嫌な気分になりました。カウンセリングを担当する人はある程度カウンセリングの経験がある人にするべきだと思います。