退職|女性が転職する際、数年前と今とで少なからず、違いがあるようです。

女性の転職に関しては、今日と一昔前では多少、状況が変わりつつあります。

  • 女性の転職については、セクハラが社会的に問題になる前と、ここ最近とでは多少の変化があります。かつては会社側から結婚の予定や結婚後の仕事についてごく一般的なこととして質問していました。ところが、現代では、そのようなデリケートな内容は、セクハラと会社側が捉え、質問を避ける会社が増えています。そして、世間に名の知れた大企業の場合は、この手の質問をNG質問として神経質になっているといいます。が、会社側は、〇か×かの2択ではなく、その女性の生き方結婚後・出産後は仕事にすぐに復帰するつもりかなどを当然、知っておきたいと思っているものです。自分の考えをわかってもらうためにも、志望動機や自己ピーアールとともに表現することで、相手側にもしっかり伝わり、判断してもらいやすくなると考えます。そういうわけで、たとえ、聞かれていない箇所についても、こちらから会社にとっては必要な情報と捉え、話をしておくのが良いでしょう。
  • 退職|転職した場所では、いきなり年収に関して高望みはしないほうが無難です。

  • 職場を変えたいと思っているのなら、すぐに「年間報酬」を高望みしないほうが無難です。中でも、入社1年目の段階では、ほぼほぼ「研修期間」を含んでいるというのがほとんどで、私自身の新たな仕事に就いたときは、労力を費やして手にした職なのに、それまでの職場での稼ぎとあまり同じで変わりませんでした。そのうえ、業務内容もきつく、かなり責任を伴い1年目を越すのも本当に状態でした。ではどうすればいいのでしょうか。それは、初年度は、仕事を学ぶ期間と割り切り、十分に転職前の段階で貯蓄しておくことに尽きると思います。
  • 看護師のほかの仕事に転職を決断する理由は、その人によりけりです。

  • それと違う職業に転職を決断する理由は、人それぞれです。それを見てみると看護師を辞めての転職するには「職場に関わりたくない人がいる」「結婚で家事のことがいろいろとあって出産と子育てさらに親の介護など、身近な家庭環境のいくつかの変化によって今までと同じようには働き方ができなくなった」「給与体系に不満を感じている」など多種多様の理由が解消したいために転職されるのかもしれません。でも、転職を実際に決断するまえに、「どうして自分は転職をしたいと思っているのか?」と、ゆっくり沈着冷静に再度、現状認識をしてみることも大切なことです。それは本当に転職するに値する妥当なものであるのかどうか、再考してみる必要は大いにあるものです。そのうえで決断してみてください。
  • 私は20代で転職を2回経験し、そして現在、いくつか資格を取得するため・・

  • 20代に転職を2度行い、現在は複数の資格をとるために、「派遣社員」で勤務しています。フルタイムの勤務を選択しなかったので毎月の収入は過去の仕事よりも少ないです。ですが、以前より心と時間に大きな余裕が出来ています。もっと学生の頃に資格を取り、就職に活かせばよかったという後悔もあります。やはり、しっかりと資格を活かしている人と話すと非常に羨ましいと見えたりもします。前の私は、自分と他人をどうしても比べてしまい、ガッカリすることが多かったのですが、現在では結婚をキッカケに生活環境が大きく変わり、その中で将来の目標も定まったので自分の人生に満足できるようになりました。
  • 派遣として就業しています。派遣法と労働契約法により不本意です…

  • 派遣で勤務しています。派遣法や労働契約法の関連でやむを得ず、ずっと働いた就業先での勤務が終わります。いっしょに働いている派遣の仲間の中には派遣先の会社で正社員のポストを獲得した人もいるのですが抜擢された理由としてはぶっちゃけ仕事が優秀というわけではなく派遣先の上司へのごますりがうまい方でそれが採用の決め手となった様子。業務上の能力よりもおじさん転がしの能力の方が重要なのかなーと抜擢されなかった別の派遣仲間と派遣先の会社で不満をたれる毎日です。
  • 転職を行うにあたって、失業保険をもらうための手続きをしなければいけませんが・・

  • 転職を行うにあたり、今務めている会社を辞める時に「失業保険」給付手続きをしておく必要がありますが、もしも自分から退職願を提出して退職する、いわゆる依願退職の場合は、直ちに実業保険を受け取れるわけではなく手続きが終わった後で失業したことが認められてから3か月経たないともらえない。よく勘違いして会社を辞めた翌日からキッカリ3ヶ月で受け取れる、と誤解しないようにしてください。この規則について誤解している人が、ハローワークの職員の方が間違っていると主張してそれが原因でハローワークの担当者と口論になっているのを見たことがあります。例外として、退職者の都合ではなくリストラなど会社都合で解雇された場合は、失業認定されてすぐに失業保険をもらえます。
  • 今まで経験したことのない業種とかに転職したいと考えている場合に・・

  • 未経験の分野などに転職をしようとするときには、以前の業界で養われた腕前や今までやってきたことを生かすことができるというアピールがいるようになります。その業種で経験をしたことがないという人は経験のない分だけその業界で働いたことがある人よりも実際のところ、不足することはありますが、自分の持っているスキルがそのジャンルでも生かすことができるということを相手に伝えれば、戦うことができる場合も多くあります。そのような訳で、経験が全然ないジャンルにチャレンジするときには、その業種と自分が今までやってきた職務との関係性を可能な限り考えましょう。
  • 再就職での面接などの時にもし名刺を差し出された場合・・

  • 転職の時の面接などの際にもし担当者に名刺を渡された場合、自分も相手の方に名刺を渡すべきであるのかどうかと対応の仕方に迷ったときは、ほとんどは渡す必要のないもの、と覚えておきましょう。転職のための面接というものは仕事の一環ではなく、採用活動の一部なので、大方は名刺をやりとりする時ではないのです。それに、あなたは会社の人間として出向いているのではなく、個人の問題でそこにいるわけです。という事で、もしも相手側から名刺を渡されても、こちらは、ただもらうだけで問題なくて、相手側に渡すことは必ずしもないと判断できます。
  • 求人関連の情報では、大部分の場合は大部分の職場では月収が明記されています。

  • 求人情報にはほとんどの場合、まともな企業では月の給料がしっかりと記載されていますよね。しかしこの月収の部分をチェックする時には、注意深く確認する事が必要です。数字だけ見て判断しないほうが無難です。実はもしかすると、月収の金額の内訳で「毎月10時間の残業」が条件になっているかもしれません。それは残業代を入れて魅力ある案件に見せて、人材を確保しようとしているケースも考えられます。また、「歩合給」をプラスする、といった案件も要注意です。歩合を過剰に多い前提で月収を多く見せている所もあったります。ですから、こういった表記された数字どおりとなる見込みがない会社には興味を持たないほうが賢明です。
  • 退職|転職活動を行うにあたっては、あらかじめ、ネット上の求人サイトを閲覧したりし…

  • 転職をするとき、前もって、ハローワークの求人票を閲覧したりして興味のある会社をチェックするでしょう。しかし、その会社がサイトや求人票に情報を出す際は、専属「コンサルタント」のフィルターが入っている、と考えた方が良いでしょう。コンサルタントは、会社の利益にならない情報を隠すプロでもあります。仮に公開する場合でも曖昧な表現を使ってうまくごまかそうとします。そういった類の社長の方針や社員の感想に関しては、額面通りに捉えるのではなく、疑いながら読んだ方がいいでしょう。もしも書かれていたことを信じて入社してしまった場合、「話が全く違う」と後悔することになりかねません。悪徳会社は、素直な人材を効率的に取り込んで、その後は、色々と理由をつけて辞めさせないように考えています。この種のブラック企業には注意が必要です。
  • 数年前の求人情報では、雇用主が必要とする人材の「性別」ま・・

  • 前の求人情報では、「性別」がきちんと書かれていました。ですが今では、1985年に制定された男女雇用機会均等法によって男女の求人・採用差別をあってはいけないルールとなり、応募条件の詳細に「性別」を明記できなくなりました。しかし働き手を募集する雇い主としては、性別に拘らず雇用するとは断言できないのです。実際、実際は男手が必要な企業に募集に女性がやってきたり、女性が必要な案件に男性がエントリーしてきたり、といった問題も他人事ではないのです。もし、「女性が活躍する職場です」といった内容の案件は、雇用主が働き手は女性を必要としている、と考えると確実です。
  • 昨日人材紹介会社へ登録に向かいました。

  • 先週新しい仕事先を探すために人材バンクへ登録に向かいました。そこでカウンセリングのために現れた担当の人がどうも仕事の経験が少ない社員のようで、私が説明したことの5割ほどもわかっていない感じ。しかも「キャリアデザインを変えた方がいいですね」とか「もっと自分の強みを知る必要性があります」とか、一丁前に横柄にしゃべるからとても嫌な気持ちになりました。カウンセリングを担当させるのはある程度仕事の経験がある人にしてほしいと思います。
  • 就職活動において、年収はかなり重要なポイントです。

  • 就職活動において、年収はかなり重要な要素です。面接において、大部分の会社で現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。ここで本当の年収を偽って、多く申告し、転職先の年収をアップさせようとはしないでおきましょう。最終的には源泉徴収を提出することになるので、仮に一時的に信じ込ませたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、結局はウソがバレてしまうためです。ヘタをすると、トラブルに発展する事態にもなりかねないので、現職年収は正確に伝え、それに釣り合った希望年収を設定することです。ちなみに、今の年収が300万円の方が急に年収500万になるようなことは普通はありません。仮に、年収が400万なのであれば、希望年収額は400~450万円と相手に伝えておくのが間違いがありません。ウソの申告は転職活動後のトラブルだけでは済まないこともあり、せっかく入社したのに退職しなければならないという事態になる状況も考えられます。
  • 転職を考えていた時期にかなり多くの人材紹介会社に登録していたのですが…

  • 私が勤め口を探していたころいくつかの人材紹介会社に登録していたことがあります。その際に特に思ったのは転職のアドバイザーのレベルに関しても色々でほぼいまいちだと感じる方ばかり。私にとってはとても重要なことなのにもっと誠意を込めて臨んでほしいという考えがいっぱいになり、それが理由で私はキャリアカウンセラーになろうと考えたのです。キャリアカウンセラーとして働くには資格が必要です。資格取得までには費用も必要だったし勉強に関しても大変ですが、求職中の方から信頼される人になるべく頑張っています。
  • 転職を考えている際に注意を向ける求人情報は、目安と・・

  • 仕事を探している際に気にかける募集事項に関しては、一般的なものとして載せている、という確率もあり得ます。なので、書いてある情報は全部正しいものだと思うのはやめておいたほうが賢明でしょう。中でも特に生活に大きくかかわってくる給与の額などに関しては、社員を平均して出した金額なのか?最低限保証されている給料であるのか?最高額の給料なのか?というような評価ができないケースが多く、自らの勝手な判断でわかったつもりでいると、後になって嫌な思いをするかもしれないのです。ですので、嫌な思いをしないために、仕事の情報というのは、目安だと思って、そのようなとても重要なことは会社側に直接問い合わせるのが妥当でしょう。
  • 年内中に転職予定がある人で、次の仕事を始めるまでに時間があるのな…

  • 年内中に転職活動を考えている人で、次の仕事を始めるまでにまだ時間があるのなら、ぜひ「失業手当」を受け取っておいた方が良いです。働いている会社側で「雇用保険」を払っていた場合は、手続きをすれば必ず誰でも失業手当を受け取れます。詳細の手続きについては、「ハローワーク」で行う必要があります。しかし自己都合での退職なら、失業手当が受給されるまでの待機期間(3ヶ月)ありますが、企業の都合での退職、あるいは残業時間次第ではすぐに貰える可能性もあります。このときの、支給される「失業手当」の額は、最後に働いた月の直近の給料を基に支給する額を算出されるので、企業に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の方は、「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当的にはお得です。