転職活動の際には履歴書と職務経歴書が必要になってきます。

転職活動を行うにあたっては、履歴書と職務経歴書を準備することが必須だと考えられています。

  • 転職活動を行うときには履歴書と職務経歴書を用意することが必須だとされています。ほぼすべての企業は履歴書と職務経歴書に書かれている内容によって面接するかどうかを判断するため、これらの書類の作成が重要といえるでしょう。ただ必要事項を埋めるだけなく、内容が魅力的であることも必要です。「職務経歴書」は、過去に経験してきた職務の詳細に加え、できる限り、アピールできる内容を記入します。さらに、現在の仕事で挙げた実績を、たとえば売上を過去○年の平均を△パーセントアップさせた、など具体的に記します。作成の仕方がもうひとつわからない場合は、「転職エージェント」に職務経歴書の推敲を手伝ってもらい、より良い内容に改善していきましょう。ブランディングのために利用することも転職を成就するための有効な手段だといえます。
  • 近頃はパソコンやスマホを見ればインターネットで見られる世界・・

  • 今ではパソコンを使えばインターネットで見られる世界では要するに「転職に関するサイト」と呼ばれるものが相当な数点在しています。その無数のサイトから自分自身が求めている転職先というのを見つけたいなら、最初は情報を集めることが欠かせません。こんな転職サイトを上手く活用することで、スムーズな転職先探しが可能です。更新頻度が高く、さらには正しいレビューなども載っている「転職サイト」もありますが、優良とはとても呼べない粗悪なサイトもあるので、充分に注意しておきましょう。利用して間もない頃は、信用に値するサイトかどうかを見極めることが大切ですから同ジャンルのサイトと比較しながら厳しく確かめてみましょう。
  • 長く接客関係で仕事をしていたのですが、年齢を重ねるにつ・・

  • 長年接客関係で働き続けてきましたが、歳をとるにつれ立って行う仕事は体力的にきついため、座って仕事ができるオフィスワークへお仕事を変えることを頭に入れて動き始めました。事務の経験がないと少々難しくて、そうであれば接客の経験が役に立つ受付兼医療事務になろうと資格も取り個人の医院に転職しました。周囲はベテランのパートさんだらけで人間関係に関しても複雑。夜間のシフトばっかりさせられて、接客業をしていた頃よりも帰宅も遅いのですが、初めはキャリアを形成する時期だと腹をくくって頑張ります。
  • これはシフト制の業務についてです。

  • シフトの仕事に関する話です。特定の曜日に働ける人を募集する求人を結構見ますが、休む手順やシフトの提出方法については面接の際にたずねておいた方が良いです。前に私は産休で抜ける人の代わりにと正社員として勤めることになったのですが、私のシフトがそこでは、「土曜、日曜」固定のシフトだったのですが、新しく入った私以外、他の社員はだれも出てくれませんでした。産休に入った人が「土曜、日曜」に必ず出る人だったので、私自身も必ず出勤できると思われていたみたいです・・・。「土日」に外せない用事が入ると、シフトを変えてもらう必要があり、上の人たちに「土曜日に休まなければならないので代わりに出ていただけませんか?」と自ら依頼しなくてはいけませんでした。立場は同じなのに、土日を1人の人に任せるって・・・思い返すと「おかしな職場だった」としか言いようがありません。
  • 時間に融通が効くはずの派遣社員というものは、契約期間を過ぎ…

  • 時間に融通が効くはずの派遣社員だからといって契約期間を過ぎたら任意のタイミングで退職できるわけではないと、転職活動を通じて学びました。私は新婚し、生活に慣れたらなるべく早く子供がほしかったので、それまでの期間のためにおよそ1年半~2年くらい今の部署で継続で仕事したいと思ったので、就職することにしました。派遣社員ということもあり、正社員より年収は少なめでしたが、仕方ないので「時間にが融通が効く」というメリットがあるので、そこはガマンしました。ですが、入社したあと、一緒に働く人たちの大多数が10年~15年ほど勤務しているというのです。なので派遣社員であったとしても、すぐに辞められるワケではないと、これが今の悩みになっています。
  • あなたが転職をするとき、「Uターン」「Jターン」といった具合に、…

  • 転職しようと考えた場合に、「Uターン」「Iターン」といった形で、都市部から地方に移り住んで再就職したいと考える人が増加しています。ネット社会の今では転職サイトを使えば、地方や郊外の求人も手軽にアクセスできるようになりました。残念ながら郊外や地方での求人はどうしても大都市よりも少ないというのが大きく違うところで、デメリットでもあります。といった問題があるので、求人情報サイトを利用するのは当たり前ですが、転職サイトに加え、「地方自治体・商工会議所」などの情報サイトも定期的に確認しておきましょう。「地方自治体・商工会議所」といった機関が開催する転職サポートの情報もアンテナを張っておきましょう。
  • 転職というものをしようと考えたとき、転職先での給料ばかりに気を取られる人が…

  • 転職を考えるとき、転職先となる職場における自分の年収について気にする人がどうも多いものです。誰もがですから生活費を給料として手に入れるために励むと思います。年収は自分自身の価値を測る指標としての側面もあるからとうぜん大切なことは否定できません。しかし、愚かにも年収額に固執しすぎるのも悲しい気がします。それより年収がさほど期待できない仕事であったとしても精神的な充足感を得られることはゼロではないからです。
  • 『なるべく早く転職をしたい』とおもっている方、自身の意志が固いな…

  • 『転職をしたい!』と思っている人で自身の意志が抑えられないくらい強いものであるなら、速やかに上司にその旨を伝えましょう。なぜならばここでは曖昧な表現をするともしかすると高確率で言いくるめられるので要注意です。また、実際に私も上司へ転職の相談をしたのですが、ズルズルと長引きなんと半年以上にわたり辞められませんでした。辞職することをはじめに直属の上司に話した時は年度末、いろいろあって退職出来たのはこの年の11月です。予定としては、区切りの良い年度末いっぱいで辞めたかったのに、大変驚きました。企業側としても、人事上の都合があるのかもしれませんが、スタッフの要望を聞かないまま、上司を含め組織として予定を引き伸ばしてきたので、さすがに以前にも増して信頼はなくなりました。
  • 仕事のせいで回復が難しいほど精神的にとてもつらくなってしまい・・

  • 働いていることで回復が難しいほど精神的に苦しくなり、転職を考えざるを得ない状況になったのなら、職場の人に相談ではなく自身の家族と相談して、退職するかどうかを決めたほうがいいです。どうしてかというと、働くのは自身のことでもありますが、同時に、家族の問題ともいえるのです。毎月、納得のいく高給をとったからといって、精神がボロボロになるまで仕事をするのは健全とは思えません。昨今は、経済的なことよりも、働きやすいことを優先で前提にする生き方も段々と増えていっています。あなた自身の身内や、あなた自身の心も大切にしましょう。
  • 退職|失業保険の給付においては、仕事を見つけようとしていることが条件になります。

  • 現実に失業保険の給付を振り込んでもらうためには、客観的な意味で、職を探している姿勢を見せる必要があります。けれども、「会社に行かなくてもいいし、しばらくは仕事をせずにゆっくりしたい」と思うのが本音だと思います。なので、心から就業先を探しているように、見せる方法があるので紹介します。毎月ハローワークに行くのは避けようがありませんが、その場にて、「求人票」をチェックすることを最低限必要です。真剣に探す気力がないときは、求人票を熱心に閲覧しているふりをして、ハローワーク職員との面談の際に、「続けられそうな仕事が残念ながら見つかりませんでした」と言って、次の機会まで待つという方法もあります。
  • 今の自分のスキルを活かして転職する際は、転職がしやすい業界と、…

  • 自身のスキルや資格を活かして就職活動をしていく場合、比較的、そのスキルがプラスになる転職しやすい業界とそのスキルが不必要な、転職が難しい業界がある事を理解しておけば転職先を探すのに役立ちます。転職しやすい業界は、常に人手不足になっている医療や介護系の仕事が代表例といえます。医療・介護は、それぞれ看護師・介護士の「資格」が必要で、資格を持っている人たちにとってはとても転職しやすい業界です。ですが、「医療・介護」の仕事を現在やっていて、様々な理由により、異業種に再就職したいと思っているなら、簡単に選択しないほうが無難です。「医療」「介護」以外の業界は、スタッフの流動性がそれほどありません。そのため、容易に考えない事が必要です。異業種への再就職される場合は、異業種ではなかなか厳しいものになると覚悟しておいたほうがよさそうです。
  • ある古物商の人員募集にて、書類選考をパスしました。そ・・

  • ある古物商の会社で書類審査に合格したので、先方から、面接予定日を連絡してもらいました。ですが、面接日当日、指定された場所へ行ってみると、行き違いがあったのか相手が面接の用意を一切していないことに気づきました。ようやく、責任者らしき人が面接担当をしてくれましたが、終始呆れるほど面倒くさそうな態度を見せてやっとのことで面接が終了しました。が、予定日になっても結果連絡がまったく来ず、気になったので、私から問い合わせてみたところ、「郵送で本日送付してあります」と返答されました。しばらく待ちましたが、私の手に届くことはありませんでした。仕方なく再度質問したところ、どういったわけか、「今回はご縁がなかったということで」と有無を言わせずに電話を切ってしまいました。呆れ返ってしまい言葉を失いましたが、本当は、採用されなくて良かったと感謝しています。
  • 退職|転職の面接において会社側からクールビズでも大丈夫ですよ…

  • 再就職の面接に関してですが企業側からクールビズで良いとと事前に言われる場合もあります。しかし、なかには、クールビズで面接を受けるのは良くない印象を与えるのではないか?と疑ってしまうこともあります。クールビズに関する迷いを心に抱え込んでしまっている方にアドバイスしておきたいのは、企業側からクールビズOKだと言われた面接については伝達事項を素直に聞き入れるほうが大丈夫です。色々迷って、真夏でありながらスーツをしっかりと着用すると相手側に不自然に思われますから、企業側からクールビズで来てくださいと事前に聞かされたのならクールビズで大丈夫なのです。
  • 新たなことにチャレンジしたいと考え、転職サイトで・・

  • あなたがもしも、「転職サイト」を活用して自分の働き方に近い条件のストレスを感じずに働ける仕事情報をあれこれ見ているのなら、「転職エージェント」は必ず利用しておきましょう。どうしてかというと、登録は簡単です。エージェントサービスに登録したあと、エージェントが紹介してくれる仕事は、一般的に公開されていないからです。誰でも見ることのできる公開求人とは異なります。なにせ、比べようがないほどにとても質が高いといえます。そればかりか、あなたの希望にピッタリなものを調査しながら紹介してくれます。そのおかげで、これは結構ドストライクで職種の求人にめぐり逢えることが多々あります。仮に、同一の求人を見つけたとしても、あなたが自分で行き当たりばったりに調べていくのと比較すると何倍も効率がいいです。ですから転職を成功させる近道です。
  • 転職をするなら、仕事のやりがいアップも大切だけど加えて…

  • 転職先を探すとき、もちろん仕事におけるやりがいアップと共にさらに年収アップも大切なポイントになりますから「年収サイト」に登録をして前もって研究しています。全く同じ会社でそして全く同一の職種、社歴なのに人によってかなりの違いがあることも多くあって、正直なところ面接の際質問したことがあります。面接官もそのサイトを見ていたみたいで「ああ、高い年収で書かれているのは、書いた人間について誰かある程度は予測はついているんですけどね、多分格好をつけているのでしょう。低い方で心づもりしといてください」とのことでした。
  • 大好きなことを仕事にしたいという風に考えている人は注意した方が良いです。

  • 大好きな分野の仕事に就きたいという風に考えている人は注意です。これは、私が体験したことなるのですが、私自身、もともと食べることが趣味でそれが理由で飲食の世界(レストラン)で仕事をしていました。そのレストランでの仕事内容は、そのお店で担当していた業務は、簡単な盛り付け作業やホール業務です。この仕事内容については、嫌なこともなく楽しんで働いていました。ですが、人間関係ですごく嫌になりました。ということが引き金になって、退職する羽目になりましたが、その結果、あんなに大好きだった食べることやその飲食店で扱われていた食べ物すら苦手になり、よく似た店にはしばらく経った今も行けません。当時の匂いを思い出すのも苦手です。この仕事を始めたばかりの頃は、好きだった店が嫌いになってしまいました。趣味に通じることや好きな分野の仕事に就きたいと思い、それを実現させることは悪いことではありません。ですが、「好き」は、どのくらいすごいのか、真剣に判断する必要があります。