派遣として就業しています。派遣法や労働契約法のおかげ…

派遣で就業しています。労働契約法の関係で長く勤務してき・・

  • 派遣で会社で働いています。派遣法や労働契約法の関係で残念ですが馴染みのある就業先での勤務があと数か月で終わります。派遣の仲間の中には、派遣の就業先で正社員の待遇をゲットした人もいるのですが選ばれた理由としてはぶっちゃけ仕事の腕がよいというよりは派遣先上司へのあしらいが上手でそれで採用された模様。職務を遂行するスキルよりもおじさんを転がす能力の方が重要なのだろうと抜擢されなかった他の派遣の同僚といつも文句を言っています。

    転職を行うにあたって、今務めている会社を辞める時に失業保険に関する手続きを行う必要がありますが…

  • 転職を行う際、今働いている会社を辞める時に「失業保険」を受けるための手続きをしなくてはなりませんが、もし自らが希望して退職届を書いて退職する、いわゆる自己都合退職においては直ちに失業保険が給付されるわけではなく手続きをしたのち、失業したことが認められてから3ヶ月経ないと実際に受け取ることができないのです。よく勘違いして退職日の翌日から3か月経てば給付されると誤解している人がいますが、この規則に無理解な人が、ハローワークの職員と過去に口論していたのを見たことがあります。例外として、リストラのような、「会社都合」での解雇のケースでは、失業認定されて即座に失業保険が給付となります。

    未経験である分野などに転身したいときには、自分の以前の仕事…

  • 今まで経験したことのない業界とかに転業を考えるときには、自分が前職で身についた能力や経験したことを発揮できるという自己アピールが必要です。未経験の人は経験のない分その業界の経験者よりも実際のところ、不利な状態になりますけど、自らの持っているスキルがその分野でも発揮することができるということをうまく伝えれば、戦うことができるケースも考えられます。なので、経験のないジャンルに飛び込む場合は、その業種と自分が今までやってきた職務内容とのつながりをできる限り探し出してみましょう。

    退職|再就職の面接などにおいて担当者に名刺を手渡されとした・・

  • 再就職の面接などにおいて面接担当者に名刺を渡された場合、同じように自分も名刺を差し出す方が良いのか?と対応の仕方に迷った場合は、ほとんどは渡すことはないと理解しておくと良いですね。転職のための面接に関して言えば仕事の内ではなくて、採用活動内のことなので、大体は名刺を交換する場ではないのです。そのうえ、あなたは立場上会社の人間としてその場にいるのではなく、個人的なことでこの場にいるわけです。要するに、もしも相手側から名刺を差し出されても、あなたのほうは名刺を受け取るだけで問題なくて、面接担当者に相手側に渡すことはまったくないと言えるのです。

    求人広告には、多くの株式会社では月の給与が明記されています。

  • 求人についての情報を見てみると、多くの株式会社では月の給与が記載されているはずです。この月収欄については、しっかり確認する事が大事です。その値だけでわかってしまってはいけません。何故かというと企業によっては、月収の内訳で「毎月15時間の残業」を含んでいるかもしれません。それは残業代をトータルすることで好条件であるかのように見せ、人材を募集している所があるからです。それ以外にも、「歩合給」をつけると表記している案件にも注意が必要です。歩合をかなり多く見積もって月収として見せている企業もあったります。そうやって可能性の少ないケースを誇張しながら、人を集めるような会社はスルーしておくのが無難といえます。

    退職|転職活動を始めるにあたっては、事前に求人票を見たり、ウェブ上の公式サイトを閲覧したり…

  • 転職をする場合、最初に、ハローワークの求人票や求人雑誌を閲覧したりして転職候補先の会社を調査するでしょう。しかしながら、当該会社がサイトや求人票に情報を出す際は、コンサルタントから指導を受けていることが多いです。彼ら(コンサル)は、会社にマイナスとなる情報を隠す達人でもあります。仮に公開する場合でも差しさわりのない表現をします。そういった「社長インタビュー」などに関しては、そのままを信じるよりも、半信半疑で聞いていた方が間違いがありません。仮に言葉を額面通りに受け止めてしまうと、「聞いていた話とまったく違う・・・」とあとでガッカリすることになりかねません。悪意ある会社は、素直な人間を効率よく取り込み、その後は、色々と理由をつけて退社させないように画策しています。この手のブラック企業には注意が必要です。

    今までは求人誌では、雇用主の希望する「性別」が記載されているのが一般的でした。

  • 数年前の求人誌では、募集条件の中に「性別」について、書かれているのがほとんどでした。ところが今では、男女雇用機会均等法の施行等により、男女差別が採用時にしてはいけない事となり、求人情報の概要に「性別」が記載されなくなりました。ですが、求人募集をしている会社は、男性・女性のどちらでも良い、とは内心では考えていません。従って実は男性が欲しい業種に女性の採用希望者がやってきたり、逆に女性を希望している案件なのに男性が来てしまったり、といったトラブルは誰にも起こり得ます。例として、「女性が活躍できる仕事場です」といった内容なら、雇用主が働き手は女性を必要としている、と認識したほうが良いでしょう。

    新しい仕事を見つけるために人材バンクに登録に行きました。

  • 一昨日転職先を見つけるために人材バンクへ登録を行いに行きました。そのとき登録するときのカウンセリングの際に出てきた担当者が見たところ入社して間もない新入社員で、私が話したことの半分ほども理解ができていない様子です。それにもかかわらず「キャリアデザインを変えた方がいいですね」とか「もっと自分の強みと弱みを明確化しておく必要性があります」等、一丁前の話を偉そうに言うから大変嫌な気分になりました。カウンセラーは多少は能力のある社員に、するべきだと思います。

    就職活動において、年収はとても重要な要素です。

  • 就職活動を年収抜きに考えることは不可能です。面接時には、ほとんどすべての会社で現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。このとき本当の年収を偽って、多く申告し、転職先で高額の年収を得ようと試みても、無駄でしょう。というのは、結局は源泉徴収を提出しなければいけないので、仮に一度は信じ込ませたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、必ずウソがバレてしまうためです。ヘタをすると、トラブルに発展する事態にもなりかねないので、現在の年収を正直に伝え、それに見合った希望年収を設定することです。年収400万の人が転職してすぐ500万円の条件を提示してもらえるかといえばないものと考えておくべきです。仮に、現在の年収が430万円であれば、希望年収額は400~450万円と相手に伝えておくのが良いでしょう。明白なウソは、転職活動の妨げになるばかりでなく、入社できたのを退職しなければならないという事態になるおそれもあるので、注意しましょう。

    退職|私が仕事を探していた時期にかなり何個かの人材紹介会社に登録していたのですが・・

  • 以前はいくつかの人材紹介会社に登録していたことがあります。その際に思ったこと、それは転職のアドバイザーの質においても驚くほど多種多様で大方適当な対応をする担当者でした。こちらは人生かかっているのにもっと情熱をもってに向かい合ってほしいという考えが高まってきてそれがきっかけでキャリアカウンセラーの道に進むことになりました。キャリアカウンセラーとして働くには資格が必要です。資格取得はお金もかかったし資格取得のための勉強の面もかなり大変ではありますが、仕事を探している方からあなたがアドバイザーでよかったと言ってもらえる人間になるべく頑張っています。

    仕事を変えようとしようとしている時に目を光らせる募集事項について…

  • 再就職をする際に閲覧する求人内容に関しては、基準的なものとして、アバウトに書かれている確率もあり得ますので、記載されている情報は100%間違いのないものだと迂闊に信じないほうが最適でしょう。中でも特に生活に大きくかかわってくる給料面においては、平均的な値なのか?最低保証の金額であるのか?一番高い給料なのか?というような読みができない場合が多く、自分判断で解釈してしまうと、後悔することになるかもしれません。そんな訳で、求人情報というのは、一般的なものだと思って、そのようなたいへん肝心な内容は会社の方に直に聞いてみた方が適切です。

    退職|近いうちに転職される人で次の仕事を始めるまでにまだ期間がある場合は…

  • これから転職活動をする人のなかで、次の仕事を始めるまでにある程度時間が掛かりそうなら忘れずに「失業手当」をもらっておくことをお勧めします。あなたが勤めている所属する会社がもし「雇用保険」を払っているのなら、手続きをすれば失業手当を誰でも受け取ることができます。そして手続きについては、「ハローワーク」で行います。しかし自己都合での退職なら、失業手当を受け取るまでに3ヶ月掛かりますが、勤めている企業の都合の退職だったり、残業時間次第で日数をおかず即、受け取ることが出来たりもします。なお、失業手当の金額は辞めた月の近々の給料をもとに失業手当の金額を計算するので働いている会社に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の方は、「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当を受け取る上ではお勧めです。

    退職|派遣会社に登録して働いている人が徐々に増えてきていますが…

  • 派遣会社に登録し、働く人が近頃は増えてきていますが、派遣先から支払われる一時間当たりの報酬がいくらで、そのうちの何割が自分に入るのかを可能な限り面接のときに聞いておいた方が無難でしょう。派遣業は、労働力を必要とする企業に人材を派遣し、その対価として手数料をもらうシステムなのですが、現場に派遣される労働者の取り分が不明確になっている場合が多いです。50%以上が労働者に支払われていればまだいい会社なのですが、情報開示をしてくれない業者も多く、悪い業者では、労働者に2割しか還元しなかった、という場合も少なくありません。面接時、まともに回答してもらえない派遣業者は、色々と不都合なことは隠そうとする可能性が高いのでなるべく違う派遣会社を利用されることをおすすめします。

    もしもあなたが転職を考えているなら、前もって「資格」取得は考えておいて損はありません。

  • もしもあなたが転職を予定しているのなら、先に資格を取得することで有利に事が運びます。また、仕事を続けているうちに、資格取得をしておくのがベストです。転職でそれを生かせることができるので、選べる企業が増えることで選択肢が増えます。であるため、在職中であり、かつ転職活動前の段階が資格取得においての最適といえます。将来を考え、このあとに役立つであろう資格を取得しておけば、今の仕事に別れを告げても心残りなく仕事を探せます。しかも、資格取得によって転職活動の幅は資格が味方をしてくれるので、面接時に即戦力になる人材だと判断され、今までの職場より待遇アップも期待できます。

    これから、私たちの社会的環境において一段と思考を必要としない仕事…

  • 将来、より一層シンプルな労働は機械に切り替えられてそして、必要な稼働人口は減少していきます。なぜかというと、単純労働という観点ではヒトよりも機械でやったほうが圧倒的にすぐれているからです。数をカウントしたり、同じ手順を反復したりすることは機械なら何の苦もありません。もちろん人と違って愚痴も言わない、ペースが変わることもなく横着をすることもないし、正確だし均一化できる強みもあります。さらには、報酬も発生しないのです。こういったことから、生身の人間を使う意味が到底無いので機械化が無理もありません。

    退職|最近はウェブ上では、「就職斡旋エージェント」や、ヘッドハンティングの請負ををビジネスとする会社も増えてきました。

  • 近頃、ウェブ上では、「就職斡旋エージェント」や、ヘッドハンティングの専門業者も増えてきました。あなたに特許を出した経歴があるなら、そのような会社から電話が掛かってきやすいといます。ヘッドハンティングを行う会社は、特許権を獲得した人に限らず、「研究開発」における論文を出した人や、メディアで話題になった人など、何らかの業績を残したと思われる人を対象に、電話やメールを用いてコンタクトを図り、ヘッドハンティングのネタにしようと腐心しています。もしも、あなたがいかにもヘッドハンティングのような勧誘をされたときには、そうなったキッカケを思い出してみましょう。あまりないことですが、ヘッドハンディングのように見せかけて、「登録料」を要求しようとする業作がいますが、そういったものは間違いなく嘘なので、無視しておくのが無難です。報酬を支払わなければいけないのは登録している会社で、転職希望者がお金を払う必要などありません。