退職|在職中であるのなら、できたら、会社内の人に悟られないよう・・

退職|在職中であるのなら、状況が許す限り、周りの人にバレない・・

  • 就労期間中なら、極力周囲に悟られないよう、(自身の例ですが)在職中に「転職するかも」という考えだけを早いうちに社内の人間に話して、反応を見たことがあります。しかしながら、それから、求人情報を必死に色々とチェックしてみたのですが、結局働き先のあても転職時期すら何も決まらないまま、ズルズルと時間だけが過ぎてしまいました。挙句の果てには会社の側は、業務の引き継ぎ、諸々の手続き、私自身の退職日などが続々と確定していき、さいごは「退職予定日に合わせてとりあえず就職(できる)先を決める」といった、お粗末な事態になってしまいました。そして、思うような展開にはならず、失職期間を経験したあとで、次の就業先を見付ける活動をはじめました。

  • 退職|転職先で会社見学などがあれば、非常に参考になります。

  • 転職先で会社見学などがあるとたいへん勉強になります。会社見学できる会社の中でも、職人さんのいる会社では職人技を間近で見られて楽しみです。が、「職人」がいる会社見学は、ほぼ見学者には、日常の仕事風景を見せてくれることは少ないです。例を挙げるとずばり、「ブルーワーカー」(肉体労働)などの職種です。この分野では、癖の強い人が多いので入社するまで実際の姿はみえないものです。そのため、見学で知った内容がそのまま仕事現場と決めつけないことがとても賢明です。ましてや、会社見学の時に実際に仕事体験させてくれる会社はとても危険ですから正直言って、「論外」です。入社すらしてない人にはもし何かトラブルが発生しても、それに対する保障が一切無いので、進められても丁重に断るようにしましょう。

  • 退職|転職活動をやっていると、面接で高い確率で聞かれるのは志望動機と転職理由の2つです。

  • 転職活動をしていると、例外なく質問されるのは志望動機と転職理由の2つです。これらのうち志望動機に限っては、思っていることをそのまま伝えてもOKですが、これとは異なり転職理由についてそのまま伝えるのは問題です。例をあげれば収入に関する不満、上司や同僚との人間関係など面接官によいイメージを持ってもらえるものではありません。とはいっても、過去のマイナスをそのまま話する人は稀だとは思いますが、採用担当者はそのような部分を注視しがちなので、慎重にあなたへ「探り」を入れてきます。不満を言わずにうまく答える方法として、現職の仕事内容から脱線する箇所には一切触れないことです。そして、この企業に入ってこんな貢献をしたい、「3年後にはこうしている、5年までに〇〇を叶える」、そのために御社を選びました、と未来志向となるように、うまくかわしていきましょう。

  • 退職|大半は大きな会社は、「定期採用」で人材確保することが多くを占めます。ですか・・

  • 一般的に見て一流企業は「定期採用」がメインです。ですから、転職で入る事は簡単ではありません。また、郊外~地方となるとそのチャンスがとても狭まります。例外的に、「製造業」に関連する企業の場合であれば、地方の工業団地界隈に工場展開している事もとても多いです。さらに、そういう場所では、事業拡大などの際に「途中採用」をしていることが多々あるので、そういった好機に転職するのもいいでしょう。地方の工場を転職に考える場合、希望する企業の情報を事前に仕入れておきましょう。その会社のHPをチェックし、求人予定がないかこまめに確認されることをお勧めします。

  • 日本には古来より「石の上にも三年」という教えがあります。

  • 古来より日本には「石の上にも三年」という諺もありますが、1998年に派遣法において対象業務が自由化したとともに「転職」が一般的な事柄となってきています。しかしながら、当たり前に転職が可能だと思い込みうかつに仕事を変えようとするのは後々のためにはなりません。転職しようと考える場合、適した時期を捉える必要があります。基本として、今やっている職場、仕事、職場に関して、嫌な点を10個前後、メモしてみてください。そうすることで、転職に役立ちます。そして決断したら迅速に、今よりも良い仕事ができるよう、努力することも大切です。

  • 退職|転職のための採用面接に希望先の会社へ行きました。

  • 転職における面接に行きました。その日に限って会社の会議室が空きがないということで社外のとある場所で人事部の人と待ち合わせて採用面接を行い、その場所で解散をし、面接担当者もそのまま自宅に直帰されるとのことだったわけですが、ところが下りる駅が私と一緒だったのです。ですから電車内においても面接担当者とずっとお話しながら帰ることになり、結果として打ち解け面接より話が弾んで、それが奏功したのかなんと採用を掴み取ることができました。

  • 新卒採用で入った会社を辞めて、思い切って転職すると決めました。

  • 新卒採用で入社した会社を辞め、思い切って転職すると決めました。実際に転職する前は、相当に悩んでいましたが、ですが、新卒で入った会社を数年で辞めて、中途採用として働いている人が大半であると転職活動中に気づき、自然と悩みが消えて、気持ちが楽になりました。また1度、転職をすると何か、体が軽くなり、「自分の好きなこと」を考えることが毎日が見違えるように変化しました。なかには「仕事を途中で投げ出すようなことではダメだ」という転職に対するマイナスイメージもありますが、それが正しいのかなと感じました。私のケースでは転職を経験して良かったと思います。

  • 退職|転職をしようとするときに、まず勤務している会社を辞めてか…

  • 転職活動を行うときに、まずは今の会社を退職してからと思っている人もいるようですが、そうであるならボーナスの支給日を事前に調べておくのが無難です。ボーナスが出る会社はほとんどですが、社員にボーナスを支給する会社の場合には、ボーナスをゲットできる日が目前に迫っているのであれば、ボーナスが支給されてから退職届を提出するというやり方も悪くないです。ボーナスはそれなりに額が大きいので、もらっておかないともったいないとも言えるでしょうから、辞職する際には会社がボーナスを支給する時期について確実に把握しておくと賢明なやり方です。

  • 転職の面接でいるビジネススーツの色合いについては、新卒の就職活動…

  • 転職の時の面接でいるスーツのカラーは、新卒の就活に着る色味が基本です。具体的に言うと、紺色や黒色の暗めの色味になるわけです。それが、再就職であっても、ビジネススーツの色合いは黒系や紺系の落ち着いたカラーが圧倒的多数であって、そうでないカラーの人は圧倒的に少ないです。他のカラーで言えば、まれにグレー系のビジネススーツを着ている人がいるくらいです。だいたいは紺色や黒色が多く、会社側から見ても黒や紺色であるほうが普通に感じます。ですから、見た目の印象という観点ではおすすめしたいのです。

  • 以前は、「転職サイト」ではなく、私はハローワーク派でした。

  • 今まで私は、「転職サイト」を利用するより、主に「ハローワーク」を利用していました。その理由は、大抵の転職サイトは、特性上、都会や大手の求人がほとんどだからです。そのため、求人を探す際は、「ハローワーク」しか利用していません。もちろん、求人募集をする企業や給料といった条件は見劣りしますが、古くから地域密着なので、安心できます。しかし、「ハローワークはなんとなく地味なイメージがある」と誤解している人もいるかもしれません。思いもよらず、良い求人情報も載ってたりもするので、勤めている会社を辞めたい場合は、ハローワークに1度行ってみるのも手です。「転職サイト」みたいにたくさんの電話・メールが頻繁に送られてくる心配もありません。

  • 退職|転職サイトあるいは転職エージェントを使って、転職活動を行うことは常識になりつつあります。

  • 転職サイトや転職エージェントなどを使用して、転職活動する人は年々増えています。しかし、より確実に良い仕事を探したいのであれば、加えて転職フェアを活用するのがいいでしょう。転職フェアは、多くの企業が一堂に会する場であり、一度足を運べば複数の企業についての情報を得ることができ、それに加え、説明担当の企業スタッフから、その企業がどんな雰囲気なのかある程度わかります。もしも、転職フェアに行く際には、面接を受けるつもりでしっかりと自分を売り込みましょう。もしもフェアのあいだに企業側(の担当者に)認められれば、その後応募して採用面接時にアドバンテージになるはずです。

  • 再就職をスムーズに行いたい場合、相応の準備は必要です。

  • 転職をスムーズに行いたい場合、それなりの準備は必須です。そのなかでも、目に見える「服装」は誰もが気を遣う部分ではないでしょうか。しかしながら、現在の企業面接に関しては形式ばらない服装で良い会社もあるため、ビジネススーツを着込んで臨まなくても良い場合があります。会社の創設したての新規の会社などは、お堅いマニュアルもないことが多く、私服で面接を受けたほうが、良い印象を持ってもらえます。正装でないので、フランクに会話が出来るのも魅力です。さらに、私服を見せることで面接の際に、ファッションの事で話題が広がることがありますから、うまくいけば担当者と仲良くなれる期待ができます。ということから、転職活動は会社の設立した年で決めることが、(ベンチャー系の)面接の際は正装はせずに私服で勝負してみる、というのもアリかもしれません。

  • 女性が再就職する際、一昔前と現在とは多少、状況が変わりつつあります。

  • 女性が転職する場合、数年前と現在とは若干、違いがあるようです。前は面接のなかで会社側から、結婚の予定や出産後の考え方など、一般的なこととして質問されることが多くありました。ところが、今現在はそのような内容は、「セクハラ」として扱われるのを恐れ、質問しない会社が増加傾向にあります。そしてまた、世間に名の知れた大企業の場合は、かなり神経を尖らせているようです。が実際、面接する側としては、〇か×ではなく、その女性の考え「結婚後も働きたいのか」出産後の細かい予定を漠然とは知っておきたいとは思っている事でしょう。自分の考えを理解しておいてもらうためにも、志望の動機や自己PRと一緒に伝えることで、相手方にも認識してもらえ、判断してもらいやすくなると考えられます。ですので、聞かれていない箇所もあなたが先んじて企業にとっては必要な情報と捉え、話を進めていきましょう。

  • 退職|新しい仕事についてすぐはすぐに「年間報酬」の高望みはしないほうが良いです。

  • 新しい仕事に就きたいと考えているのなら、「年間報酬」の理想を高くしないようにしましょう。中でも、入社して1年目は大概「試用期間」を含んでいる場合が多かったりもします。自身の事例では、やっと手にした職なのに、悲しいことに前の会社での年間報酬とほぼ同額でした。それにプラスして、仕事内容もきつく、たいへん責任のあるもので、初年度をクリアするのに非常に骨が折れました。そうした体験から1年目はいわば勉強の期間と割り切って、出来る限り転職以前にお金をためておくべき、と思います。

  • 看護師という職業の人の違う職業に転職を決断する原因・・

  • 看護師という職の人の転職の理由は一人ひとり違います。看護師を辞めての転職するには「職場環境に気の合わない上司や同僚、お客がいる」「結婚がきっかけで配偶者のこともあって子育て加えて親の介護など、種々の変化によって今までと同じような仕事が難しくなってしまった」「現在の収入に大きな不満を感じている」というような悩みがあるのでしょう。でも、転職前に、「どうして自分は転職をしたいと思っているのか?」と思うに至った理由をゆっくりと現在の状況を客観的に見つめ直すことも大切なことです。「実際に転職して現状が良くなるのだろうか?」と再考したのち、決断すれば間違いが減らせます。

  • 20代に転職を2度経験して、そして今、資格をゲットする・・

  • 20代前半で転職を2回した為、そして今、資格を取得したいので派遣社員として企業で働いています。常勤の勤務ではないのでやはり給料は過去の仕事よりも少ないです。ですが、以前より心と時間的な余裕ができました。たまに、学生のうちに資格を手に入れて、仕事できれば良かったのに、とは思います。やはり、身近にそういった人を見てしまうと非常に羨ましいと感じてしまいます。これまでは、うまくいってる人と自分と比べて、肩を落とすこともありました。今は結婚してから、過去と比べ生活自体が大きく変わり、前よりも明確にやりたいことを見つけたので私も新たな目標に向かっています。