退職|人生初の転職を行うにあたって、注意すべきことはなぜ現職を辞めたいか…

初めて転職を行うとき、忘れてはならないのはどうして今の仕事を辞めたいか…

  • はじめて転職をする場合、気を付けなければいけないのはなぜ現在の仕事を去るのかを明確にしておくことです。その理由こそが根本問題なので、必ず考えておきましょう。問題解決が可能な会社を選んでみてください。社会に出てからの転職活動は、新卒の就職活動とは大きく異なり、現在の仕事と並行して就職活動をやっていくので、時間と体力を消耗します。ゆえに理由がはっきりしないまま転職しようとすると目標の途中で息切れしてしまいます。「必ず転職したい!」「現状をなんとか変えたい!」という強い情熱がない場合は,転職活動を本格的に始めることはやめておくことをおすすめします。

    退職|将来転職活動をするという時は、良いと思う求人(職種)…

  • 将来転職活動をされるなら、気になる求人(OR 業種)があったら、100%「〇〇業(気になる業種)、ブラック」でネットでチェックしておきましょう。求人票やあなたを担当してくれる転職エージェントでは、業界に関するマイナス面について知ることができない、と思っておくべきです。仮にブラック案件が蔓延している業界であれば、ネット検索を通じていとも簡単におおまかな実態を理解できます。そういう面を知らずに会社に入ると、後々に後悔してしまうかもしれません。その求人が頻繁に出ている理由が「仕事の内容がキツイからスタッフの出入りが激しい」というケースが多くを占めるため、目に留まった案件について、納得できるまでチェックして応募するようにしましょう。

    今現在の自身の職場や業務内容に対して、何かしらの不満に思うことがあるはずです。

  • 今現在の自身の職場や業務内容について不満に感じていることの中に、「自身の持っているスキルや、仕事上での能力をきちんと評価してくれない」さらに、「年収は変わらないし、将来的なレベルアップも期待できない」といった不満が割合的に多くを占めています。ですが、そのように思う人の一部には自分の本来の能力を実際よりも「過大評価」していないか、改めて確認する必要があります。仮に、過大評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「自分を生かせる企業や職種がない」と休職期間が伸びる可能性が高くなってしまいます。のせ生活自体に支障をきたす可能性があります。そういうわけで再就職で好結果を出すためには、実際の自分のキャパシティを多少厳しい目で自己分析してみてください。

    退職|転職する時にウェブ上でのエージェントを使う場合もあるでしょう…

  • 仕事を探すにあたっては、インターネット上で就職斡旋してくれる業者(エージェント)と呼ばれる業者に頼る方法もありますが、あなたがそういった業者に登録し、幸運にも就労先が見つかったとしても、失業保険の給付を受け取ることはできないので気を付けましょう。失業保険は、「ハローワーク」で然るべき手続きを取らないと失業保険は給付されないので気を付けるべきです。なお、ハローワーク経由で斡旋された会社に就職したときは、就業用の準備金として一時金が支給されます。ネットで集客している就職斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。ただ斡旋の報酬として企業から紹介料をもらうだけで、失業保険の手続きは取ってくれません。こういった点を理解していないと、失業中にお金を受け取れなくなるので、就職エージェントを利用する予定の方は注意しておきましょう。

    再就職を近いうちにするつもりなら、労を惜しまずにいろいろ・・

  • 転職を考えているなら、労を惜しまずに多様な会社の情報を調べておくと転業先の選択をするときに役立ちます。現在の職場にやりがいを感じられないと思っているケースでは、実際に転職活動をする際に、どの企業も魅力的に思えてしまいます。そんな状況に陥ってしまうと、どの企業に決めればよいのか、迷ってしまい、どんな会社でも飛びついてしまいます。その結果、最終的にはごく短期間で退職の道に進んでしまうので、前もって会社を見る目を養っておくべきなのです。方法としては、企業の雇用に関する情報だけ見るのではなく、その会社の「取引している会社」も要チェックです。透明性を重んじる会社は取引先情報を公開していますし、逆にそういった会社ではない場合、宣伝ばかりしかしない傾向があるので、確認しておいて損にはなりません。そのうえ、会社によって個人グループに入っているものもあったりするので、グループの名前をチェックし、詳細に目を通してみてください。

    退職|これから転職活動を予定しているのなら、直近の職場・業務…

  • そのうちでも転職活動しようと思うのなら、今の職場や仕事での不満に思う部分を洗い出しておく必要があります。これは当然できていると思われますが、意外とそうでもないのです。もともと不満なことがあるからこそ、転職しようと思われているはずです。が、「しっかりと存在する仕事の不満なことを書き出す」ことを大半の人はやっていません。不満点を明確化し、解消されるならば、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自分の問題をしっかり見える化しておくと、転職選びでの失敗は大きく減らせます。そのあとに、仮に転職した場合、「今よりも不便になること」を明確化してみましょう。なぜなら、転職すれば現在抱えている悩みが全て解消されるとは限らないからです。こうした整理をする事で、転職後の急激なモチベーションの低下は抑えることはできるでしょう。

    あたらしい職場で今までに身に付けたキャリアやスキルを生かすことができたら…

  • あたらしい職場でこれまでに身に付けたスキル・キャリア生かすことができれば、即戦力として迎えられ、割と早く職場にも馴染めるようになるでしょう。また雇用先も大いに助かると言うものです。タイミングさえあえば、うまく事が運びやすいといえます。しかも、これまでの仕事と同じ業界であれば転職は非常に楽になるでしょう。とは言っても、それなりに能力があるといっても大手企業の事務職、公務員(国家・地方ともに)の募集などは、今も昔もかなりの難関だと覚悟しておきましょう。

    退職|転職活動中の面接での多数の人が考え違いをしているのです…

  • 転職のための面接に関して、多数の人が考え違いをしているのですが良い印象を与えたいと露骨なまでの猫かぶりすることは、正直なところ悪い結果を招くおそれがあります。そうなる前に猫をかぶるよりも面接の際は「残業」などの、多くの人がちょっと聞きにくいことも勇気を出し聞いた方が結果的に確実に自身のためになります。意外に思うかもしれませんが、「採用前の段階で、ずけずけとそういった内容を無神経に尋ねたら、最終的に悪い結果になるのではないか」と不安になる人もいるかもしれません。けれど、意外とプラスに作用することは最終的には少なくないようです。こうしたお金・労働環境に関する内容は、仕事をするとなれば、多くの人が気になっています。それなのに、面接で緊張していると、不採用を恐れて質問できないのが普通です。けれど、あえて尋ねておくことで「ほかの人とは違うな」ということで自己アピールになるのです。

    転職をする時に必ず用意する履歴書についてですが、原・・

  • 再就職する際に絶対に準備する履歴書などについては、原則、手書きではなく、パソコンを使って作るのが当たり前となっています。現代の日本では履歴書や職務経歴書についてはパソコンで書かれたものではなく自筆で用意するというのが一般常識と思われることも多々あるようですが、それは新卒の人たちの就活やアルバイトやパートに関してであって、実は、転職のケースは履歴書や職務経歴書は100%パソコンで書いたものは駄目とまで言い切ることはできません。自筆を評価するところもありますけど、違うところがだんだん増加していていますので、手書きの履歴書でなくても大丈夫なケースは意外にも、けっこうあるのです。

    退職|転職先を探している期間中は、自分の好きなことに時間を費やしたり・・

  • 転職先を探している期間は、自分の好きなことに打ち込んだり、体力の低下を招かないようにしておくと良いでしょう。勤め口が見つかり、いざ仕事を再開した際に、趣味に興じていたおかげで無意識の間に集中する力がアップしています。そしてまた、体力アップしていることで他の社員さんと比較するとスタミナがあるということを認識します。なので、休職中は運動なども取り入れて体力を落とさないようにしておくのがおすすめです。また、職場であなたと同様の趣味を持った人と出会えれば、話が盛り上がります。ですから趣味を極めることが転職期間中の自由な時間の利用方法としてはおすすめです。

    現代では、「ブラック企業」が社会的な問題として認知されてきたこともあり・・

  • 今日では、いわゆるブラック企業が大きな問題となり、労働条件に対する取り締まりが強化されたり、悪質な会社が公開されたりするなど、厳罰を与える傾向にありますが、まだまだパーフェクトとは言えないのが現状です。それゆえ、面接で見破る必要が出てきます。ともかく、求人票などに記載された労働条件をチェックし、それらの項目を順番に細かく質問してみましょう。相手が「ブラック企業」な場合、質問したことが嘘であった場合、明確に返答できなかったり、その場での回答を避けるなど逃げ腰になるでしょう。「給与」「残業」「休日」の3つについては、詳細について尋ねると、渋い顔をすることが多いです。それでも食い下がると、ブラック企業によくある高圧的な態度や、ふてくされたような態度を見せ始めるため、その瞬間に相手のウソを確信できます。このような会社は入社してからもこのような態度であることが多いので、少しでもおかしいと感じたら、入社はキャンセルするのが無難でしょう。

    転職の面接でほぼ確実に尋ねられることが以前勤務していたところを辞・・

  • 転職の面接でほとんど投げかけられるのは会社を退職したわけについてです。このような質問になった場合には話の中心を退職した会社のことにしない方が最善です。退職した経緯が話の中心となって進んでいくと言うまでもなく悪い面を取り込んだ内容になってしまいますから。この点のポイントは、どうして前の職場を辞めたかという点をぜひともこの職場に入りたいと思っていたからという感じの話に持っていくということで、今、自分が入社したい会社に話の方向を傾けていきましょう。行きたい会社の話だとマイナス面を隠し積極性を前面に押し出した辞職の事情にすることが可能です。

    就職活動をする場合に気を付けたほうがよい求人の募集内容は…

  • 就職するため仕事探しをする場合に気を付けたほうがよい募集内容は、そんなにきつくなさそうな仕事なのにも関わらず給料が高めで、拘束時間が長めのものです。こういった募集内容では、給料に『みなし残業代』を入れて告知していることが多いのです。みなし残業代というのは『みなし』とも呼ばれ30時間や45時間といった形で(時間は例えです)求人の内容に時間が併記してあります。毎月この程度の残業が想定されるので、事前に給料形態に残業代を組み込んで計算しておく、といった仕組みです。(注・合法です)例えば求人に『みなし残業代50時間込』と記載されていれば、「書かれた時間分の残業代も含めてこれだけの給料になります」という求人になります。でも、悪質な求人情報では告知しておくべき『みなし』をわざと記載していないことも少なくないので気をつけておきましょう。

    今、私は派遣会社に登録しています。

  • このところ私は派遣の会社に入っています。ウェブサイトで何の気なしに自分に向いていそうな仕事を発見して確認してみると「そのお仕事はもう他の人に決まりました」と答えられ一瞬サイトからも仕事情報が閲覧不能になるのですが、その翌日見るともう一度載っています。ということは結局は私だとダメだっていう意味ですよね。そういうことであればカドが立たない程度に正直に言ってほしいのですが、なかなかそういうわけにもいかないでしょうか。そうでなければもしかして実際には存在しない仕事なのでしょうか?

    退職|失業したときに受け取ることができる失業保険は、失業しているあいだは給付条件になります・・

  • 失業したときに受け取ることができる失業保険は、給付されるためには失業中であることが必要ですが、給付期間が無限に続くわけではありません。失業時までに働いていた期間によって変わり、3ヶ月とか、1年と設定されるのですが、中にはこういった現実を知らない人が一定数います。期間の制限がないと勘違いして仕事をすれば失業保険をもらえなくなるから損だと考えて求職活動をしない人もいますが、給付期間終了の1か月前になってようやく制度の真実に気づき焦りながら就職先を探し始めても条件のよいところを見つけるのは難しいです。会社の面接官も無能では無いので、失業中にきちんと求職活動をしていたかについてそこそこ察しがつくでしょう。ヘタをすると、面接時に失業中の求職活動についてことごとく聞かれることもあります。答えに困ってバレバレの嘘をついたりしていると、採用は極めて難しくなります。

    転職活動を今の仕事と同時進行させる人が多いです。

  • 転職活動を現在の仕事と同時進行させる人が多いです。けれども、忙しく仕事を行いつつ求人情報を見つけて、その応募手続きをしたり、面接に臨むのは精神面だけでなく肉体面も負担が大きいといえます。転職活動をしているあいだ、今の会社の同僚や上司にその動きを悟られないようにする必要があります。先のことを考えずに応募するという行動をとる人もいますが、仮に、書類選考をクリアし、面接前にキャンセルすれば今後の転職がうまくいかなくなるおそれがあります。転職エージェントを介して応募していた場合は、そのエージェントからの評価が落ちますし、それとは異なり自分で直接、応募したとしても相手企業からの電話・メールがしつこくやってくることもあります。自分の大切な時間を無駄にすることとなるため、行くつもりがない企業は、最初から応募しないことをオススメします。転職活動は新卒の就活とは全く異なるものであると認識しておく必要があります。