求人関連の情報では、とうぜん普通の企業では月の収入が記載されているはずです。

退職|求人についての情報誌やサイトを見てみると、大部分の場合・・

求人についての情報誌やサイトを見てみると、とうぜん普通の会社では月の収入の記載に目が行きますよね。だけれどもこの月収の項目については、しっかり確認する事が大事です。その数字だけ見てわかってしまわないほうが無難です。何故かというと会社によっては、月収の金額の内訳で「毎月10時間分の残業」が含まれているおそれもあります。何があるかというと残業代の金額を入れることで金額を多く見せ、応募者を増やそうとするケースも考えられます。さらに「歩合給」を基本給以外に考える、という案件も要注意です。歩合をかなり多く見積もって月収として見せている企業もあったります。ですから、そういった「不誠実」極まりない案件は、スルーしておくのが無難といえます。

転職活動をするとき、最初に、求人雑誌を閲覧したりして…

転職活動をするいあたっては、まず第一にハローワークやインターネット上の求人情報を見たりして気になる会社を調査するとは思います。とはいっても、当該会社が情報を公開するにあたっては、コンサルタントから指導を受けていることが少なくありません。コンサルタントは、会社に不都合な情報を隠す達人です。たとえ公開したとしても差しさわりのない表現をします。そういった類の会社や社員に関連する情報については、疑いながら読むべきでしょう。もしも言葉を額面通りに受け止めてしまうと、「話が全く違う」とあとでガッカリすることになりかねません。悪意ある会社は、素直な人間を効率的に集めて、その後、あれこれと難癖をつけて会社を辞めれないように策を練ってきます。このようなことは、いわゆるブラック企業に多いです。

退職|何年か前までの求人誌に募集要項の中に「性別」が、きちんと明記されていました。

数年前は求人情報に募集要項の中に「性別」について、当たり前のように書かれていました。けれど現在では、男女雇用機会均等法の施行によって、雇用において、男女差別があってはいけないルールができて、求人情報の条件に「性別」が記載されなくなりました。とはいうものの、募集情報を出す会社は、男女どちらでも良い、とは本音では思っていません。実際に、実は男性が欲しいジャンルに女性が応募してきたり、女性が必要なのに男性がエントリーしてきたり、というようなトラブルに遭遇するケースもちらほら。たとえば、「女性が活躍できる仕事場です」と紹介されていたら、雇用主が「女性」を必要としている、と捉えておくべきです。

一昨日転職先の会社を探すために人材紹介会社へと登録に足を運びました。

3日ほど前転職の準備をしようと人材紹介会社に登録に行きました。登録カウンセリングの際に出てきた担当の人の雰囲気が見たところ入社してから間もない新入社員で、こちら側が説明している話の3分の1も彼は理解できていない模様。さらに悪いことに「キャリアデザインが甘すぎますね」とか「もっと強みと弱みをはっきりさせておくことが大切でしょう」とか、知ったかぶりに偉そうに言い散らかすから大変不快な気分になりました。カウンセリングを担当させるのは多少は仕事を経験している方にするべきです。

就職活動において、ポイントになるのが年収です。

就職活動において、年収はとても大事なポイントです。面接の際、大部分の企業で現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。現実にもらっている年収よりも多めに申告し年収をUPさせようとしても、無駄でしょう。なぜかといえば、結局は源泉徴収を提出することになるので、一時的に信じさせたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、結局はウソがバレてしまいます。ヘタをすると、トラブルに発展しかねないので、現職での年収を正確に相手に伝え、それに見合う希望年収額を設定するのがもっとも無難といえます。ちなみに、現在の年収が300万円の人が転職後すぐに500万円となる見込みはないものと考えておくべきです。たとえば、現在の年収が430万円としたら、希望年収額は400~450万円と相手に伝えておくべきです。露骨な嘘は、転職活動時のトラブルだけでなく、せっかく入社した会社をすぐに退職せざるを得なくなるおそれもあるので、注意しましょう。

以前は何個かの人材紹介会社に登録していのだが、その際に思ったこと、それは…

私が転職を考えていた時期に何個かの人材紹介会社に登録していたことがあります。その際に特に思ったのは転職のアドバイザーの質においても様々あってほぼ満足のいく対応をしてくれない方ばっかり。私にとっては人生の大事な事なことだからもっと真摯に向き合ってほしいという気持ちが募り、それが発端となり自分がキャリアカウンセラーの道を目標にすることになりました。キャリアカウンセラーとして働くための資格を取得するためにはコストもいりましたし資格取得のための勉強面もヘビーでしたが、求職者から信用されるように努力しています。

転職をする際に目を光らせる求人内容は基準的なものとして、アバウ・・

転職を考えている際にマークする募集内容の情報というのは、おおまかなものとして載せている、ということもあり得ます。なので、情報として記載されていることをすべて正確なことだとは思い込まない方が最善でしょう。中でもとりわけ生活に大きくかかわってくる給料の金額などにおいては、全社員を平均した値なのか?最低限もらえる金額であるのか?最高の給料であるのか?といったジャッジができる人は少なく、自分の判断で判断してしまうと、今後、悔いが残るかもしれないのです。それゆえ、後悔しないようにするためにも、募集事項は、うのみにせずに、そういったような重要なことは会社に直に聞いてみた方が良いでしょう。

年内中に転職活動を考えている人で、次の仕事をはじめるまでにまだ期間がある場合は…

転職される人で次の仕事を始めるまでに期間がある場合は、必ず「失業手当」を受け取っておいた方が良いです。これはあなたが勤めている会社でもし「雇用保険」を払っているのなら、必ず失業手当を誰でも受け取ることができます。詳細の手続きについては、「ハローワーク」で行います。自己都合で会社を辞める形になったなら、失業手当を受け取るまでに3ヶ月掛かりますが、今の会社都合での退職、あるいは残業時間次第ではすぐに受け取れる可能性もあります。ちなみに、受け取れる「失業手当」の金額については、会社の仕事を辞めた月の近々の給料を基準にして失業手当の金額を計算されるため、会社に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の方は、理想なのは「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当的にはお得です。

派遣会社に登録した上で働く人が現在多くなっていますが・・

働くのに派遣会社に登録する人が規制緩和以来、増える傾向にあります。労働の対価として派遣会社にいくら支払われ、その中で何割が自分に支払われるのかをなるたけ面接の際に確認しておきましょう。派遣業は人材を希望する企業に派遣して、その見返りにお金を会社に支払うシステムなのですが、派遣会社の大半は、派遣労働者の取り分をあいまいにしていて、公開していることは少ないです。5割以上の額を還元しているのであれば、比較的よいのですが、中には開示すらしない派遣会社も多く、酷い会社では、3割しか労働者に還元しないということも少なくありません。なお、面接の際に答えてもらえない様な会社は、なにかと不都合な点を隠そうとする特徴があるので、できるなら違う派遣会社を利用されることをおすすめします。

もし転職を予定しているのなら、事前に資格を取得することでステップアップできます。

もしも将来、転職したいと考えているなら、事前に考えておいて損をしないのが資格の取得です。とくに、仕事を続けながら資格取得をしておくと、転職の際にそれを有効活用できるので、転職先を探しやすいです。ですので、在任中の時間が一番良いタイミングです。もしもあなたが未来を見据えて、是非とも在職中に目指したい仕事の資格を取ると現在の職を辞めた後も後悔なく次に進めます。それに加えて、資格を取得した後では、転職先での面接時に担当者に戦力になると判断してもらえ、以前の職場より待遇アップも期待できるでしょう。

将来的に、社会では着実に思考を必要としない労働は機械で処理されるようになっていき、…

この先、私たちの社会的環境においてぐんぐんと考えなくてもできる作業は機械によって結果的に労働人口は減少していきます。どうしてかというと、考えなくてもできる労働という観点では人間以上に機械でやったほうが圧倒的に強いからです。数を数えたり同一の動きを繰り返したりすることは機械にとってはへっちゃらです。もちろん人と違って愚痴を言わず、疲れないし、不正行為をすることもないし、正確に作業してくれますし、均一化できる強みもあります。ヒトとは違い、報酬が発生しないのもメリットといえます。というわけで、人間を使う意味が無いことが明白で、機械化が必然といえるでしょう。

近頃はネット上では、「就職斡旋エージェント」のほかに…

現代、ウェブ上では、「就職斡旋エージェント」だけでなく、ヘッドハンティングの専門会社をよく見かけるようになりました。もしもあなたが特許を出願したことがあるなら、コンタクトを受けやすくなります。ヘッドハンティングを行う会社は、特許申請を行った人に加えて、研究開発で論文を書いた経験がある人や、「マスコミ」によって注目を浴びた人など、何かしらの「功績」を残した人をターゲットに、電話やメールで接触を図り、ヘッドハンティングのネタにしようと腐心しています。もしも、あなたがヘッドハンティングらしい連絡をもらったのなら、そのキッカケを考えてみましょう。かなりレアなケースでは、ヘッドハンティング名目として、登録料を払わせようとする会社がありますが、完全に詐欺ですから注意しましょう。ヘッドハンティングは通常、企業が仲介業者に報酬を支払う形となるため、転職希望者がお金を払う必要などありません。

転職活動を行うときには履歴書と職務経歴書が必須になってきます。

転職活動を行うにあたっては、履歴書と職務経歴書が必須です。ほぼすべての企業は履歴書と職務経歴書に書かれている内容を見た上で面接するかどうかを判断するため、まずはこの2枚の作成は抜かり無くしておきましょう。ただ文字を書きさえすればいいというわけではなく、内容の魅力化を図ることも大切です。「職務経歴書」では、これまで経験してきた職務の詳細や、できる限り自己アピールとなる内容を記入しましょう。また、過去だけでなく、現職で挙げた実績も良いアピールとなります。例をあげれば残業時間を何時間減らしました、など具体的に記します。もしも、作成に行き詰まったのなら、「転職エージェント」に職務経歴書をチェックしてもらって、よりよい内容にしてみましょう。自分の価値が高まるように、転職エージェントを利用するのも転職を成功させるための有効な手段だといえます。

退職|どうもパソコンやスマホを見ればインターネットのエリアに…

どうもインターネット上では、今では「転職に関するサイト」に類するものが無数にあります。サイトから自身が求めている転職先というのを見つけるには何よりも情報を収集することが欠かせません。このようなサイトをうまく使うことで、スムーズな転職を叶えられます。更新頻度が高く、さらには客観的なデータもしっかり掲載される優良な「転職サイト」がある一方、優良とはとても呼べない粗悪なサイトもあるので、過剰に信頼しすぎないように注意しましょう。とりあえずは、本当に信用していいのかどうかを見極めることが大事ですから類似サイトと比較しながらチェックしてみましょう。

退職|長年にわたって接客業で仕事を続けてきたのですが、歳をとると共に…

長きにわたって接客業で勤務を続けてきましたが、歳をとると共に立ったままのお仕事は体力的に難しくなり、座って仕事ができる事務の仕事へ転職することを視野に入れて活動をしました。事務が未経験となるとなかなか難しくて、だから接客の経験も活かすことができる受付兼医療事務を目指そうと考え資格も合格して個人の病院に転職しました。ベテランのパートさんばかりに囲まれて人間関係においてもややこしい。夜の勤務ばかりさせられて、接客業時代より帰宅も遅いわけですが、今はキャリアを形成する時だと受け入れ頑張ります。

これはシフトのある仕事についての話なのですが、毎週、特定の曜…

シフトのある仕事についての話なのですが、毎週、特定の曜日に仕事できる人を募集する求人を頻繁に見ますが、もし、応募しようと思っているならシフトの提出方法、休む方法については、面接時にチェックしておくべきです。前に私は出産のため抜けた人の穴埋めとして、正社員の仕事をはじめたのですが、土曜、日曜が固定シフトだったのですが、新入社員の私以外、誰も現場にいない状態という職場でした。産休に入った前任の女性が土日は休むことなく出勤していたので、私自身もそう思われていたみたいです。「土日」に冠婚葬祭が入った場合、シフト変更を前もって伝える必要があり、上の人たちに「日曜日に休みたいのです」と自ら交渉しないといけませんでした。立場も給料も同等なのに土日を私ひとりだけに任せるだなんて・・・。思い返してみると本当に腹が立ってきます。