日本には昔から「石の上にも三年」という諺もあります…

日本には昔から”石の上にも3年”という教訓があります。

古来より日本には”石の上にも3年”という人生において役に立つ教えがあります。現在、「終身雇用制度」が死語となりつつある現代では定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」を経験する人が増え、一般的な事柄となってきています。でも、「仕事を変えること」が当たり前になったからといっても、軽々しく転職を繰り返していてはいいことは決してありません。再就職するには重要なのはタイミングを見計らうことです。基本として、現在の職場・仕事、職場に関して、嫌だと思う点を、およそ10個、書き出してみてください。こうした作業をしておくことによって、再就職を決断することです、そして決断したら行動を早めに取り、よりキャリアアップできるように、取り組むことが大切です。

転職における面接に転職希望の会社へ出向いたときのことです。

転職の採用面接を受けるため転職希望の会社へ赴きました。たまたま会社の会議室が空いておらず外の会場で面接官と待ち合わせをして採用面接が行われて、そのまま解散して、面接をした方も会社に帰らず自宅直帰されるとのことでしたが、ところが自宅最寄駅が同じ。ですから電車内でも面接担当者と一緒におしゃべりをしながらいっしょに帰宅することになって、その結果緊張がなくなり話が盛り上がり、それがプラスに働いたのかなんとか採用を獲得することができました。

新卒で入社した会社を退職し、一歩踏み出して転職をしました。

新卒として入った会社を辞めて、転職すると決めました。はじめはかなり悩んだように思います。会社を辞めて、多くの人が中途採用で働いていることを私自身が転職したことで学び、いつの間にか悩みが消え、気が楽になりました。また転職を経験すると自然と肩の荷が下りたような感じがして、「本当に自分のしたいこと」を探す手間が日々が明るくなりました。やはり「一通り経験してから」という転職に否定的な考えがあるのは理解していますが、それが必ず正しいのかなと感じました。私の場合は転職を決断して良かったです。

転職において、まず今の会社を退社してから転職しようと考える人もいますが、…

仕事を変えようとするときに、とにかく今勤務している会社を辞めた後でと考える方もいますが、そのような場合会社がいつボーナスを出すかを確かめておきましょう。社員にボーナスを出す企業はいくらでも存在しますが、ボーナスの支給がある会社のケースだと、ボーナスの支給の日が目前に迫っているのであれば、その日の後で辞職するというのも賢い方法です。ボーナスってある程度大金なので、もらっておかないと損をすると明らかなわけですから、退職をする際にはボーナスの支給日について最初に調べておいた方が損をしません。

仕事の面接でいるスーツの色合いは、新卒の就職活動・・

転職の面接で着るビジネススーツの色合いは、新卒の方が就活の時に身に付ける色味が安心です。ということは、黒系や紺系といったダークな色合いになるわけです。それが、転職のケースにおいても、スーツの色合いはこういう暗めの色が大多数を占めていて、それ以外の色の転職者は少数派です。それ以外だと、グレーの人がわずかにいるくらいで、割合からしても紺系や黒系が大多数を占めているのです。ですから、面接担当者もそういった色が普通であるように感じるので、身だしなみ、という面においてはおすすめしたいのです。

これまでは「転職サイト」を利用するより、「ハローワーク」を優先していました。

これまで私は、「転職サイト」を利用するより、いつも「ハローワーク」に相談していました。なぜなら、CMで有名な大手の転職サイトは、どうしても都心部の求人情報ばかり掲載されているからです。であったため、求人情報をリサーチする際は、「ハローワーク」に頼ってばかりでした。もちろん、掲載されているいくらか企業数や給料などで若干の見劣りがあるものの、地域に寄り添った企業が多く、自分に適した職が探しやすくなります。また、「ハローワークって地味な雰囲気がある」という先入観がある人も多数いるはずです。ですが、良い求人情報も載ってたりもするので、もしも転職を考えている人はハローワークへ1度行ってみるのも手です。転職サイトのように多くの電話・メールに悩まされる心配もありません。

転職サイトや転職エージェントなどを活用して、転職活動することは今では常識といえるかもしれません。

転職サイトや転職エージェントを使用して、転職活動する人は年々増えています。しかしながら、転職活動の成果をもっと高めたいなら、加えて転職フェアの積極的活動をおすすめします。多くの企業が一度に集まるので、そこに足を運ぶことによって複数の企業の情報に触れることができ、それに加え、説明担当の企業スタッフから、企業の雰囲気を感じられるはずです。これから、転職フェアに参加される場合は、面接に行くのと同じ覚悟を持って準備することを怠らないようにしましょう。それによりフェアを通じて、企業側から良い人材と見なされれば、その後本格的な面接時にかなり有利になります。

再就職をスムーズに行いたい場合、準備は欠かせません。

転職活動には、然るべき準備は必要です。その中でも「服装」を気になる人が多くいます。しかしながら、最近の面接については、私服が良い企業もあるので、ビジネススーツ(正装)で面接に向かわなくてもいい場合があります。会社の創立してすぐの歴史のない企業ほど、厳しいルールも作られてないことが多く、私服で面接をした方が、良い印象を持ってもらえます。加えて、ざっくばらんに話ができるメリットも。さらに私服であれば、時には面接時にファッションで、相手との話が広がる可能性もあるため、もしかしたら担当者と打ち解けあえるチャンスがつくれます。ということで、面接にトライするなら「創立した年」を事前確認し、(ベンチャー系企業の)面接の際は私服で勝負してみるのもアリかもしれません。

女性の再就職に関しては、セクハラが社会的に問題になる前と、ここ最近と…

女性が転職するに当たり、セクハラが社会的に問題になる前と現在とでは少し違ってきている点があります。一昔前は面接の場で、結婚の予定や出産予定などについて、一般的なこととして質問されることが多々ありました。ですが、現在は結婚などについては、セクハラに該当するとして聞かれないことの、ほうが増加傾向にあります。そしてまた、とりわけ大きな会社ほど、NG質問として全面的に避ける傾向にあります。が実際、会社側としては、YES・NO、だけでなく、その人の価値観、結婚した後も働きたいのか、出産後の細かい予定を把握しておきたいとは思っている事でしょう。自分自身の人生設計をわかってもらうためにも、志望した動機や自己PRの中に織り交ぜながら話すことで、相手方にも認識してもらえ、安心してもらえると思うのです。そういうわけで、聞かれていないことでも、あなたが先んじて気遣いつつ、答えておくとよいでしょう。

新しい職場(転職先)では、いきなり年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。

転職の意思があるのなら、すぐに「年収」の高望みはしないほうが良いです。とりわけ初年度は研修期間が入っていることもことが考えられます。自分の転職では、四苦八苦して手に入った職場なのに、予想とは裏腹にそれまでの職場での年間報酬とほぼ同じ額で変わりませんでした。それに、仕事内容はきつく責任が伴うものだったので、初年度を越すのもひどく厳しかったです。ではどうすればいいのでしょうか。それは、1年目は、勉強に充てる期間と捉えておき、状況が許す限りやれるだけ転職する以前に貯金しておき、仕事に没頭した方が良いと思います。

それと違う職に転職を決断する理由は、人それぞれ。色々な事情があるはずです。

看護師のほかの仕事に転職を決断するキッカケは、その人それぞれ。色々な事情があるはずです。看護師が他の職業への転職するには「職場に付き合いづらい同僚や上司がいる」「結婚してからライフスタイルの変化によって出産さらに子育てそのうえに親の介護など、種々の仕事環境の変化など、これまでのような仕事が難しくなってしまった」「現在の収入面で不満がある」など多種多様の理由があり決して他人ごとではないはずです。しかし、転職を決断する前に、「どうして、転職しないとダメなのか?」と、今一度冷静に、客観視してみることも重要です。「本当に転職を叶えたら、状況が上向くのか?」と再考してみる必要は大いにあるものです。そのうえで決断してみましょう。

退職|私はこれまでに20代で転職を2回経験し、今現在は資格取得の勉強をしながら…

私は20代で転職を2度行い、いまは資格を取るべく派遣社員として企業に採用されました。フルタイムの勤務を選択しなかったのでどうしても毎月の収入が少なくなってしまいました。ですがその分、心と時間に大きな余裕が生まれました。もっと学生のうちに資格を手に入れて、就職できたら良かったのに、と多少の後悔はあります。資格を活かして働いている方と話すと余計に羨ましく感じてしまいます。以前までは自分と他人を比べてしまい、ガックリしていましたが、現在では結婚して過去と比べ生活環境も大きく変化し、前よりも明確な目標ができて充実して毎日を過ごせるようになりました。

退職|派遣で就業しています。派遣法や労働契約法のせいでやむを得・・

派遣で勤務しています。派遣法とか労働契約法の関連でやむを得ず、長期間働いた就業先での勤務があと数か月で終了します。派遣仲間の中には、派遣先の企業から正社員の地位をつかみ取った人もいるのですが抜擢された理由としてはぶっちゃけた話仕事ぶりというよりは派遣先上司の扱い方が上手な方でお引き立てがあった気配。仕事のスキルより上司にゴマをする能力の方が大事なんだねーと抜擢されなかった派遣仲間の友人と職場で愚痴る毎日です。

転職のために現在働いている会社を辞める時に「失業保険」給付手続きをしておく必要があります・・

転職に先立ち「失業保険」をもらうための手続きをしておく必要があるのですが、あなたの都合で退職願を提出して退職する、いわゆる自己都合退職のケースでは失業保険をすぐさま受け取れません。手続きが終わった後で失業したことが確認されてから3ヶ月経ないともらえないのです。よく勘違いして退社した日の翌日からキッカリ3ヶ月で受け取れる、と誤解しないようにしてください。この規則を勘違いしてハローワーク側にミスがあると主張してその結果としてハローワークのスタッフと大声でやりあっているのを見たことがあります。念のため、社員側の都合ではなくリストラなど会社の都合で退職するときは、失業が認定されれば即座に失業保険をもらえます。

退職|今まで経験したことのない業種とかに転身するときには、…

今まで経験したことのない分野とかに転身を考えるときには、以前の業界で、自分が培ってきた腕前や今まで経験したことが生かせるという自己アピールが必要になります。そのジャンルで経験をしたことがないという人はそれだけその業界で勤務したことがある方よりも事実、不利な状態になりますけど、自分自身の持っている力がその業界においても生きるということをしっかりと相手に話せれば、戦えるケースも多くあります。それゆえ、未経験であるジャンルに挑戦する際には、その業界と前の職場でやっていた仕事内容とのつながりをできる限り考えましょう。

退職|再就職における面接などに関して名刺を差し出された場…

転職の面接などにおいて担当者に名刺を差し出された場合、あなたも相手の方に名刺を渡すべきか?渡さないべきか?と対応の仕方に悩んだ場合は、一般的には差し出さなくても良いと頭に入れておいてください。転職のための面接に関して言えば仕事内のことではなくて、職を得るための採用活動の一部です。ですから大体は名刺を交換する時間とは違います。それに、会社の人間として出向いているのではなく、個人の問題でそこにいるわけです。という訳で、もし相手の方から名刺を渡された時でも、こちらとしては名刺をもらうだけで大丈夫で、相手の方にあげる責任はないと判断できます。