退職|現在では、株・不動産投資などといった不労所得で儲けた・・

退職|今の時代は株式・不動産投資をはじめとした不労所得で生計を立てたり・・

現在は、株式・不動産投資をはじめとした不労所得で収入を得たり、個人経営 や起業で頑張っている人も増えています。そういったような変化に伴い、「雇用されて働くこと以外は不安定であぶない」といった今までの見解も変わってきています。1960年代ごろの高度経済成長の時代には、不安の残る株式投資、自営業といった稼ぎ方よりも雇用されて働くほうが大いに将来が安定していて、人生の花形として、またそれが当たり前であるかのように、世の中に認知されてはいました。しかし、そんな社会全体が安定成長する時代は過ぎ去り、今現在は「成熟期」とも言われています。機械化、自動化が進んで仕事でも人がいらなくなっていく時代です。

派遣社員として働く会社が決まりました。

派遣で働く会社が決定しました。勤務の初日に派遣会社の営業の担当の方と就業先の近くのコンビニエンスストアで落ち合う予定だったのですが、どういうわけかコンビニの前にいないから店内にいるのではないかと思ってコンビニエンストアの中に入ったところ、彼はこともあろうに雑誌のコーナーで座り込んで18禁の雑誌のグラビアページを開いて読んでいるではないですか。自分の担当者がここまで酷いのは絶対嫌だと感じ、その場で声をかけずに店内から出て直ちに派遣会社に仕事を辞退する旨を電話で伝えました。

退職|転職をする際の面接のときに着用していく腕時計について申し上げますが…

再就職する時に行われる面接を受ける時につけていく腕時計について申し上げますが、ビジネスの場らしからぬ目立つようなタイプの時計はつけないほうが安全です。この目立つという意味は高そうに見えるデザインだったり、といった意味合いだけではなくそれとは反対に安っぽいものの印象を持たれてしまうとか、そのような目を惹くという意味であって真反対で目立つ、ということで認識しておきましょう。面接のときに着用するべき腕時計はポジション的にはスーツやネクタイと同じように考えて、面接するにふさわしい適切なものをつけた方がベストだと言えます。けれども、年齢にあった腕時計というのも重要で、新卒の頃に買った腕時計よりは少しでも高価なものにした方が良いということは言えます。

転職することを成功させたいのなら、前に情報を集めることが必須です。

後悔しない転職するとを目指すのなら、戦略を立てながら意味のある情報を集めることをしておきましょう。それには現在は企業の名前を知られていない中小企業だってホームページで企業を紹介している企業がほとんどですから、ネットで色々と必要事項をチェックしておくとまたその会社についてなんだろうと思う点等を解消しておくと転職時に助かります。また、公式ホームページ以外にも、「転職サイト」の情報に目を通しておくと効率的ではありますが、そのほか、インターネット以外の方法としてその職場を自ら確かめることも大事なことです。

退職|退職と転職を度々しないための対策が一つだけあります。

転社を度々しないための打開策が一つだけあります。仕事面のスキルアップもそうですが、メンタル面で成長できれば、転職を繰り返しません。現在はインターネットもあるので、精神面を鍛えるコツは満載になっています。さらに、転職とは関係なさそうなことでも、精神面は強化できます。その最たる例は「海外に行くこと」ですね。海外に行くと、文化も生活習慣も違うことばかりなので、大きな刺激を常に得られます。なので、心の成長を成し遂げるにはぴったりの策といえます。帰国してみると、自分のこれまでの視野の狭さに気づき、世間はこんなにも狭かったのだということを思い知らされることになります。こういった気持ちの状態で、(転職のための)面接に向かうと、今までとは格段に違い自信にあふれた態度でアピールもできるはずです。ただし、退職後しばらくの間はメンタルが弱くなりがちなので、回復したあとで行動するようにしましょう。

再就職で職場を新しく換えるということは、自分自身に合…

再就職して職場を一新するということは、自身に見合った居心地の良い場所を選んだほうが好ましいということです。勤務先、職場を変えることによって、自分でも驚くほどの適職に就く可能性もあります。でも、デメリットもあって、相応の努力やスキルを持っていないと、転職自体がままなりません。別の言い方をすると、あなたの技量次第で「天職」にありつくチャンスも高くなる、ということ。今は、職業選択の自由が社会的に普通に認められていて、会社を変えても面倒も生じないでしょう。終身雇用制度がなくなりつつある昨今、「役に立つ人材が欲しい」が願っている企業もだんだん増加しているので、このチャンスを生かしていきましょう。

退職|転職をするためには、大半の場合は面接をしなくてはいけません。

転職のための面接では注意しておくべきポイントがあります。人事から「転職理由は?」といった形で、かなりの確率で質問されます。この時に、いくら正しい意見だと思っても、前の仕事場での「人間関係」「労働環境」についての愚痴とも受け止められる返事などは、出来るだけ控えたほうがいいでしょう。というのも、こういった話をしてしまうと、採用条件としてはマイナスになるので、チャンスを無駄にしてしまいかねません。そのため面接では「ポジティブ」な返答に徹するのが大事です。まずは「新しい職場においては、これまでの自分のキャリアをしっかり生かし、会社にも充分に貢献していこうと思います。」のような内容で自分を売り込むことが大切です。

転職時に比較的重要視されるのが間違いなく「面接」である。

再就職において、かなり要となるのが「面接」になります。ふつうの面接では面接官が応募者に対し、転職を決意した経緯や仕事の意気込みなどいくつかのことを尋ねられるとは思います。そしてほぼ100%、面接終了の直前に転職希望者から、面接担当者へ疑問点などを質問できます。面接担当のスタッフから「何か弊社に関して疑問に思うことはありませんか?」と尋ねてくれるわけです。この手の質問が来たときは、気持ちの準備ができず、戸惑う事もありまよすね。後で後悔しないためにも、前もって面接担当者からの問いに対する、(あなたからの質問を)用意しておくと良いかもしれません。よく考えてみればいくつかの疑問点は見つかると思います。ぜひ、やってみてください。

クールビズで再就職の面接場に出向くときには、いくらなんでジャケットまでは…

クールビズ(軽装)で再就職の面接場に出向くときには、ジャケットはさすがに着込まなくても安心であるとはっきりと言い切ることができるわけです。ですが、ネクタイはした方が良い印象を与えます。タイもジャケットと一緒でなくても大丈夫だと考えている会社も存在することはあるにはあると思いますが、ネクタイだけはクールビズであっても必ず着用するべきだとする企業が存在するわけです。ですので、クールビズの恰好でもネクタイに関しては必ず着用いく方が良いということをわかっておいてください。

生まれて初めて失業保険を受けるケースでは、ただ給付されるのを待っていればいいと思っている人…

生まれて初めて失業保険の給付を受ける場合、じっとしていれば受け取れると考えている人が大半ですが、それは誤解です。実のところ、失業保険を受け取るためには、職探しを続けていることが必要で、月に一回以上はハローワークに行かなければいけません。一か月おきに職員に求職活動の状況をきちんと説明して本気で仕事を探していることを信じてもらえれば次の月の給付が行われるという仕組みです。これに対し、真面目に就職活動をしていないと判断されたり、月に一度の職員との面談を欠席した場合は、決まりとして給付を一時停止したり、ケースによってはそれ以降の給付資格も消失するおそれがあるので、それを防ぐために気をつけてください。

2ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりであるにも関わら・・

少し前に転職したばかりであるにも関わらず、わずかしかたっていないのに退職を決断する人が意外と少なくないのです。何故そうなるのかと思うと私の考えでは心機一転、転職先の環境に飛び込んだものの、「思っていた職場とけっこうギャップがあって幻滅した」「会社のルールにどうしても慣れなかった」ということが原因で退職を決意するのじゃあないかと思います。可能ならこのような、転職に関しての失敗を未然に防ぐためには、第一に、前もっての情報集めは徹底しなくてはなりません。職場内の環境、通勤に掛かる時間、給与体系、など前もってチェックしておくことで転職における失敗は大きく減らせるはずです。

仮に転職を考えたとしても、あらゆることが順調にいくという保証はありません。

再就職しようとしても全部がうまくいくと言い切ることはできません。遅かれ早かれ転職をしなくてはならないならどのみち転職をしなくてはならないなら若いうちになるべく早く考えておいたほうが良いです。平均としてみると、20代のうちは成果があがりやすいですが、30代後半~40代に突入してしまうと転職の場合は、かなり厳しくなります。管理職など、重要な役職を担当している場合、転職に気持ちが傾いたとしても、今の会社に残ることも選択項目から外さないほうが良いです。つまり、退職後に転職活動を行うよりも、今の会社に籍を置いたまま時間をかけてじっくり探すほうが堅実です。

就労期間中は、極力水面下で(自身のときは)在職中に「転職するかも」とい…

雇用中には、可能であれば、会社内の人にバレないよう(私の転職活動では)前職中に転身したいという考えを早い時期に同僚に話して、反応を見たことがあります。でも、その後転職サイトをあれこれ見ていったものの、悲しいことに就職のあても時期など、無計画なまま決まらないまま、ダラダラと時間を空費する結果に。挙句の果てにはその一方、会社の方も仕事の引き継ぎや手続き、自身の退職予定日などが確定していき、そして最終的には、「退職予定日に合わせて就職先を決める」という、なんともお粗末な結果になってしまいました。結局、理想とする結果が実らず、失職期間を経験し、次の就業先を探す流れになりました。

転職したい会社での会社見学に参加するとすごく勉強になります。

転職したい会社で見学などがあれば、かなり参考になります。特に、職人さんのいる会社では職人技を間近で見られて楽しいものです。しかし、残念なことに「職人」がいる会社見学は、たいてい見学者には、普段の姿を見せてくることは少ないのです。特にその傾向が強いのはずばり、ブルーワーカー(肉体労働)などの業種です。この分野では、癖の強い人が多いので入社後でなければ、本来の働き方が出ません。ですから、「見学現場=仕事現場」と考えないことが賢明です。ましてや、見学時に実際に仕事を体験させてくれる会社はとてもキケンですし、注意しておくべきです。入社してもいない人には仮に問題が起きたとしても、それに対する保証が無いので、仕事体験ができる、と言われてもていねいに断りましょう。

転職活動をしていて面接のときに例外なく聞かれる質問は志望動機と転職理由の2つです。

転職のための活動を行っていて絶対に質問されることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。これらのうち「志望動機」は、あなたの思ったことを正直に伝えて問題はありませんが、これとは違い転職理由について隠さずに伝えるのは問題です。例をあげれば給料に関する不満、上司とそりが合わないことなど、採用担当者に悪いイメージを与えやすいものです。もっとも、自分にとってマイナスになると予想されることを何も考えずに話す人はほとんどいないと思いますが、採用担当者はそのような部分を注視しやすいので、あなたに対し、慎重に「探り」を入れてくるものと考えておきましょう。これに対して現職の不満を回答しないためには、現職の仕事の内容以外のことを話さないように心がけることです。加えて、「入社後、〇〇をしていくつもりです」、「5年後にはこうなっているだろう」、その希望が叶うのは御社しかありません、と志望動機に話題を変えてしまいましょう。

退職|たいていの場合は大業は「定期採用」がメインなので、転職希望で入りたい場合は、タイミングを考慮しておく必要があります。

大企業は定期採用中心です。ですから、転職希望者には不向きです。加えて、都心を離れると転職の見込みがずっと低くなります。ですが「製造業」系であれば、地方の工業団地のあたりに製造工場を構えていることが可能性があります。そういう工場の場合、事業拡大時に中途採用することも珍しくありません。そういったタイミングに転職を検討してもいいかもしれません。そのためには、地方の工場での転職を希望される場合は、希望する企業についての予備知識をあらかじめ仕入れておきましょう。ホームページを見て、求人予定の有無など、しっかりとチェックしてみましょう。