就職活動において、年収は極めて大事なポイントです。

就職活動において、年収は大変重要な要素です。

  • 就職活動において、カギになるのは年収です。面接では、現職の年収と希望年収は必ず聞かれます。ここで現実の年収より多く言って、転職先で高額の年収を得ようと試みても、無駄な努力でしょう。源泉徴収票が必要となるため、たとえ一時的に騙せたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、結果的にウソがバレてしまうのです。ときにはトラブルを引き起こすこともあるので、現在の会社での年収を正確に相手に伝え、それに見合った希望年収額を設定するのが賢い選択となります。例をあげると、現在の年収が400万円の方が、転職してすぐ500万円の条件を提示してもらえるかといえばほとんどありえません。たとえば、年収が400万なのであれば、希望年収額は400~450万円と相手に伝えておくことをおすすめします。露骨な嘘は、転職活動時のトラブルだけでなく、入社後のトラブルとなり、入社できたのを退職を余儀なくされるおそれもあるため、誠実な態度を心がけておきましょう。

  • 自らが転職を考えていた時期に何社かの人材紹介会社に登録していのだ・・

  • 昔はかなりたくさんの人材紹介会社に登録していました。その時に特に感じたのは転職のアドバイザーのレベルにおいても様々でほぼ十分だと感じる対応をしてくれない担当者ばかり。こちら側は人生がの大事な事なのにもっと情熱をもってに向かい合ってほしいという感情が高まってしまいました。それが引き金となって自分がキャリアカウンセラーになりたいと考えるようになりました。キャリアカウンセラーの資格取得のためには経済的な負担にもなりました。また勉強もとても大変ですが、仕事を探している方から頼りにされる人間になるべく努力しています。

  • 職を変えようとしようとしている時に閲覧することにな…

  • 仕事を探している際にチェックする募集内容については参考程度に載っている、ということもあります。そのため、情報として記載されていることを全部正しいものだと安易に信頼しないほうが最善だと思います。特に生活に大きくかかわってくる報酬に関しては一般的な値なのか?最低額なのか?一番高い給料なのか?といった判断ができる人は少なく、自分で適当に読み取ってしまうと、後からそのことを悔いる事もあるでしょう。それゆえに、悔しい思いをしなくて済むように、求人内容については基準だと思って、そういったとても重要な内容は直に聞いてみた方が適切でしょう。

  • 年内中に転職予定がある人で、次の仕事をはじめるまでにまだ期間がある場合・・

  • これから転職予定がある人で、次の仕事を始めるまでにある程度期間がある場合は、できれば「失業手当」をもらっておくことをお勧めします。この手当てはあなたが働いている会社側がもし「雇用保険」を払ってくれている場合は、手続きをすれば必ず誰しも失業手当を受け取れます。手続きについては、「ハローワーク」で行います。しかし自己都合で会社を辞める形になったなら、失業手当が受給されるまでの待機期間(3ヶ月)ありますが、会社都合での退職、あるいは残業時間次第ではすぐにもらえる場合もあります。さらに支給される「失業手当」の金額については、会社の辞めた月の近々の給料を軸に手当の額を算出されるので、会社に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種であれば、なるべく「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当を受け取る上ではお勧めです。

  • 直接雇用ではなく派遣という形態で仕事をする人がだんだんと…

  • 派遣会社に登録した上で働く人が近頃多くなってきています。派遣先の企業が派遣会社にいくら支払い、そのうちの何割が自分に入るのかを可能であれば面接の際に聞いておくべきです。派遣業は、人材を必要としている会社に人を派遣してその見返りにお金を会社に支払うシステムになっていますが、現場に派遣される労働者の取り分をうやむやにしているケースが少なくありません。50%以上支払われているのであればまだいい会社なのですが、中には開示すらしないところも少なくなく、ときには、2割しか労働者に還元しないというケースもあり得ます。なお、面接の際にきちんと答えてもらえないような会社は、なにかと不都合な点を隠そうとする特徴があるので、できる限り異なる派遣会社を利用されることを推奨します。

  • もし転職される場合は、あらかじめ資格を取得することでステップアップできます。

  • 転職を考えているなら、先に資格を取得することで有利になります。とくに、職場に籍をおいているあいだに、資格を取得するのがお勧めです。転職活動時に有効に使えるので、転職できる企業がグッと増えます。というワケで、在職中であり、なおかつ転職活動前の段階の資格取得がベストタイミングといえます。再就職を考えているなら、社会的に強みになるような資格を取得しておくと、仕事を辞めた後も悔やむことなく前に進めるはずです。それに加えて、資格を手に入れることで転職先の面接で即戦力になる人材だと判断され、それまでの職場より待遇アップも期待できるでしょう。

  • 将来的に、着実に単純作業は機械によってそれによってマンパワ・・

  • 私たちの社会的環境において、将来的に着々とシンプルな仕事は機械化が進み、その変化によって必要な労働力はどう考えても縮小させられてしまいます。なぜなら、シンプルな仕事は人以上に機械でやったほうが数段に強いからです。例えば、数をカウントするとか、同一の動作を延々と繰り返すことは、機械にとっては何の苦もないのです。当たり前のことながら人と違って泣き言を言わないし、疲れ知らず、インチキをすることもないし、正確な作業ですし、均一だし、さらには、報酬を渡さなくてもいいのがメリットといえます。というわけで、労働力として生身の人間を使う意味がまったくなさすぎます。ですから機械にシフトされるもの注目されているのです。

  • 今日はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」をはじめ…

  • 近年はネット上の就職斡旋エージェントの中でヘッドハンティングの専門業者もたくさんあります。あなたに特許を出した経験があるなら、電話が来る可能性が高くなります。ヘッドハンティングを行う会社は、特許出願を行った人以外にも、研究開発で論文を世に出した経験がある人や、新聞で紹介された人など、何らかの業績を残したと思われる人をターゲットに電話・メールで接触してきて、ヘッドハンティングのネタにしようと考えています。もしも、あなたがヘッドハンティングと思しき連絡をもらったとしたら、そのキッカケを考えてみましょう。極稀にヘッドハンティングと称して、登録料を取ろうとする会社があるのですが、そのような業者は間違いなく嘘であるので相手しないのが賢明です。基本的に、ヘッドハンティングの世界は、企業側が報酬を支払う形になるので転職希望者がお金を払う必要などありません。

  • 転職活動する場合、履歴書と職務経歴書が必要になってきます。

  • 転職活動を行うときには履歴書と職務経歴書を必ず準備しなければいけません。大多数の企業は履歴書や職務経歴書に記載されている内容を元に面接するかどうかを決めるため、この2枚の書類の作成が大切になってきます。ただ穴を埋めることにとどまらず、記載内容を魅力的にすることも考えてみましょう。「職務経歴書」では、これまでの職務の詳細や、可能な限り自己アピールとなる内容を書き出しましょう。さらに、現職の社内で挙げた実績を、たとえば売上〇%UPした等、具体的に記します。初めてで難しい場合は転職エージェントに職務経歴書のチェックをさせたり、良い文章を引き出してもらうなどしてみましょう。自分の価値が高まるように、利用することも転職を成功させるための有効な手段だといえます。

  • この頃スマホで調べればネットのエリアには、「転職に役に立つサイト」と呼ばれるもの・・

  • 最近スマホは便利でインターネットで見られる世界ではいわゆる「転職サイト」に類するものが数多く存在しているのをご存知でしょうか?その数限りないサイトから自分の目的にあった転職先と思えるのを見つけるにはなんといっても情報を収集することが欠かせません。サイトをしっかり利用することで満足度の高い転職先を探せます。転職情報が満載で、頻繁に情報更新され、客観的なデータも掲載される有益な「転職サイト」がある一方、それとは対称的なサイトもあるので、安易に信じるのは考えものです。とりあえずは、本当に信用していいのかどうかを見極めることが大事ですから他と比べつつ、確かめてみてください。

  • 長く接客関係で勤め続けてきたのですが、年齢的に立ったまま行う仕…

  • ずっと接客関係で勤め続けてきたのですが、年のせいか立ったままのお仕事は体力的にしんどくて、オフィスワークへ転職することを頭に入れて活動をしました。事務未経験の場合なかなか難しくて、そうであれば接客業での経験を役立てることができる受付兼医療事務をやろうと考え資格も獲得し個人の病院に転職しました。周囲は超ベテランである先輩パートさんだらけで人間関係に関しても難しい。夜間のシフトばかり押し付けられ、接客業時代より帰宅する時間も遅いのですが、とりあえずはキャリアを作る時期だと観念して頑張ります。

  • これはシフトのある仕事についての話なのですが、毎週、一定の・・

  • これはシフトの仕事についての話です。毎週、一定の曜日に勤務できる人を募集している求人をけっこう見るのですが、もしも応募しようと考えているなら休む方法の詳細やシフトの出し方については面接の際に尋ねておいたほうが良いです。それはどうしてかというと、前に私は産休で抜ける人の代わりにと正社員の仕事をはじめたのですが、土曜、日曜が固定シフトで新入社員の私以外、誰も現場にいない状態という職場でした。産休に入った前任の女性が土曜、日曜に必ずでれる人だったので、私自身もそう思われていたみたいです。実際「土日」に休まざるを得なくなると、シフト変更の必要があり職場の先輩たちに私の代わりに出勤してもらえるように、と自らお願いをしに行かなければいけませんでした。給料も立場も同じなのに土日は私だけなんて・・・。思い出すと「おかしな職場だった」としか言いようがありません。

  • 時間に融通が効くはずの派遣社員だからといって1年ごとに…

  • 比較的時間に融通が効くはずの派遣社員というものは、契約期間を過ぎたら任意のタイミングで退職できるわけではないと、実際に転職を経験して学びました。私は結婚生活が落ちついたら、できればすぐに子供を授かりたかったので、妊娠する時がくるまでのあいだ、1年半~2年ほど現在の職場で継続で仕事したかったので就職しました。派遣社員ということもあり、正社員よりも年収は少なかったのですが、やはり「時間にが融通が効く」というメリットがあるので、そこはガマンしました。が、入社してみると一緒に働く方たちは大多数のスタッフが派遣社員として10年や20年ちかくも続けて勤務していたのです。なので派遣社員といえども、契約が過ぎたらすぐ辞められる雰囲気ではないと気づき、困ってしまいました。

  • あなたが再就職しようと考えた場合に、「Uターン」「Iターン」におい…

  • 仮にあなたが転職しようと考えた場合に、「Uターン」「Jターン」にて大都会から地方へと移住したうえで転職してみたいと考える人が増加しています。ここ最近は求人情報サイトの地域指定をするだけで、国内のどの地域の求人情報にも容易に知ることができますが、しかしながら、地方や郊外での求人は大都会ような選択肢がないのが事実、痛いところでもあります。なので、求人サイトのみに固執するとガッカリしてしまうかもしれません。求人情報サイトと併せて、「地方自治体・商工会議所」といった情報サイトもマメに確認しておかれることをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」といった役所が主催する就業サポートのイベントにもアンテナを張っておきましょう。

  • 転職というものを考える際、転職後の給料について気にしすぎる…

  • 転職というものをしようと考えたとき、そこでの給与を気にしすぎる人が意外と少数派でもないでしょう。とうぜんほとんどの方は、だから生活費を給料として稼ぐべく仕事しているはず。だから年収というのは自分の評価としての側面もありますからとうぜん大切なことは至極当然です。しかしながら、必要以上に年収ばかりをとらわれすぎてしまう生き方というのも悲しい気がするでしょう。それより収入に直結しない仕事であっても精神的な充実を得られることが多々あるからです。

  • 退職|『転職したい!』という願望があって、その意志が本当に強いものであるなら…

  • 『転職をしたい!』と思っている人で自身の意志が強いのであれば、辞職したいということをすぐに上司にそのことを伝えるべきです。なぜかというと、そのときに曖昧な表現をしてしまうと、上司に必ず言いくるめられます。実際に私も上司へ転職の相談をしたのですが、ズルズルと長引き退職までに半年ほど掛かってしまいました。辞職したいことをはじめて直属の上司に相談したのが年度末で、いろいろあって数ヶ月働くことになり、退職を受け入れられたのは同年11月です。本音はちょうど年度末いっぱいで辞めるつもりでしたが、あれこれと理由を付けられて、かなり伸びてしまいました。企業サイドとしても、人事の都合があるのかもしれませんが、スタッフの希望を聞かないまま、上司をはじめ、組織としてこちらの希望を無視してきたのでその会社に対しての前の会社に対しての信頼はなくなりました。