転職の時の面接でいるスーツのカラーにおいては、新卒の…

転職の時の面接でいるビジネススーツの色合いは、新卒の就職・・

  • 職を変える際にいるスーツの色味については、新卒の人たちが就職活動の時に準じている色が一般的なルールとなっています。言い換えるならば、紺系や黒系のダークな感じの色味になります。転職のケースでも、スーツの色合いというのは新卒の就活の時のようなカラーが多数派になっており、他の色を着用している方はほとんど見かけることはありません。あえて言えば、グレー系を着用している方が若干いるくらいです。全体的には黒や紺のスーツを着用する方が大多数を占めています。ですから、人事側からしても多数を占めるカラーを着用している人の方が当たり前のように感じるので、身だしなみ、という面においてはそのようにする方が好ましいわけです。

  • 以前の私は、求人情報は「転職サイト」ではなく、「ハローワーク」を活用していました。

  • 以前は、求人情報は「転職サイト」よりも、いつも「ハローワーク」に相談していました。というのは、有名な「転職サイト」は、システム上、都心部にある会社の求人ばかりだからです。そのために、求人情報をリサーチする際は、「ハローワーク」しか利用していません。もちろん、求人募集をする多少企業の数や、給料といった点は見劣りするのですが、地域に寄り添った企業が多く、都会以外での転職には役立ちます。また、「どんな求人があるかわからない」と先入観を持っている方もいるかもしれません。でも、大手の転職サイトにはない求人が見つかるかもしれないので、もしも転職を考えている人はハローワークに1度行って様子を見ておくのも良いと思います。有名な転職サイトのようなこれでもかというくらいのニュースレターが来ることもありません。

  • 退職|転職サイトや転職エージェントといったサービスを活用し…

  • 転職サイトや転職エージェントを活用して、転職活動を行うことは常識になりつつあります。しかし、転職の可能性をもっと高めたいのであれば、それと同時に転職フェアの利用が有益です。転職フェアは、多くの企業が一堂に会するイベントです。参加されれば複数の企業に関する情報に触れることができ、その上、説明員等を通じて、それぞれの企業の雰囲気を感じられるはずです。もしも、近い将来転職フェアに参加するつもりなら、面接を受けるのと同じように自身をアピールする場と思っておきましょう。フェアでの交流の中で企業に自分の魅力が伝われば、後に本格的な面接時に非常に有利になると予想されます。

  • 転職にあたって準備は必要です。

  • 転職活動にあたって相応の準備は不可欠です。なかでも、目に見える服装は重視してしまう部分だと思います。けれども、今の企業面接については私服が良い企業もあるので、しっかりスーツを着て出向かなくても良い場合があります。会社の創設したての企業などは、柔軟な考えなので私服の方が相手に好印象を与えられます。さらに、正装でないので、ざっくばらんに会話が出来るのも魅力です。そうして、私服ですと面接の間に、洋服の話題に発展しやすいですから、面接担当の人から気に入られる期待もできます。ということで、今後、転職にトライするなら「創立した年」をチェックしてみて、(ベンチャー系の)面接時には私服で勝負するのも良いかもしれません。

  • 退職|女性が転職するに当たり、一昔前と今日とでは多少の変化が見受けられます。

  • 女性が再就職するに当たり、ここ最近と数年前では多少の違いがあります。一昔前は面接の際に会社側から、「結婚の予定」や「出産後の予定」などに関して、自然に質問されることが多々ありました。ですが、現在の流れとしては、結婚などについては、セクハラと会社側が捉え、聞かない会社の方が多くなっています。とりわけ大企業ほど、神経質になっているといいます。しかしながら、会社側としては、YES・NO、の2択ではなく、その女性の考え結婚後も働きたい、「出産後はすぐに復帰するのか」などを知っておきたいと思っているものです。自らの人生設計を理解してもらうためにも、自己PRや志望の動機と併せて表現することで、相手方にも考えが伝わり、判断してもらいやすくなると思います。ですので、質問されていない箇所についても、あなたから会社にとっては必要な情報と捉え、話していくことを考えてみてください。

  • 転職する企業で、すぐに「年間報酬」の高望みはしないほうが良いでしょう。

  • 新しい仕事についてすぐは「年間報酬」の高望みはしないほうが良いでしょう。特に、転職したはじめの年は、おおむね「試用期間」が含まれている場合が多くあります。自らの転職したときは、労力を費やして新しい職を見つけることができたのに、悲しいかな前いた会社での年収とあんまり同額ということがありました。また、仕事はキツく、責任も重大だったために、1年目は、本当に労力を伴いました。そういった実体験を踏まえると、転職1年目は、勉強に充てる期間と捉えておき、状況が許す限りやれるだけ転職するよりも以前からお金をためて備えておくべき、と痛感します。

  • 退職|看護師という職の人のそれと違う職業に「転職しよう」と思う原因は…

  • 看護師でありながらそれ以外の職に転職を決断する原因は、人によって違うはずです。どういう理由が多いかというと看護師でありながらの転職には「職場の中に相性の悪い上司や同僚がいて困っている」「結婚で自分勝手にできなくなって出産さらに子育てさらに親の介護など、種々の身近な家庭環境の変化によって今までのようには働けなくなってしまった」「今の給与体系に不満を感じている」といったような悩みがあるのでしょう。でも、転職を決める前に転職したいと思うに至った理由をリラックスしながら再度、現状認識をしてみることも大切です。「本当に転職して状況が良くなるのか?」と再考してから決断すれば間違いが減らせます。

  • 退職|20代のうちに転職を2回経験し、現在、資格をゲットするべ・・

  • 私は20代で転職を2度経験して、現在は複数の資格をとるために、「派遣社員」で働くことにしました。フルタイムの勤務を選択しなかったのでやはり給料が以前よりも少なくなりました。しかし、前よりも心と時間に大きな余裕が出来ています。たまに、学生時代にいくつか取った資格を生かして仕事すればムダがないのに、と悔いはちょっとあります。きちんと資格を活かしている人を見るとうらやましいなと感じてしまいます。これまで、成功している人と自分とのギャップに気分が落ち込むことが多かったのですが、現在は結婚をキッカケに私の生活自体が大きく変わり、その中で将来の目標も定まったので毎日が充実しています。

  • ある会社に派遣されて働いています。

  • ある会社に派遣されて働いています。派遣法とかのからみでやむを得ず、長く働いた企業での仕事があと数か月で終了します。同じ派遣の方の中には、派遣先の会社で正社員の待遇をつかんだ人もいるのですがその理由としては正直に言うと仕事がどうというのではなく派遣先の上司へのごますりがうまくてそれが採用の決め手となった模様。業務上のスキルより上司正社員転がしスキルが大切なのかなーと抜擢されなかった派遣仲間の同僚と派遣先の会社でいつも愚痴っています。

  • 転職するにあたり、失業保険の給付を受けるための手続きが必要ですが・・

  • 転職を予定しているのなら今務めている会社を辞める時に「失業保険」給付のための手続きをしておく必要があるのですが、もし自らの希望によって退職届を書いて会社を去る、いわゆる自己都合退職の際には即座に失業保険を受け取れるわけではなく手続きが終わった後で失業したことが確認されてから3か月経つこことが必要なのです。よく勘違いして退社した日の次の日から3か月経過すればもらえると信じている人がいますが、この規則を間違って理解している人が、ハローワークのスタッフの方が間違っていると思い込んでそれが原因となりハローワークの担当者ともめ事を起こしているのを見たことがあります。因みに労働者側の都合ではなくリストラのように、「会社都合」での解雇のケースでは、、失業認定されてから直ちに失業保険をもらえます。

  • 全く経験したことがない業界などに転業したいときには、…

  • 未経験である分野などに転身したい場合には、自分が前の職で培ってきたスキルや今まで経験したことが生かせるといった内容のアピールがいるようになります。その業界の未経験者はその分その分野を経験している人よりも不利な状態になりますけど、自分の持っているスキルがそこで十分に生きるということを話せれば、勝負になるケースは十分に考えられるのです。以上のことを踏まえ未経験である分野にチャレンジするときには、その業界と自分が今までやってきた職務内容とのつながりを徹底的に探しましょう。

  • 退職|転職の面接などの場面で名刺を手渡してきたら、自分も相手の方に名刺を…

  • 再就職の時の面接などの際に名刺を渡してきた時、こちら側も名刺を相手に差し出す方が良いのか?差し出さなくてよいのか?と対応の仕方に悩んだ際は、大方は渡す必要のないもの、と知っておいてください。転職のための面接とは仕事の一部ではなく、職を得るための採用活動の一部なので、基本的には名刺をやりとりする場ではないのです。重ねて、会社の者としてではなく、あなた個人のことでそこにいるわけです。要するに、もし相手側から名刺を差し出されても、あなた自身はもらうだけでよくて、面接担当者に相手にあげる責任はまったくないと思います。

  • 求人広告には、ほとんどの場合、普通の職場では月にもらえるお金等が記載されています。

  • 求人関連の情報では、ほとんどの場合、まともな企業では月収がしっかりと記載されていますよね。しかしこの部分を頭に入れる際は、深く確認する事が必要です。額の多い少ないだけを見て納得してはいけません。そのわけは案件によっては、月収の内訳で月15時間残業の場合を前提に計算されている可能性もあります。残業代を含めて計算することで良い案件に見せて、人材を募集しているケースも考えられます。このほか、「歩合給」をつけると表記している案件にも注意が必要です。歩合の割合をかなり多めにした上で、月収を高く見せている企業もあったります。だから、そういった可能性の少ないケースを誇張しながら、人を集めるような会社ははじめから相手にしないほうが無難です。

  • 退職|転職するのなら、始める前に、ハローワークの求人票や求人雑誌、あるいはネット上の求人情報を閲覧したりし・・

  • 転職活動をするとき、始める前に、ハローワークの求人票や求人雑誌を閲覧したりして関心のある会社を調べるでしょう。ところが、当該会社がその会社が情報を世間に出す際には、コンサルタントから指導を受けている場合が多いです。コンサルタントは、会社にとって不利益な情報を隠す能力に長けています。仮に公表する場合でも曖昧な表現を使ってうまくごまかそうとします。そういった会社情報や社員のインタビューについては、額面通りに捉えるのではなく、半信半疑で聞いている方がいいです。仮に心地よい言葉を鵜呑みにしてしまうと、こんなはずではなかったと後々、後悔したり、場合によってはトラブルに遭遇するおそれもあります。悪意ある会社は、素直な人間を取り込み、そのあとは、あれこれと理由をつけて辞めさせないようにするかを考えている。このようなブラック企業には気を付けましょう。

  • 今までの求人情報では、募集条件の中に「性別」が、しっかりと記載されていました。

  • 前の求人情報には、募集条件の中に「性別」まで、当然のように書かれていました。でも、男女雇用機会均等法の施行によって、男女の求人・採用差別をないようにしないといけないルールができて、応募資格内に「性別」の表記ができなくなりました。ですが、募集情報を出す側は、性別に関係なく平等に雇用の機会を与えてくれるとは限らないのです。実際問題、男性欲しい案件に、女性が応募してきたり、逆に女手が欲しいのに、男性がエントリーしてきたり、といった問題も無関係ではありません。例えば、「女性が活躍する職場です」の記載がある場合、雇用側が働き手は女性を必要としている、と読むのがトラブルを避けられます。

  • この前転職活動の一環として人材バンクへ登録をしに行きました。

  • この前新しい仕事を見つけるために人材紹介会社へと登録に足を運びました。そこで登録するときのカウンセリングを行いに出てきた担当者が見た感じ新入社員みたいで、こちらが説明している話の5割ほども彼はわかっていない感じでした。それにもかかわらず「キャリアデザインが甘すぎますね」とか「きちんと強みと弱みを明確化することが大事です」等、上から目線で偉そうに話すので大変不快でした。カウンセリングをする人は多少は仕事の経験がある方にしてほしいものです。