退職|女性が再就職する場合、一昔前と現在とでは若干の違いがあるようです。

女性が転職するに当たり、一昔前と現在とは多少の変化があるといいます。

  • 女性の転職は、近年と一昔前では若干の違いがあるようです。前までは会社側から結婚の予定や出産予定などのことに関して、ごく一般的なこととして質問されることがありました。ですが、現代では、そういった内容は「セクハラ」として扱われるのを恐れ、質問をしない会社が一般化しつつあります。そして、名の知れた大きな会社の場合は、タブーとして神経質になっているといいます。しかしながら実際、会社側は、はい・いいえ、の2択ではなく、その人の価値観「結婚後も働きたいのか」出産後は時短で働きたいなどを当然、把握しておきたいとは思うはずです。自身の将来設計を伝えるためにも、自己ピーアールや志望動機の中に織り交ぜながら話すことで、相手側にも考えが伝わり、安心してもらえると考えます。ということで、聞かれてない箇所についても、あなたが先んじて気遣いつつ、答えておくとよいでしょう。
  • 転職の意思があるのなら、すぐに「年間報酬」を高望みしないほうが無難です。

  • 転職の意思があるのなら、「年間報酬」を高望みしないほうが無難です。特に、転職したはじめの年は、おおむね研修期間を入っている企業があるのです。私の転職したときは、苦労して新しい職を見つけることができたのに、なんと前いた会社での稼ぎとあまり変わりませんでした。それに、仕事はかなりキツく、かなり責任重大な立場でもあったので、初年度を乗り越えるのに本当に労力を伴いました。そういった経験から、転職1年目は、仕事を学ぶ期間と割り切り、もっというと転職する以前に貯金をしておいて、当面の生活を安定させるべきだと思います。
  • 看護師という職の人の転職する理由はその人によりけりです。

  • 看護師という職の人のそれと違う職業に転職に至る理由は、その人それぞれです。考えてみると看護師を辞めての転職には「職場環境に自分と相性の悪い上司・同僚がいる」「結婚でライフスタイルの変化によって出産・子育て加えて家族の介護など、仕事環境の変化など、今までのような仕事が難しい」「現在の給与とキャリアとのバランスに不満がある」といったような理由が考えられますね。ですが、実際に転職される前に「なぜ、自分は転職する必要があるのか?」と、改めて冷静に、再度、現状認識をしてみることもやっておきましょう。「実際に転職したら状況が好転するのか?」と再考し、決断されることを強くお勧めします。
  • 20代前半の時点で転職を2回し、今現在は資格取得のため…

  • 20代前半に転職を2度経験して、今現在は資格の勉強をしながら、「派遣社員」を選択しています。常勤の勤務ではないのでやはり毎月の収入は安くなりました。しかしその分、心と時間に大きな余裕が生まれました。たまに、学生時代にいくつか資格を取得し、仕事を続けるという方は本当に稀です。やはり、実際に、そういった人を見る度、なんだか羨ましく思ってしまいます。それなりに成功している人と自分を比べ、ガッカリすることもありました。しかし今では、結婚してから、生活環境が変わった今、前よりも将来の目標も決まり、毎日が充実しています。
  • 派遣として勤務しています。派遣法とか労働契約法の関連・・

  • 派遣として就業しています。労働契約法の関連で不本意にも長期間働いた勤め先での仕事を辞めなければいけません。いっしょに働いている派遣の仲間の中には派遣で働いている会社で直接雇用のポジションをゲットした方もいるのですが抜擢された理由としてははっきり言って仕事の能力というよりは派遣先上司の扱いが上手な方でそれで採用された感じ。仕事ができるかどうかよりもおじさんを転がすスキルの方が重要なのだろうと選考に漏れた他の派遣のメンバーと派遣先の会社で愚痴る毎日です。
  • 転職をするために失業保険に関する手続きを行う必要がありますが・・

  • 転職をするために現在勤めている会社を辞める時に失業保険の給付を受けるための手続きが必要ですが、仮にあなたの都合で退職届を書いて会社を辞める、いわゆる「依願退職」のケースでは即座に失業保険が出るのではなく手続きが終わった後で失業したことが認められてから3ヶ月経ないともらえないのです。なので、会社を辞めた翌日から3か月経てばもらえると勘違いしている人がいますが、この規則を理解していない人が、ハローワーク側にミスがあると言い張ってその結果としてハローワークの職員さんと揉めているのを見たことがある。因みに自己都合ではなくリストラなどをはじめとした「会社都合」での解雇のケースでは、失業認定されてすぐに失業保険を受け取ることができます。
  • 全くの初挑戦の分野などに転業するときには、自分の以前の仕…

  • 経験したことがない業界などに転業したいと考えているときには、前の仕事で養われた能力や経験したことが生かせるという内容の訴えが必要です。初めての分野の場合、未経験の分だけその業界で今まで働いてきた人たちよりも不足することはありますが、自分の持っている力がそこでも十分に生かせるということをしっかりと相手に伝えれば、戦えることも考えられます。そのような訳で、未経験の業界にチャレンジする際には、その業種と自分がこれまでやってきた職務との関係をできる限り見付けましょう。
  • 退職|再就職の時の面接などの際にもし名刺を差し出された場合・・

  • 転職の面接などの場面でもし面接担当者に名刺を差し出された場合、同じように自分も名刺を渡すべきであるのか?とどちらが正解かわからない場合たいていの場合は渡さなくても良いと思っておきましょう。転職のための面接というものは仕事の内ではなくて、職を得るための就職活動の一部であるわけですから、基本的には名刺を交換する時ではありません。また、会社の人間としてではなく、個人の問題でこの場にいるわけです。要するに、もしも相手側から名刺を差し出されても、こちらにおいてはもらうだけでよくて、担当者に相手側にあげる責任はまったくないと思われます。
  • 求人関連の情報では、まともな会社では月の収入が明記されています。

  • 求人広告には、大部分の職場では月の収入がしっかりと記載されていますよね。だけれどもこの月収を確認する時には、注意して確認する事が大切です。その数字だけを見て判断してはいけません。もしかすると、月収の額の内訳で月20時間残業の場合を含んでいるかもしれません。そういうことは残業代を含めて好条件であるかのように見せ、人材を募集している所があるからです。このほか、「歩合給」をプラスする、といった案件も要注意です。歩合箇所を相当に盛って、月収を多めに見せている可能性も考えられたりします。その手のよく分かっていない人たちを扇動しながら人材募集を掛ける会社は近づかないほうが良いでしょう。
  • 転職活動の際は、予め、求人票を見たり、インターネット上の公式サイトを見たりし…

  • 転職活動を始めるとき、あらかじめ、ウェブ上の求人サイトを見たりして気になる会社を調べるでしょう。とはいっても、当該会社が情報を公表するにあたっては、コンサルタントに相談をしている可能性が高いです。コンサルタントは、会社の利益にならない情報を隠す達人です。たとえ公開する場合でも遠回しな表現に徹します。そのような企業の「社長インタビュー」や「社員情報」についてはそれをすべて信じるのではなく、参考程度に聞いておいた方がいいでしょう。もしも鵜呑みにして入社した場合、「聞いていた話と違うじゃないか」とあとになってから後悔しかねません。悪意ある会社は、素直な人材を効率的に取り込んで、その後はイチャモンをつけて辞めさせないように考えています。この種のブラック企業には注意が必要です。
  • 退職|一昔前の求人誌に雇用主が必要とする「性別」について、…

  • 今までの求人誌には、雇用側が求める人材の「性別」がハッキリと記載されていました。ですが現在では、男女雇用機会均等法の施行によって、男女差別が雇用の際にあってはならないという決まりになり、応募資格内に「性別」が記載されなくなりました。そんな変化があるものの、求人情報を出す企業は、性別に関係なく平等に雇用の機会を与えてくれるとは限らないのです。実際、実は男性が希望の会社に女性が応募したり、その反対に女性が欲しいのに、男性が応募してくる、といったトラブルもひとごとではないのです。もし、「女性が活躍している職場です」と紹介されていたら、女性を希望しているのだと認識しておくトラブルを回避できます。
  • 退職|先日転職の準備をしておこうと人材紹介会社に登録に足を運びました。

  • 先週転職のために人材会社へと登録に向かいました。登録するときのカウンセリングをするために出てきた担当者の雰囲気がどうも入社間もない新入社員で、私が説明している話の5割もその社員はわかっていない模様。さらに悪いことに「キャリアデザインがよくないですね」とか「きちんと強みと弱みを知っておく必要性があります」等、上から目線で横柄にしゃべるからとっても不愉快でした。カウンセリングをする人はそれなりにはカウンセリングの経験がある人にするべきです。
  • 退職|就職活動において、年収は非常に重要なポイントです。

  • 就職活動において、年収は大変大切な要素です。面接の時、ほとんどすべての企業で現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。ここで年収を本当にもらっている額よりも大きく申告し、高額な年収を確保しようと試みても、無駄な努力でしょう。なぜなら、結局は源泉徴収を提出することになるので、仮に一時的に信じ込ませたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、結局は虚偽の申告をしたことがバレていまいます。運が悪ければトラブルに発展することもあるので、現在の会社での年収を正確に伝え、それに釣り合う希望年収額を設定するのが正解です。なお、年収300万の人が転職後に500万円となる可能性はほぼあり得ません。もし、現在の年収が430万円としたら、希望は400~450万円であると転職先に伝えておくのが良いでしょう。露骨な嘘は、転職活動時のトラブルだけでなく、入社後のトラブルとなって、一時的に入社できたとしても、そのまますぐに退職しなくてはいけなくなるかもしれません。
  • 自分が勤め口を探していたころたいへん多くの人材紹介会社に登録していました。

  • 自らが転職を考えていた時期に何個かの人材紹介会社に登録していました。その時に感じたこと、それは転職アドバイザーの質が本当に多種多様でそのほとんどは満足のいく対応をしてくれない方でした。私にとっては人生の大事な事なのにもっと熱心に向かい合ってほしいという感情が積もってしまいました。それが発端となり私はキャリアカウンセラーになろうと考えたのです。その資格を取得できるまでにはお金もかかりましたし資格取得のための勉強に関してもとてもハードではありますが、求職中の方からあなたが担当者でよかったと言ってもらえる存在になるべく努力しています。
  • 転職をする時に気にかける求人内容に関しては、目安と…

  • 再就職をする時にチェックする募集内容についてはおおまかなものとして掲載されている、という確率があります。そのため、書かれていることは何もかもが正しいことだとは簡単に信じるのはやめておいたほうがよろしいでしょう。なかでも給与に関しては一般的なのか?それとも最低限の金額なのか?最高値なのか?というような見解ができない人のほうが多く自分で勝手に考えてしまうと、今後、嫌な思いをする事もあるでしょう。そんな訳で、そうならないためにも、求人に書かれている情報はだいたいのものだと考えて、そういったとても大事な事は直に確認を取るのが妥当です。
  • 退職|年内中に転職活動を考えている人で、次までの仕事にまだ期間がある・・

  • 今年中に転職される人で次の仕事を始めるまでにある程度時間があるのなら、忘れずに失業手当をもらうことをおススメします。これは働いている所属する会社がしっかり「雇用保険」を払ってくれている場合は、必ず誰でも失業手当を受け取れます。詳細の手続きについては、「ハローワーク」で行う必要があります。自己都合で仕事を辞めた場合は、失業手当を受け取るまでに3ヶ月の待機期間があるのですが、状況によっては会社都合の退職、残業時間の内容次第でただちに受け取れることもあります。このとき、もらえる失業手当の金額は辞めた月の給料をもとに算出されるため、もし、「閑散期」「繁忙期」がある業種の場合は、繁忙期の後に辞めたほうがいいです。