転職サイトに一旦登録すると、電話やメール連絡が何度も入ります。

転職エージェントは一度登録すると、電話やメール連絡が執拗に入ります。

  • 転職サイト一旦登録すれば、電話やメールでの連絡が嫌になるぐらい来ます。これについて何も知らずに利用しはじめた人は非常に驚く場合が少なくありません。「転職エージェント」は、利用者に転職してもらうことが役割だといえるので、とても積極的に行動します。中でも大手エージェントは、転職を成就させる対価として企業から報酬を受け取る仕組みであるといえるので、転職活動を行っている人の都合よりも企業の都合を優先的に考えることが多いものです。その上「転職エージェント」は、契約を急ぎたいあまり、内定が出たすぐ後に、「入社されてはどうでしょうか?」と説得を図ります。対抗策として自分の気持ちや意思を明確にし、安易な妥協をしないように気をつけることが大事です。
  • これは従兄からの話です。新卒時の就職でなにがなんでも入りたか・・

  • こうした話は友達から聞いた話です。始めに新卒の時にどうしても働きたかった憧れていたA社で行われた最終面接で不採用になり、それから後仕方なく他の会社につきました。それから2年経たぐらいに派遣の求人サイトを閲覧していた時たまたまA社の紹介予定派遣の求人を見つけて、どうにかしたくなってその時働いていた会社を即座に辞めて、A社で派遣就業を開始、必死のパッチで頑張ってそれから後なんとかA社で正社員として採用され、現在は仕事に生きがいを感じながら明るく働いています。
  • 退職|仮に、現職からの転職の決断したのであれば、あくまで周囲の人間…

  • 例えば、転業の決心したなら、徹底して社内の人にはひそかにそれを伝えずに活動していき、転身先が決まっていない間は、あくまでも会社内の人に気づかれないようにいつもどおり仕事をするのがもっとも合理的です。現職中、その状態をキープしておくと、最悪希望通りの働き先が簡単に見つけられなくても、転身予定を先送りにしつつ、現在の仕事を継続しても何ら問題がありません。そうではなくて、つい「転職するつもりでいる」としゃべってしまうと、会社は、その言葉に合わせた態度を態度をし出します。そして「辞めるつもりです」と言ってしまうと周囲には「あの人は退職する予定の人」と確定します。その後で転職したい思いが冷めて、「やっぱり仕事は辞めないことにしました」と手のひらを返しても、周りの人間には、「一度は仕事を辞めようとした人」とあなたを冷ややかに見るので、在籍しているあいだ、肩身の狭い思いををするリスクもあるでしょう。
  • 在職していた会社で怒りっぽい上司に困惑してしまい、ついに・・

  • 昔働いていた会社でのことですがつらく当たる上司に神経を使い、耐えることができなくなって退職し、同じ畑の別の会社に転職をしました。転職先の会社では居心地よく勤務することができとても満足した毎日でしたが、だんだんと会社の業績が悪化し、ついにはとある会社に経営統合されることになったのです。そして経営統合したのは驚くなかれ前にいた会社で、その上転職のきっかけとなった上司が再び私の上司になることになりました。いったいこれはどれだけ縁があるのでしょうか。当たり前ですが新しい転職活動をし始めています。
  • 転職を、正社員ではなく派遣社員という勤務形態を考えている方…

  • 転職で、「派遣社員」を選択しようと考えている人にチェックしてもらいたい箇所があります。まず派遣社員に対して、お茶出し、電話対応などの雑務、雑用等をといったものをイメージする人がおそらく多いはずです。実は私自身もそのように思っていました。現在勤めている企業に入社するまでは「派遣社員」の募集を見て応募したときには「メインの業務は電話対応になります」と説明を受けてもいたので安心しきっていました。ところが、いざ入社したとたん、まさか「電話対応」とともに、退職した正社員の業務の穴埋め役となるよう、任されてしまいました。特別な知識もなく、はじめの説明とはかなり違っていたので非常に困っています。現在は、ひたすら「契約期間が早く終わらないかな・・・」と願うばかりです。
  • たのしい気持ちでいながら再就職と向き合うことで、メンタル面での負担が減るの・・

  • 期待をもって転職と付き合う事が出来れば、精神的な重荷を抑えられるので、転職先が見つかるまでの間の堕落も避けられます。しかも、メンタルが健やかであれば、割と早く新たな転職先も見つかるはずです。一番の理想は、休職によるブランクをつくらず転職先を見つけることが大事です。今の会社に勤めながら、転職活動することが良いでしょう。休職期間をなくすことで、今現在の仕事を辞めても、すぐに始動できます。そのようにしておけば、職歴の空白期間がなくなるので、履歴にもキズがつきません。すなわち、転職の時に不利になることがないということです。先を見据えて、円滑に転職活動を進めてみましょう。
  • 今の時代の企業の雇用事情の大きな変化に当たって、社会人の中で…

  • 昨今の企業の雇用事情が目まぐるしく変わってきたことにおいて、社会人の中で若者の世代は敏感に感じ取って多分、キャリアアップと転職を同時に考えているのでしょう。こういった理由から就業者といった層の「流動化」が顕著になっているため、さらに将来、世代に関わらず転職についての注目が高まると考えられます。労働力の「流動化」が背景にあることで、会社の転職は当たり前となりつつあります。「終身雇用制度」が機能していた時代には、転職者をする人は、経歴にマイナス評価がつく、と言われて転職が思い通りにいかない人もたくさんあったのです。しかしながら、時流が変わったせいもあり、今現在の会社に執着する意味も必要性も段々と薄れてきています。
  • 転職活動において最後にクリアしなければいけない難問として…

  • 転職活動をする際の最後に残る難関として、「今勤めている会社をいかにして辞めるか」という問題があります。転職先の企業がOKしたとしても、現在勤務している会社が、あなたを離したくないと慰留するというのもよくあることです。そのような場合は、何があっても退職する、という強い気持ちを保つことが重要といえます。もしも会社に残るように説得されて、一時的にとどまったとしても、一度辞めたいと考えた会社は結局、辞めることとなります。退職を効率的に行うには、会社の規定に目を通しておき、退職までに必要となる日数を超過する年月以降の退職日設定と退職届を作成しておきます。そのあとに、決定権を持つ上司と相談し、「退職については、いかなる交渉にも応じる気はありません」と遠慮せずに伝えます。円満退社を目指すのも就職活動において大事なポイントになってきます。
  • 転職時は、様々な経路で情報を集めることが多いと思いますが・・

  • 転職活動を開始するとき、様々な経路で情報を得るのが通常だと思いますが、転職に関する口コミサイトはとても役に立ちます。過去に、会社の損失につながる悪い口コミが掲載されたということで、運営サイトを相手に、損害賠償請求を起こした事例もありました。辞めさせられた社員の腹いせとしてそのような口コミが投稿されているとみるのが一般的ですが、見方を変えると、投稿の内容が真実でなければ、会社側が気にする必要は無いと言う事になります。しかしながら、実態は『クロ』で「マズイと考えはやく火消しをしよう」という話かもしれません。口コミサイトも炎上が原因でアクセス数がアップするなどのメリットがあるので黙認していたりしますが、好ましくない口コミが多いというのは、それだけトラブルが発生するおそれのあると見て良いでしょう。人もそうですが、善良企業の場合煙は立ちません。
  • 転職のための活動を効率的にやっていくには、最初に何より…

  • 転職のための活動をしている最中は、なにはともあれ必ずあなたの心が沈着であることをとても大切にしましょう。働きながら転職の活動を行う場合はあんまり気にする必要はありませんが、退職の後にする際には、どうしても心のうちが焦りがちになってしまいます。そういった点を理解し、気持ちを落ち着けながら活動してみましょう。自分がやってみたい業務や、理想とする職場のイメージなどをハッキリイメージしておきましょう。実際の職場と比べてみて、それらが合致しているか、冷静になって確かめてみましょう。この手間を掛けることで良い転職先が見つかりやすくなります。
  • もしも転職することを、今の会社の人たちがあなたの転職を知る・・

  • 再就職の前に、今勤めている会社の人たちがあなたが退職すると知ってしまうと職場の雰囲気が悪くなる可能性があります。場合によっては、問題はないこともありますが、妬みなどから意地悪されることもあります。それだけでなく、残業時間を意図的に増やされてしまうこともあるので、うかつに転職のことを周囲に伝えるのはあまり良いとは言えません。そのような状態を回避するため、現在の仕事場では、真面目に仕事に取り組んでいましょう。充分に警戒しておけば、良い空気を最後まで保ちつつ、最高の形で仕事を辞めることが出来ます。それに、何の問題もなく円満に退職できたなら、転職後に、相談ができるチャンスにも恵まれるはずです。規模や業界に関係なく、どのような会社であっても、人とのつながりはとても大切なので、仕事を辞める前のトラブルは、充分に注意しておきましょう。
  • 政治により状況が変化しつつある転職を取り囲む状況について、…

  • 昨今の転職事情は、政治による影響が出つつあります。安倍総理が主導する現内閣によって、アベノミクス「三本の矢」など、多くの経済政策が盛り込まれています。内閣が打ち出した新たな経済政策共々金融政策とも、たがいに作用しあって財界・民間企業側からも今までとは異なった社会的な変化が出つつあります。そういった変化が加わったせいか、企業伸長とともに今度は若者世代の減少と、現役世代の大量退職による「働き手が足りないこと」が根深い問題となっています。将来、外国人の労働者も現状よりも増加させていく、と現政権は宣言しています。外国人労働者が増えることによって、日本国内の雇用や転職問題についても大きく幅が広がりそうです。このような社会情勢の変化によって国内の雇用・転職状況も変化していくのは間違いありません。
  • 転職活動中は、知らず知らずのうちに時間が有り余っているため・・

  • 転職するための期間中は、ついつい時間に余裕がある分、ダラダラとした生活になりやすいですよね。だとしても、そのような過ごし方を常習化させるのは危険です。それは、緊張感のない、だれた生活を続けると、肉体的にだけでなく、「メンタル面」も不健全な状態になるからです。いつの間にか仕事をしようとする意欲がなくなり、お金に困ってしまうかもしれません。そうなってしまうと、負のサイクルができてしまい、再就職先が決められません。転職先をハッキリ決められないのは、もらえるお金を一番に考えてしまうからです。給料を一番に考えざるを得なくなるとやりたかった仕事を求めて転職を決意していたとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。というワケで、お金に縛られない生活をしていく上で、ダラけた姿勢は、意識して避けるようにしてください。
  • 安定を求めて「正社員」になりたいと思っている人は多いと思います。

  • 安定的な暮らしを手にするべく正規の社員として働きたいと思っている人はかなりいらっしゃるはずです。にもかかわらず、即戦力として働けるように資格を取得するなどしていくら努力しても、正社員のためのキャリアアップがうまくいかないケースも少なくないはずです。派遣社員の求人はかなりあるのに正社員の求人以外を見ないで応募しない人も多いでしょう。万が一、中々正社員としての転職が難しいのなら、契約社員や派遣社員の求人募集も選択肢に加えてみましょう。会社の一部は、働き手の活躍の度合いによって2,3年で非正規雇用から正規雇用への転換ができる可能性もあるからです。ですから面接を受けた時に、「正社員登用」の可能性があるかどうかをヒアリングしておくと将来設計が立ちやすいはずです。
  • 大きな転職エージェントほど、多くの案件を抱えているというメリットがあります…

  • 「就職エージェント」の大手ほど、豊富な案件を抱えているというメリットがあるといえますが、しかし、同時に競合する転職希望者も大勢います。したがってあなたが、応募したい会社を探し出しても、転職エージェントの担当スタッフが可能性が低いと判断すれば応募してもらえないこともかなりありますし、企業から見てあなたよりも有能だと評価されるライバルがいると、その人を優先したりもするのです。大手のエージェントは、サイトに未掲載の案件のデータを宝庫として扱い応募することが難しいので、考えを変えて規模が大きくないエージェントに対し、会社や案件を伝えてみて、応募できないか相談すると自分のために動いてくれることもあるので、そのような風に活用してみるのも良いかもしれません。
  • 求人に関係する情報をチェックする折、例えば、「事務系の仕事をしたい」と思っている人ほ・・

  • 求人情報を見るとき、例えば、オフィス系の仕事が希望だからと、はなから製造業を見ようとしないものですが、そういった人のほとんどは「製造業は現場で製造する求人しかやっていないだろう」と誤解しているはずです。実際に、製造業の求人募集でも、経理、総務、人事などの従業員募集をはじめ、資材、購買、営業管理などの「オフィス系」に属する役職もとても多いです。製造業がある場所はオフィス街にはないので嫌だと言う人もいるかもしれませんが、そうした事には自らのこだわりを捨ててみることで仕事の幅を広げることができ、よりスキルアップにつながることも考えられます。