派遣として働いています。派遣法や労働契約法のせいで残念なこと…

退職|派遣として勤務しています。派遣法とか労働契約法のからみ・・

派遣社員として勤務しています。派遣法や労働契約法のせいで不本意にも長く勤務してきた勤め先での仕事を辞めなければいけません。同じ派遣の人の中には、派遣の勤務先で正社員のポジションを手に入れた方もいるのですが採用された理由としては正直仕事の実力というよりは派遣先の上司へのあしらいがうまくてそれが採用の決め手となったみたい。職務を遂行するスキルよりもおじさん転がしのスキルがいるんだねーと選考に漏れた他の派遣仲間と勤務先で不満をたれる毎日です。

退職|転職を行うにあたり、現在働いている会社を退社する時…

転職に先立ち「失業保険」給付手続きをしておく必要がありますが、もしあなた自身が退職届を出して会社を去る、いわゆる「依願退職」のときは直ちに実業保険を受け取れるわけではなく手続きをしたのち、失業したことが認められてから3か月待たないともらえないのです。よく間違って退社した日の翌日から3か月経てばもらえると思い込んでいる人がいますが、この規則に無理解な人が、ハローワークの職員の方が間違っていると言い張ってそれが原因となりハローワークの担当スタッフと喧嘩をしているのを見たことがあります。念のために付け加えておくと、自己都合ではなくリストラなど、「会社都合」での解雇の場合は、失業認定を受けて即座に失業保険を受けとることができます。

退職|全くの未経験の業界などに転身をしようとするときには…

未経験の業界などに転職を考えるときには、自分が以前の職場で身に付けた腕前や今までの経験を発揮することができるというアピールが必要です。初めての分野の場合、経験のない分だけその業種で今まで働いてきた人たちよりも実際のところ、足りない部分はありますが、自分の持っている力がそこでも発揮できるということを相手に伝えれば、勝負になることも十分に考えられるのです。それゆえに、経験が全然ない分野にチャレンジする場合は、その業界と前の職場でやっていた仕事との関係性を必ず探しましょう。

退職|再就職における面接などに関して担当者が名刺を手渡してきたら…

転職の時の面接などの際に名刺を差し出してきたら、こちら側も名刺を相手に渡すべきであるのかどうかと対応の仕方に迷ったら、たいがいは渡す必要はないと知っておくと良いですね。面接というのは仕事ではなく、仕事を得るための採用活動の一環です。ですから大方は名刺を交換する時間とは違います。そのうえ、あなたは会社の人としてその場にいるのではなく、あなた個人のことでそこにいるわけです。したがって、相手の方から名刺を渡された時でも、こちらとしては名刺をもらうだけでよくて、相手の方に渡す責任は必ずしもないと思われます。

求人関連の広告には、とうぜんまともな職場では月の収入が記載されているはずです。

求人関連の情報誌やサイトを見てみると、まともな会社では月の収入が記載されているはずです。だけれどもこの部分を調べれる際は、深く確認する事が欠かせないです。額の多い少ないだけを見て判断しないほうが良いです。場合によっては、月収の金額の内訳で「毎月15時間の残業」が条件になっているかもしれません。それは残業代を含めて金額が高く見えるようにしているケースも考えられるのです。また「歩合給」を付けますよ、という案件にも注意が必要です。歩合をかなり多く見積もって月収として見せている可能性も考えられます。だから、こうして表記された数字どおりとなる見込みがない会社にははじめから相手にしないほうが無難です。

退職|転職活動を始めるとき、始める前に、ウェブ上の求人サイトを閲覧したりし・・

転職する場合は、まず、ハローワークやインターネット上の求人情報を見たりして興味のある会社を調べるでしょう。当該会社がどういった情報を表に出すかは、コンサルタントから指導を受けている可能性が高いです。コンサルタントは、会社に都合の悪い情報を隠すプロでもあります。仮に公表するとしても曖昧な表現を使ってうまくごまかそうとします。その類の会社や社員に関連する情報については、そのままを信じるよりも、半信半疑で聞き流すべきです。もしも美辞麗句を信じて会社に入った場合、「聞いていた話と違うじゃないか」とあとでガッカリすることになりかねません。悪意ある会社は、素直な人間を効率的に集めて、その後、いろんなイチャモンをつけて会社を辞めれないように策を練ってきます。ブラック企業では、この手のことがかなりあります。

一昔前の求人情報に雇用側が求める人材の「性別」が書かれているのが普通でした。

何年か前までは求人誌に雇用側が求める人材の「性別」が記載されていました。しかし最近では、1985年に男女雇用機会均等法が成立したことによって、男女の求人・採用差別をないようにしないといけないルールが決まり、求人情報内に「性別」を明記できなくなりました。そんな風に時代が変化したものの、募集情報を出す側は、男性・女性どちらでも同等に雇用するとは限りません。現実に、実は男性が必要とするジャンルに、女性が募集にやってきたり、女性希望の会社に男性がエントリーしてきたり、といった問題は誰にでも起こる可能性があります。求人で女性活躍等と紹介されていたら、雇い主再度が「女性」を必要としている、と読むのが良いでしょう。

数日前転職先の会社を探すために人材紹介会社に登録に足を運びました。

先週転職の準備をしておこうと人材紹介会社へ登録に行きました。そのときカウンセリングの際に出てきた担当の人がどうも新入社員のようで、私が説明している話の5割ほども理解できてない感じでした。それにもかかわらず「そのキャリアデザインでは厳しいですね」とか「もっと自分の強みを明確化しいていく必要があります」等、一人前の話を偉そうにのたまうからとても不愉快でした。カウンセリングを担当させるのは多少はカウンセリングの経験がある方にしてほしいです。

就職活動において、ポイントになるのが年収です。

転職活動中には、「年収」の話題が必ず出てきます。ほとんどのケースで現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。このとき現実の年収を偽って、多く申告し、転職先の年収条件を引き上げてもらおうと考えるのはやめておきましょう。源泉徴収票が必要となるため、一度は信じ込ませたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、必ず後からバレてしまいます。トラブルに発展する可能性もあるので、現職の年収を水増しせずに伝え、それに釣り合った希望年収額を設定しておくのが無難です。ちなみに、今の年収が300万円の方が急に年収500万になるようなことはほとんど場合ありえません。仮に、年収が400万なのであれば、希望年収額は、400~450万円と転職先に伝えておくのが間違いがありません。明白なウソは、転職活動の妨げになるばかりでなく、入社後のトラブルとなり、入社できたのを退職に追い込まれる恐れもあるので、気をつけましょう。

退職|自分が転職を考えていた時期にかなり多くの人材紹介会社に登録していました。

かつてはいくつかの人材紹介会社に登録していました。その時に感じたこと、それは転職アドバイザーのレベルにおいても驚くほど色々で大体の場合、物足りないと感じる担当者ばかり。こっちは人生がかかっているのにもっと気持ちを込めて向かい合ってほしいという感情が積もり、そんなことがあり私はキャリアカウンセラーを目標にすることになりました。資格を取得するためにはコストもかかりました。また勉強の面においてもとてもヘビーでしたが、就職活動の際に信用されるキャリアカウンセラーになるために頑張っています。

再就職を考えている際にマークする募集内容は基準的なものとして、アバウ…

転職をする際にチェックすることになる求人内容については目安として載せている、という確率があります。そのため、そこに記載されている情報は全部正しい情報だとは思い込まない方が良いでしょう。特に生活に大きくかかわってくる報酬面に関しては、社員を平均した値なのか?最低限なのか?一番高い給料なのか?という見極めができないケースが多く、自分で適当にとらえてしまうと、後々そのことを悔いる可能性も少なくなりません。ですので、そうならないためにも、求人というのは、参考程度に考えて、そのようなたいへん肝心な内容は直接確認を取ってみた方が好ましいでしょう。

退職|今から転職活動をしていく人で、次の仕事をする前にある程度期間があるのなら・・

今年中に転職活動をしていく人で、次の仕事をはじめるまでに期間がある場合は、できれば失業手当をもらうことをおススメします。失業手当は働いている所属する会社が「雇用保険」を払っているのなら、手続きをすれば誰でも失業手当を受け取ることができます。詳細の受け取り手続きについては、「ハローワーク」にて行います。しかし自身の都合によって仕事を辞めた場合は、「自己都合」として処理されるので、失業手当を受け取るまでに3ヶ月の待機期間があるのですが、勤めている会社都合の退職、残業時間の内容次第ですぐに受け取れる可能性もあります。もらえる「失業手当」の金額については、会社の仕事を辞めた月の直近の給料を基準に失業手当の金額を算出されるので、働いている会社に「閑散期」「繁忙期」の波がある業種の人は、理想なのは「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当的にはお得です。

仕事をするために派遣会社に登録する人が規制緩和以…

派遣会社に会員登録して仕事をする人が近時は増加する傾向にあります。この先、派遣社員として働く予定があるなら、派遣先から支払われる1時間あたりの報酬がどのくらいで、トータルのお金(または比率)、自分に入るのかをなるべく面接の際に聞いた方がいいです。派遣会社は、社員を必要な企業に派遣してその見返りに、手数料を天引きするシステムといえますが、実際に派遣される労働者の取り分をうやむやにしている場合がかなりあります。半分以上を派遣労働者へ還元しているなら、良いのですが開示をしない派遣業者が多く、ひどいケースでは、2割だけ労働者に還元して、残りは全部自分のものにするケースも多いといえます。面接時、まともに回答してもらえない派遣業者は、隠ぺい体質であると考えることもできるので、そこを利用するのを止めておくのが賢明です。

もしあなたが将来、転職をするつもりなら、転職する前に…

もしあなたが転職を予定しているのなら、事前に資格を取得することでステップアップできます。また、現在の仕事をしているあいだに資格取得しておけば、転職活動時にそれを有効活用できるので、仕事を見つけやすくなります。そのため、在職中であり、なおかつ転職活動前の段階が資格取得においてのベストなタイミングです。もしもあなたが将来を考え、社会的にニーズの高い資格を取得しておけば、仕事を辞めた後も後悔することなく前に進めるはずです。それに、資格によって転職先の面接の際、即戦力になる人材だと認められ、それまでの職場より待遇が良くなる可能性が高くなります。

これからどんどん考えなくてもできる仕事は機械に変更されて…

これから考えなくてもできる作業は機械化が進行し、当然の結果として必要な稼働人口はどう考えても減少させられてしまいます。なぜかというと、思考を必要としない労働は人間の手を借りるよりも機械でやったほうが圧倒的に利便性にすぐれているからです。数を数えたり同一の手順を延々と反復したりすることは機械では当然問題ありません。人間とは違って文句も言わない、疲れ知らず、誤魔化すこともないし、正確にこなしてくれますし、均一化できるメリットもあります。さらに、給与が発生しないのもメリットといえます。わざわざ労働力として人を使う理由がまったく無いので機械化されるのは当然といえます。

退職|今日はネット上では、「就職斡旋エージェント」のほか・・

近年、ネット上では、「就職斡旋エージェント」や、ヘッドハンティングの会社もたくさんあります。特許を取った経験のある人は、コンタクトを受ける可能性が高くなります。彼らは、特許を出願した人以外にも、研究開発で論文を提出したことのある人や、マスコミで紹介されている人など、何らかの実績も持つ人を対象に、電話やメールで接触を図り、ヘッドハンティングのためのネタとしています。会社に在籍中に、ヘッドハンティングに関する連絡があった際には、そうなったキッカケを思い出してみましょう。そんなにはないことですが、「ヘッドハンティング」と称し、登録料を請求する会社もありますが、そのような業者は完全にイカサマであるので注意しましょう。基本的に、ヘッドハンティングの世界は、企業側が報酬を支払う形になるので転職希望者が払う必要などありません。