最初に転職を行うにあたって、大切なのはなぜ今の仕事を去るのかについて…

退職|生まれてはじめて転職を行う場合、重要なのはなぜ現職を辞める必要があるの…

最初に転職をするとき、頭に入れておくべきなのはなぜ現職を辞めたいかについて明確化しておくことです。その理由こそが根本問題なので、必ず考えておく必要があります。その上で問題解決ができる企業を選んでみましょう。社会人の転職活動は、学生時の就職活動とは違い、現在の仕事を継続しながら就職活動を行っていくことから、時間と体力がなければやっていけません。だからこそ明確な理由がないまま転職を試みた場合、途中で息切れしてしまうことがあります。是が非でも転職したい、現状を変えたいという強固な情熱がないのであれば、転職活動を開始するのはやめましょう。

あなたが転職活動中に、気になる求人(あるいは業種)があったら…

転職活動をするという時は、良いと思う求人(OR 業種)を見つけた際には絶対「〇〇業(気になる業種)、ブラック」でネット検索しておきましょう。求人票や転職サイトの担当者から入ってくる言葉からは、まずその業界に関するマイナス点は教えてもらえない、と思っておくべきです。もしも、ブラック案件が蔓延している業種なら、インターネット検索によってカンタンにすぐにおおまかな実態を理解できます。そうしたチェックを怠りながら会社に入ると、あとから落胆してしまうおそれがあります。そもそもその求人が出ている理由が「内容がキツイから人の出入りが激しい」といったケースも多くあります。気になった案件について、下調べをしてから応募しましょう。

退職|今現在の自身の職場・仕事内容について何かしらの不満を感じることがあるはずです。

今現在の自身の勤め先や仕事の中身について大半の人は不満を感じていると思います。「自身のスキルや、仕事上での能力を正確に評価してくれない」したがって、「報酬はアップしないし、将来的な昇進も期待できない」といった不満を挙げる人がほとんどだと思います。でも、気持ちは理解できます。しかし、そのような不満が強すぎる人の場合、自らの持っている器量を実際よりも過剰評価しているケースが少なくありません。もしも、過剰評価していることに気が付いていない人が転職活動をすると、「この企業や職種では、自分を活かせない」と再就職先が全く決まらないおそれがあるので、要注意です。経済的に生活困難になってしまう危険性もあります。ですから転職で好結果を出すためには、あなた自身の能力を客観的に見つめることが大切です。

退職|転職活動において、ウェブを介して就職斡旋してくれる業者(エージェント…

就職活動において、インターネット上で就職を斡旋してくれる業者(エージェント)を利用する場合もあるかと思いますが、そういったエージェントに登録して就職先を見つけられたとしても、失業保険の給付を受け取ることはできないので気を付けましょう。失業保険は、「ハローワーク」にて手続きしないことには給付対象とならないので注意する必要があります。なお、ハローワークを経て斡旋してもらって就職したのなら、就業用の準備金として一時金を受け取ることができます。インターネットでのエージェントは公的機関では無く、ただ斡旋を行ったことに対して企業から紹介料をもらうだけであり、失業保険とは無関係です。こういった点を押さえていなければ、失業中にお金が手に入らなくなるため、就職エージェントの利用を考えている人は、充分に注意しましょう。

退職|再就職を近いうちにするつもりなら、こまめにたくさん…

転身を近いうちにするつもりなら、いろんな会社を普段からチェックしておけば就職先を大いに選びやすくなります。今現在の仕事になにか納得のいかない部分があるケースでは、実際に転職活動をするときに、どこの企業も魅力的に思えてしまいます。そういった状態になってしまうと、どこを選択したら良いのか選ぶ会社に迷いが出てしまう結果になり、選択を間違える可能性も高くなります。雑な行動を取ると、最終的には早々に不満が募ってしまうこともあるので事前に会社の良し悪しを判断するための目を養っておくべきなのです。方法としては、企業の雇用に関する情報だけ見るのではなく、転職したい会社の取引している会社も要チェックです。透明性ある良い企業は、取引先の情報を公開していますし、そういった企業でない場合、広告宣伝ばかりしている傾向が強いので、チェックをする目安になります。さらに、企業によっては、個人グループに入っているものもあったりするので、グループ名で調べ、確認しておくのも手です。

退職|そのうち転職活動をするに当たっては、今の職場の何に不満を感じているのか・・

今からでも転職活動を希望しているのなら、現在の業務や仕事での納得いかない部分、不満に思う部分をハッキリとさせておく必要があります。元々気に入らない点があるから転職したい、と考えるのは分かります。でも「よく考えていまある会社の客観的にみた満足できないことを列挙する」ことが出来ている人は少ないものです。不満点を明確化し、解消されるならば、現状より悪化する事をあるでしょうがどこまで許せるかも考えましょう。自分の問題をしっかり見える化しておくと、転職選びでの失敗は大きく減らせます。そのあとに、仕事を変えることで「今より何が不便になるか」をしっかり想像してみましょう。転職できたとしても、現状の問題が全て解消されるとは限りません。ですが、メリット・デメリットをあらかじめ洗い出すことで転職の失敗は防ぎやすく、成功することができると思います。

転職した会社でこれまでに身に付けた能力を存分に発揮できれば…

新たな職場でそれまでに培ってきたキャリア・スキルを生かせたとしたら、即戦力として認知され、仕事場での信頼を勝ち得ることができるはずです。それはつまり雇い主としてもスキルを持つ人材は常に欲しがるので、時期さえ問題なければ、とんとん拍子に事が運ぶでしょう。加えてこれまでの業務内容と近い仕事内容なら転職はかなり楽になるでしょう。ですが、そこそこ能力があるといっても大手企業の事務系の業務や、公務員系はいつの世でも相当な難関ですから、覚悟を決めておきましょう。

転職の際に外せない企業の面接に関して、やめておいたほうがよいの・・

転職活動中の採用面接に関して、よく思い違いがあるのですが採用をされたいあまり露骨なまでの猫をかぶることは正直なところ悪い結果を招くおそれがあります。そうなる前にその場を繕うのではなく面接時は、「給与システム」といったような、通常であればかなり質問に躊躇してしまいそうな内容を勇気を持って率直に尋ねておくと、結果的に自分のためになります。実際には「入社前の段階でそういった内容を無神経に尋ねることで結果が良い結果が期待できないのではないか」と気にする人もいるかもしれません。だけども、意外なことに、良い印象を持ってもらえることは最終的には可能性が高いのです。これらの労働環境やお金に関する内容は、実のところ、誰もが聞きたい事項ではあるのに、しかし、面接の場では大半の人が質問を躊躇しています。しかし、一歩踏み出しておくと、「勇気のある人だな」と面接官の記憶に残る可能性が高くなります。

転職の際に必ず用意する履歴書や職務経歴書などに関してですが・・

転職をしようとする場合、必ず準備する履歴書や職務経歴書に関してですが、大体、手書きではなく、パソコンを用いて作るのが主流となっています。現在の日本では履歴書や職務経歴書はパソコンを使わずペンを使って作成するというのが当然だと捉えられているようですが、それは新卒の人たちの就活やアルバイトやパートについてであって、実際のところ、転職をする時については100%手書きじゃないといけないとまでは言うことはできません。手書きの履歴書の方を評価する時もあるようですが、違うケースがだんだん増加していていますので、パソコンで書かれたものでも良いケースはいくつもあるのです。

退職|転職期間では、自分の好きなことに時間を使うほか、体力を損なわない生活を習慣化しておくと…

転職先を探している間は、自身の趣味に打ち込んだり、体力の向上を意識した生活習慣を取り入れると良いです。転職先が決まり、仕事を再始動したとき、趣味に集中していたおかげで無意識のうちに集中力がアップします。そしてまた、体力づくりも同時にできているため、他の社員と比べると疲れにくい身体になっているということを認識することができます。というワケで、退職したら興味のあるなこと趣味に時間を充てることと、体力を低下させないようにしておくのがおすすめです。転職が決まり、その職場のなかであなたと同じ趣味の人と知り合えたなら、直ぐに親しくなることができます。ですから、これまで挑戦してなかった事に手を出すのも転職期間中の時間の有効活用となります。

今日では、ブラック企業がマスコミで取り上げられたりして、…

今日では、ブラック企業がニュースで取り上げられたりして、労働条件違反の取り締まりが強化されたり、悪質な企業は公表されたりと、不利益を被るシステムができてきましたが、完全とはいえません。したがって、面接で見破る必要があります。とにかく、求人票などで労働条件を見えておき、それぞれの項目について色々質問してみることからやってみましょう。おおよそブラック企業であれば、質問したことが嘘であれば、明確に返答できなかったり、回答を避けるなど逃げようとすることがよくあります。「給与」「休日」「残業」の箇所については、質問をしつこくしていると、渋い表情を見せることが多くあります。それでも迫ると、ブラック企業特有の高圧的な態度や、ふてくされたような態度になってくるので、そこで相手がウソをついていると確信できます。このような会社は、嘘をつく体質であると考えられるので、別の会社を面接しておいた方が良いでしょう。

退職|転職時の面接で決まり文句のように聞きだされることが辞め・・

再就職で面接で絶対に尋ねられるのは辞職したのはどうしてなのか、という話ですがこの質問に答える際には話題を辞めた会社にしない方が好ましいです。会社を退職した理由を的にしてしまうとほぼ確実にマイナス要素を含んだ内容になってしまいます。この話の良い進め方は、なぜ前職を辞めたかという点をこの職場にどうしても入社したい理由があったからという話の中身に持っていくべきであり、今、自分が面接している会社に話の内容を傾けていきましょう。面接を行っている会社の話であればマイナス面を消しプラス面を印象づける辞職の理由に変えることが可能です。

退職|転職するため職探しをする際に注意すべき求人の募集内容…

就職活動をする際に気を付けるすべき求人は、そこまできつそうな仕事内容ではないのに給料が高く、拘束される時間が長めのものです。こういった募集内容の場合、記載されている給料に『みなし残業代』を含んでいる場合が非常に多いです。みなし残業代は、通称『みなし』とも表記し、30時間とか45時間という風に(時間は例えです)求人の記載内容に時間が併記してあります。これは、月の中で残業が発生することが想定されるので給料形態に残業代を入れて計算しておくというものです。(違法ではありません)もしも求人に『みなし残業代25時間込』という表記は「書かれた時間分の残業代を含めると、この給料です」ということになるわけです。ただし、悪質な求人では、記載しておくべき『みなし』をわざと記載していない可能性もあるので気を付けてください。

派遣会社に入っています。ウェブサイトの中でなにげ…

今、私は派遣の会社に登録しています。ウェブサイトを見ていて何の気なしに興味を引かれる仕事を見つけて尋ねてみると「残念ながらその仕事は、別の人に決まりました」と断られて一瞬ウェブサイトから仕事情報が閲覧不能になるのですが、その翌日に閲覧すれば消えたはずの情報が掲載されています。これって結局は私だとダメだと言っているのと同じですね。そういうことならば変に隠さないようにはっきりと伝えてくれれば助かるのですが、なかなかそうもいかないでしょうか。あるいはまたもしかすると実際には存在しない仕事なのでしょうか?

失業者がもらえる失業保険は、失業のあいだが給付の条件ですが・・

失業者が受け取れる失業保険は、失業中であることが給付のため必要ですが、もらえる期間が決まっています。失業時までに勤務していた期間によって異なり、3ヶ月とか1年と決められるのですが、なんとこの事実を知らない人がいたりします。期間の制限ががないと思い込んで働けば失業保険がもらえなくなると考えて仕事を探さずにブラブラしている人もいますが、給付期間終了の1か月前になってようやく制度の真実に気づき焦りながら就職先を見つけようとしても良い結果につながらない可能性が高いのです。面接担当者が馬鹿である場合を除いて失業中に何をしていたかについてほぼ相手(面接官)に見透かされると思っておいた方が良いです。もしかすると、面接官からその手の質問をされることもあります。きちんと返答できなかったり、すぐにバレる嘘をついてしまえば、受かりません。

転職活動を今の仕事と並立して進行させる人が多いです。

転職活動と現在の仕事の同時進行を行う人は少なくありません。ですが、忙しく働きながら求人案件をチェックしながら応募したり、面接に挑む、というのはきついものがありますよね。また、転職活動時は、今の仕事の同僚・上司たちにもバレないように振る舞わなくてはなりません。このようなとき、「とりあえず応募しておこう」という人がいるのですが、仮に、そのまま書類選考が通り、面接に呼ばれてから辞退すると今後の転職がうまくいかなくなるおそれがあります。転職エージェントを通して応募している場合は、そのエージェントに対する印象に響きますし、他方自分でダイレクトに応募したとしても、応募した企業からの電話やメールでの勧誘がしつこくやってくることもあります。どちらにせよ自分の大事な時間をドブに捨てることとなるため、行く気のないとりあえずの応募は避けましょう。転職活動は新卒の就活とは全く異なるものであると意識しておくと、賢い判断ができるはずです。