求人情報にはとうぜん大部分の株式会社では月にもらえるお金等が記載されています。

求人広告には、とうぜんまともな職場では月収が記載されているはずです。

求人についての情報では、とうぜん普通の職場では月の給料が明記されています。ただしこの月収の欄を確認する時には、注意して確認する事が大切です。その数字だけを見てわかってしまってはいけません。というのは会社によっては、月収の額の中身に月10時間残業の場合を前提に計算されている可能性もあります。それは残業代の金額をあえて含めることで金額を多く見せ、応募者を増やそうとすることも珍しくありません。さらに「歩合給」をプラスする、といった案件も要注意です。歩合の割合をかなり多めにした上で、月収を高く見せている所もあったります。このような「不誠実」極まりない案件は、近づかないほうが良いでしょう。

退職|転職をする場合、まず、求人票を見たり、ネット上の公式サイトを閲覧したりして…

転職をする際は、最初に、ハローワークやインターネット上の求人情報を閲覧したりして関心のある会社を調査するとは思います。とはいっても、その会社が情報を公にする際には、、専属「コンサルタント」の指導が入っている、という事実を理解しておいた方が良いでしょう。コンサルタントは、会社の利益とならない情報を隠す特徴があります。たとえ公表したとしても差しさわりのない表現をします。そのような企業の「社長インタビュー」または「社員情報」といった情報は、額面通りに捉えるのではなく、半信半疑で聞き流すべきです。仮に書かれていたことを信じて入社してしまった場合、期待していたことと全く違うとあとになってから後悔しかねません。悪意ある会社は、バカ正直な人間を取り込み、その後、あれこれと難癖をつけて辞めさせないようにするかを考えている。ブラック企業では、このようなことが少なくありません。

何年か前までは求人誌では、雇用主が必要とする「性別」について・・

以前の求人誌に募集条件の中に「性別」まで、きちんと書かれていました。ですが最近では、「男女雇用機会均等法」が施行された影響もあり、男女の求人や、採用での差別をしてはならないルールとなり、応募資格に「性別」の表記ができなくなりました。しかし求人募集をしている企業は、本当はどちらが希望と言う想いがあるはずです。実際に、実際は男性が必要なのに、募集に女性がやってきたり、逆に女性を希望している案件なのに男性が応募してくる、といった問題も無関係ではありません。仮に、「女性が活躍する職場です」と紹介されている求人募集の場合は、雇用主が働き手は女性を必要としている、と解釈しておいたほうがトラブルを避けられます。

この前新しい仕事先を見つけようと人材紹介会社へと登録に向かいました。

この前転職の準備をしておこうと人材会社へ登録に向かいました。登録カウンセリングをするために現れた担当者の雰囲気がどうも入社してから間もない新入社員で、こちら側が説明している話の5割ほども彼は理解できてない感じでした。それに加えて「キャリアデザインを作り直した方がいいですね」とか「もっと強みと弱みを明確化しておくことが必要でしょう」等、上から目線で偉そうにしゃべるのですごく不愉快でした。カウンセラーはある程度社会人を経験している人にしてほしいものです。

退職|就職活動において、年収はかなり大切な要素です。

就職活動において、年収は非常に重要なポイントです。面接の際、必ず現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。本当の年収を多く偽って、多額の年収を獲得しようとしても、無駄な努力でしょう。というのは、最終的には源泉徴収を提出することになるので、たとえ一時的に騙せたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、そこでウソがバレてしまいます。トラブルに発展する可能性もあるので、現在の会社での年収をハッキリと伝え、それに見合った希望年収を設定することです。例をあげると、今の年収が300万円の人が転職して500万円となる可能性はほとんどありえません。もし、現在の年収が430万円であれば、希望は400~450万円であると転職先に伝えておくとよいでしょう。あからさまな嘘は、転職活動でのトラブルばかりでなく、一時的に採用されたとしても、その後、退職しなくてはいけなくなる恐れもあるので、気をつけましょう。

私は昔ずいぶん多くの人材紹介会社に登録していたことがあります。

自分が仕事を探していた時期にいくつかの人材紹介会社に登録していたことがあります。転職アドバイザーの質に関しても驚くほど様々あってほとんどの場合、いまいちな方ばかりでした。私とっては大切なことことだからもっと心して向き合ってほしいという考えが積もり積もってそれが契機となり自分がキャリアカウンセラーを目指すことになりました。キャリアカウンセラーの資格を取るためにはコストもかかりました。それに加えて勉強面に関してもかなりハードではありますが、お仕事を探している方から信用してもらえる人間になるべく努力しています。

再就職をする際に閲覧することになる求人内容に関して・・

再就職を考えている際に注意を向ける募集内容についてはおおまかなものとして掲載されている確率があります。なので、書かれていることは間違いのないものだとあてにするのはやめておいたほうが良いでしょう。中でも特に給料に関しては平均的な値なのか?最低保証の金額であるのか?一番高い給料なのか?というようなジャッジができる人は少なく、自分勝手に解釈してしまうと、後から後悔する確率もあり得ます。したがって、求人情報に関しては、だいたいのものだと考えて、そういったとても大事な事は直接聞くのが適切でしょう。

近いうちに転職される人で次の仕事を始めるまでにある程度時間があるのな・・

年内中に転職活動をしていく人で、次の仕事をはじめるまでに期間がある場合は、ぜひ「失業手当」を受け取っておいた方が良いです。失業手当は働いている所属する会社がしっかり「雇用保険」を支払っていた場合は、必ず誰でも失業手当を受け取れます。また、手続きについては「ハローワーク」で行う必要があります。自己都合で会社を辞める形になったなら、失業手当を受け取るまでに3ヶ月の待機期間があるのですが、現在の企業の都合の退職、または残業時間次第でただちに受け取れる可能性もあります。このとき、「失業手当」の額は、最後となる月の給料をもとに失業手当の支給する額を算出されるため、もし、「閑散期」「繁忙期」がある業種の場合は、理想なのは「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当的にはお得です。

派遣会社を介して仕事をする人がだんだんと増えてきています…

派遣会社に登録して仕事をしている人が規制緩和以来、増える傾向にあります。派遣社員として働く場合は、派遣先の会社から支払われる一時間あたりの報酬がいくらで、そのうちどれだけがあなたに入るのかを可能な限り面接の際に聞いておくべきでしょう。派遣業は、労働力を必要とする企業に人材を派遣し、その見返りに、手数料を天引きするシステムで運営していますが、実際に派遣される労働者の取り分をうやむやにしていることが少なくありません。5割以上の額を労働者に還元しているのであれば、まだいいのですが、中には開示すらされない派遣業者も少なくなく、悪い業者では、3割しか支払われていなかった場合もあり得ます。面接時に、真摯に返答してくれない派遣業者は、不都合な点を何も教えない傾向が強いので、なるたけ違う派遣会社を利用されることをおすすめします。

もしあなたが転職される場合は、事前に資格を取得することで選択肢が増えます。

転職を考えているのなら、転職する前に資格を取得することで選択肢が増えます。また、現在の仕事をしているあいだに資格を取得するのがお勧めです。転職活動にあたって幅が広がるので、仕事を探しやすくなります。こういった理由から、在職中であり、かつ転職活動前の段階が資格取得においての一番最適といえます。もしもあなたが将来を考え、このあとに役立つであろう資格を取得しておけば、今の会社を辞めたあとも後悔なく次に進めます。加えて、資格によって転職先の面接の場では担当者に即戦力になる人材だと認められ、それまでの職場より待遇アップも期待できます。

この先、私たちの労働環境において、簡単な仕事は機械に変えら・・

近い将来、社会ではぐんぐんと短絡的な労働は機械に変更されていきその変化によってそういう仕事をする労働力はどうしてもカットされていきます。どうしてかというと、短絡的な労働は人間が作業するよりも機械のほうが圧倒的に能力が高いからです。数をカウントしたり、同一の動きをリピートしたりすることは機械では当然何の苦もありません。人と違って愚痴も言わない、ペースが変わらないし、誤魔化すこともないし、早いし均一化できるのも魅力です。加えて、人と違って「人件費」が発生しません。なので、労働力として生身の人間を使う意味がまったくなさすぎます。ですから機械化されるのは当然の流れなのです。

今日はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」以外にも・・

近頃はネット上では、「就職斡旋エージェント」をはじめ、ヘッドハンティングの請負ををビジネスとする会社をよく見かけるようになりました。特許権を取得したことのある人は、連絡が来やすくなります。ヘッドハンティングを行う会社は、特許出願を行った人に加えて、研究開発で論文を書いた実績のある人や、雑誌で紹介されている人など、何らかの業績を残したと思われる人に狙いを定めて、電話やメールを用いてコンタクトを図り、ヘッドハンティングのためのネタとしています。会社に在籍中に、ヘッドハンティングと思えるような連絡をもらったときには、心当たりがないか考えてみましょう。ときとして、ヘッドハンティング名目で登録料を請求する業者もありますが、そういったものは間違いなく嘘ですから引っかからないように気を付けましょう。ヘッドハンティングは、企業が仲介業者に報酬を支払うので転職希望者が払う必要などありません。

転職活動の際には履歴書と職務経歴書を準備することが必須といえます。

転職活動を行うにあたっては、履歴書と職務経歴書を準備することが必要不可欠となります。大部分の企業は履歴書及び職務経歴書の記載内容を元に面接するかどうかを決めるため、まず第一にこれらの書類の作成が大切といえます。内容が魅力的であることも必要です。職務経歴書は、今まで行ってきた職務の詳細と、自己アピールとなる内容を可能な限り記載しましょう。また、過去だけでなく、現職で挙げた実績も良いアピールとなります。たとえば残業時間を何時間減らしました、などわかりやすく記載しましょう。作成が難しいと思ったときは、「転職エージェント」に職務経歴書の推敲を手伝ってもらい、より良い内容に改善していきましょう。自分の価値が高まるように、転職エージェントを利用するのも一つの手です。

世の中は変化していてパソコンを見ればインターネットの世界では・・

近頃スマホは便利でインターネット上では、いわゆる「転職のためのサイト」に類するものが多すぎるくらいあります。その多くて困るくらいのサイトから自分自身にピッタリの転職先というのを見つけるためには、何よりも情報を収集することが欠かせません。こんなサイトを上手く使いこなすことで、スムーズな転職が実現します。更新頻度が高く、さらには客観性と正確性を持ち合わせた優良な「転職サイト」がある一方、そうではないと思われるサイトが存在しているのも事実ですから注意が必要です。まずは、信用に値するサイトかどうかを見極めることがポイントとなりますからよそと比較しながらしっかりチェックしてみてください。

長い間接客関係でお勤めしてきましたが、年齢を重ねると共・・

長いこと接客業で仕事を続けてきましたが、年齢を重ねると共に立って行わなければいけない仕事は体力的にハードなため、座り仕事である事務系のお仕事への転職を志して動きました。事務未経験となると少々厳しくて、だから接客の要素もある受付兼医療事務を目指そうと考え資格も獲得し個人の医院に転職することができました。周囲は超ベテランである先輩パートさんだらけで人間関係を築くのに手間がかかる。いつも夜のシフトを押し付けられて、接客業時代よりも帰宅する時間も遅いのですが、初めの頃はキャリア形成をするんだと割り切り頑張ります。

退職|シフトの仕事についての話なのですが、毎週、特定の…

シフトのある仕事についての話なのですが、毎週、一定の曜日に働ける人を募集している求人を頻繁に目にしますが、もしも応募しようと思っているならシフトの提出方法や休み方について、面接時にたずねておいた方が良いです。それはどうしてかというと、私は過去、産休で抜ける人の代わりにと正社員の仕事をはじめたのですが、そこでは、「土曜、日曜」固定のシフトで、新人の私以外は、誰も現場に出ないといった状況でした。産休に入った前任の女性が土日に必ず出勤できる人だったので、私もそのように思われていたみたいです・・・。実際「土日」に冠婚葬祭の予定が入った場合、シフト変更を出す必要があり、職場の先輩方に「土曜日に休まなければならないので代わりに出ていただけませんか?」と自ら交渉しないといけませんでした。一緒に働いて給料は同じなのに土日は私だけなんて・・・。振り返るとよく我慢してやってこれたと思います。