退職|日本には「石の上にも三年」という諺もありますが、現在の社会では…

退職|昔から「石の上にも三年」という諺がありますが、現在…

  • 古来より”石の上にも3年”という諺もありますが、大正末期から昭和初期にかけて原型がつくられた、「終身雇用制度」が過去の物となっている現在、「転職」が当たり前の世の中になってまいりました。でも、誰もが簡単に転職できるやたらと仕事を選択し転職を繰り返して良いワケはありません。再就職するつもりなら、時期を図る必要があります。基本として、現在の職場・仕事について全般的に、例えば仕事内容や待遇面について何が不満なのか、何が不適なのかをおよそ10個、紙とペンを使い、リストにしてみましょう。こうすることによって、転職に役立ちます。そして、もし将来の進む道がなんとなく見えてきたのなら、尻込みせず、良い仕事を手に入れられるように努力していきましょう。
  • 転職における面接に転職したい会社へ出向いたときのことです。

  • 転職時の面接に赴いたときのことです会社にある会議室が空きがないということで会社外部で面接官との待ち合わせをして面接が行われ、その場で解散をして、面接担当者もそのまま自宅に直帰されるとのことでしたが、ところが自宅の最寄駅が同じだったのです。それで電車の中においても面接を行った人とずっと話しながら帰ることになって、すっかり打ち解けて面接よりお話が弾み、それが功を奏したのか何事もないまま採用を勝ちとることができました。
  • 新卒採用で入社した会社に別れを告げ、転職すると決意しました。

  • 新卒で入社した会社に別れを告げ、悩んだ結果、転職すると決意しました。実際にやめる前後は、とても悩んでいましたが、しかし、社会人となって数年してから仕事を辞めて、中途採用の形式で働いている人が大半であると自らの転職活動で気づき、自然と気持ちは楽になりました。1回でも転職をするとなんだか気持ちが楽になり、「自分のやりたいこと」を考えるのが毎日が充実したものになりました。いまだ「仕事を変えるのは良いことじゃない」という転職に否定的な考えがあるのは理解していますが、それが正しいのかなと感じました。私の人生においては否定的な意見を真に受けないで良かったみたいです。
  • 転職活動を行うときに、今の会社を辞めてから転職しようとする人もいます…

  • 転職を考え始めたときに、まず勤務先の会社に退社の意向を伝えてからという考えを持っている人もいるようですが、そうならばボーナスの支給日を考えておきましょう。ボーナス支給がある企業はそこら中に存在しますが社員にボーナスが出る場合には、ボーナスが手に入る日が近づいているのであれば、ボーナスが振り込まれたのを確認してから会社を去るというやり方もおすすめしたい手口です。ボーナスはってかなり大きい額になると思うので、もらった方が良いと考えることもできるでしょうから、会社を辞めるときにはボーナスが支払われる時期について最初に調べておいた方が損をしません。
  • 転職の面接で必要なスーツの色においては、新卒の学生が就職活動の時…

  • 仕事の面接で着用するビジネススーツの色味は、新卒の学生が就職活動の時に着用する色合いが安全です。つまり、黒とか紺色などのような暗い色合いになります。転職のケースであっても、スーツの色は黒系や紺系のカラーが圧倒的多数であって、他のカラーを着ている転職者は少数です。あえて言えば、ごくたまにグレーを着用している方が若干いるくらいで、ほとんどが紺や黒が大多数を占めているので、採用担当の人も黒や紺色であるほうが自然に見えます。ですから、身だしなみ、という面においてはおすすめです。
  • これまでは「転職サイト」ではなく、いつも「ハローワーク」を利用していました。

  • 以前は、「転職サイト」を利用するより、主に「ハローワーク」が中心でした。どうしてかというと、大手の転職サイトはいつも都心部での求人情報がメインになっているためです。であったので、新しい職場を探す際は、「ハローワーク」ばかり使用していました。やっぱり、人気の転職サイトに掲載されている求人よりいくらか企業や給料といった条件は見劣りしますが、古くから地域密着という点ではとても信頼性が高いです。また、「聞いたことのない企業ばかりで不安」と感じている方もいるかもしれません。以外にも、思いがけず理想の企業もあるかもしれないのでもし転職予定の方は、お近くのハローワークに1度行って、確認してみるのもアリだと思います。「転職サイト」みたいに執拗なニュースレターが来ることもありません。
  • 転職サイトや転職エージェントといったサービスを使っ…

  • 転職サイトおよび転職エージェントを活用して、転職活動するといった方法は最近人気です。さらに、より転職のチャンスを増やしたいのでしたら、加えて転職フェアも積極的に活用しましょう。転職フェアでは、複数の企業が集まるので、参加することで多くの企業の情報が得られ、それに加え、そこで説明してくれるスタッフから、その企業がどんな雰囲気なのかある程度わかります。今後、転職フェアに参加する機会があれば、1次面接を受ける心構えで準備することを怠らないようにしましょう。その結果フェアを通して企業側(の担当者に)認められれば、そのあとの本格的な面接時にかなり有利になると予想できます。
  • 転職をスムーズに行いたい場合、準備はやらなくてはいけません。

  • 再就職にあたって相応の準備が必要です。一言で準備といってもたくさんありますが、そんな中でも目に映る「服装」は、重要だと感じてしまいます。ところが、最近の採用面接については形式ばらない服装で良い会社もあるため、スーツ(正装)で出向かなくても良いでしょう。とくに会社の創立間もない企業などは、フレクシブルな考えなので私服で面接をしたほうが、相手に好印象を与えられます。正装でないので、ざっくばらんに話ができるメリットも。そして私服なら、面接の間に、ファッションの話題で盛り上がる可能性もありますから、担当者と仲良くなれる期待ができます。ということから、これから転職活動をするつもりなら、企業の「設立した年」を確認し、(ベンチャー系の)面接の際はスーツは着ずに私服で勝負してみる、というのもアリかもしれません。
  • 退職|女性の転職において、今現在と一昔前では少し違いがあります。

  • 女性が再就職する時、一昔前と今日とでは多少の変化があります。過去には、結婚の予定や結婚後の予定などに関して、ごく一般的なこととして質問されることが多くありました。でも、今はその手のデリケートな内容は、「セクハラ」に該当しかねないために、聞かない企業、の方が増加傾向にあります。世間に名の知れた大きな会社の場合は、タブーとして神経質になっているといいます。ですが実際、会社側は、YES・NO、の2択でなく、その女性の価値観、結婚した後は退職するのか、出産後の具体的な対応を当然、知っておきたいと思っている事でしょう。自らの価値観を理解してもらうためにも、志望の動機や自己PRと混ぜながら表現することで、会社側にも認識してもらえ、安心できると考えられます。質問されてない箇所についても、先にあなた自身から気を遣って話をしておくのが良いでしょう。
  • 転職の意思があるのなら、「年間報酬」を高望みしないほうが無難です。

  • 転職した場所では、年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。中でも、入社したはじめの年度は、ほとんど「研修期間」が入っているというのがケースが多かったりもします。私自身の転職して新たな仕事をした時は、せっかく転職したのに、予想と異なり以前の会社での年収と見たところ同額でした。そして、仕事内容もきつく、重大な責任が伴うものでもあったので、1年目を越すのもひどく厳しかったです。そうした体験から初年度はいわば勉強の期間と割り切って、出来る限り転職する以前からお金をためて気持ちに余裕をもたせた方が良いと思います。
  • 看護師のそれと違う職に転職を決断するキッカケは、人によりけりです。

  • 看護師という職業の人の他の職に「転職しよう」と思う理由は人それぞれです。考えてみると「職場環境の人間関係にウンザリしている」「結婚で配偶者のこともあって出産さらに子育ておまけに親の介護など、いくつかの変化によって仕事が難しくなってしまった」「今の稼ぎに不満を感じている」というような悩みがあり決して他人ごとではないはずです。不満があるほど、急いで行動を起こしたくなりますが、転職前に、「なぜ、転職しなくてはいけないのか?」と、今一度沈着冷静に現状を客観視することもやっておきましょう。「本当に転職する意味があるのか?」と再考してから決断しておくと間違いありません。
  • 退職|私は20代の時点で転職を2回し、いまは資格取得のため、…

  • 20代で転職を2回した為、そして今、資格を取るべく派遣社員として企業に採用されました。常勤での勤務ではないため、どうしても給料は過去の仕事よりも少ないです。しかしその分、心と時間に余裕ができました。学生時に資格を取得し、就職に活かせばよかったという後悔もあります。資格を活かして働いている方と話すと自分もああなりたかったと見えたりもします。前は、今の自分と他人をどうしても比べてしまい、何度か劣等感を感じることもありました。今では結婚し、がらりと生活そのものが大きく変化し、以前よりもやりたい仕事や稼ぐべき給料も変わり、毎日が充実しています。
  • 派遣で勤務しています。労働契約法が原因でやむを得…

  • 派遣で就業しています。派遣法とか労働契約法のからみで残念なことに長期間働いた派遣先の会社での仕事の契約が終わります。いっしょに働いている派遣の仲間の中には派遣先の会社から正規社員のポストを獲得した人もいるのですがその理由としては正直に言うと仕事の実力というよりは派遣先上司へのあしらい方がうまくて引き立てがあった模様。仕事を遂行するスキルよりもおじさん転がしの能力の方が必要なんじゃないのと抜擢されなかった他の派遣の同僚と派遣先の職場で愚痴る毎日です。
  • 退職|転職に先立って現在勤めている会社を退社する時に失業保険に関する手続きをしなければいけませんが、…

  • 転職の際に現在勤務している会社を退社する時に失業保険の給付を受けるために手続きをしなければいけませんが、もしもあなたの都合で退職願を書いて退職する、いわゆる自己都合退職の場合は、即座に失業保険を受け取れるわけではなく手続きを終え、失業したことを認められてから3か月待たないといけないのです。よく勘違いして会社を辞めた翌日から3か月経過すればもらえると勘違いしている人がいますが、この規則を間違って理解している人が、ハローワーク側にミスがあると主張してその結果としてハローワークの職員と揉めているのを過去に見たことがあります。例外として、自己都合ではなくリストラなどをはじめとした「会社都合」での解雇の場合は、失業が認定されればすぐさま失業保険が給付されます。
  • 経験のない分野などに転身したいときには、自分が前の職…

  • 全くの初挑戦の分野などに転身したいと考えているときには、前の会社で、自分が身に付けた力やこれまでの経験値が生かせるといった内容のアピールがいるようになります。その業種の未経験者は未経験の分そのジャンルで働いたことがある人よりも不利になりますけど、自らの持っている力がその業界でも生きるということをうまく相手に話せれば、戦うことができるケースも考えられます。そのため、経験のない分野に挑む際には、その分野とこれまでに自分がしてきた仕事内容とのつながりを可能な限り見つけ出してみましょう。
  • 再就職での面接などの時にもし面接担当者に名刺を差し出されたとした・・

  • 転職での面接などの時にもし担当者に名刺を渡された場合、こちらとしても名刺を相手側に渡すべきであるのかどうかと悩んだ場合は、たいていは差し出す必要のないもの、と思っておきましょう。面接というものは仕事の内ではなくて、職を得るための就職活動の一部です。ですから大方は名刺をやりとりする時ではないのです。加えて、あなたは会社の人としてその場にいるのではなく、あなたのことでこの場にいるわけです。そういった訳で、もしも相手から名刺を差し出されても、あなた自身はもらうだけでよくて、面接担当者に相手の方に渡す責任はないと思われます。