退職|転職活動をしていると、「年収」に関しての話題は必ず出ます。

就職活動において、年収は極めて重要な要素です。

  • 就職活動において、年収はかなり重要な要素です。面接では、ほとんどすべての会社で現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。このとき現実にもらっている年収よりも多めに申告し多額の年収を獲得しようと試みても、無駄な努力でしょう。というのは、最終的には源泉徴収を提出しなければいけないので、もし一度は騙せたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、最終的には後からバレてしまいます。ときにはトラブルになることもあるので、現在の会社での年収を水増しせずに伝え、それに見合った希望年収を設定することです。なお、現在の年収が300万円の方が転職後に500万円となる可能性は通常あり得ません。たとえば、年収が400万なのであれば、希望年収額は、400~450万円と転職先に伝えておくのが正しいです。明白なウソは、転職活動の妨げになるばかりでなく、入社後のトラブルとなって、せっかく入社した会社を直後に退職しなくてはいけなくなるかもしれません。

  • 昔はかなり何個かの人材紹介会社に登録していたのですが…

  • 私は以前かなり何社かの人材紹介会社に登録していのだが、その時に特に感じたのは転職アドバイザーのレベルが驚くほど様々あってほとんどの場合、満足のいく対応をしてくれないアドバイザーばっかり。こっちは人生がかかっているのにもっと熱心にに臨んでほしいという考えがこみあげてきてしまいました。それがきっかけとなり私はキャリアカウンセラーになりたいと思うようになりました。キャリアカウンセラーとして働くための資格を取得するのは出費も増えたし資格取得のための勉強面に関してもかなりハードではありますが、就活中の人に頼られるキャリアカウンセラーになるべく努力しています。

  • 転職をする際に気にかける求人内容に関しては、おおまかなものとし…

  • 職を変えようと考えている時に閲覧する求人情報については、通常のものとして書かれている、という可能性も少なくはありません。ですから、そこに書いてある情報は何もかもが正確な情報だとは信頼すのはやめておいたほうが最善だと思います。そのなかでも生活に大きくかかわってくる給料面に関しては、一般的な金額なのか?それとも最低限の金額なのか?最高値なのか?という読みができる人は少なく、自分の勝手な判断で考えてしまうと、今後、嫌な思いをする確率もあります。という訳で、悔しい思いをしなくて済むように、求人内容については目安だと思って、そういった情報は会社の方に直に連絡を取るのが適切です。

  • 近いうちに転職活動を考えている人で次の仕事を始めるまでにまだ時間があるのなら…

  • 今年中に転職される人で次の仕事をする前にまだ期間があるのなら、「失業手当」をもらっておいた方がお得です。所属する会社がしっかり「雇用保険」を払ってくれている場合は、申請をすれば必ずだれでももらえます。そして手続きに関しては、「ハローワーク」で行います。もしも自身の都合によって仕事を辞めた場合は、「自己都合」として処理されるので、失業手当を受け取るまでに3ヶ月掛かりますが、今の企業の都合の退職、または残業時間次第で日数をおかずすぐに貰える可能性もあります。ちなみに、支給される「失業手当」の金額については、会社で最後の勤務月の近々の給料をもとに支給する額を割り出されるのでもし、「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の方は、「繁忙期」後に辞めるのがお勧めです。

  • 派遣会社に登録した上で働く人が規制緩和以来、多くなってきています。

  • 派遣会社を通して仕事をする人が規制緩和の後、多くなってきています。仮に自分が派遣社員として働くつもりなら、派遣先から支払われる1時間あたりの報酬がいくらで、どのくらいの金額(割合)、自分のもとに入ってくるかを極力面接のときに確認しておいた方が無難でしょう。派遣業は、労働力を欲する企業に人材を派遣し、その見返りに手数料を徴収するシステムになっています。現場に派遣される労働者の取り分をうやむやにしているケースが多いです。50%以上を還元しているのであれば、まだよい会社ということができますが、中には開示すらされない派遣業者も少なくなく、悪い派遣業者では、3割だけ労働者に還元して、残りは全部自分のものにすることも多くあります。なお、面接の際に答えてくれないような会社は、隠ぺい体質であると考えることもできるので、極力その派遣会社で働くのは断念した方が良いです。

  • もしも転職される場合は、あらかじめ資格を取得することで有利になります。

  • 近い将来、転職するのなら、先に資格を取得することでステップアップできます。とくに、仕事を続けながら資格を取得するのがお勧めです。転職活動の際にそれを有効活用できるので、新しい仕事を探すのも楽になります。ですので、在職期間中が資格取得においてのベストタイミングになります。もしもあなたが将来を考え、このあとに役立つ資格をとっておくと、退職後も悔やむことなく次に進めます。そればかりでなく、資格を取ってからの転職活動では資格が味方をしてくれるので転職先の面接時に担当者に即戦力として扱われそれまでより待遇も良くなる可能性が高いです。

  • 近い将来、労働力という観点においてますます考えなくてもできる労働・・

  • 近い将来、社会では着々とシンプルな労働は機械化が発展していきその移り変わりによって稼働人口はどうしても減少させられてしまいます。その理由は、単純労働は人より機械を稼働させたほうが圧倒的に分があるからです。数をカウントするとか、同一の作業を延々と繰り返すことは機械では当然問題ありません。当たり前のことながら人間とは違って泣き言も言わない、疲れることもないし、インチキをすることもないし、正確な作業ですし、均一化できるのも魅力です。ヒトとは違い、報酬が発生しないのもメリットといえます。ですので、生身の人間を使う意味が無いので機械化の流れは注目されているのです。

  • 近年、ネット上では、「就職斡旋エージェント」のほかに、…

  • 現代、ネット上では、「就職斡旋エージェント」だけでなく、「ヘッドハンティング」を専門に取り仕切る会社も増えています。もしもあなたが特許を出したことがあるなら、連絡が来る可能性が高くなります。ヘッドハンティングを行う会社は、特許申請を行った人以外にも、研究開発で論文を発表した経験がある人や、「マスコミ」によって注目を浴びた人など、「功績」を残した人物をターゲットに、電話やメールを使ってコンタクトを取り、ヘッドハンティングのための理由にしています。もしも、あなたがヘッドハンティングの匂いがする連絡をもらったとしたら、そういったことが無かったか思い出してみましょう。まれにヘッドハンディングを装って、「登録料」を要求してくる会社があるのですが、そのような会社は間違いなくイカサマであるので引っかからないように気を付けましょう。報酬は登録している会社が払うので転職希望者が払う必要などありません。

  • 転職活動する場合、履歴書と職務経歴書が大事です。

  • 転職活動を行う際には、履歴書と職務経歴書を準備することが必須になってきます。大多数の会社は履歴書だけでなく職務経歴書に書かれている内容を見た上で面接するかどうかを判断するため、まずはこの2枚の書類の作成が重要なポイントといえるでしょう。ただ穴を埋めるだけでなく、記載内容の魅力化を図ることも大事です。職務経歴書は、今までの職務の詳細と、自己アピールとなる内容を可能な限り記入します。また、過去以外に、現職で挙げた実績でアピールをするのも忘れずに。たとえば残業を何時間減らして売上は何%増やした、などかなり具体的に書いていきます。難しいと思う場合は、「転職エージェント」に職務経歴書を見てもらい、上手な言い回しのヒントを聞いたりしましょう。ブランディングのために転職エージェントを利用することも有益な方法です。

  • 世の中は変わっていてPCを見ればネット上には、要す・・

  • どうもスマホを見ればインターネットで見られる世界には要するに「転職サイト」と呼ばれるものが多数あります。その相当な数のサイトから自分にピッタリの転職先と思えるのを探すためにも、とりあえず情報が大事ですから収集をしましょう。このようなサイトをしっかり活用することで、効率的に転職先探しができます。更新頻度が高く、さらには客観的なデータもしっかり掲載される優良な「転職サイト」がある一方、優良とはとても呼べない粗悪なサイトもあるので、充分に注意しておきましょう。はじめは、本当に信用していいサイトかどうかを見極めることが大事ですから他と比べつつ、しっかり確かめてみましょう。

  • 退職|長いこと接客業で仕事を続けてきましたが、加齢とともに…

  • 長期間接客関係でお勤めしてきましたが、年のせいか立って行う仕事は体力的にきつく、座り仕事であるオフィスワークへ転職することを目標にして行動しました。事務未経験だとなかなか厳しくて、それなら接客業の経験も活かすことができる受付兼医療事務になろうと資格も取って個人の病院に転職することができました。周りはベテランの先輩パートさんばかりで人間関係も複雑。夜のシフトばかりさせられ、接客業時代より帰りも遅いのですが、初めの頃はキャリアを形成しなければいけないと受け入れて頑張ります。

  • これはシフト制の勤務形態がある仕事についての話です。

  • 「シフト制」のある仕事についてです。毎週、決まった曜日に仕事できる人を募集する求人を頻繁に見るのですが、もしも応募しようと思っているならシフトの提出方法、休み方については前もってチェックしておいたほうが良いです。それはなぜかというと、私は過去に、産休で抜けた人の代役として、正社員として入社したのですが、「土曜、日曜」固定となるシフトで、他に誰も来ず、私一人だけで現場を任されるだけでした。産休に入った前任者が「土日」に必ず出勤することができたので、私自身もそのような人と思われていたようです。「土日」に休まざるを得なくなると、シフトを変えてもらう必要があり、上の人に「代わりに出勤していただけませんか?」と私自身が頭を下げなくてはいけませんでした。立場は同じなのに、土日は私だけなんて・・・。思い返してみると「本当におかしな職場だった」としか言いようがありません。

  • 退職|派遣社員になっても1年経ったらすぐ退職できるというわけではないこと…

  • 派遣社員であっても、好きなタイミングで辞められるわけではないと転職活動したことで気付かされました。私は結婚生活が落ちついたら、すぐに子供を授かりたかったので、妊娠する時が来るまでのあいだ、1年半~2年だけ今のそのまま仕事をしたいと思い、就職しました。派遣社員であったために、月収は少なかったですが、仕方ないので時間的な自由が得られるのでガマンしました。しかしながら、入社したあとに、一緒に働く人たちのほとんどが10年~15年くらい勤務しているというのです。なので派遣社員を選択しても、契約が過ぎたらすぐに辞められる雰囲気もないと知り、この先どうすべきか、とても困惑しています。

  • もしあなたが再就職をする場合、「Uターン」「Jターン」「Iターン」といった形で…

  • 再就職しようと考えた場合に、「Uターン」「Jターン」「Iターン」といった具合に、大都会から地方へと移り住んだうえで再就職してみたいと考えている方が、ここ最近増加しています。今のネット社会では求人情報サイトの地域指定をするだけで、国内のあらゆる場所の求人情報にもタッチできます。けれども、郊外や地方での求人については、都市部のような選択肢は期待できないのが事実、難点でもあります。ですから、求人情報サイトを活用するのは当然ですが、求人情報サイトと併せて、「地方自治体・商工会議所」などの情報サイトも定期的に確認しておくことをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」などの行政が開催している就業サポートの情報も見逃さないようにしましょう。

  • 転職というものをする場合、転職先での給料ばかりに気を取られる…

  • 転職をする場合、転職後の自分の年収ばかりを気にする人は、わりと多くいるようです。とうぜん大半の人は、仕事というのは収入を得るため、自分の生活を成り立たせるために行うものです。だから生活費をもらうために精を出すはず。とうぜん自分の社会的な価値を知る値という見方もできますから、大切なものであることは無理もありません。しかしながら、もらっている年収額にとらわれすぎてしまう生き方というのも考えものです。この世には年収にあまり反映されない仕事であってもやりがいを感じられることが普通に転がっているからです。

  • 退職|『なるべく早く転職をしたい!』という願望があって、自分の意志が抑えられないくらい強いものであるな…

  • 『今すぐ転職をしたい!』と思っている人のなかで、自分の意志が強いのであれば、辞職したいという旨を速やかに自分の上司に伝えましょう。ここでは曖昧な表現をするともしかすると言いくるめられるおそれがあるので要注意です。そして、実際に私も上司へ転職の相談をしたのですが、話がこじれて最終的に、退職するまでに半年くらい掛かりました。退職する旨をはじめて直属の上司へと相談したのが年度末で、結果的には数ヶ月延びて辞められたのはその年の11月です。希望では仕事が一段落した年度末いっぱいで辞めるつもりでしたが、スムーズに退職できませんでした。やっぱり職場にも人事の采配が必要なのは分かりますが、スタッフの希望を聞かないまま、上司を含め、会社全体でずるずると引き伸ばされてしまったので、ほとほと愛想が尽きました。