転職の時の面接で必要となるスーツの色味については、新卒の就職活動…

退職|仕事の面接でいるビジネススーツの色合いについては、新卒の学生が就職活動の際に…

仕事の面接で着るビジネススーツの色については、新卒の就活の時に着用する色が安心です。ということは、黒系や紺系といったダークな色味になるわけです。それが、再就職のケースにおいても、着ていくスーツの色合いに関してはこういったような暗い感じのカラーがほとんどで、他の色のビジネススーツの人はほとんど見かけることはありません。他のカラーで言えば、まれにグレーを着用している方が若干いるくらいです。大方は紺色や黒色が大多数を占めているので、面接担当者もそのような色が当たり前のように感じるので、見た目の印象という点ではぜひおすすめします。

以前は、転職サイトを利用するよりも、いつも「ハローワーク」で探していました。

これまでの私は、「転職サイト」で職を探すより、主に「ハローワーク」が中心でした。理由は、大抵の転職サイトは、構造上、都心部にある会社の求人ばかりだからです。であったので、転職をする際は、「ハローワーク」ばかり使用していました。もちろん、人気の転職サイトに掲載されている求人より多少企業数や給料などでは、若干の見劣りがあるものの、地域密着といった点では都心部以外での転職をするときには重宝します。しかし、ハローワークというと、なんだか地味な感じがすると先入観を持っている方も多くいるかもしれません。良い求人もありますのでこの先転職したい場合は、お近くのハローワークへ1度行って、確認してみるのもアリだと思います。「転職サイト」を利用した時のような多くの電話・メールが執拗に送られてくる心配もありません。

転職サイトや転職エージェントなどを活用して、転職活動する人は年々増加しています。

転職エージェントと転職サイトを用いて、転職活動を行う人はかなりいるはずです。さらに、より転職の可能性を高めたいなら、それに並行して転職フェアも活用しておくことをお勧めします。多くの企業が一堂に会することから、そこに足を運ぶことによりあなたの気になる企業の情報を効率的に得られますし、そして、フェアに参加している企業スタッフから、企業の雰囲気を感じられるはずです。これから、転職フェアに参加する場合は、面接に臨む覚悟で自身をしっかりアピールしていきましょう。それが功を奏してフェアでの交流の中で企業側から欲しい人材と思われれば、後日応募して採用面接時に有利になることが期待できます。

再就職にあたって相応の準備が必要です。

転職活動をスムーズに行いたい場合、準備は必須です。特に目に見える「服装」は気になる人が多くいます。しかしながら、昨今の、企業面接に関しては私服が多い会社があるので、スーツで赴く必要がない場合もあります。会社の創設したての会社などは、厳格なルールもないことが多く、私服の方が相手先に印象をあたえます。さらに、フランクに会話できるメリットも。そして私服だと、面接の際に、服装について、盛り上がる可能性もあるので、うまくいけば担当者へのアピールにもなります。ということで、これから転職にトライするなら設立した年で決めることが、(ベンチャー系企業相手の)面接時には私服で勝負するのも良いかもしれません。

女性の転職に関しては、セクハラが社会的に問題になる前と現在とで…

女性の転職は、数年前と今とで若干の変化があったりします。一昔前は面接の場で会社側から、結婚の予定や結婚後の仕事などのことに関して、ごく一般的なこととして質問していました。しかし、近年では、その手の内容は、セクハラとして聞くのを避ける会社、が増加傾向にあります。そしてまた、世間に名の知れた大企業の場合は、NG質問として全面的に避ける傾向にあります。ただ実際、会社側は、はい・いいえ、といった形ではなく、その女性の姿勢、結婚したあとどうするか、出産後の細かい予定を漠然とは知っておきたいとは思っているはずです。自分自身の人生設計を知ってもらうためにも、志望した動機や自己PRの中に織り交ぜながら表現することで、相手方にも認識してもらえ、また、モヤモヤも解消できると考えます。そういうわけで、たとえ、質問されていない内容でも、こちら側から率先して答えておくのが良いでしょう。

転職しようと思うなら、いきなり年収に関して高望みはしないほうが無難です。

転職の意思があるのなら、すぐに「年間報酬」を高望みしないほうが無難です。中でも、初年度はほぼほぼ「研修期間」を含んでいる企業もほとんどで、自らの例では、労力を費やして手に入った職場なのに、予想に反して前職の年間報酬とあまり同じということがありました。そればかりでなく、業務もきつく、責任も重大だったために、初年度をクリアするのにひどく苦労しました。そうした経験から1年目は、仕事を学ぶ期間と割り切り、可能なかぎり転職するよりも以前から貯金をして気持ちに余裕をもたせた方が良いと思います。

看護師という仕事の人のほかの職業に転職に至る原因は…

看護師という職業の人の違う仕事に「転職しよう」と思う理由はその人それぞれ。色々な事情があるはずです。転職するには「職場環境の人間関係にウンザリしている」「結婚してから一人とは変わって出産それと子育てそのうえに家族の介護など、さまざまな変化によって今までのような仕事が難しくなってしまった」「現在の収入に大きな不満を感じている」といったような理由が解消したいために転職されるのかもしれません。不満があるほど、急いで行動を起こしたくなりますが、実際に転職される前に「どうして、転職しないとダメなのか?」と、落ちついて時間を掛けて現状を見つめ直すことも大切なことです。「実際に転職して現状が良くなるのだろうか?」と再考してみる必要は大いにあるものです。そのうえで決断されることを強くお勧めします。

私は20代で転職を2度行い、いまは資格を取得したいので…

私は20代の時点で転職を2回し、現在は資格を手に入れたいので派遣社員で働いています。フルタイムの勤務を選択しなかったので手取りが以前よりも少なくなりました。ですが、前よりも心と時間的な余裕ができました。思い返すと、学生時代に資格を取得し、仕事を続けるという方は本当に稀です。そのような方たちを自分もああなりたかったと思ってしまいます。自分と比べてしまうことが悩んでしまうこともありました。今は結婚して過去と比べ生活自体が大きく変わり、前よりも明確にやりたいことを見つけたので楽しい毎日を過ごしています。

退職|派遣として就業しています。派遣法とか労働契約法のからみ・・

派遣で勤務しています。労働契約法により残念ですが長く務めてきた派遣先の会社での勤務を終了しなければなりません。同じ派遣の人の中には、派遣の勤務先から正規社員のポストを得た人もいるのですがそれは正直仕事ができるわけではなく派遣先上司の扱い方が得意な方でそのおかげでで採用された模様。仕事の能力よりおじさんにゴマをするスキルの方が必要なんだねーと抜擢されなかった別の派遣の同僚と派遣先の職場で愚痴る毎日です。

退職|転職を行う際、今務めている会社を退社する時に失業保険についての手続きを行う必要がありますが、…

転職を行う際、失業保険の給付を受けるための手続きが必要ですが、もし自分の希望により退職届を書いて会社を辞める、いわゆる自己都合退職であった場合は失業保険はすぐには出ず手続きをした後に失業が確認されてから3ヶ月経ないと実際に受け取ることができないのです。そのため、会社を辞めた翌日からちょうど3ヶ月で受け取れるワケではありません。実際に勘違いしてしまった人が、ハローワーク側に落ち度があると主張してその結果ハローワークのスタッフと揉めているのを見たことがある。念のため、労働者側の都合ではなくリストラなど会社の都合で退職するケースでは、失業認定が下ったのちすぐさま失業保険が給付になります。

退職|全く経験のない分野などに転業したい場合には、前の会社で、自分…

全く経験のない業界などに職を変えようとするときには、自分が前の会社で身に付けた能力ややってきたことを生かすことができるという内容の訴えがいるようになります。そのジャンルで働いたことがない人は経験のない分その分野の経験者よりも不公平な状態になりますが、自分自身が保持している能力がそこで生かせるということをうまく相手に話すことができれば、戦えることも考えられます。ですから、経験のない業界に挑むときには、その業種とこれまで自分が働いてきた仕事との関係性を可能な限り見付けましょう。

転職における面接などに関して名刺を手渡されとしたら・・

再就職における面接などに関して担当者が名刺を差し出してきた場合、こちらとしても名刺を相手側に渡す必要があるのか?ないのか?と対応の仕方に迷ったときは、大方は差し出さなくても良いと知っておくと良いですね。面接というのは仕事ではなく、仕事を得るための採用活動内のことです。ですから基本的には名刺を交換する時とは違います。加えて、会社の人間として出向いているのではなく、個人のことでこの場にいるわけです。したがって、相手の方から名刺を渡された場合であっても、あなたのほうは、ただもらうだけで大丈夫で、相手に渡すことはまったくないと推測できるのです。

求人についての情報では、たいていの会社では月収が明記されています。

求人関連の情報誌やサイトを見てみると、ほとんどの場合、多くの企業では月の給料が記載されているはずです。しかしこの箇所を調べれる際は、注意して確認する事が大切です。数値だけで納得してはいけません。案件によっては、月収の内訳で「毎月10時間分の残業」を含んでいるかもしれません。何が問題かというと残業代の金額を入れて良い案件に見せて、人材を募集しているケースも少なくないのです。また「歩合給」が基本給にプラスされる、というパターンにも要注意です。歩合箇所を相当に盛って、月収を多めに見せている可能性が考えられます。だから、その手の応募者を増やそうとする会社には注意が必要と言えるかも知れませんね。

転職活動を始めるにあたっては、はじめに、ハローワークやインターネット上の求人情報を閲覧したりし・・

転職をする場合、予め、求人票を見たり、インターネット上の公式サイトを閲覧したりして興味のある会社をチェックするとは思います。しかしながら、その会社がサイトや求人票に情報を出す際は、コンサルタントに相談をしている場合が多いです。コンサルタントは、会社に不都合な情報を隠す達人です。たとえ公開する場合でも差しさわりのない表現をします。そういった類の企業の「社長インタビュー」や「社員情報」については額面通りに捉えるのではなく、話半分で捉えておいた方が良いでしょう。もしも鵜呑みにして会社に入ってしまった場合、「聞いていた話と違うじゃないか」と後悔することになりかねません。悪徳会社は、バカ正直な人間を取り込み、その後は、難癖をつけながら退社させないように謀略を練っています。要するに「ブラック企業」の求人には注意、ということです。

退職|何年か前までの求人誌には、必要とする人材の「性別」ま・・

今までは求人情報には、雇用側が求める人材の「性別」が明確に書かれていました。ですが現在では、「男女雇用機会均等法」が施行された影響もあり、採用において、男女の差別があってはならないルールが敷かれ、応募条件に男女の文字を見ることはなくなりました。そういった時代になったのですが、募集する企業側には男性・女性どちらでも等しく採用するとは限らないのです。現実問題として、実は男性を必要とするジャンルに、女性が応募してきたり、女手が必要なのに男性が応募してきたり、といったトラブルも他人事ではありません。たとえば、「女性が活躍する職場です」なんて書かれている求人募集の場合は、会社側が「女性」を必要としている、と認識しておく確実でしょう。

先週新しい仕事を見つけるために人材バンクへ登録をしに行きました。

数日前転職先の会社を探すために人材紹介会社へ登録に出向きました。カウンセリングを行いに出てきた担当者が見たところ社会人経験の少ない社員のようで、こちら側が説明していることの3割も理解ができていない感じ。しかも「キャリアデザインが全然ですね」とか「もっと強みをはっきりとさせることが必要でしょう」等、知ったかぶりに偉そうに言うから大変不愉快でした。カウンセリングを担当する人は多少は仕事を経験している人にしてほしいものです。