転社を度々しないためには、コツが要ります。

転社を繰り返す日々を止めるために、ひとつだけ対策が必要です。

  • 転社を繰り返す日々を止めるためにすることはただ一つです。スキルアップもそうですが、精神面を鍛えると、転職を繰り返しません。今ではネットを用いてメンタル面を鍛えるのには良い情報はたくさんあります。また、意外とも思えるでしょうが、転職とは関係なさそうなことでも、メンタル面を強くすることができます。その行動とは、ズバリ海外に行くことです。外国は、文化も生活習慣も違うことばかりなので、目につくすべてが刺激となります。なので、心の成長を成し遂げるにはぴったりの策といえます。日本に戻ってくると、「自分の視野の狭さ」にビックリしたりして、こんなにも世間は狭かったのだということをしみじみと感じることができます。こういった気持ちの状態で、(転職のための)面接に向かうと、これまでの面接とは違って自然と自信に溢れた態度を示せるはずです。しかし、退職してすぐは、精神的に弱っている人が多いので適度に休んで、回復したあとで行動するようにしましょう。

  • 再就職によって勤め先を一新するということは、自分自身に適する…

  • 再就職することで職場を新しく換えるということは、自分自身に合う自分の希望に近い転職先を選びたいものです。あなたに適した仕事に有りつけることも可能です。けれども、現実に行動する際は、雇用側が必要とするスキルを持っていないと、転職自体が難しいです。言い換えると、あなたの力量次第で、「天職」に出会える、というだけの話です。近年は、「職業選択の自由」が一般敵に広く認知されているので、退職して転職しても問題も生じないでしょう。組織と人との関係が薄まりつつある今現在、「優秀な人材が欲しい」と感じている企業もどんどん増加していますので、この好機に転職を考えてみるのもアリだと思います。

  • 退職|転職する際には面接が必須となります。

  • 転職時の面接で面接担当から「転職理由は?」といった形で、かなりの高確率で聞かれます。この時に、どんな理由があっても、前の仕事場での人間関係や働く環境についての愚痴やトラブルを絡めた返しは、極力しないほうが良いでしょう。というのも、こういった話をしてしまうと、あなたにマイナスのイメージが付き、チャンスを棒に振ってしまいます。ですから面接では「前向き」な人柄をアピールするのがとても重要です。実際の理由とは違っていても、「新しい職場においては、自分の能力を十分に発揮し、戦力として必要不可欠な人材になる所存です」のようなアピールの仕方が担当者の心証はよくなります。

  • 再就職をするときに重要視されるのが間違いなく「面接」というものです。

  • 再就職する際、かなり要となるのが「面接」というものです。大半、面接では、応募者に転職を決めた経緯や退職理由などさまざまな内容を尋ねる形になります。そして必ず、面接終了の直前に今度は、面接係員が転職者である面接者にたいして不安や疑問に思うことを質問できるチャンスがあります。面接官側が、「なにか弊社で働くことについて、疑問点はありますか?」と。そういった質問が来たときは、面接者本人が緊張のあまり、慌ててしまうこともあるかもしれません。こういった場面に遭遇し、後で後悔しないためにも事前に不安に思っていることなどの答えを準備しておくのがベストです。具体的に知っているわけではありませんから、しっかり考えておけばいくつも疑問点は見つかるはずです。ぜひ、試してみてください。

  • 退職|クールビズのスタイルで転職の面接を受けに行く場合、ジャケットは…

  • クールビズ(軽装)のスタイルで転職の面接場に出向くときには、ジャケットは着なくても安心であると間違いなく分かりますが、ネクタイはつけている方が印象が良くなるのでお勧めです。ネクタイもしないで良いとする企業もあるとは思いますが、ことネクタイに関しては例えクールビズでも必ず着用して行く必要があるとしている企業がそこそこ存在します。そういった訳で、例えクールビズ(軽装)でOKだと言われていてもネクタイにおいては絶対に着用から行った方が印象が良いというのは伝えておきます。

  • 生涯初の失業保険をもらうケースでは、何もしなくても受け取れると思っている…

  • はじめて「失業保険」をもらう際に、じっとしていれば受け取れると思っている人が大多数ですが、それは誤解です。本当は、希望通りにもらうためには、求職活動を行う必要があり、その上、月に一度はハローワークに行く必要があります。1ヶ月間隔でスタッフに求職活動の状況を報告して真剣に仕事を探していることをわかってもらえれば翌月の保険給付が行われるシステムです。他方、本気で仕事を探そうとしていないと判断されたり、毎月のスタッフとの面談を欠席したときは、情け無用で給付を一時的に止められたり、酷い場合はそれ以降の給付資格も消失するおそれがあるので、それを防ぐために注意が必要です。

  • ちょっと前に転職をやっとしたというのに、わずかしかたっていないの・・

  • ついこの間、転職したばかりであるにもかかわらず、早期に辞めてしまう決意してしまう人が結構多いといいます。何故そうかと思うとリフレッシュな気持ちで自分自身に合った仕事を手に入れたはずなのに「考えていた仕事と違っていた」「独自のルールにどうしても慣れなかった」という感じで退職してしまうのだとか。でもこのような、転職における失敗をしないためには、第一に、前もっての情報集めは徹底しておく必要があります。通勤にかかる時間、昇給システム、などいろいろチェックしておくことで疑問点を早めに解消しておくのが正解です。

  • 転職にも全部が順調にいく確証はありません。

  • 仮に転職を考えたとしても、全部がうまくいくという保証はありません。可能であれば、いつか、しようと思っているなら年齢が若いうちに転職を試みるべきでしょう。それには少なくとも30代前半までは良い展開を期待できますが、30代後半~40代に達すると転職はかなり厳しいものと理解しておくべきです。もしも、要職に就いているのなら、転職を考えていても現在の仕事を続けるということを結論として選ぶ答えの中に入れておくべきです。会社を辞めてから転職活動を始めるよりも、今の会社に籍を置いたまま慎重に探す方が良いということです。

  • 退職|在職中であるのなら、状況が許す限り、会社内の人に悟られないよ…

  • 在職中はできれば周囲に気づかれないように、(私の例ですが)前職中に転業する意図のみをはじめのうちに周りの人間に知らせたことがありました。とはいえ、その後転職サイトを探していたのですが、結局は働く先も仕事を変えるタイミングすら無鉄砲に進めていたので、時間だけが過ぎてしまいました。挙句の果てには当時所属していた会社の方は、仕事の引き継ぎ、諸々の手続き、自らの退職の日程などが確定していき、最終的に、「退職予定日に合うように、就職先を見付ける」という、なんともお粗末な結果になってしまいました。ですが結局、理想とする結果が実らず、失業期間を経験したのち、次の就業先を再度探しました。

  • 退職|転職したいと考えている会社で会社見学などがあれば、かなり勉強になります。

  • 転職候補先で会社見学などがあれば、たいへん勉強になります。そういった会社のなかでも、技術を必要とされる業種なら、職人技を近い距離で見られるのでワクワクします。ですが、残念ながら「職人」がいる会社見学ではほとんど見学者には、通常通りの仕事現場を見せてくれることはまずありません。特にその傾向が強いのはブルーワーカーなどの職種です。この分野では、独自の感覚を持つ人が多いので実際に入社するまで、実際の姿はみえません。そのため、見学で知った内容がそのまま仕事現場と考えないことが賢明です。加えて、会社見学時に仕事を体験させる会社は危険ですし、正直言って、「論外」です。雇用契約を結んでいない人間には、仮に問題が起きたとしても、それに対する保証も一切ないので、仕事体験ができる、と言われても丁重に断るほうが良いでしょう。

  • 転職活動をしていて面接時に例外なく聞かれる質問は志望動機と転職理由の2つです。

  • 転職活動中に、面接時に「志望動機」「転職理由」の2点は絶対に質問されます。志望動機に限っては、思っていることをそのまま話してもかまいませんが、これと違って転職理由についてそのまま伝えるのはよくありません。例をあげれば収入面の不満、同僚や上司とのあいだのトラブルなど、あまり良い内容ではありません。自分が不利になることをそのまま話す人は極めて稀だと思いますが、採用担当者はそのような部分に関心を持ちやすいので、慎重に質問してくると考えておくべきです。悪い印象を与えずに答える方法としては、現職の仕事の内容以外には、触れないように心がけることです。そして、「入社したなら、〇〇をしたいです」、「3年後にはこうしている、5年までに〇〇を叶える」、「こういった目標をクリアできるのは、御社がベストです」といった形で、巧妙に話をすり替えましょう。

  • 退職|大半は大手企業は「定期採用」で人材を確保します。ですか・・

  • 大半は大きな会社は定期採用中心で、転職希望者には向いていません。しかも地方ではその見込みはたいへん厳しくなるでしょう。ただし、製造業の会社に関して言うと、地方の工業団地を製造工場を置いていることもよくあります。その地方工場では事業分野の拡大とともに「人員募集」を積極的に行うので、そのチャンスに転職を考えるのも悪くありません。そのためには、地方の工場での転職をされる場合は、転職を希望する企業についての予備知識をあらかじめ知っておきましょう。ホームページにアクセスして、求人予定の有無など、時々チェックされることをお勧めします。

  • 退職|昔から「石の上にも三年」という教訓があります。

  • 昔から日本には”石の上にも3年”というコトワザがあるのですが、昨今、「終身雇用制度」が過去の物となっている現在、「転職」は決して珍しいものでなくなっています。が、転職と言っても誰でも彼でも、何時でも、何処でも、というような軽率に転職をしようとするのは、今後のためになりません。実際に転職したいなら、重要なのはタイミングといえます。まず、現在の職場、仕事内容について、納得できていないと思うことを10個、少なくても最低5個は紙にリストアップしてみましょう。其れによって将来の転職活動に役立ちます。そして決断したらできるだけ素早く、今よりキャリアアップできるように、進めることも大事です。

  • 転職の採用面接を受けに向かいました。

  • 転職したい会社の採用面接に転職希望の会社へ行きました。たまたまその会社で部屋が空きがないということで会社の外で面接担当者と待ち合わせて採用面接をし、その場所で解散をして、面接をした方も会社に帰らず自宅直帰されるとのことでしたが、なんと下車する駅が私と同じだったのです。そのため電車内でも面接担当者とずっと話しながらいっしょに帰ることになって、緊張が解け面接よりお話が弾み、それが奏功したのか幸運にも採用をゲットすることができました。

  • 退職|新卒採用で入った会社に別れを告げて、転職した経験があります。

  • 新卒で入社した会社を退職し、転職を決断しました。会社を辞めた後は、とても悩み、不安な気持ちになりました。しかし、新卒採用で入社した会社を退職し、中途採用で働いている人ばかりであると転職活動を通して学び、無意識のうちに漠然とした不安が消え、ほっとしました。なにより1回でも転職をすると不思議と肩の荷が下りる気持ちを実感し、「自分のやりたいこと」を探すのが楽しくなりました。やはり「仕事を途中で投げ出すようなことではダメだ」というような転職する行為を咎める意見もありますが、私の転職活動は転職を決断して後悔はありません。

  • 退職|転職活動を行う際に、まずは今の会社を辞めてからという考えを持つ人もいます・・

  • 転職活動を行う際に、まずは今の会社を退社してからという方もいますが、そういった場合には次のボーナスがいつ入るのかを事前に確認しておきましょう。ボーナスのある会社はいっぱいあるわけですが、社員にボーナスが支給される場合には、ボーナスが出る日まで少ししかないのなら、ボーナスを手に入れた後で退職届を提出するという考えもおすすめしたい手口です。ボーナスと言うものは随分多くもらえるはずなので、もらっておかないと損をすると明らかなわけですから、転職を思いついたらいつまで待てばボーナスが入ってくるのかを確認するのを忘れないようにするのがボーナスをもらい損ねないと思います。