女性が再就職する際、セクハラが社会的に問題になる前と今現在とでは…

退職|女性の再就職において、今とセクハラが問題視される前で・・

女性が転職する時、数年前と今日とでは若干の違いがあります。前までは面接の際に会社側から、「結婚観」や「出産後の仕事」に関して、当たり前のように女性たちへ質問していました。でも、現在はそのようなデリケートな内容は、セクハラとして質問を避ける会社が増加傾向にあります。そしてまた、名の知れた大企業ほど、神経を尖らせているようです。ただし、企業側としては、〇か×といった形ではなく、その人の生き方「結婚後も働きたいのか」出産後の具体的な対応を知っておきたいと思っている事でしょう。自分の価値観をわかっておいてもらうためにも、自己ピーアールや志望動機と並行して言い表すことで、企業側も考えがわかり、また、モヤモヤも解消できると思うのです。なので、聞かれていないことでも、先にあなたの方から気を遣って話していくことを考えてみてください。

転職先にて、いきなり年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。

新しい仕事に就きたいと考えているのなら、年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。転職1年目の段階では、おおむね研修期間を入っている企業があります。自らの場合は尽力して転職したというのに、悲しいかな前の職場での年収と大方同じということがありました。そのうえ、業務は多様で忙しく、たいへん責任を伴い一年目を乗り切るのにひどく厳しかったです。そういった実体験をしたからこそ、転職1年目は、仕事を学ぶ年と割り切り、状況が許す限りやれるだけ転職前から貯金をして気持ちに余裕をもたせた方が良いと思います。

退職|それ以外の仕事に転職を決断する理由は、その人それぞれです。

看護師でありながらそれ以外の職に転職する原因は人によって違うはずです。どういう理由が多いかというと看護師からの転職には「職場に気の合わない上司や同僚、お客がいる」「結婚することで家庭環境の変化によって子育てなど、環境の変化など、今までのようには働き方が厳しくなってしまった」「収入に大きな不満を感じている」など、さまざまな理由が考えられます。でも、転職を決断する前に、転職したいと、頭を冷やしてじっくりと現状を客観視することも大切です。「本当に転職を叶えたら、状況が上向くのか?」と再考してから決断してみてください。

私は20代の時点で転職を2回し、そして今、資格を手に入れたいので…

20代前半の時点で転職を2回し、今現在は資格の勉強をしながら、派遣社員で働いています。フルタイムでの勤務ではないため、給料が少なくなってしまいました。ですが、前よりも心と時間に余裕ができました。たまに、学生のうちに資格を手に入れて、仕事できたらムダがなかったのにな、とは思います。実際に、そういった人を見る度、とても羨ましいと思います。これまでの私は、それなりに成功している人と自分を比べ、ガックリしていましたが、現在は結婚し、過去と比べ生活環境が大きく変わり、以前よりもそのなかで将来の進路も定まったのでしあわせな生活を送れるようになりました。

退職|派遣で就業しています。労働契約法の関連で残念ですが長く働いた…

派遣社員として勤務しています。労働契約法のおかげで否応なく、長く勤務してきた会社での仕事があとわずかで終了します。いっしょに働いている派遣の仲間の中には派遣の勤務先から正社員の待遇を得た方もいるのですが抜擢された理由としてはぶっちゃけ仕事ができるわけではなく派遣先上司の扱いが上手な方でそのおかげで採用された様子。仕事の能力よりおじさんにゴマをする能力の方が必要なんだねーと選考に漏れた別の派遣のメンバーといつも愚痴っています。

転職に先立って現在勤めている会社を辞める時に失業保険受け取るための手続きをしなければいけません…

転職の際に現在働いている会社を退社する時に失業保険に関する手続きをしなければいけませんが、仮に自分の意思で退職届を出して会社を辞める、いわゆる依頼退職においては即座に失業保険を受け取れるわけではなく手続きにした後に失業が認定されてから3か月経ってやっと給付があるのです。そのため、会社を辞めた翌日から3か月経過すればもらえると信じている人がいますが、実際に勘違いしてしまった人が、ハローワークのスタッフの方が間違っていると言い張ってその結果としてハローワークの職員さんとトラブルになっているのを見たことがあります。なお、リストラなど会社側の都合による退職の場合には、失業認定を受けたのち即座に失業保険が給付となります。

退職|全く経験のない業種などに転職を考えるときには、自分の以前の仕・・

全くの初挑戦となる業種などに転身をしようとするときには、以前の職で身についた腕前や今までの経験を発揮することができるといった内容の自己アピールがいるようになります。勤務経験のない業種の場合、未経験の分だけその業種で今まで働いてきた人たちよりも正直、不利な状態になりますけど、自分自身が保持しているスキルがその業種でも発揮できるということをうまく相手に伝えれば、戦うことができる場合も十分にあります。という訳で、未経験のジャンルに挑戦する場合は、その分野と自分がこれまでやってきた職務との関係性を可能な限り見つけ出してみましょう。

転職の時の面接などの際に面接担当者が名刺を差し出してきた場合…

転職での面接などの時に担当者が名刺を手渡してきた場合、自分も相手の方に名刺を渡した方が良いのかどうかと迷ったら、たいがいは差し出す必要のないもの、と知っておいてください。面接というのは仕事内ではなくて、職に就くための就職活動内のことになるので、大体は名刺を交換する時間とは違います。また、会社の者としてではなく、個人のことでこの場にいるわけです。なので、もし相手側から名刺を渡されても、あなたは名刺をもらうだけで大丈夫で、担当者に相手側にあげる必要はないと言えるのです。

求人関連の広告には、大部分の場合はまともな会社では月の給料がしっかりと記載されていますよね。

求人についての情報を見てみると、とうぜん大部分の会社では月の給料がしっかりと記載されていますよね。しかしこの箇所を頭に入れる際は、しっかり確認する事が大切です。その額の多い少ないだけ見て判断しないほうが良いです。というのは会社によっては、月収の金額の内訳に「毎月15時間分の残業」が条件になっているかもしれません。つまり残業代をあえて含めることで魅力的な案件のように見せかけ、募集しているケースも少なくないのです。それ以外にも、「歩合給」を基本給以外に考える、という案件も要注意です。歩合をかなり盛って月収を多く見せている企業もあります。だから、そうやって可能性の少ないケースを誇張しながら、人を集めるような会社は近づかないほうが良いでしょう。

転職を行うとき、まず第一にネット上の求人サイトを閲覧したりして…

転職をする場合、事前にハローワークやインターネット上の求人情報を見たりしてその会社のことを調べるでしょう。その会社が情報を掲載するにあたっては、コンサルタントから指導を受けている場合が少なくありません。コンサルタントは、会社にマイナスとなる情報を隠すプロでもあります。たとえ公開するとしても遠回しな表現に徹します。その類の社員の声や社長のインタビューについては、そのままを信じるよりも、半信半疑で聞いていた方が間違いがありません。言葉を額面通りに受け止めてしまうと、期待していたことと全く違うとあとで後悔するかもしれません。悪意ある会社は、素直な人間を効率よく取り込み、その後、あれこれと難癖をつけて退社させないように画策しています。この手のブラック企業には気を付けましょう。

今までの求人誌には、雇用側が必要とする「性別」につい・・

何年か前までは求人情報に「性別」がハッキリと記載されていました。ですが最近では、「男女雇用機会均等法」が成立したことによって、男女の求人や、採用での差別をしてはならない事が決まり、募集要項の中身に男女の性別を記載しないようになりました。しかし募集側は、性別に拘らず雇用するとは断言できないのです。ですから、本当は男性必要なのに、女性が応募したり、逆に女性希望なのに、男性が応募してくる、といった問題もひとごとではないのです。例として、「女性が活躍できる職場です」とアピールしている場合、女性を希望しているのだと認識したほうが良いといえます。

数日前転職活動の一環として人材バンクへ登録を行いに行きました。

先週転職活動の一環として人材バンクへ登録に向かいました。登録カウンセリングの際に出てきた担当者が見たところ新入社員みたいで、私が伝えたいことの5割ほども理解できてない感じでした。そのくせ「キャリアデザインを変えた方がいいですね」とか「もっと自分の強みをはっきりとさせるべきです」等、ベテランのように横柄にしゃべるからとっても不快でした。カウンセラーはそれなりにはカウンセリングのスキルがある方にしてほしいです。

退職|転職活動で話題にあがるのが「年収」です。

就職活動において、年収は極めて大切なポイントです。面接の時、ほとんどの場合現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。このとき現実の年収を多く偽って、転職先の年収条件を引き上げてもらおうと考えるのはやめておきましょう。というのは、最終的には源泉徴収を提出しなければいけないので、もし一度は信じ込ませたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、そこで虚偽の申告をしたことがバレていまいます。トラブルに発展する可能性もあるので、現在の年収をハッキリと伝え、それに見合う希望年収額を設定しておくのが無難です。ちなみに、今の年収が400万円の方が、転職して500万円となる可能性はまず無理です。仮に、年収が400万なのであれば、希望年収額は、400~450万円と転職先に伝えておくのが正しいです。ウソの申告は転職活動後のトラブルだけでは済まないこともあり、入社後のトラブルとなり、一時的に採用されたとしても、直後に退職しなくてはいけなくなることもあるので、気をつけましょう。

退職|自らが勤め口を探していたころいくつかの人材紹介会社に登録していたのですが…

かつて何社かの人材紹介会社に登録していたのですが、その時に特に感じたのはサポートしてくれる担当者の質が本当に様々でほとんどの場合、満足できない感じるアドバイザーばかりでした。こちらは人生かかっているのにもっと気持ちを込めて向き合ってほしいという落胆した気持ちが積もり積もってその事がきっかけとなり自分がキャリアカウンセラーになりたいと思うようになりました。資格取得のためにはコストもいりましたし資格取得のための勉強の面においてもかなり大変ですが、就活中の人たちから頼ってもらえる存在になるために努力しています。

退職|仕事を変えようとしようとしている時に目を光らせることにな・・

職を変えようとしようとしている時にチェックすることになる募集内容の情報というのは、目安として載っている確率もあり得ます。なので、情報として載っていることを全部正しいことだとは信頼すのはやめておいたほうが最善だと思います。特に報酬の額などに関しては、社員を平均した値なのか?最低限保証されている給料であるのか?最も高く見込んだ給料であるのか?というような見極めができないことが多く、自分判断でとらえてしまうと、今後、悔いが残る可能性もあり得ます。ですから、悔いることのないように、求人内容は一般的なものだと思って、そのような件は会社側に直接確かめるのが良いです。

これから転職予定がある人で、次までの仕事に期間がある方は…

年内中に転職活動をする人のなかで、次の仕事を始めるまでにまだ期間がある場合は、必ず「失業手当」を受け取っておきましょう。これはあなたが勤めている会社で社員に雇用保険を払っているところであれば、申請をすればだれでももらえます。そして手続きは「ハローワーク」で行います。自己都合で仕事を辞めた方は失業手当が受給されるまでの待機期間(3ヶ月)ありますが、場合よっては企業の都合の退職、または残業時間次第で日数をおかずすぐに受け取れることもあります。なお、受け取れる「失業手当」の額は、辞めた月の近々の給料がもとになって失業手当の支給する額を計算するので「閑散期」「繁忙期」が存在する業種であれば、なるべく「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当を受け取る上ではお勧めです。