派遣として働いています。派遣法と労働契約法により残念です・・

派遣で働いています。派遣法とかのからみで否応なく、長期間働い…

派遣で勤務しています。派遣法とか労働契約法の関係で残念なことに馴染みのある勤め先での仕事を辞めなければいけません。同じ派遣である方の中には、派遣で働いている会社で正社員の待遇をゲットした方もいるのですが選ばれた理由としてははっきり言って仕事が優秀というわけではなく派遣先の上司へのあしらい方がうまい人で引き立てがあったよう。仕事のスキルよりおじさん転がしの能力の方が重要なのかなーと他の派遣の仲間と職場で愚痴を言ってます。

退職|転職する際、現在勤めている会社を辞める時に「失業保険」を受け取るための手続きをしておく必要があります・・

転職を行う際、現在働いている会社を辞める時に「失業保険」を受けるための手続きをしなくてはなりませんが、仮に自発的に退職願を出して会社を去る、いわゆる「依願退職」の際には即座に失業保険が給付されるわけではなく手続きが終わった後で失業したことが確認されてから3ヶ月経ないと実際に受け取ることができないのです。よく勘違いして会社を辞めた次の日から3か月経過すれば給付されると信じている人がいますがこの規則について誤解している人が、手続きに不手際があると勘違いしてその結果としてハローワークの職員さんと口喧嘩をしているのを見たことがあります。因みに社員側の都合ではなくリストラなど会社都合で解雇された場合は、失業認定されてからすぐに失業保険を受け取ることができます。

全く経験のない業種などに転業したいと思っている場合に・・

全くの初挑戦となる業種などに転業したいときには、自分が前の会社で身に付けた能力や今までの経験が生きるといった内容の訴えがいるようになります。初めての業種の場合、それだけその業種で勤務したことがある方よりも正直、不利な状態になりますけど、自分の持っている能力がその場でも生きるということをしっかりと相手に話せれば、戦える場合も出てきます。それゆえに、経験したことがない業種に挑戦するときには、その分野とこれまでに自分がしてきた仕事との関係を可能な限り見付けましょう。

退職|転職の時の面接などの際に名刺を渡してきた場合、あなたも同じように名刺を相・・

再就職における面接などに関して名刺を手渡されたら、あなたも同じように名刺を相手に差し出すべきであるのか?と対応の仕方に悩んだ際は、大体は渡さなくても良いと知っておいてください。転職のための面接というのは仕事の一環ではなく、採用活動の一環なので、基本的には名刺をやりとりする場ではないのです。かつ、あなたは立場上会社の人間としてではなく、あなたの問題でそこにいるわけです。それゆえ、もし相手側から名刺を差し出されても、あなた自身はもらうだけで大丈夫で、面接担当者に相手にあげることは必ずしもないと言えます。

求人についての情報を見てみると、ほとんどの場合、多くの企業で…

求人情報にはとうぜん大部分の職場では月の収入が明記されています。ただしこの月収の箇所を頭に入れる時には、注意深く確認する事が欠かせないです。その数字だけを見てわかってしまわないほうが無難です。実は企業によっては、月収の金額の内訳で月10時間残業の場合が条件になっているかもしれません。残業代の金額を入れて金額が高く見えるようにしている場合もあります。そのほか、「歩合給」を付けますよ、という案件にも注意が必要です。歩合を過剰に多い前提で月収を多く見せている企業もあります。そういうわけで、そうやって応募者を増やそうとする会社には注意が必要と言えるかも知れませんね。

退職|転職するのなら、あらかじめ、ハローワークの求人票を見たり…

転職するのなら、まず、求人票を見たり、ネット上の公式サイトを閲覧したりして関心のある会社を調べるでしょう。とはいっても、当該会社が情報を載せるにあたっては、コンサルタントが主導していることが少なくありません。コンサルタントは、会社に不利益な情報を隠す達人です。不都合な内容を公表する場合も、表現に神経をとがらせています。その類の会社紹介や社長の意見や社員のインタビュー情報などは、馬鹿正直に信じるのではなく、半信半疑で聞いている方がいいです。仮に心地よい言葉を鵜呑みにしてしまうと、「こんなはずじゃない!」と後々、後悔したり、場合によってはトラブルに遭遇するおそれもあります。たちの悪い会社は、バカ正直な人間を取り込み、その後、様々なイチャモンをつけて辞めさせないように仕向けてきます。ブラック企業では、この手のことがかなりあります。

退職|今までの求人誌には、雇用主が必要とする人材の「性別」・・

今までの求人情報では、必要とする人材の「性別」まで書かれているのが普通でした。しかし最近では、「男女雇用機会均等法」が成立したことによって、男女差別が雇用の際にしてはならないルールが決まり、応募資格内に「性別」が記載されなくなりました。そんな風に時代が変化したものの、募集を出す企業側としては、男性・女性のどちらでも良い、とは内心では考えていません。実際、本当は男性必要とするジャンルに、女性の応募が殺到したり、対称的に、女性が必要なのに、男性がエントリーしてきたり、でも不採用となる可能性が高くなります。例えば、「女性が活躍できる職場です」とアピールする案件では、雇用主が「女性」を必要としている、と認識しておくべきです。

転職先を探すために人材紹介会社へ登録に向かいました。

昨日転職の準備をしようと人材紹介会社へ登録に足を運びました。登録カウンセリングに出てきた担当者が見たところ学生と見間違うほどの若い社員で、私が説明した話の3分の1もわかってはいない様子です。それなのに「キャリアデザインを変更した方がいいですね」とか「もっと自分の強みと弱みを知っておくことが大切でしょう」とか、一丁前のことを横柄に言い散らかすからすっごく不快でした。カウンセリングを担当する人はいくらか仕事の経験がある方にするべきです。

就職活動において、年収は大変重要なポイントです。

就職活動において、年収は大変大事な要素です。面接の際、ほとんどの場合現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。このとき実際の年収を多く偽って、多額の年収を獲得しようとしても、無駄な努力でしょう。なぜかといえば、「源泉徴収票」が必要となり、もし一時的に信じさせたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、そこで虚偽の申告をしたことがバレていまいます。トラブルに発展する可能性もあるので、現在の会社での年収を正確に申告し、それに釣り合う希望年収額を設定するのが賢い選択となります。現在の年収が400万円の方が、急に年収500万になるようなことはほぼあり得ません。もし、年収が400万なのであれば、希望は400~450万円であると転職先に伝えておくのが良いでしょう。完全なウソは、転職活動でのトラブルだけでなく、入社後のトラブルとなって、一時的に転職先に合格をもらったとしても、そのまますぐに退職しなくてはいけなくなるかもしれません。

自分が転職を考えていた時期にかなり多くの人材紹介会社に登録していたことがあります。

かつてかなりいくつかの人材紹介会社に登録していました。その時に感じたこと、それは転職のアドバイザーの質においても驚くほど多様でたいていの場合、満足できない感じる担当者ばかりでした。こちら側は人生の大事な事なのにもっと情熱をもってに向き合ってほしいという欲が募りました。それがきっかけで自らキャリアカウンセラーの道を目標にすることになりました。資格を取るためにはお金もいりましたし勉強の面においてもとても大変ではありますが、仕事を探している人から頼みにされるように努力しています。

仕事を探している際に目を光らせる募集要項の情報というの…

職を変えようと考えている時に目を光らせる求人情報に関しては、おおまかなものとして載せている、という確率があります。ですから、情報として書かれていることを何もかもが正しいことだとは迂闊に信じるのはやめておいたほうが好ましいでしょう。そのなかでも生活に大きくかかわってくる給料の額などに関しては、社員を平均して出した金額なのか?最低限なのか?最高額の給料なのか?というような判断ができないことが多く、自分の勝手な判断でとらえてしまうと、悔しい思いをする可能性もあります。という訳で、悔しい思いをしなくて済むように、求人に載っている情報は基準だと思って、そういったようなとても大事な事は会社側に直に問い合わせた方が妥当でしょう。

退職|年内中に転職予定がある人で、次の仕事を始めるまでにある程度時間があるのなら、…

年内中に転職活動を始める際、次の仕事をする前に期間があるのなら、「失業手当」をもらっておいた方がお得です。現在の会社がきちんと「雇用保険」を払っているのなら、誰しも失業手当を受け取れます。そして受け取り手続きについては、「ハローワーク」にて行います。しかし自己都合での退職なら、失業手当が受給されるまでの待機期間(3ヶ月)ありますが、働いている企業の都合の退職、または残業時間次第でただちにもらえる場合もあります。なお、「失業手当」の金額は、会社で最後に受け取った月の給料をもとに支給する額を算出されるので、働いている会社に「閑散期」「繁忙期」の波がある業種の人は、理想的なのは「繁忙期」後に辞めるのがお勧めです。

退職|派遣会社を介して仕事をする人が近時増加しています。

派遣という形で仕事をする人がだんだんと増えてきていますが、派遣先が派遣会社にいくら支払い、その中で何割が自分に支払われるのかをできるだけ面接のときに聞いておいた方がいいでしょう。派遣会社は、社員を必要な会社に派遣してその見返りに、手数料をもらう形を取っています。派遣会社の多くは、派遣される労働者の取り分を曖昧にしています。50%以上の額を還元しているのであれば、比較的よいのですが、情報開示に積極的でない業作も多く、酷い会社では、2割だけ労働者に還元して、残りは全部自分のものにする場合も決して少ないとはいえません。なお、面接のときに答えてくれないような会社は、色々と不都合なことは隠そうとする可能性が高いのでなるたけ違う派遣会社のもとで登録されることをおすすめします。

もしも転職される場合は、資格を取るのがおすすめです。

もしもあなたが転職を視野に入れているなら、転職前に資格を取得することで有利になります。また、仕事をしているあいだに資格を取るのがおすすめです。転職の際には有効活用することができますから、選べる企業が増えることで選択肢が増えます。こういった理由から、資格取得するなら、在職期間中にもっとも好ましいタイミングといえます。あなたが再就職を考えているなら、社会的に強みになるような資格を取得しておくと、今の職場を離れたあとも悔やむことなく前に進めるはずです。加えて、資格を取ってからの転職活動では資格が味方をしてくれるので転職先での面接時に即戦力になる人材だと認められ、以前の職場より待遇が良くなる可能性が高くなります。

私たちの社会的環境において、これからぐんぐんと単純作業は…

将来的に、着々と短絡的な仕事は機械化が進歩していきその移り変わりによって労働力はどうしても削減させられてしまいます。そのワケは、簡単な労働は人間以上に機械のほうが圧倒的にすぐれているからです。例えば、数量をカウントしたり、同一の動きを延々と繰り返すことは機械にとってはへっちゃらです。当たり前のことながら人間とは違って愚痴を言わず、疲れないし、ずるもしない、正確にこなしてくれますし、それを均一化できます。そして、人と違って給料が発生しないのもメリットといえます。ですから、労働力として人間を使う意味がまったくなさすぎます。ですから機械に移行していくのも自然の流れなのです。

近年はウェブ上では、「就職斡旋エージェント」をはじ・・

現代はネット上では、「就職斡旋エージェント」のほかに、ヘッドハンティングを専門に取り仕切る会社をよく見かけるようになりました。特許を出願したことのある人は、直後に彼らから電話が掛かってくる可能性が高くなるといいます。彼らは、特許申請を行った人に加えて、研究開発で論文を世に出した経歴のある人や、メディアで取り上げられた人など、「功績」ある人を対象に、電話やメールを使ってコンタクトを図り、ヘッドハンティングのためのネタとしています。万が一、あなたがいかにもヘッドハンティングのような連絡をもらったとしたら、そうなったキッカケを思い出してみましょう。あまりないことですが、ヘッドハンディングのように見せかけて、登録料を請求する会社もあるらしいですが、そのような会社は高い確率でイカサマなので、注意しておきましょう。報酬は登録している会社が払うので転職希望者が負担するものではありません。