退職|求人関連の情報を見てみると、たいていの株式会社では月の給与がしっかりと記載されていますよね。

退職|求人広告には、とうぜん月の給料が明記されています。

  • 求人についての情報誌やサイトを見てみると、とうぜんたいていの株式会社では月の給与等が記載されています。でもこの月収の部分を確認する時には、深く確認する事が必要です。数値だけでわかってしまわないようにしましょう。実は案件によっては、月収の金額の内訳に「毎月20時間の残業」を前提に計算されている可能性もあります。何があるかというと残業代の金額を入れて好条件であるかのように見せ、人材を募集しているケースも考えられます。それ以外にも、「歩合給」を付けますよ、という案件にも注意が必要です。歩合箇所を相当に盛って、月収を多めに見せている会社もあったります。そういうわけで、その手の応募者を増やそうとする会社にはスルーしておくのが無難といえます。

  • 退職|転職活動を始める場合、まず、インターネット上で求人サイトを見たり…

  • 転職活動を始める場合、前もって、求人雑誌やウェブ上の求人情報を閲覧したりして気になる会社を調査するとは思います。当該会社がサイトや求人票に情報を出す際は、専属「コンサルタント」のフィルターが入っている、と考えた方が良いでしょう。コンサルタントは、会社にとって都合の悪い情報を隠す能力に長けています。たとえ公表するとしても曖昧な表現を使ってうまくごまかそうとします。そういった会社や社員に関連する情報については、そのまま信じるよりも、話半分で捉えておいた方が良いでしょう。もしも額面通りに受け止めて会社に入ってしまった場合、予想とは全く違うとあとで後悔するかもしれません。たちの悪い会社は、素直な人間を効率的に集めて、その後は文句をつけて、会社を辞めれないように画策します。ブラック企業では、このようなことがかなりあります。

  • 数年前の求人情報では、雇用主の希望する「性別」が当然のように記載されていました。

  • 今までの求人誌では、募集要項の中に「性別」まで、記載されているのが普通でした。ですが今では、「男女雇用機会均等法」が施行された影響もあり、採用する際、男女の差別がしてはならないルールができて、求人情報の概要に「性別」の表記ができなくなりました。ですが、求人を出す雇い主としては、男性・女性どちらでも平等に雇用するとは限りません。そんなわけで、実際は男性が希望の企業に女性の採用希望者がやってきたり、その反対に女性が必要な案件なのに、男性が応募してくる、といった問題は誰にでも起こる可能性があります。仮に、「女性が活躍している職場です」とアピールする案件では、会社側が「女性」を必要としている、と考えるとべきです。

  • 転職先を探すために人材バンクに登録をしに足を運びました。

  • 昨日転職の準備をしておこうと人材紹介会社へ登録に行きました。そのとき登録カウンセリングの際に出てきた担当者がどうも入社して間もない新入社員のようで、私が説明したことの50%もその社員は理解ができていない模様。にもかかわらず「キャリアデザインを変えた方がいいですね」とか「きちんと強みと弱みを知っておく必要があります」とか、何もかもわかっているかのように偉そうにのたまうので大変嫌な気分になりました。カウンセリング担当者はいくらかカウンセリングの経験がある社員にするべきだと思います。

  • 就職活動において、年収は大変大事な要素です。

  • 就職活動において、年収は非常に大事なポイントです。面接時には、大部分の会社で現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。現実の年収を偽って、多く申告し、高額な年収を獲得しようとしても、無駄でしょう。源泉徴収票が必要となるため、仮に一度は信じてもらえたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、必ずウソがバレてしまうためです。運が悪ければトラブルに発展することもあるので、現職での年収を正確に相手に伝え、それに釣り合った希望年収額を設定しておくのが無難です。今の年収が400万円の人が、転職後すぐに500万円となる見込みはほとんど場合ありえません。もし、今の年収が430万円だとすると、希望は400~450万円であると転職先に伝えておくとよいでしょう。明白なウソは、転職活動の妨げになるばかりでなく、入社後のトラブルとなって、一時的に入社できたとしても、退職に追い込まれることもあるので、注意しましょう

  • 昔は何個かの人材紹介会社に登録していました。

  • 自らが勤め口を探していたころ何個かの人材紹介会社に登録していのだが、その際に思ったこと、それは転職のアドバイザーの質に関しても驚くほど様々あってほとんどは物足りないと感じるアドバイザーばっかり。こっちは人生がかかっているのにもっと真摯に向き合ってほしいという願いがこみあげてきてしまいました。その事がきっかけとなって私はキャリアカウンセラーになりたいと考えるようになりました。キャリアカウンセラーの資格取得までには経済的に負担も増え勉強に関してもかなりハードですが、求職中の人に頼みとされるキャリアカウンセラーになるために努力しています。

  • 退職|仕事を探しているときに注意を向ける募集内容の情報というのは、…

  • 転職を考えている際に見ることになる求人情報は、基準的なものとして、アバウトに書いてある、ということもあり得ます。ですから、そこに書かれている内容は全部正確な情報だとは思わない方が賢明です。中でもとりわけ給料においては社員を平均して出した値なのか?最低限なのか?最高額なのか?というジャッジができない人のほうが多く適当な判断で決め込んでしまうと、後になって嫌な思いをすることもあります。ですから、後悔しないようにするためにも、求人内容は一般的なものだと思って、そのような重要な内容は直接問い合わせた方がベストです。

  • 年内中に転職活動をする人のなかで、次までの仕事に期間がある方・・

  • 年内中に転職活動をする人のなかで、次の仕事を始めるまでに時間が掛かりそうならできれば「失業手当」を受け取っておきましょう。失業手当は働いている企業側が「雇用保険」を支払っていた場合は、誰しも失業手当を受け取れます。受け取り手続きについては、「ハローワーク」にて行います。自己都合で会社を辞める形になったなら、失業手当を受け取るまでの待機期間が3ヶ月となりますが、現在の企業の都合での退職、あるいは残業時間次第ではただちにもらえる場合もあります。このとき、支給される「失業手当」の金額については、最後となる月の近々の給料を軸に失業手当の支給する額を計算するのでもし、「閑散期」「繁忙期」がある業種の場合は、「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当的にはお得です。

  • 派遣会社を介して働く人が近頃多くなってきています。

  • 派遣会社に登録して働く人が近時増加する傾向にあります。仮に自分が派遣社員として働くつもりなら、派遣先から支払われる1時間あたりの報酬がいくらで、その中で何割が自分に入るのかをなるたけ面接時に質問しておきましょう。派遣業は、労働力を必要とする会社に人材を派遣し、その見返りに、手数料をもらう仕組みで運営していますが、実際に派遣される労働者の取り分をうやむやにしていることが少なくありません。半分以上を還元しているのなら、良い会社といえますが、中には開示すらしない派遣会社も少なくなく、酷い派遣業者では、労働者に3割しか還元しなかった、ということも多いです。面接のときにあいまいな返答しかしない会社は、不都合な点を隠す傾向が強いので、極力異なる派遣会社で登録されることをおすすめします。

  • もしもあなたが将来、転職をするつもりなら、前もって「資格」を取得しておいたほうが有利になります。

  • 将来、転職をするつもりなら、前もって「資格」の取得をしておいた方が良いかもしれません。また、転職活動を始める前の段階で、資格取得をしておくと、転職の際には有効活用することができますから、次の仕事も見つけやすくなります。といったわけで、在職中であり、かつ転職活動前の段階が資格取得においての一番良い時期なのです。もしあなたが将来を見据え、就きたいと考えている仕事に役立つ資格を取ると、仕事を辞めた後も心残りなく仕事を探せます。そればかりでなく、資格を取ることができれば、転職活動の幅は資格が味方をしてくれるので、転職先の面接の時には面接官に「即戦力」と認められ、今までより待遇も良くなる可能性があります。

  • 退職|将来、労働力という観点においてどんどんシンプルな仕事・・

  • 私たちの労働環境は、近い将来どんどん簡単な労働は機械化に置き換わってその変化によってそういう仕事をする労働人口はカットされていきます。なぜかというと、シンプルな仕事は人間が作業するよりも機械のほうが数段に強いからです。例えば、数をカウントしたり、同一の手順をずっと繰り返したりすることは機械にとってはへっちゃらです。もちろん人間とは違って不平不満を言わないし、疲れることがありません。また、適当にすることもないし、早いし均一だし、加えて、給与を渡す必要もありません。なので、人間を使う意味がまったく無いため、機械化の流れは必然ともいえますね。

  • 今日、インターネット上では、「就職斡旋エージェント」だけでな…

  • 現代はウェブ上では、「就職斡旋エージェント」だけでなく、ヘッドハンティングを専門に行う会社をよく見かけるようになりました。もしもあなたが特許を出したことがあるなら、そういった会社からのコンタクト率が高くなるといいます。ヘッドハンティングを行う会社は、特許権を獲得した人以外にも、研究開発で論文を世に出したことのある人や、メディアによって注目を浴びた人など、何らかの業績を残したと思われる人をターゲットに電話やメールを使ってコンタクトを図り、ヘッドハンティングのための理由にしています。仮に、あなたがヘッドハンティングらしい連絡があった際には、そういったことが無かったか考えてみましょう。めったにないことですが、ヘッドハンディングと言いながら、登録料を要求してくる業者もありますが、その手の業者は完全な詐欺ですから注意しましょう。報酬を支払わなければいけないのは登録している会社で、転職希望者が払う必要はありません。

  • 転職活動する場合、履歴書と職務経歴書を準備することが必須だと考えられています。

  • 転職活動をする際は、履歴書と職務経歴書を必ず準備しなければいけません。会社の大半は履歴書だけでなく職務経歴書に記載されていることを見て面接するかどうかを決めるため、まずはこれらの書類の作成が重要といえるでしょう。ただ穴を埋めるだけにとどまらす、記載内容の充実を図ることも重要です。職務経歴書は、過去に行ってきた職務の詳細と、自己アピールとなる内容を可能な限り書きます。また、現在の職場で挙げた実績を、売上を従来比○パーセントアップ達成させた、などわかりやすく書くのが望ましいです。作成の方仕方がイマイチわからあい場合は、「転職エージェント」に職務経歴書の添削をしてもらい、より良い内容に改善していきましょう。自分のブランディングのために転職エージェントを利用することも転職を成功させるための有効な手段だといえます。

  • いわゆるスマートフォンは便利でインターネット上には・・

  • 最近パソコンは便利でインターネットで見られる世界では要するに転職系のサイトがあちこちに点在しています。その相当な数のサイトから自身の目的にあった転職先と思えるのを見付けるためには、最初は情報を収集することです。こんなサイトをうまく活用することで、効率的に転職が実現します。正しいレビューなども載っている「転職サイト」もありますが、それとは対称的なサイトもあるので、注意が必要です。まずは、信用に足るサイトかどうかを見極めることが大事ですから類似サイトと比較しながらしっかり確かめてみましょう。

  • 長く接客関係で仕事をしてきましたが、加齢のせいか立ち続ける仕・・

  • ずっと接客関係で仕事を行ってきましたが、歳をとると共に立ち続けなければいけない仕事は体力的にきついため、座って仕事を続けられるオフィスワークへ仕事を変えることを考えて行動にうつりました。事務未経験となるとなかなか厳しく、それなら接客の要素もある受付兼医療事務を目指そうと思い資格も合格し個人のクリニックに転職しました。周囲はベテランの先輩パートさんばかりで人間関係に関してもややこしい。夜のシフトばっかりさせられて、接客業をしていた頃より帰りも遅いわけですが、今はキャリアを形成しておかなければいけないと思って仕事を続けます。

  • 「シフト制」の勤務形態がある仕事についての話です。

  • これはシフト制の仕事についてです。一定の曜日に働ける人を募集する求人をよく見ますが、もしも応募しようと考えているならシフトの出し方、休む方法については、前もってチェックしておくべきです。それはなぜかというと、以前わたしは産休で抜けた人の代理として正社員として勤めることになったのですが、私のシフトが「土日」固定となるシフトで、他に誰も来ず、新入社員の私一人だけで現場を任されるだけでした。産休に入った前任の方が土曜、日曜は必ず出勤できる人だったので、私自身もそのような人と思われていたようです。実際土日に休まざるを得ないこともあり、シフト変更を前もって伝える必要があり、上の人たちに私の代わりに出勤してもらえるように、と自ら交渉しないといけませんでした。給料も立場もほぼ同じなのに土日は私だけなんて・・・。思い返すと「本当におかしな職場だった」としか言いようがありません。