退職|昔から”石の上にも3年”という教えがあります。

日本には昔から”石の上にも3年”という諺もあります…

  • 昔から日本には”石の上にも3年”といわれる諺もありますが、1998年に派遣法において対象業務が自由化したとともに「終身雇用制度」は衰退してきています。「転職」が当たり前の世の中になってまいりました。ただ、「転職」が珍しくなくなってきたとはいえ、軽率に転職をしようとするのは、今後のためになりません。実際に再就職したいなら、タイミングというのも有るでしょう。まず、現在の職場、や自分の置かれている立場などについて、不満を感じる点を約10項目箇条書きにしてみましょう。そうしておくと、転職に役立ちます。そして、未来の展望が拓けたのなら、躊躇することなく、よりキャリアアップできるように、進めることが大切です。
  • 転職の面接に転職希望の会社へ伺いました。

  • 転職のための採用面接を受けに希望先の会社へ出向いたときのことです。その日に限ってその会社にある部屋が空きがないということで社外のある場所で面接担当の人と待ち合わせて面接を行い、その場所で解散、面接担当者も会社に寄ることなく自宅に直帰されるとのことでしたが、ビックリしたのは自宅からの最寄駅が一緒。結局は電車の中でも一緒に話をしながら帰ることとなり、おかけで緊張がなくなり面接しているよりも話が弾み、それが功を奏したからなのか問題なく採用もゲットすることができました。
  • 新卒採用で入社しましたが、転職した経験があります。

  • 新卒で入社した会社を離れ、決意を新たに転職しました。会社を辞めたときは、想像以上に悩んだりもしました。ですが、会社を辞めて、大半の人が中途採用で働いていることを転職活動中に理解し、いつの間にか気持ちは楽になりました。また1度、転職したことで何か、気持ちが前向きになって、「自分の好きなこと」を探すのことが楽しくなっていきました。なかには「最低でも5年働いた方が良い」といったような転職を否定する意見もありますが、それが正しいとは限らないと感じました。私自身、否定的な意見を真に受けないで良かったみたいです。
  • 転職活動を始めるときに、まずはまず勤務先の会社の退社手続きをして・・

  • 転職活動を行う際に、今の会社を辞職してからといった方法もありますが、そういった場合には今度のボーナスの時期を前もって調べておきましょう。ボーナスが支給される企業はそこら中に存在しますがボーナスもらえる場合は、ボーナスをゲットできる日が目前に迫っているのであれば、ボーナスを手に入れた後で退職するという方法も賢明といえます。ボーナスだとそこそこ額が大きいので、もらった方が良いと明らかなわけですから、退職の時にはボーナスが入る日を確認するのを忘れないようにするのが得策です。
  • 転職の時の面接で必要となるビジネススーツの色味は、新卒の学生が就職活動の…

  • 転職の面接でいるビジネススーツの色については、新卒の就活の時に着る色味がベストとされています。ということは、紺色や黒色のダークな色合いになります。それは転職でも、着用していくビジネススーツの色味はこういう暗めの色が大多数で、そうでないカラーの人はほとんど見かけることはありません。強いて言えば、ごくたまにグレー系が少しいるほどで、大方は紺色や黒色が多く、面接を行う採用担当の人も黒や紺のスーツが普通のように感じてしまいますから、第一印象という面ではおすすめです。
  • 今まで私は、職探しは「転職サイト」ではなく、「ハローワーク」に通っていました。

  • 以前は、「転職サイト」を活用するより、「ハローワーク」で探していました。というのは、大きな「転職サイト」は、やはり都会や大手の求人がほとんどだからです。これまでの転職活動をする際は、「ハローワーク」ばかり使用していました。もちろん、どうしても知名度は低くなりますが、古くから地域密着なので、ピンポイントで見えるのはありがたいです。ハローワークというと、なんだか地味な感じがすると誤解している方もいるはずです。以外にも、良い求人もありますのでもしも転職するべきか悩んでいる場合は、お近くのハローワークに1度行ってみることをお勧めします。有名な転職サイトのようなたくさんのお知らせやメールの心配も無用です。
  • 退職|転職サイトあるいは転職エージェントを利用して、転職活動することは現在の常識かもしれません。

  • 転職サイトや転職エージェントを利用して、転職活動を行うことは現在では当然のことでしょう。だとしても、転職についてよりよい結果を得たいのであれば、並行して転職フェアを活用するのがいいでしょう。転職フェアは、複数の企業が一度に集まるイベントなので、そこに足を運ぶことにより気になる企業の情報に直接触れることができますし、その上、フェアに参加している企業スタッフから、その企業の社風についてある程度は知ることができます。仮に、転職フェアに参加される場合は、面接に行く心構えで良い印象を相手に伝えられるように意識しておきましょう。仮にフェアのあいだに自分の能力や長所を企業が評価すれば、後に面接の本番時に非常に有利になると予想されます。
  • 転職活動する場合、相応の準備は必要です。

  • 転職活動では、準備は欠かせません。一言で準備といってもたくさんありますが、とくに、目に見える「服装」は気になっている人も多いと思います。…が、昨今の、企業面接については形式ばらない服装がOKな企業も多いので、スーツを着込んで面接に赴く必要がないケースもあります。会社の創設したての会社などは、お堅いルールもないことが多く、スーツでいかないほうが相手からの印象が良くなります。加えて、堅いイメージを与えないのでフランクに話をしやすい、というメリットもあります。また、私服を見せるたことで面接のなかで、洋服について、話が広がることもあります。ですから、担当者へのアピールにもなります。ということで、これから転職活動をするつもりなら、企業の「創業年数」を確認し、(ベンチャー系などの)面接時にはスーツは着ずに私服で勝負してみる、というのもアリかもしれません。
  • 退職|女性の転職については、数年前と今とで多少の変化があります。

  • 女性の転職については、ここ最近と一昔前では少なからず、違いがあるようです。前は面接の際に会社側から、結婚と出産についての考え方について自然に女性たちに質問していたのですが、現代では、結婚や出産などについては、セクハラと捉えられるのを恐れて、質問しない企業、が増加傾向にあります。そしてまた、世間に名の知れた大企業ほど、この手の質問を露骨に避けるようになっています。けれども実際、面接する側はYES・NO、の2択ではなく、その女性の考え「結婚後も働きたいのか」「出産後はすぐに復帰するのか」などを当然、知っておきたいとは思っている事でしょう。自身の考えを理解してもらうためにも、自己ピーアールや志望した動機と混ぜながら言い表すことで、企業側にもしっかり伝わり、安心できると考えられます。そういうわけで、たとえ、聞かれてない箇所についても、こちらが先んじて気遣いつつ、答えておくとよいでしょう。
  • 転職の予定があるのなら、すぐに「年間報酬」の高望みはしないほうが良いです。

  • 新しい転職先で、いきなり年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。中でも、一年目の段階ではほとんどの場合試用期間を入っている企業が多数で、自分の例では、尽力して転職したというのに、予想とは裏腹に前の職場での稼ぎと見たところ同じということがありました。そのうえ、業務は多忙を極め、とても責任を伴い初年度は厳しかったです。そういった体験から初年度は、仕事を覚える期間として捉え、十分に転職するよりも前から貯蓄をしておいて、当面の生活を安定させるべきだと思います。
  • 退職|看護師という職業の人の違う職業に転職を決断する理由は…

  • 看護師のそれと違う職に「転職しよう」と思う原因はその人それぞれ。色々な事情があるはずです。ちょっとみると看護師からの転職するには「職場の中に付き合いづらい同僚や上司がいる」「結婚がきっかけで配偶者のこともあって出産それから子育て加えて家族の介護など、さまざまな変化によってこれまでと同じようには仕事が難しくなってしまった」「今の収入面で不満がある」というような問題が解消したいために転職されるのかもしれません。不満があるほど、急いで行動を起こしたくなりますが、それでも「どうして自分は転職しなくてはいけないのか?」と、頭を冷やして冷静に、客観視してみることも大切なことです。「実際に転職して現状が良くなるのだろうか?」ともう一度考えたうえで決断してみましょう。
  • 20代前半で転職を2回した為、いまは資格取得のため・・

  • 私は20代で転職を2回経験し、そして今、資格をゲットするべく「派遣社員」を選択しています。フルタイム勤務とは違うのでやはり手取りは以前よりも少ないです。ですが、前よりも心と時間的な余裕ができました。たまに、学生時代にいくつか取った資格を生かして仕事に活かしたかったという思いもあります。実際、そのような人を見るとうらやましいなと感じます。以前までの私はうまくいってる人と自分とを比較して、ガッカリすることもありました。結婚してから、生活自体が大きく変わり、将来の目標も決まり、自ずと生活が充実するようになりました。
  • 派遣というかたちで働いています。

  • 派遣で就業しています。派遣法の関連でやむを得ず、長く働いた会社での仕事が終了します。いっしょに働いている派遣の仲間の中には派遣で就業している会社で正規社員としての契約を得た方もいるのですがその理由としてはぶっちゃけ仕事の能力というよりは派遣先の上司の扱い方が得意な人で引き立てがあったよう。テクニカルスキルよりもおじさん転がし能力が大切なんじゃないのと選考に漏れた別の派遣のメンバーと職場でいつも愚痴っています。
  • 転職を行うにあたって、今働いている会社を退社する…

  • 転職に先立ち現在働いている会社を辞める時に「失業保険」を受けるための手続きをしなくてはなりませんが、もしも自分の希望により退職願を出して退社する、いわゆる自己都合退職の場合は、失業保険をすぐに受け取れません。手続きしたのち、失業したことがきちんと認められてから、3か月経ってやっと給付があるのです。よく間違って退社の1日後から3か月経過すれば給付されると誤解している人がいますが、この規則を知らない人が、ハローワークのスタッフの方が間違っていると言い張ってそれが原因でハローワークのスタッフとトラブルになっているのを見たことがあります。なお、社員側の都合ではなくリストラみたいな「会社都合」での解雇に遭遇したケースでは、失業認定を受けてからすぐに失業保険をもらえます。
  • 全くの未経験である業種などに転身したいと考えている場合には・・

  • 全くの未経験である分野などに転職したいと考えている場合には、自分が前の業界で培ってきた力や今まで経験したことが生かせるといった内容のアピールが必要です。経験をしたことのない業界の場合、その分だけその業種を経験している人よりも実際のところ、不足することはありますが、自分が保持している力がその場でも発揮できるということをしっかりと相手に話せれば、勝負になるケースはあり得ます。そんな訳で、経験のない業界に挑戦するときには、その分野とこれまで自分が働いてきた仕事内容とのつながりをできる限り探し出してみましょう。
  • 退職|再就職での面接などの時に名刺を手渡されたら、あなたも同様に名刺・・

  • 転職の面接などの場面で名刺を差し出されたとしたら、あなたも同じように相手の方に名刺を渡すべきか?と対応の仕方に悩んだ際は、大体は渡す必要のないもの、と頭に入れておいてください。転職のための面接においては仕事の一部ではなく、職に就くための就職活動内のことです。ですから一般的に名刺を交換する場ではないのです。また、あなたは立場上会社の人間としてではなく、あなた個人の問題でそこにいるわけです。そういった訳で、相手側から名刺を差し出されても、こちらはもらうだけで問題なくて、担当者に相手にあげることは少しもないと考えます。