退職|就職活動において、年収はとても重要なポイントです。

就職活動は、年収抜きに考えることはできません。

就職活動において、年収はかなり大事な要素です。面接において、大部分の会社で現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。ここで実際の年収より多く言って、多額の年収を獲得しようとしても、無駄な努力でしょう。なぜかといえば、「源泉徴収票」が必要となり、仮に一時的に信じてもらえたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、結局はウソがバレてしまうのです。トラブルに発展する可能性もあるので、現在の年収を正確に申告し、それに見合う希望年収額を設定するのがもっとも無難といえます。なお、今の年収が300万円の人が転職して500万円となる可能性はほぼあり得ません。もし、現在の年収が430万円であれば、希望年収額は、400~450万円と転職先に伝えておくべきでしょう。明白なウソは、転職活動の妨げになるばかりでなく、入社後のトラブルとなって、一時的に採用されたとしても、退職せざるを得なくなることもあるので、気をつけましょう。

自分が求職中のころかなり複数の人材紹介会社に登録していたのですが…

キャリアップしたいと思いたいへん多くの人材紹介会社に登録していました。その時に特に感じたのはサポートしてくれる担当者のレベルが驚くほど多種多様で大体は物足りないと感じる方ばっかりでした。こちらは人生かかっているのにもっと真剣に向かい合ってほしいという気持ちがこみあげてきてしまいました。その事がきっかけとなり自分がキャリアカウンセラーの道に進むことになりました。キャリアカウンセラーとして働くには資格が必要です。資格を取得するのは経済的な負担も増えましたし勉強においてもかなり大変ではありますが、仕事を探している方から信用される人間になるために努力しています。

退職|職を変えようと考えている時に注視する募集事項は、通常のものと…

転職をする時に目を光らせる求人情報については、参考程度に載っている、という可能性があります。そのため、載っている内容は100%正しいことだとは安易に信じないほうが賢明でしょう。中でも特に給料面においては、社員を平均して出した金額なのか?最低限もらえる金額であるのか?それとも最高値の金額であるのか?といった見解ができない人はたくさんいて自分の判断で読み取ってしまうと、悔いが残ることもあります。なので、そうならないためにも、求人情報というのは、うのみにせずに、そのような大切な事は会社に直に確認を取ってみた方が適切でしょう。

転職活動をしていく人で、次の仕事を始めるまでに時間が掛かりそう・・

転職活動をしていく人で、次の仕事を始めるまでにある程度時間があるのなら、忘れずに「失業手当」をもらっておいた方がお得です。これは現在の企業側が「雇用保険」を払っているのなら、手続きをすれば必ずだれでももらえます。また、ハローワークで手続きをしてくれます。もしも自己都合で会社を辞める形になったなら、3か月の待機期間があるのですが、今の企業の都合での退職や、残業時間によっては、日数をおかずすぐにもらえる場合もあります。さらに「失業手当」の金額については、会社で最後に受け取った月の近々の給料がもとになって失業手当の支給する額を計算するので「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の場合は、なるべく「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当を受け取る上ではお勧めです。

退職|直接雇用ではなく派遣という形態で仕事をする人が近頃…

派遣会社を利用して働く人が近頃は多くなってきています。もしも自分がが派遣社員として働く場合は、派遣先から支払われる1時間あたりの報酬がいくらで、どのくらいの額(割合)、自分に入ってくるかを可能であれば面接時に聞いておきましょう。派遣会社は、労働者を必要な会社に派遣してその見返りに、手数料を徴収していく仕組みで運営していますが、実際に派遣される労働者の取り分が不明確になっていることが少なくありません。50%以上の額を還元しているのであれば、比較的よいのですが、あまり情報開示をしない業者が多く、ひどいものだと3割だけ労働者に還元して、残りは全部自分のものにすることもかなりあります。なお、面接の際に答えてくれないような会社は、不都合な点を隠す傾向が強いので、極力別の派遣会社を利用すべきです。

もしもあなたが転職される場合は、前もって「資格」取得は考えておいて損はありません。

もしあなたが転職を予定しているのなら、前もって「資格」を取得しておいたほうが有利になります。また、仕事を続けているうちに、資格取得をしておくと、転職活動にそれを生かせるので、新しい仕事を探すのも簡単になります。といったわけで、在職中であり、なおかつ転職活動前の段階が資格取得においてのもっとも良いタイミングといえます。あなたが未来を考え、このあとに役立つ資格をとっておくと、現在の仕事を辞めたとしても悔やむことなく前に進めるはずです。しかも、資格を取ってからの転職活動では資格が味方をしてくれるので面接の際担当者に即戦力になる人材だと印象付けることができ、以前の職場より待遇が良くなる可能性が高くなります。

私たちの社会的環境において、将来、どんどん簡単な労働…

私たちの社会的環境において、これからぐっとシンプルな作業は機械に変換されてそして、必要なマンパワーはどうしても減っていきます。なぜならシンプルな労働は人間が作業するよりも機械でやったほうが圧倒的な作業量をこなせるからです。数量を計測したり、同じ動作を延々と繰り返すことは機械では当然何も不自由もありません。当たり前のことながら人と違って愚痴も言わない、疲れることもないし、不正行為をすることもないし、何より正確ですし、均一化できる強みもあります。そして、給与も発生しないのです。というわけで、労働力として人を使う理由がなさすぎます。ですから機械化されるのは必然ともいえますね。

退職|近頃はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」のほかに、…

最近、ウェブ上では、「就職斡旋エージェント」をはじめ、ヘッドハンティングを専門に行う会社をよく見かけるようになりました。あなたに特許を出した経歴があるなら、ヘッドハンティングの対象になりやすくなります。ヘッドハンティングを行う会社は、特許申請を行った人に限らず、研究開発で論文を書いた経験がある人や、「テレビや雑誌」で特集された人など、「功績」ある人を対象に、電話やメールで接触を図り、ヘッドハンティング用のネタにしています。仮にあなたが、ヘッドハンティングと思われることを言われた際には、心当たりを考えてみてください。めったにないことですが、ヘッドハンディングだと思わせて、登録料を請求する業者もあるらしいですが、その手の業者は明らかに嘘であるので無視しておくのが無難です。ヘッドハンティングは、登録企業が報酬を支払う形になるので転職希望者が払う必要はありません。

転職活動をする際は、履歴書と職務経歴書が必須といえます。

転職活動時には、履歴書と職務経歴書が必須だと考えられています。会社のほぼすべては履歴書と職務経歴書に記載されている内容を判断材料にして面接するかどうかを決めるため、なによりもこれらの書類の作成が重要です。単に穴埋めするだけでなく、記載内容が充実していることも大切です。「職務経歴書」は、今まで経験してきた職務の詳細に加え、可能な限り、アピールできる内容を書いておきましょう。さらに、過去だけでなく現職で挙げた実績なども有効です。たとえば売上〇%UPした等、わかりやすく記しましょう。作成の仕方がもうひとつわからない場合は、転職エージェントを活用したり、文章をチェックしてもらったりして自分の価値が高まるように、転職エージェントを活用してみるのも転職を成就するための選択肢として考えておきましょう。

いわゆるPCを使えばわかるけどネット上では、今では「転職に役に立つサイト」と呼ばれるも・・

今ではスマートフォンで調べればネット上では、「転職に関するサイト」に類するものが多くて困るくらいいっぱい存在します。サイトを見て自分自身の目的に合った転職先と思えるのを見付けるためには、まずは情報が大事ですから収集が欠かせません。このような転職サイトをしっかり使いこなすことで、効率的かつ満足度の高い転職先探しが可能です。正しいレビューなども載っている「転職サイト」がある一方、優良とは程遠い、粗悪な情報しか掲載していないサイトもあるので、充分に注意しておきましょう。利用して間もない頃は、信用に足るサイトかどうかを見極めることが大切ですから同ジャンルのサイトと比較しながら厳しく確かめてみましょう。

退職|長く接客業で勤務してきましたが、年齢を重ねると共に立ったまま行う仕・・

長く接客関係で働き続けてきましたが、歳をとるにつれて立ってする仕事は体力的にきついため、座って仕事を続けられる事務系のお仕事へ転職することを志して行動しました。事務未経験だと少々難しくて、そこで接客業の経験も活かすことができる受付兼医療事務を目指そうと思い資格試験にも合格し個人医院に転職することができました。周囲はベテランのパートさんばかりで人間関係に関しても難しい。いつも夜の勤務を押し付けられて、接客の仕事をしていた時よりも帰宅時間も遅いわけですが、とりあえずはキャリア形成をするんだと思って我慢します。

シフトのある仕事についての話なのですが、決まった・・

「シフト制」のある仕事についてです。決まった曜日に働ける人を募集している求人を頻繁に目にしますが、もし、応募しようと考えているなら休み方やシフトの出し方を面接の際にたずねておいた方が良いです。私は過去、産休で抜けた人の代役として、正社員として入ったのですが、「土日」固定となるシフトだったのですが、新入社員の私以外、誰も現場にいない状態という職場でした。産休に入った前任者が「土曜、日曜」にかならず出られる人だったので、私も出勤できる人と思われていたようです。実際「土日」に冠婚葬祭が入ったりした場合、シフトを変更してもらわなくてはならず、上司に「結婚式で休むので代わりに出ていただけませんか?」と私自身が頭を下げなくてはいけませんでした。立場も給料も同等なのに土日を私だけに任せるなんて…。思い出すと本当に腹が立ってきます。

派遣社員だからといって1年経ったらすぐ退職できるというわけではないことを…

派遣社員だからといって契約期間を迎えたら好きなタイミングで退職できるわけではないと実際に転職活動したことで実感しました。私は結婚し、落ち着いたら早く子育てに取り組みたかったので、子供ができるまでの期間のために約1年半~2年ほど現在の部署で仕事したかったので就職しました。常勤ではなく派遣社員としてだったので、正社員より月収は少なかったですが、それでも時間的な自由を優先するために、あえて選択しました。しかし、入社したあとに、一緒に働く人たちの大多数が10年~20年ちかくつづけて勤務していたのです。結論として派遣社員であってもすぐ辞められる雰囲気ではないと気づき、この先どうしたらいいのか、少し困惑しています。

もしあなたが再就職しようと考えた場合、「Uターン」「Jターン」「Iターン」において…

あなたが転職を視野に入れたとき、「Uターン」「Jターン」「Iターン」のように、都市部から郊外・地方に移住したうえで転職したい、と興味を持つ人が増える中、実行に移している人もたくさんいます。ネット社会の今では転職サイトを見れば、地方・郊外での求人情報にも手軽にアクセスできます。残念ながら地方での求人に関しては、どうしても選択肢が限られてくるのが事実、難点でもあります。なので、転職サイトを利用するのは当然ですが、求人サイトだけでなく、「地方自治体・商工会議所」などの情報サイトもこまめにチェックしておかれることをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」といった機関が開催する転職サポートのイベントにも見逃さないようにしましょう。

転職というものを考えるとき、転職後の自分の給料について気にする人…

転職を考えるとき、転職後の給与について気にしすぎる人がわりといるようです。とうぜん大多数は仕事というのは収入を得るため、行うものです。ですから生活費を給与として得るべく仕事をしているはず。年収というのは自身がどのくらい評価してもらえるか、という面もありますから大切なものであることは当然なのですが、でも、愚かにも年収額に固執しすぎる生き方というのもさみしいものです。それより収入に直結しない仕事であっても精神的な成長を遂げられるチャンスは普通に転がっているからです。

『なるべく早く転職をしたい!』という願望があって、その意志が抑えられないくらい強いものであるなら、…

『今すぐ転職したい!』と思っていて、その意志が抑えられないくらい強いものであるなら、すぐに上司にそのことを伝えるべきです。なぜならばそのときに曖昧な表現をしてしまうと、状況によって言いくるめられる確率が高くなるので気をつけましょう。実際に私も上司へ転職の相談をしたのですが、スンナリと受理されずに結局、およそ半年、予定が伸びてしまいました。退職したいことをはじめに、直属の上司に相談をしたのが年度末でしたが、数ヶ月働くことになり、退職が認められたのは同年の11月です。本当ならは区切りの良い年度末いっぱいで辞めたかったのに、思うようにはいきませんでした。会社サイドとしても、人事の都合があるのかもしれませんが、スタッフの要望を聞かずに、上司を含め、会社ぐるみでズルズルと伸ばされたので、ほとほとなんだか信頼はなくなりました。