転職の面接で着用するスーツのカラーにおいては、新卒の人たちが就職活動…

退職|転職時の面接でいるスーツの色味については、新卒の方が就活…

仕事の面接で着るスーツのカラーは、新卒の就職活動の際に身に付ける色味が基本です。つまり、黒や紺のような暗いカラー、ということになります。それが、再就職のケースであっても、着用するビジネススーツのカラーはこういうダーク色が大多数を占めていて、他の色のビジネススーツの人はほぼ見かけることはありません。それ以外の色と言うと、たまにグレーの人がいるくらいで、ほぼ紺色や黒色のスーツを着ている人が大多数なのです。ですから、会社側から見てもそういった色が普通です。ですから、見た目の印象という面ではおすすめしたいのです。

退職|前は「転職サイト」を活用するより、いつも「ハローワーク」を利用していました。

前は「転職サイト」よりも「ハローワーク」を優先していました。その理由は、大抵の転職サイトは、特性上、都心部にある会社の求人ばかりだからです。そのために、求人を探す時は、「ハローワーク」のみ使っていました。求人募集をしている多少企業数や、給料などの条件は若干見劣りするのですが、昔から地域に根ざした企業もあり、安心できます。「聞いたことのない企業ばかりで不安」と思われている方もいるはずです。思いのほか、思いがけず理想の企業もあるかもしれないので転職予定の方は、参考までにハローワークへ1度行ってみることをお勧めします。人気の転職サイトのように多くの電話・メールが頻繁に送られてくる心配もありません。

転職サイトや転職エージェントなどを活用し、転職活動を行う人はますます増えています。

転職エージェントや転職サイトなどを使用して、転職活動するといった方法は最近人気です。そうとはいえ、転職についてよりよい結果を得たいのであれば、転職フェアの利用がおすすめです。転職フェアは、多くの企業は一堂に会しており、参加することでいろんな企業について知ることができますし、それに加え、そこで説明してくれるスタッフから、企業の雰囲気を感じられるはずです。これから、転職フェアに参加するのであれば、面接に挑戦するつもりでしっかりと自分をアピールしましょう。運よくフェアに参加している間に、企業側から良い人材と見なされれば、後に面接に進む際にアドバンテージになります。

転職活動では、それなりに準備をしなくてはなりません。

転職活動をスムーズに行いたい場合、然るべき準備は不可欠です。そのなかでも、目に見える服装は気になっても仕方がないと思います。ですが、ここ最近の、採用面接に関しては私服で大丈夫な企業があるので、スーツを着て赴く必要はありません。会社の創設したての新規の企業などは、柔軟な考えをしていることが多く、私服で面接したほうが、良い印象を持ってもらえます。そして、正装ではないので、ざっくばらんに話をしやすくなります。そして私服なら、面接中、ファッションについて、話もしやすいですから、うまくいけば面接担当者へのアピールにもなります。ということで、今から転職は会社の「設立した年」をチェックしてみて、(ベンチャー系の)面接時には正装はせずに私服で挑んで見るのも良いかもしれません。

女性が再就職する際、セクハラが社会的に問題になる前と今日と・・

女性が転職するに当たって、ここ最近と数年前では少なからず、変化があるといいます。以前は面接の場で、未婚者なら結婚の予定などのことに関して、一般的なこととして女性に質問していたのですが、今現在はその手のデリケートな内容は、「セクハラ」にあたるとして、質問を避ける企業が増えています。また、世間に名の知れた大きな会社の場合は、神経を尖らせているようです。けれども実際、面接する側は〇か×で返答するのではなく、その人の生き方、結婚した後は退職するのか、出産後の具体的な予定を当然、知っておきたいと思っているはずです。自らの価値観を伝えるためにも、志望動機・自己PRの中に織り交ぜながら言い表すことで、面接担当官にも認識してもらえ、判断してもらいやすくなると思うわけです。ということで、たとえ、質問されていない部分も、先にあなたの側から気遣いつつ、話をしてみると良いでしょう。

新しい仕事に就きたいと考えているのなら、すぐに「年収」を高望みしないほうが無難です。

転職先にて、「年間報酬」を高望みしないほうが無難です。中でも、入社したはじめの年は、ほぼほぼ「試用期間」が入っている会社がことが考えられます。私の場合はせっかく転職したのに、予想とは裏腹に前職の年間報酬とあんまり同じということがありました。そして、業務もきつく、責任も重大だったために、1年目を越すのも本当に状態でした。そういった経緯から転職1年目は、仕事を覚える期間として捉え、なるべく転職する前に貯蓄をしておいて、当面の生活を安定させるべきだと思います。

看護師の違う職に転職に至る理由は、人それぞれです。

看護師という職の人の転職を決断するキッカケは、一人ひとり違います。ちょっとみると看護師が他の職業への転職には「職場の中に気の合わない上司や同僚、お客がいる」「結婚で家庭環境の変化によって子育てそれに親の介護など、いろいろな仕事環境の変化など、これまでのようには働き方ができなくなった」「現在の給料に不満を感じている」など、さまざまな理由が考えられます。環境を変えたい気持ちは分かりますが、転職を決める前に「なぜ、自分は転職する必要があるのか?」と、今一度時間を掛けて再度、現状認識をしてみることもしてみてください。「実際に転職して現状が良くなるのだろうか?」と再考してから決断すれば間違いが減らせます。

これまで20代前半に転職を数回行い、そして今、資格取得のために…

これまで20代前半に転職を数回経験し、そして現在、資格をゲットするべく派遣社員として企業で働いています。フルタイムの勤務とは違うので毎月の収入が少なくなってしまいました。前よりも心と時間的な余裕ができました。たまに、学生時代に資格を取得し、就職できれば良かったのに、とは思います。実際にそのような人を見てしまうと羨ましいと見えてしまいます。これまでは、成功している人と自分との違いに何度か劣等感を感じることもありました。今では結婚して生活自体が大きく変化し、明確にやりたいことを見つけたので楽しく日々を過ごしています。

派遣で勤務しています。派遣法とか労働契約法の関連で不本意に…

派遣社員として勤務しています。労働契約法のからみで不本意にも長く勤務してきた派遣先の会社での仕事がもうすぐ終了します。同じく派遣で働いている人の中には派遣の就業先で正社員のポストをつかみ取った人もいるのですがその理由としては正直仕事ができるわけではなく派遣先の上司へのごますりが得意な方でそれで採用された感じ。仕事のスキルより上司のおじさん転がしスキルが大事なのだろうと選考に漏れた他の派遣のメンバーと文句を言う毎日です。

転職をするために現在勤めている会社を辞める時に「失業保険」をもらうための手続きをしておく必要があるのですが・・

転職のために現在働いている会社を退社する時に「失業保険」を受けるための手続きをしなくてはなりませんが、あなたのほうから退職願を提出して会社を辞める、いわゆる依頼退職においては失業保険が即座にはでません。手続きしたのち、失業したことがきちんと認められてから、3ヶ月経ないともらえないのです。よく間違って退社した日の次の日からキッカリ3ヶ月で受け取れる、と誤解しないようにしてください。実際に誤解してしまった人が、ハローワークの職員の方が間違っていると思い込んでその結果ハローワークの職員さんとトラブルになっているのを見たことがあります。ですが、自分側の都合ではなくリストラなど、「会社都合」での解雇のケースでは、失業認定を受けたのち即座に失業保険をもらえます。

退職|全くの初挑戦となる業界などに転業を考えるときには、自分が以前の職…

全くの初挑戦の分野などに転職したい時には、以前の業界で培ってきたスキルやこれまで経験したことを発揮できるといった内容の自己アピールがいるようになります。勤務経験のない業種の場合、経験のない分そのジャンルで経験してきた人たちよりも足りない部分はありますが、自分の持っている能力がそのジャンルでも十分に生きるということを相手に言えば、戦えるケースも考えられるのです。そんな訳で、経験のない業種に挑戦する場合は、その分野とこれまでに自分がしてきた仕事内容とのつながりを必ず発見しましょう。

退職|転職の面接などの場面で面接担当者に名刺を差し出された場…

再就職での面接などの時に名刺を差し出してきた場合、自分も相手の方に名刺を渡すべきかどうかと対応の仕方に迷ったら、大方は渡さなくても良いと覚えておいてください。面接というものは仕事内のことではなくて、就職活動の一環なわけですから、大方は名刺を交換する時とは違います。また、会社の人間としてではなく、個人的な問題でこの場にいるわけです。したがって、もし相手の方から名刺を渡された場合であっても、あなた自身は、ただ受け取るだけで大丈夫で、相手の方にあげることはないと判断できます。

退職|求人広告には、大部分の場合は月の収入が明記されています。

求人関連の情報を見てみると、多くの株式会社では月の給与の記載に目が行きますよね。ただしこの月収をチェックする時には、しっかり確認する事が大事です。値だけで判断しないほうが無難です。案件によっては、月収の金額の中身が「毎月30時間の残業」が条件になっているかもしれません。残業代の金額を含めて計算することで魅力ある案件に見せて、人材を確保しようとしている所があるからです。また、「歩合給」を基本給以外に考える、という案件も要注意です。歩合箇所を相当に盛って、月収を多めに見せている会社もあったります。そういうわけで、このような表記された数字どおりとなる見込みがない会社にははじめから相手にしないほうが無難です。

退職|転職活動を始める場合、まず、ウェブ上の求人サイトを見たり…

転職を行うにあたっては、はじめに、ハローワークの求人票を見たりして気になる会社を調査するとは思います。とはいっても、その会社が情報を掲載する際には、コンサルタントから指導を受けていることが多いです。彼ら(コンサル)は、会社に不都合な情報を隠すプロでもあります。仮に公開するとしても遠回しな表現に徹します。そういった「社長インタビュー」などに関しては、額面通りに捉えるのではなく、半信半疑で聞いている方がいいです。もしも書かれていたことを信じて入社してしまった場合、「話が全く違う」と後々、後悔したり、場合によってはトラブルに遭遇するおそれもあります。悪意ある会社は、バカ正直な人間を取り込み、その後、様々なイチャモンをつけていかにして辞めさせないようにするか画策しています。このようなブラック企業には気を付けましょう。

数年前は求人情報では、募集条件の中に「性別」まで、記載されているのが一般的でした。

昔の求人誌に雇用主が必要とする「性別」について、明記されていました。しかし現在では、男女雇用機会均等法の施行等により、男女差別が採用時にしてはいけないルールが敷かれ、求人情報の概要に「性別」が記載されないまま、現在に至ってます。とはいうものの、募集情報を出す企業は、男性・女性どちらでも等しく採用するとは限らないのです。ですので、実際は男手を必要としている業種に、女性の応募が殺到したり、その反対に女性が必要な案件なのに、男性が応募してきたり、といった問題も他人事ではないのです。求人情報で女性活躍等とアピールする案件では、女性を希望しているのだと考えると良いでしょう。

退職|先週転職のために人材会社へ登録に向かいました。

昨日新しい仕事先を見つけようと人材バンクへ登録に向かいました。私のカウンセリングのために現れた担当者の雰囲気が見たところ学生と見間違うほどの若い社員で、こちらが説明していることの5割ほどもその社員は理解ができていない感じ。しかも「キャリアデザインが甘すぎますね」とか「もっと自分の強みを知ることが必要です」とか、一人前のように偉そうに言うから非常に不愉快でした。カウンセラーはそれなりにカウンセリングのスキルがある方にしてほしいと思います。