女性が転職する場合、現在と数年前では少なからず、変化があるといいます。

女性の転職に関しては、一昔前と今とで少なからず、違いがあるようです。

  • 女性の転職に際して、数年前と今とで若干、違いがあるようです。前は面接の際に、結婚観や結婚後の予定に関して、ごく当たり前に質問されることが多々ありましたが、現在の流れとしては、その手の内容は、「セクハラ」に該当しかねないために、質問を避ける企業、が増加傾向にあります。そしてまた、世間に名の知れた大企業の場合は、この手の質問には神経を尖らせているようです。けれども実際、会社側は、はい・いいえ、の2択ではなく、その女性の生き方、結婚した後は退職するのか、育休の取得が必要なのかどうかなどを漠然とは知っておきたいとは思っています。自らの人生設計を理解してもらうためにも、志望した動機や自己PRと並行して言い表すことで、相手側にもしっかり伝わり、また、モヤモヤも解消できると思うわけです。聞かれてない箇所についても、こちら側から企業にとっては必要な情報と捉え、話を進めていきましょう。

  • 転職を考えているのなら「年収」を高望みしないほうが無難です。

  • 新しい仕事に就きたいと考えているのなら、すぐに年収に関して高望みはしないほうが無難です。とりわけ転職したはじめの年度は、大概「研修期間」を含んでいる企業も可能性は少なくありません。自身の転職では、四苦八苦して新しい職を見つけることができたのに、予想に反して前いた会社での年間報酬とあまり変わりませんでした。それに、業務は多様で忙しく、責任のあるもので、初年度をクリアするのにものすごく苦労しました。そういった経験を踏まえると、1年目は、勉強に充てる年と捉えておき、出来る限り転職前にお金をためて気持ちに余裕をもたせた方が良いと思います。

  • 看護師という職業の人のほかの職業に転職に至る理由は…

  • 看護師のほかの職に転職の理由は人によりけりです。ちょっとみると転職するには「職場に自分と相性の悪い上司・同僚がいる」「結婚でライフスタイルの変化によって出産それから子育てなど、いろいろな変化によってこれまでと同じような仕事が難しくなってしまった」「稼ぎに不満を感じている」というような悩みが考えられますね。でも、実際に転職される前に「なぜ、自分は転職する必要があるのか?」と、ゆっくり沈着冷静にそして客観的に見つめ直すことも忘れずにやっておきましょう。それは本当に転職するに値する妥当なものであるのかどうか、再考したうえで決断すれば間違いが減らせます。

  • これまで20代前半までに転職を数回で、現在、資格の勉強をしながら、…

  • これまで20代前半の時点で転職を数回し、現在、資格を取得したいので「派遣社員」で勤務しています。フルタイム勤務でないため、毎月の収入が少なくなってしまいました。ですがその分、前よりも心と時間に大きな余裕が生まれました。学生のうちに資格を手に入れて、仕事できたらムダがなかったのにな、とは思います。やはり、身近にそういった人を見てしまうとかなり羨ましいと思ったりもします。以前までの私は自分と比べてしまうことがガッカリすることもありました。今は結婚を契機にがらりと生活環境もかなり変わり、前よりも将来の目標も決まり、私も新たな目標に向かっています。

  • 派遣で働いています。労働契約法の関連で残念ながら馴染みのあ…

  • 派遣というかたちで働いています。派遣法や労働契約法のからみで不本意ですが長い期間働いた会社での仕事があとわずかで終わります。同じ派遣の人の中には、派遣先の企業で正社員の条件をゲットした人もいるのですがはっきり言って仕事の腕とは関係なく派遣先の上司の扱いがうまい人でそのおかげでで採用された模様。仕事の能力よりもおじさんにゴマをするスキルの方が重要なんじゃないのと別の派遣仲間と職場で毎日文句を言ってます。

  • 転職をするために現在勤めている会社を辞める時に失業保険の給付を受けるための手続きが必要ですが、…

  • 転職を目前にしているなら、今働いている会社を辞める時に失業保険をもらうための手続きをしなければいけませんが、もし自分の希望により退職届を提出して退職する、いわゆる自己都合退職の場合は、すぐさま失業保険が給付されるわけではなく手続きを行い、失業したことが認められてから3か月待たないと受け取れないのです。よく勘違いして退社の1日後からちょうど3ヶ月でもらえる、と勘違いしないように注意しましょう。実際に勘違いしてしまった人が、ハローワークのスタッフの方が間違っていると言い張ってハローワークのスタッフと口論になっているのを見たことがあります。加えて、退職者の都合ではなくリストラなど会社都合で解雇されたときには、失業認定を受けて即座に失業保険が給付されます。

  • 全くの未経験の業種などに転業するときには、自分が前の会…

  • 経験のない業種などに転職したいと思っている場合には、以前の会社で育んできた力やこれまでやってきたことを生かすことができるという内容のアピールがいるようになります。働いたことのない業界の場合、それだけその業種で働いたことがある人よりも事実、不公平な状態になりますが、自分が保持している力がそこでも十分に生かせるということをしっかりと相手に言えば、勝負になることも十分に考えられるのです。それゆえ、未経験である業種に挑むときには、その業種とこれまでに自分がしてきた職務との関係をできる限り探しましょう。

  • 再就職での面接などの時に面接担当者に名刺を渡された…

  • 再就職の面接などの場面でもし名刺を手渡されとしたら、こちらとしても名刺を相手側に渡す必要があるのか?ないのか?と迷ったときは、おおむね渡す必要はないと頭に入れておきましょう。面接においては仕事ではなく、就職活動内のことになるのです。ですから普通に考えれば名刺を交換する時間ではないのです。それに加えて、あなたは会社の人としてではなく、個人の問題でこの場にいるわけです。そういった訳で、相手の方から名刺を渡された場合であっても、こちらは、ただ受け取るだけで問題なくて、面接担当者に相手側にあげる責任はないと思います。

  • 退職|求人関連の情報を見てみると、大部分の場合はまともな株式会社では…

  • 求人についての情報を見てみると、とうぜん大部分の職場では月にもらえるお金が明記されています。しかしこの月収の箇所を頭に入れる時には、深く確認する事が欠かせないです。額の多い少ないだけ見てわかってしまわないようにしましょう。そのわけは企業によっては、月収の額の内訳に「毎月15時間分の残業」を前提に計算されている可能性もあります。要するに残業代の金額を含めて好条件であるかのように見せ、人材を募集しているケースも少なくないのです。また、基本給プラス歩合給で、歩合の割合をかなり多めにした上で、月収を高く見せているケースもあるんです。だから、こうして可能性の少ないケースを誇張しながら、人を集めるような会社は「ブラック企業」な可能性も高いので、警戒しておきましょう。

  • 転職するのなら、あらかじめ、ハローワークの求人票や求人雑誌、あるいはインターネット上の求人情報を見たり…

  • 転職活動の際は、始める前に、求人票を見たり、ウェブ上の公式サイトを見たりして転職したい会社を調べると思います。ところが、その会社が情報を公開するにあたっては、コンサルタントからアドバイスを受けていることが少なくありません。コンサルタントはいかに、会社にとって都合の悪い情報を隠せばいいか、たとえ公表するとしても遠回しな表現に徹します。そういった類の社員の声や社長のインタビューについては、それを鵜呑みにするのではなく、話半分で捉えておいた方が良いでしょう。もしも情報を信じて入社してしまった場合、「こんなはずじゃなかったのに・・・」とあとになってから後悔しかねません。悪意ある会社は、素直な人材を効率的に取り込んで、その後は、難癖をつけながらいかにして辞めさせないようにするか考えています。この手のブラック企業には注意しましょう。

  • 今までは求人情報に募集条件の中に「性別」について、記載されていました。

  • 一昔前の求人誌では、募集要項の中に「性別」について、ハッキリと記載されていました。しかし今では、男女雇用機会均等法が施行され、採用時、男女の差別をしてはいけないルールができて、求人情報の条件に男女の文字を見ることはなくなりました。そんな変化があるものの、求人募集をしている企業は、性別関係なく採用するかといえば、そんなことはないはずです。現実問題として、男性が必要な会社に女性の応募が殺到したり、女性が必要なのに男性が応募してきたり、といった問題は誰にでも起こる可能性があります。もし、「女性が活躍している職場です」とアピールしている場合、雇用主が「女性」を必要としている、と捉えておいたほうが良いといえます。

  • この前転職先の会社を探すために人材紹介会社へ登録に出向きました。

  • 数日前転職の準備をしようと人材紹介会社に登録に足を運びました。そこでカウンセリングをするために現れた担当の方が見た感じ会社に入って間もない社員のようで、こちらが説明していることの3分の1も彼はわかっていない模様。さらに「このキャリアデザインではダメですね」とか「もっと強みを明確にしていくべきです」とか、わかったように偉そうに話すのでとっても不愉快でした。カウンセリングを担当する人は多少は社会人を経験している人にしてほしいと思います。

  • 就職活動において、年収はとても大事なポイントです。

  • 就職活動において、年収は極めて大事な要素です。面接では、大半の会社で現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。このとき本当の年収より多く言って、高額な年収を確保しようと試みても、無駄な努力でしょう。というのは、「源泉徴収票」が必要なため、たとえ一度は信じてもらえたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、結局は虚偽の申告をしたことがバレていまいます。ヘタをすると、トラブルに発展しかねないので、現在の会社での年収を正直に申告し、それに釣り合う希望年収額を設定するのがもっとも無難といえます。例をあげると、年収300万の人が転職後すぐに500万円となる見込みは普通はありません。もし、年収が400万なのであれば、希望は400~450万円であると転職先に伝えておくことをおすすめします。あからさまな嘘は、転職活動でのトラブルばかりでなく、入社後のトラブルとなって、せっかく入社した会社を退職しなければならないという事態になる恐れもあるので、気をつけましょう。

  • 私はかつてかなり複数の人材紹介会社に登録していたのですが…

  • 私が仕事を探していた時期にかなりいくつかの人材紹介会社に登録していました。転職のアドバイザーの質も多様でほとんどの場合、適当な対応をする方ばかりでした。こっちは人生の大事な事なのにもっと一生懸命に向き合ってほしいという願いが膨れ上がりそのことが契機となって自らキャリアカウンセラーを志すことになりました。キャリアカウンセラーの資格の取得はお金もかかったし資格取得のための勉強もかなり大変ではありますが、求職中の人から頼ってもらえる人になるべく頑張っています。

  • 転職をする際に注意を向ける募集内容は参考程度に、アバウトに…

  • 仕事を探しているときに気にかける募集事項については、基準的なものとして、アバウトに書かれていることもあり得ます。そのため、情報として書いてあることを何もかもが正確なことだとは安易に信頼するのはやめておいたほうが最善でしょう。中でもとりわけ生活に大きくかかわってくる報酬においては全社員を平均した値なのか?最低限もらえる金額であるのか?それとも最高値の金額であるのか?という判断ができないことが多く、自分勝手に判断してしまうと、後悔することになる事も少なくありません。そんな訳で、後悔しないようにするためにも、求人情報はだいたいのものだと考えて、そういったとても大事な事は会社に直に聞いてみた方が適切でしょう。

  • 今年中に転職活動を考えている人で、次の仕事を始めるまでに時間があるのなら・・

  • 今から転職予定がある人で、次の仕事をする前にある程度期間があるのなら、ぜひ失業手当をもらうことをおススメします。これは会社でもし「雇用保険」を払ってくれている場合は、申請をすれば必ずだれでももらえます。詳細の手続きについては、「ハローワーク」で行う必要があります。しかし自身の都合によって仕事を辞めた場合は、「自己都合」として処理されるので、失業手当が受給されるまでの待機期間(3ヶ月)ありますが、働いている会社都合での退職や、残業時間によっては、日数をおかずすぐに受け取れることもあります。このときの、支給される失業手当の金額は辞めた月の給料がもとになって手当の額を計算するので現在の会社に「閑散期」「繁忙期」の波がある業種の人は、「繁忙期」後に辞めるのが無難です。