派遣で就業しています。派遣法の関連で残念ながら長くお世話になっ・・

派遣として働いています。労働契約法の関係で残念な・・

  • ある会社に派遣されて働いています。派遣法や労働契約法のからみで残念ですが馴染みのある就業先での仕事があとわずかで終了します。派遣仲間の中には、派遣の勤務先で正規社員のポストを手に入れた方もいるのですがその理由としてはぶっちゃけ仕事の腕がよいというよりは派遣先の上司へのあしらいが上手でそのおかげでで採用された模様。業務上のスキルより上司にゴマをする能力の方が大切なんじゃないのと選考に漏れた他の派遣の同僚と派遣先の職場で愚痴る日々です。

    退職|転職するにあたり、現在働いている会社を退社する時に「失業保険」を受けるための手続きをしなくてはなりません…

  • 転職を目前にしているなら、今働いている会社を辞める時に失業保険受け取るための手続きをしなければいけませんが、仮に自己都合で退職届を提出して会社を去る、いわゆる自己都合退職であった場合は失業保険はすぐには出ず手続きを行い、失業したことが認められてから3か月待たないといけないのです。よく勘違いして辞めた次の日からちょうど3ヶ月で受け取れるワケではありません。実際に勘違いしてしまった人が、ハローワーク側にミスがあると主張してそれが原因でハローワークのスタッフと喧嘩をしているのを見たことがあります。例外として、労働者側の都合ではなくリストラなど会社側の都合による退職のときには、失業認定を受けてから直ちに失業保険が給付となります。

    初挑戦の業種などに転身を考えるときには、前の会社で養われたスキル…

  • 経験したことがない業種などに転業したい場合には、自分が前の職で養われた能力やこれまでやってきたことを生かすことができるという訴えが必要になります。勤務経験のない業種の場合、経験のない分だけその業種で勤務したことがある方よりも正直、損にはなりますが、自分自身の持っているスキルがそこでも生かせるということを話すことができれば、戦える場合もあり得ます。それゆえ、未経験であるジャンルにチャレンジする際には、その分野と自分が今までやってきた仕事内容とのつながりを可能な限り発見しましょう。

    転職の時の面接などの際に担当者が名刺を差し出してきた場合・・

  • 再就職の時の面接などの際に名刺を渡してきた時、こちらとしても名刺を相手側に渡す必要があるのか?ないのか?と迷ったら、普通一般的には差し出す必要のないもの、と覚えておいてください。転職のための面接というものは仕事の一環ではなく、職を得るための就職活動内のことになるので、基本的には名刺を交換する時間とは違います。それに加えて、あなたは立場上会社の人間として出向いているのではなく、あなたの問題でこの場にいるわけです。なので、もし相手側から名刺を渡されても、あなたは、ただもらうだけで大丈夫で、相手にあげる必要性はまったくないと推測できるのです。

    求人関連の情報では、多くの企業では月にもらえるお金の記載に目が行きますよね。

  • 求人関連の情報誌やサイトを見てみると、大部分の場合は大部分の会社では月の給料の記載に目が行きますよね。この月収の項目を頭に入れる時には、注意して確認する事が欠かせないです。その数字だけを見て納得してはいけません。何故かというと会社によっては、月収の内訳で「毎月15時間分の残業」が条件になっているかもしれません。そういうことは残業代を入れて好条件であるかのように見せ、人材を募集しているケースも少なくないのです。また、「歩合給」をつけると表記している案件にも注意が必要です。歩合の割合をかなり多めにした上で、月収を高く見せている可能性も考えられます。だから、その手のよく分かっていない人たちを扇動しながら人材募集を掛ける会社ははじめから相手にしないほうが無難です。

    転職するのなら、前もって、ウェブ上の求人サイトを閲覧したりして…

  • 転職活動を行うにあたっては、事前に求人票を見たり、ウェブ上の公式サイトを閲覧したりして興味のある会社を調べるでしょう。その会社が情報を公開する際には、コンサルタントが主導している場合が少なくありません。コンサルタントは、会社の利益とならない情報を隠す特徴があります。たとえ公表する場合でも遠回しな表現に徹します。その種の会社情報や社員のインタビューについては、すべてを事実だと考えるのではなく、疑いながら読むべきでしょう。言葉を額面通りに受け止めてしまうと、「話が全く違う」と後々、後悔するおそれがあります。悪徳会社は、素直な人間を効率的に集めて、その後、いろんな難癖をつけて会社を辞めれないように画策します。この手のブラック企業には注意が必要です。

    前の求人誌には、雇用主が求める人材の「性別」まで記載されていました。

  • 一昔前の求人情報では、雇いたい人の「性別」まで当然のように記載されていました。ところが最近では、「男女雇用機会均等法」が施行された影響もあり、男女の求人や、採用での差別をないようにしないといけないとして、求人情報に男女の性別を記載しないようになりました。しかし募集する企業側には男性・女性のどちらでも良い、とは本心では考えていません。現実に、実際は男性を希望の案件に女性が応募してきたり、女性希望の会社に男性が来てしまったり、といったような問題が起こりうる可能性があります。もしも、「女性が活躍できる仕事場です」とアピールしている場合、会社側が「女性」を必要としている、と認識しておくトラブルを避けられます。

    先日転職活動の一環として人材紹介会社へ登録に行きました。

  • 先日転職の準備をしておこうと人材紹介会社へ登録に足を運びました。そのときカウンセリングを行いに出てきた担当の人の雰囲気が見たところ新入社員みたいで、こちらが説明していることの3割も理解ができていない感じ。しかも「キャリアデザインがよくないですね」とか「きちんと自分の強みと弱みを知っておく必要があります」とか、ベテランのように横柄に話すから大変不快でした。カウンセリングをする人はそれなりに仕事の経験がある方にしてほしいものです。

    就職活動において、年収は非常に重要な要素です。

  • 転職活動をしていれば、必ず「年収」の話題が上がってきます。面接の時、ほとんどすべての企業で現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。ここで現実にもらっている年収よりも多めに申告し高額な年収を獲得しようとしても、無駄な努力でしょう。「源泉徴収票」が必要なため、一度は騙せたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、結果的にウソがバレてしまうのです。トラブルの原因になることもあるため、現在の年収を正確に相手に伝え、それに釣り合った希望年収額を設定するのがもっとも無難といえます。ちなみに、現在の年収が400万円の人が、急に年収500万になるようなことはほとんど場合ありえません。仮に、年収が400万なのであれば、希望は400~450万円であると転職先に伝えておくのが正しいです。悪質とも思えるウソの申告は、転職活動を苦境に追いやるどころか、入社後のトラブルとなって、一時的に転職先に合格をもらったとしても、その後、退職しなくてはいけなくなるおそれもあるので注意が必要です。

    自らが転職を考えていた時期にいくつかの人材紹介会社に登録していました。

  • 自らが仕事を探していた時期にかなり多くの人材紹介会社に登録していたのですが、その時に感じたこと、それは転職のアドバイザーの質も驚くほど多様で大体の場合、物足らなく感じる方ばっかり。こちらは人生がかかっているのにもっと情熱をもってに向かい合ってほしいという考えがいっぱいになりました。その事がきっかけでキャリアカウンセラーの資格を取ることにしました。資格取得には支出が増えました。それに加えて勉強においてもとてもきつかったのですが、就活中の人にあなたが担当者でよかったと言ってもらえる存在になるべく努力しています。

    仕事を変えようとしようとしている時に閲覧する募集事項の情報というの…

  • 再就職を考えている時に注意を向ける求人内容については目安として、アバウトに載っていることもあり得ます。そのため、記載されている内容はすべて正しいことだとは安易に信じないほうが最善だと思います。中でもとりわけ生活に大きくかかわってくる報酬の額などにおいては、社員を平均した額なのか?最低限保証されている給料であるのか?一番高い給料なのか?というような読みができないケースが多く、適当な判断で読み取ってしまうと、後になって嫌な思いをする確率もあり得ます。なので、悔しい思いをしなくて済むように、求人情報というのは、参考程度に考えて、そういったようなたいへん重要なことは会社側に直接確認を取ってみた方がよろしいでしょう。

    転職される人で次の仕事を始めるまでにまだ時間が掛かりそうな・・

  • これから転職活動をしていく人で、次の仕事を始めるまでにある程度期間がある場合は、ぜひ「失業手当」をもらっておくことをお勧めします。この手当ては勤めている所属する会社がきちんと「雇用保険」を支払っていた場合は、手続きをすれば失業手当を誰でも受け取ることができます。詳細の手続きに関しては、「ハローワーク」で行います。もしも自己都合での退職なら、失業手当が受給されるまでの待機期間(3ヶ月)ありますが、会社都合での退職、あるいは残業時間次第では即、受け取ることが出来たりもします。さらに支給される「失業手当」の額は、会社で最後に受け取った月の直近の給料を軸に失業手当の支給する額を割り出されるので働いている会社に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の場合は、なるべく「繁忙期」後に辞めるのがお勧めです。

    派遣社員として働く人が近時増えてきていますが、この先、派遣社員として働く予定があるなら、派遣先から支払われる1時間あたりの報酬がどのくらいで、…

  • 派遣会社に会員登録して働く人が最近では増加する傾向にあります。派遣社員として働く場合は、派遣先の企業から支払われる一時間あたりの報酬がいくらで、そのうちいくらが自分の給与として支払われるかをなるべく面接のときに確認しておくべきでしょう。派遣業は、人材を必要としている企業に人を派遣してその見返りにお金を会社に支払う形を取っています。実際に派遣される労働者の取り分が不明確になっていることがほとんどです。50%以上を還元しているのであれば、まだよい会社ということができますが、情報開示に積極的でない業作も多く、気が付くと2割だけ労働者に還元して、残りは全部自分のものにすることも珍しくありません。面接時、誠実に返答してくれない派遣業者は、隠ぺい体質であることが多いので、極力異なる派遣会社のもとで登録されることを推奨します。

    退職|もしも転職を予定しているのなら、あらかじめ「資格」を取得しておくと有利になります。

  • もしもあなたが転職をするなら転職する前に考えておいて損をしないのが資格の取得です。また、在職中に資格取得しておくと、転職でそれを生かせることができるので、新しい仕事を見つけやすくなります。ですので、資格取得は、在職中であり、なおかつ転職活動前の段階がもっともよいタイミングです。再就職を考えているなら、このあと役立つ資格を持っておくと、現在の会社を退職後も躊躇なく次に進められるはずです。さらには、資格を保有することで転職活動の幅は資格が味方をしてくれるので、面接時に担当者に即戦力になる人材だと判断され、以前より待遇が良くなる可能性が高くなります。

    退職|私たちの労働環境は、これからシンプルな作業は機械で済まされるようにな…

  • 将来的に、一段とシンプルな作業は機械によって人員はどうしても削減されます。そのワケは、シンプルな労働という観点では人の手を借りるよりも機械でやったほうが比べられないほどすぐれているからです。数を数えたり同一の動作をずっと繰り返したりすることは機械では当然へっちゃらです。もちろん人と違って言い訳することもないし、疲れることもないし、不正をすることもないし、正確な作業ですし、均一化できるメリットもあります。さらに、給与が発生しないのもメリットといえます。このような観点から労働力として人を使う理由が到底なさすぎます。ですから機械に移行していくのも無理はありません。

    退職|近年、インターネット上では、「就職斡旋エージェント」をはじめ、…

  • 現代はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」以外にも、ヘッドハンティングの専門業者も増えてきました。特許を出願したことのある人は、直後に彼らから電話が掛かってくる可能性が高くなるといいます。ヘッドハンティングを行う会社は、特許申請を行った人だけでなく、研究開発で論文を世に出した経験がある人や、「テレビや雑誌」で特集された人など、「功績」を残した人物をターゲットに、電話・メールで接触し、ヘッドハンティングのための理由にしています。仮にあなたが、ヘッドハンティングと思われる誘いを受けた際には、心当たりを考えてみてください。そんなにはないことですが、ヘッドハンティング名目として、登録料を取ろうとする会社があるのですが、そのような会社はおそらくはイカサマですから騙されないように気を付けましょう。報酬を支払うのは登録している会社であり、転職希望者が支払うものではありません。