求人関連の情報を見てみると、大部分の場合は大部分の職場で・・

求人についての情報では、とうぜんまともな株式会社で…

  • 求人についての情報誌やサイトを見てみると、とうぜん大部分の企業では月収が明記されています。しかしこの箇所を見る際は、深く確認する事が欠かせないです。その数字だけ見てわかってしまってはいけません。というのは案件によっては、月収の金額の中身が月30時間残業の場合を前提に計算されている可能性もあります。つまり残業代を含めて計算することで魅力ある案件に見せて、人材を確保しようとしていることも珍しくありません。それ以外にも、基本給プラス歩合給で、歩合をかなり盛って月収を多く見せている企業もあったります。だから、こうして表記された数字どおりとなる見込みがない会社には注意が必要と言えるかも知れませんね。
  • 転職をするにあたってはまず、ウェブ上の求人サイトを閲覧したりし・・

  • 転職をする際は、あらかじめ、求人雑誌やウェブ上の求人情報を閲覧したりして関心のある会社を調べるとは思います。しかし、その会社がどういった情報を表に出すかは、コンサルタントに相談をしている場合が少なくありません。コンサルタントは、会社にとって都合の悪い情報を隠す能力に長けています。仮に公表したとしても遠回しな表現に徹します。その種の社長の方針や社員の感想については、それをすべて信じるのではなく、半信半疑で受け止めておいた方が良いでしょう。仮に鵜呑みにして入社した場合、予想とは全く違うと後悔することになりかねません。たちの悪い会社は、素直な人材を効率的に取り込んで、その後は、あれこれ言いがかりをつけて退社できないようにしようとします。ブラック企業では、この手のことが少なくありません。
  • 退職|今までは求人誌に雇用主の希望する「性別」が明確に書かれていました。

  • 数年前の求人情報には、募集要項の中に「性別」まで、はっきりと書かれていました。しかしながら最近では、男女雇用機会均等法によって、男女の求人・採用差別をしてはいけない事が決まり、応募条件の概要に「性別」が記載されないまま、現在に至ってます。しかし求人を出す側としては、本来はどちらが希望と言う想いがあってもおかしくはありません。そんなわけで、実は男手が希望のジャンルに女性が応募してきたり、女手が必要なのに男性が来てしまったり、といった感じのトラブルが多々発生しています。たとえば、「女性が活躍できる仕事場です」と紹介されている求人募集の場合は、雇用側が働き手は女性を必要としている、と考えたほうが良いです。
  • 退職|数日前新しい仕事先を探すために人材紹介会社に登録に出向きました。

  • 3日ほど前新しい仕事先を見つけようと人材バンクへ登録を行いに行きました。登録カウンセリングをしに出てきた担当の方がどうも仕事に慣れていない社員のようで、こちら側が説明をしていることの50%ほどもその社員は理解ができていない模様。それにもかかわらず「キャリアデザインがよくないですね」とか「もっと自分の強みと弱みを明確化しておくことが大事です」等、一丁前に横柄にしゃべるのですごく不愉快でした。カウンセリング担当者はそこそこ能力のある社員に、してほしいと感じます。
  • 就職活動において、年収は絶対に無視できません。

  • 就職活動において、年収は非常に大切な要素です。大半の会社で現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。このとき本当の年収より多く言って、高額な年収を確保しようとしても、無駄な努力でしょう。というのは、源泉徴収票が必要となるため、もし一度は信じさせたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、必ず虚偽の申告をしたことがバレていまいます。トラブルに発展する可能性もあるので、現在の会社での年収を正確に伝え、それに釣り合う希望年収を設定することです。ちなみに、今の年収が300万円の方が転職してすぐ500万円の条件を提示してもらえるかといえばほぼあり得ません。仮に、今、430万円の年収であるのなら、400~450万と伝え、希望は450万で設定する程度を考えておくべきでしょう。悪質とも思えるウソの申告は、転職活動を苦境に追いやるどころか、入社後のトラブルとなり、一時的に入社できたとしても、そのまますぐに退職しなくてはいけなくなることもあるので、気をつけましょう。
  • 私はかつていくつかの人材紹介会社に登録していたことがあります。

  • かつては何個かの人材紹介会社に登録していました。その際に特に思ったのは転職アドバイザーの質も驚くほど色々あってほとんどの場合、物足らなく感じる人ばっかりでした。こちら側は人生の大事な事なのにもっと誠意を込めて臨んでほしいという想いが募ってしまいました。それが理由で私はキャリアカウンセラーの資格取得を目指すことにしました。キャリアカウンセラーとして働くには資格が必要です。資格を取得するのは費用もかかりましたし勉強においても大変でしたが、求職中の人にあなたがアドバイザーでよかったと言ってもらえる存在になるために頑張っています。
  • 退職|転職をする際に閲覧する求人内容に関しては、参考程・・

  • 職を変えようとしようとしている時にチェックすることになる募集要項については、目安として掲載されている、という確率も少なくはありません。なので、そこに書かれている内容は全部正確であるとは迂闊に信じるのはやめておいたほうがよろしいでしょう。中でもとりわけ生活に大きくかかわってくる給料に関しては平均的な額なのか?最低金額であるのか?最高額なのか?という見解ができる人は少なく、自分で適当にとらえてしまうと、今後、後悔することになる可能性もあり得ます。そんな訳で、後悔しないようにするためにも、募集要項の情報というのは、うのみにせずに、そういったような重要なことは会社に直に確認を取るのが適切でしょう。
  • 近いうちに転職活動をしていく人で、次の仕事をはじめるまでにまだ期間がある場合は、…

  • 近いうちに転職活動をする人のなかで、次までの仕事に期間がある方はぜひ「失業手当」を受け取っておきましょう。この手当てはあなたが勤めている会社が社員に「雇用保険」を払っていた場合は、手続きをすれば必ず誰でも失業手当を受け取ることができます。ハローワークで手続きをしてくれます。しかし自己都合での退職なら、失業手当を受け取るまでの待機期間が3ヶ月となりますが、勤めている企業の都合や残業時間によってはただちに受け取ることが出来たりもします。「失業手当」の額は、会社の仕事を辞めた月の近々の給料を基準に支給する額を計算するので企業に繁忙期や閑散期がある方は理想的なのは「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当的にはお得です。
  • 退職|派遣会社を介して働く人が過去の規制緩和以降、多くなってきています。

  • 働くのに派遣会社に登録する人が近頃は増加しています。もし、自分が派遣社員になるつもりなら、派遣先から支払われる1時間あたりの報酬がいくらで、そのうちどれだけがあなたに入るのかを極力面接の際に確認しておきましょう。派遣業は人材を希望する会社に派遣して、その対価として手数料をもらうシステムになっています。実際に派遣される労働者の取り分が不明確になっていることがかなりあります。5割以上が労働者に支払われていればまだいい会社なのですが、中には開示すらしないところも多く、酷い派遣業者では、労働者に3割しか還元しなかった、というケースもかなりあります。なお、面接のときに答えてもらえないような会社は、なにかと不都合な点を隠そうとする特徴があるので、できるなら別の派遣会社のもとで登録されることを推奨します。
  • もし転職するのなら、事前に資格を取得することで有利に事が運びます。

  • もしもあなたが転職を視野に入れているなら、前もって資格を取るとステップアップします。とくに、仕事をしているあいだに資格を取得すると、転職活動にそれを生かせるので、仕事を見つけやすくなります。といったわけで、資格取得は、在職中であり、なおかつ転職活動前の段階がもっとも良いタイミングといえます。もしもあなたが将来を考え、このあと役立つ資格を持っておくと、現在の会社を辞めたあとも悔やむことなく次に進めます。また、資格を取ることができれば、転職活動では資格が味方をしてくれるので面接時に面接担当者に「即戦力」と好意的に捉えられ、以前の職場より待遇も良くなる可能性が高いです。
  • 私たちの労働環境は、今後着実に思考を必要としない労働…

  • 私たちの社会的環境において、近い将来着々と考えなくてもできる仕事は機械化によってその結果、そういう仕事をする人員はどうしても削減させられてしまいます。というのは、シンプルな労働は人以上に機械で作業するほうが圧倒的にすぐれているからです。数をカウントするとか、同じ手順を反復したりすることは機械では当然何の苦もありません。当たり前のことながら人間とは違って不平不満を言わないし、疲れもしない、適当にすることもないし、何より正確ですし、均一化できるのも魅力です。また、人と違って「人件費」を渡さなくてもいいのがメリットといえます。ですので、生身の人間を使う意味がまったく無いことが明白で、機械に移行していくのも自然の結果といえます。
  • 近年はウェブ上では、「就職斡旋エージェント」をはじ…

  • 現代はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」だけでなく、ヘッドハンティングの会社もたくさんあります。あなたに特許権取得の経験があるなら、ヘッドハンティングの対象になる可能性が高くなります。ヘッドハンティングを行う会社は、特許を取った人だけでなく、研究開発で論文を提出したことのある人や、「雑誌・テレビ」などで話題になった人など何かしらの「功績」を残したと思しき人を対象に、電話やメールを使って接触し、ヘッドハンティングするネタにしています。万が一、あなたがヘッドハンティングと考えられる連絡をもらった際には、思い出してみましょう。稀にヘッドハンティング名目として、「登録料」を要求してくる会社があったりしますが、そのような業者はむろんイカサマですから騙されないようにしましょう。ヘッドハンティングは、登録企業が報酬を支払う形になるので転職希望者が払う必要はありません。
  • 退職|転職活動する場合、履歴書と職務経歴書を必ず準備しなければいけません。

  • 転職活動をするのなら、履歴書と職務経歴書を用意することが必須だと考えられています。会社のほぼすべては履歴書と職務経歴書に記載されている内容によって面接するかどうかを判断するため、ともかくこの2枚の書類が大切なポイントです。必要事項を埋めるだけでなく、記載内容を充実させることも重要です。職務経歴書は、今まで行ってきた職務の詳細と、自己アピールとなる内容を可能な限り書きましょう。また、現在の会社で挙げた実績を、売上を前年比○パーセントアップさせた、などわかりやすく書くのが望ましいです。もしも、作成が難しいと思うなら、「転職エージェント」に職務経歴書をチェックしてもらって、よりよい内容にしてみましょう。自分の価値を高められるように活用をはかることも有益な方法です。
  • 近頃スマートフォンを使えばわかるけどインターネットで見られる世界・・

  • 最近はスマートフォンを使えばわかるけどインターネットで見られる世界には今では「転職サイト」に類するものが多くて困るくらいいっぱい点在しています。その多くて困るくらいのサイトから自身が求めている転職先というのを見付けるためには、まず、情報を収集することから始めましょう。こんな「転職サイト」をうまく使いこなすことで、効率的に転職先探しができます。最新情報が満載で、客観性と正確性を持ち合わせた「転職サイト」がある一方、それとは真逆なメリットが皆無なサイトもあるので、過剰に信頼しすぎないように注意しましょう。はじめは、本当に信用していいのかどうかを類似サイトと比較しながら厳しく確かめてみてください。
  • 退職|長いこと接客業で働いてきましたが、年齢を重ねるにつれて…

  • 長きにわたって接客業で勤務していたのですが、年をとったせいか立ってする仕事は体力的に耐えられず、座って仕事ができるオフィスワークへ転職することを志して行動を起こしました。事務未経験の場合わりと厳しくて、それなら接客の経験も活かせる受付兼医療事務をしようと思い資格も獲得し個人医院に転職をしました。周囲は超ベテランである先輩パートさんばかりで人間関係に関してもややこしい。夜のシフトばっかり押し付けられて、接客業をしていた時よりも帰る時間が遅くなったのですが、初めはキャリア形成の時期だと受け入れ頑張ります。
  • 退職|「シフト制」の仕事に関する話です。

  • これはシフトの仕事についてです。決まった曜日に勤務できる人を募集する求人を結構見ますが、もしも応募しようと考えているなら休み方やシフトの出し方を面接の際にチェックしておいたほうが良いです。前に私は産休で抜けた人の代役として、正社員として働き始めたのですが、私のシフトが「土曜、日曜」固定となるシフトで、新入社員の私以外は、誰一人現場にいませんでした。前任の方が「土曜、日曜」に必ず出ることができたので、私自身もそう思われていたみたいです。実際土日に冠婚葬祭が入ることもあり、シフト変更を前もって伝える必要があり、同じ部署の先輩たちに「代わりに出ていただけませんか?」と自分で依頼しなくてはいけませんでした。給料も立場もほとんど同じなのに土日を私ひとりに任せっきりって、一体・・・。思い出す度、本当によく我慢したな、と自分でも驚きです。