古来より「石の上にも三年」という諺がありますが、現在・・

日本には”石の上にも3年”という諺もありますが、昨…

  • 昔から日本には”石の上にも3年”という諺もありますが、1998年に派遣法において対象業務が自由化したとともに「終身雇用制度」は過去のものとなってきています。定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」は決して珍しいものでなくなっています。ただ、「仕事を変えること」が当たり前になったからといっても、軽い気持ちで仕事を探し、変えてを繰り返すのでは問題です。転職しようと考えるなら、適したを的確に捉える必要があります。最初に、現在の職場・仕事について具体的に、なにが嫌なのか、箇条書きにして多くて10項目、最低でも5項目は書き出してみてください。そうしておくと、将来の再就職に役立ちます。そして、未来の展望が拓けたのなら、素早く、今よりも良い仕事ができるよう、進めることも大事です。

    転職したい会社の採用面接に転職したい会社へ向かいました。

  • 転職の採用面接を受けに希望先の会社へ行きました。会社の会議室や応接室が空きがないということで社外のとある場所で面接担当の人と待ち合わせて面接を行って、その場所で解散し、面接をした方もそのまま自宅直帰されるとのことでしたが、ビックリしたのは自宅最寄駅が同じ。結局は電車の中でも面接を行った人と一緒に話をしながらいっしょに帰宅することとなり、すっかりお互いリラックスして面接しているよりもお話が弾み、それがプラスに働いたのか最終的に採用をゲットすることができました。

    新卒で入社した会社を離れ、転職を決断しました。

  • 新卒採用で入社した会社に別れを告げ、悩みましたが、転職すると決めました。当初は長い間悩んでしまいました。ですが、数年で会社を辞めて、大半の人が転職を経験していることを転職活動をしていく中で学び無意識のうちに以前よりも安心することが出来ました。また1度、転職を経験したことによってふしぎなことに気持ちが楽になった気がして、「本当に自分のしたいこと」を探すのが楽しくなりました。いまだ「仕事を途中でやめるなんてダメだ」といった転職に否定的な意見もありますが、それが全て正しいとは思いません。私のケースでは転職を決断して良かったと思います。

    職を変える際に、とにかく現在働いている会社を完全に辞めてか・・

  • 転職をしようとするときに、まず勤務先の会社に退社の意向を伝えてからという人もいるでしょうが、そういった場合ボーナスの支給時期を気にかけておきましょう。ボーナスが出る会社は多いですが、社員にボーナスを支給する会社の場合には、ボーナスが支給される時がもうちょっとならば、ボーナスをもらった後で辞める意向を伝えるという方法もおすすめしたい手口です。ボーナスだとそこそこ大金なので、絶対もらったほうが良いと言えますから、辞職を考えたらボーナスが入る日を最初に調べておいた方が堅実です。

    仕事の面接で必要なスーツの色味は、新卒の方が就活…

  • 仕事の面接でいるビジネススーツのカラーは、新卒の人たちが就職活動の際にに準じている色合いが安心です。ですから、紺系や黒系といった暗めの色味になるわけです。転職の面接においても、着用していくスーツの色合いは新卒の就活の時のようなカラーが多く、他の色のビジネススーツの人はあまり見かけることはありません。あえて言うならば、グレー系のスーツを着用している方が若干いるくらいです。一般的には紺系や黒系のビジネススーツを着ている人が大多数なので、面接担当者も黒や紺色のスーツの方が自然に見えますから、身だしなみ、という観点においてはぜひおすすめします。

    今までは、職探しをするときは「転職サイト」ではなく、…

  • 以前の私は、「転職サイト」を活用するより、「ハローワーク」を優先していました。なぜなら、大手の転職サイトはシステム上、都心部の求人情報ばかり掲載されているからです。そのため、新しい職場を探す際は、いつも「ハローワーク」を使っていました。人気の転職サイトに掲載されている求人より企業数や、給料などの条件は若干見劣りするのですが、地域密着という点では安心できます。ですが、「聞いたことのない企業ばかりで不安」というイメージがある人もいるかもしれません。思いもよらず、良い求人もありますのでもしも転職を本気で検討しているのなら、参考までにハローワークへ1度行ってみるのも手です。大手転職サイトのようにたくさんの電話・メールが執拗に送られてくる心配もありません。

    退職|転職サイトあるいは転職エージェントを活用して、転職活動をする人はますます増えています。

  • 転職エージェントと転職サイトを使用して、転職活動を行うことは現在では当然のことでしょう。そうとはいえ、転職先を見つけるチャンスをもっと増やしたいのであれば、同時に転職フェアも活用しておくことをお勧めします。多くの企業が一堂に会することから、そこに足を運ぶことによって多くの企業に関する情報を得ることができ、それだけでなく、その場で説明してくれるスタッフから、企業の個性を伺えるはずです。これから、転職フェアに参加される場合は、面接に行くつもりで自身をしっかりアピールしていきましょう。幸運にもフェアの最中に自分の能力や人柄が評価されれば、それからあとの面接に進む際にとても有利となるはずです。

    転職活動には、然るべき準備をしておく必要があります。

  • 転職する場合、然るべき準備はしなければなりません。一言で準備といってもたくさんありますが、特に「ファッション」を気になりますよね。けれども、ここ最近の、採用面接に関しては形式ばらない服装が良い会社もあるので、ビジネススーツを着て出向かなくても良いケースもあります。とくに会社の創立間もない企業などは、厳しいルールも作られてないことが多く、私服で面接の場に行ったほうが、印象が良くなります。そして、ざっくばらんに話をしやすい、というメリットもあります。また、私服であれば面接時に、服装について、話もしやすいですから、もしかしたら担当者と打ち解けあえるチャンスがつくれます。というワケで、今から転職にトライするなら「設立した年」に注目してみて、(ベンチャー系企業の)面接時にはスーツは着ずに私服で勝負してみるのもアリかもしれません。

    女性が転職する場合、数年前と近年とでは若干の変化があります。

  • 女性の転職において、セクハラが社会的に問題になる前と、ここ最近とでは多少の変化があるといいます。一昔前は面接の際に会社側から、結婚観や結婚後の予定などに関して、ごく普通に質問していました。しかし、今の社会では、そういったデリケートな内容は「セクハラ」の恐れがあるとして、質問を避ける会社が増えています。また、特に大企業ほど、タブーとして神経を尖らせているようです。そうではあるものの、面接する側は〇か×といった形ではなく、その人の価値観結婚後・出産後の具体的な予定を当然、知っておきたいとは思うはずです。自らの人生設計を知っておいてもらうためにも、志望動機や自己ピーアールと併せて言い表すことで、会社側にも考えが伝わり、判断してもらいやすくなると思うわけです。なので、たとえ、質問されていない部分も、先にあなたの方から気遣いながら話をしておくのが良いです。

    退職|新しい仕事についてすぐは「年収」の高望みはしないほうが良いでしょう。

  • 新しい就業先ではいきなり年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。特に、入社した初年度は、「試用期間」が含まれていることもあります。私のときは、どうにかして転職して期待に反して前の職場での年間報酬とあまり変わりませんでした。さらに、業務はキツく、とても責任のある立場で一年目を乗り切るのに本当に状態でした。そのような実体験をしてみると、1年目は、仕事を覚える年と割り切り、極力転職するよりも以前からお金をためて気持ちに余裕をもたせた方が良いと思います。

    退職|看護師という職業の人の違う仕事に転職する原因はその人それぞれ。色々な事情があるはずです。

  • 看護師という仕事の人の違う仕事に転職に至る原因は、その人によって違うはずです。どういう理由が多いかというと看護師が他の仕事への転職には「職場に関わりたくない人がいる」「結婚してからライフスタイルの変化によって出産と子育てそれから家族の介護など、いろいろな身近な家庭環境の変化によってこれまでと同じような今の仕事を続けられなくなっている」「今の給料に不満がある」というような悩みがあり決して他人ごとではないはずです。環境を変えたい気持ちは分かりますが、転職を決める前にどうして転職をしたいとと、頭を冷やして静かに現在の状況を客観的に見つめ直すこともしてみてください。それは本当に転職するに値する妥当なものであるのかどうか、再考してから決断してみましょう。

    これまで20代前半に転職を数回行い、今現在は資格を取得したい…

  • これまで20代前半の時点で転職を数回し、そして現在、資格を取る目的で派遣社員として企業で働いています。フルタイムの勤務とは異なるため、どうしても給料は安くなりました。しかし、以前より心と時間的な余裕ができました。たまに、学生時代にいくつか取った資格を生かして仕事を続けるという方は本当に稀です。また、資格を活かして働いている方に会うと自分もこうなりたかったと思ったりもします。前の私は、うまくいってる人と自分とを比較して、ガッカリすることが多かったのですが、しかし現在では、結婚を経験し、生活自体がかなり変わり、前よりもやりたい仕事や稼ぐべき給料も変わり、自ずと生活が充実するようになりました。

    派遣で就業しています。労働契約法の関連で残念ながら長い期間働・・

  • 派遣として勤務しています。労働契約法の関係で不本意ですが長期間務めていた会社での勤務があと数週間で終了します。同じ派遣である方の中には、派遣先の企業で直接雇用の待遇を獲得した人もいるのですがそれは正直仕事の実力というよりは派遣先の上司へのあしらいがうまい方でそれで採用された模様。テクニカルスキルより上司に媚びるスキルの方が重要なんじゃないのと抜擢されなかった他の派遣仲間と勤務先で毎日不満をたれています。

    転職するにあたって、現在働いている会社を退社する…

  • 転職に先立ち失業保険の給付を受けるための手続きが必要ですが、もしあなたの側から退職届を書いて会社を去る、いわゆる「依願退職」のときは即座に失業保険を受け取れるわけではなく手続きをした後で失業が認められてから3か月待たないともらえないのです。よく勘違いして辞めた次の日から3か月経てば給付されると思い込んでいる人がいますが、この規則を知らない人が、ハローワークのスタッフの方が間違っていると思い込んでその結果としてハローワークの担当スタッフと揉めているのを過去に見たことがあります。ですが、自分側の都合ではなくリストラみたいな「会社都合」での解雇に遭遇した場合は、失業が認定されればすぐに失業保険をもらえます。

    初挑戦となる分野などに転身を考えるときには、以前の職・・

  • 経験のない分野などに転職を行う際は、前の仕事で培ってきたスキルや経験が生きるという訴えが必要です。そのジャンルに勤務したことがない人は未経験の分そのジャンルの経験者よりも事実、不利になりますけど、自分が保持している力がその業界においても生かすことができるということを伝えることができれば、戦えるケースも十分に考えられるのです。したがって、経験のないジャンルに飛び込む場合は、その業界と自分がこれまでやってきた仕事内容とのつながりをできる限り探しましょう。

    転職における面接などに関して名刺を差し出してきた場・・

  • 転職の面接などの場面で担当者に名刺を差し出されたとしたら、同じように自分も名刺を渡した方が良いのかどうかと迷った場合は、普通一般的には差し出さないもの、と頭に入れておきましょう。転職のための面接に関して言えば仕事の内ではなくて、就職活動の一環なわけですから、大体は名刺をやりとりする場とは異なります。そのうえ、会社の人としてその場にいるのではなく、あなたのことでこの場にいるわけです。したがって、もし相手側から名刺を渡されても、あなた自身は、ただ受け取るだけで問題なくて、担当者に相手の方に渡す義務はないと判断できます。