退職|就職活動において、年収は極めて大切なポイントです。

就職活動において、年収は極めて重要な要素です。

就職活動において、年収はとても重要なポイントです。面接において、ほとんどすべての会社で現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。実際の年収を多く偽って、転職先の年収アップを狙うのはハッキリ言ってムダな努力です。というのは、最終的には源泉徴収を提出することになるので、一時的に信じ込ませたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、そこで虚偽の申告をしたことがバレていまいます。ヘタをするとトラブルに発展するおそれもあるので、現在の年収を正直に申告し、それに見合う希望年収額を設定しておくのが無難です。例をあげると、現在の年収が300万円の方が転職後すぐに500万円となる見込みはほぼあり得ません。たとえば、年収が400万なのであれば、希望額は400~450万円と伝えておくのが正しいです。明白なウソは、転職活動の妨げになるばかりでなく、せっかく入社したのに退職しなければならないという事態になる状況も考えられます。

キャリアップしたいと思いかなり何社かの人材紹介会社に登録していたのですが・・

求職中のころたいへん多くの人材紹介会社に登録していました。その際に特に思ったのは転職アドバイザーの質においても色々あって大体の場合、物足りないと感じるアドバイザーばっかりでした。こちら側は人生かかっているのにもっと真摯に向き合ってほしいという落胆した気持ちがこみあげてきてしまいました。それが引き金となり自分がキャリアカウンセラーになりたいと考えるようになりました。キャリアカウンセラーとして働くための資格を取得するためには費用も必要でしたし勉強もハードですが、仕事を探している人たちから頼みとされる人になるために努力しています。

仕事を変えようとしようとしている時に見ることになる募集要項は…

再就職を考えている時に気にかける求人情報は、一般的なものとして載っている、ということもあり得ます。ですから、書かれている内容は何もかもが間違いのないものだと思い込まない方が賢明でしょう。その中でもとりわけ生活に大きくかかわってくる報酬の額などにおいては、平均なのか?最低金額であるのか?最も高く見込んだ給料であるのか?というような見解ができない人はたくさんいて独断で理解したつもりでいると、後悔することになる可能性も少なくはないのです。そのため、そうならないためにも、求人に書かれている情報はだいたいのものだと考えて、そういったような内容は会社の方に直接確かめてみた方が適切でしょう。

今年中に転職活動をする人のなかで、次の仕事をはじめるまでにある程度期間がある場合は・・

転職活動をする人のなかで、次の仕事を始めるまでに時間があるのなら、必ず「失業手当」をもらっておくことをお勧めします。この手当ては今働いている企業側が雇用保険を払っているところであれば、手続きをすれば必ず誰でも失業手当を手にできます。詳細の手続きについては、「ハローワーク」で行います。しかし自身の都合によって仕事を辞めた場合は、「自己都合」として処理されるので、失業手当を受け取るまでに3ヶ月の待機期間があるのですが、場合よっては会社都合や残業時間によっては日数をおかずすぐもらえる場合があります。さらに支給される「失業手当」の金額については、最後に受け取った月の給料を基準に失業手当の支給する額を計算するので繁忙期や閑散期がある方は「繁忙期」後に辞めるのが無難です。

働くのに派遣会社に登録する人が近時多くなってきています。

仕事をするために派遣会社に登録する人が近頃は増えてきていますが、仮に自分が派遣社員として働くつもりなら、派遣先から支払われる1時間あたりの報酬がいくらで、その中で何割が自分に支払われるのかを面接の際に質問しておくべきでしょう。派遣業は、労働力を欲する企業に人材を派遣し、その対価としてお金を手数料を徴収するシステムといえますが、実際に派遣される労働者の取り分が不明確になっているケースが大半です。50%以上の額を還元しているのであれば、比較的よいのですが、中には開示すらしないところも少なくなく、酷い派遣業者では、2割しか支払われていなかった場合もあるのです。なお、面接の際に答えてもらえない様な会社は、隠ぺい体質であると考えることもできるので、できる限り異なる派遣業者のもとで登録されることをおすすめします。

退職|もしも転職される場合は、事前に資格を取るとステップアップします。

もし転職を考えているなら、先に資格を取得しておくことをお勧めします。とくに、在職中に資格を取っておくのがベストです。転職活動時に有効に使えるので、転職先を探すのが簡単になります。であるため、在職期間中が資格取得においてのもっとも最適といえます。もしもあなたがキャリアアップを考えているなら、社会的にニーズの高い資格を取得しておけば、今の仕事に別れを告げても悔やむことなく次に進めます。さらには、資格を持つことによって、転職活動の幅は資格が味方をしてくれるので、面接で面接担当者に「即戦力」と好意的に捉えられ、それまでの職場より待遇も良くなる可能性が高いです。

近い将来、私たちの労働環境において段々とシンプルな仕・・

近い将来、社会ではどんどん簡単な作業は機械に変更されていき結果、そういう仕事をする労働力は少なからず削減されます。なぜならシンプルな労働という観点では人以上に機械で進めたほうが圧倒的にすぐれているからです。数量を計測したり、同一の動作を繰り返すのは機械には何の苦もありません。もちろん人間とは違って泣き言も言わない、疲れることがありません。また、誤魔化すこともないし、正確な作業をしてくれますし、均一にこなせます。おまけに賃金が発生しないのも違いですね。こういった点から、労働力として人間を使う意味がなさすぎます。機械にシフトされるもの無理はありません。

今日、ウェブ上では、「就職斡旋エージェント」をはじ…

近年、ウェブ上の就職斡旋エージェントの中でヘッドハンティングを専門に取り仕切る会社をよく見かけるようになりました。特許を出願したことのある人は、連絡を受ける可能性が高くなります。ヘッドハンティングを行う会社は、特許申請を行った人に加えて、研究開発で論文を書いたことのある人や、テレビで紹介された人など、「功績」ある人を対象に、電話やメールを使って接触し、ヘッドハンティング用のネタにしています。仮に、あなたがいかにもヘッドハンティングのような勧誘をされたなら、自身の過去を振り返って、「キッカケ」を考えてみましょう。近年は「ヘッドハンティング」と称し、登録料を要求してくる会社もあるらしいですが、そのような会社はおそらくは嘘であるので騙されないように注意しましょう。ヘッドハンティングは通常、企業が仲介業者に報酬を支払う形となるため、転職希望者が支払うものではありません。

転職活動する場合、履歴書と職務経歴書を準備することが必要不可欠になってきます。

転職活動時には、履歴書と職務経歴書を用意することが必須になってきます。会社のほとんどは履歴書及び職務経歴書に記載されていることを元に面接するかどうかを決めるため、まずはこの2枚の書類の作成が重要なポイントになってきます。ただ記入することにとどまらず、内容が魅力的であることも大切です。「職務経歴書」では、これまで経験してきた職務の詳細や、可能な限り自己アピールとなる内容を記載しましょう。また、現職の社内で挙げた実績を、例をあげれば売上を過去○年の平均を△パーセントアップさせた、などわかりやすく記しましょう。難しいと思う場合は、「転職エージェント」に職務経歴書を見てもらい、よりよい内容にしてみましょう。自分のブランディングのためにうまく活用することも転職を成功させるための有効な方法です。

世の中は変化していてパソコンを使えばネット上では、「転職に役に立つサイト」に類するものが…

世の中は変わっていてスマホを使えばわかるけどインターネット上には、今では転職系のサイトがそこらじゅうに存在します。その相当な数のサイトから自分自身にあった転職先というのを見つけるにはまず、情報を収集することが必要です。このようなサイトをきっちり活用することで、効率的な転職先を探せます。転職情報が満載で、客観性と正確性を持ち合わせた優良なサイトがある一方で、情報更新が遅く、粗悪な内容ばかり掲載しているサイトもあるので、注意しておきましょう。まずは、実際に信用していいサイトであるかを同ジャンルのサイトと比較しながらチェックしてみましょう。

ずっと接客業で勤めてきましたが、年のせいか立ったままで行なわなければいけない仕事は…

長年にわたり接客関係で仕事をしてきましたが、加齢とともに立ったままの仕事は体力的にしんどいため、座って仕事ができる事務の仕事へ転職することを頭に入れて動き始めました。事務の経験がないとなるとわりと難しくて、そこで接客の経験も活かせる受付兼医療事務をやろうと考え資格も獲得して個人のクリニックに転職しました。周囲はベテランのパートさんだらけで人間関係においてもややこしい。夜のシフトばっかり押し付けられて、接客業で働いていた頃より帰宅時間も遅いのですが、とにかく今はキャリアを形成する時期と観念し頑張ります。

これはシフトの勤務形態がある仕事についての話です。

「シフト制」のある仕事についてです。毎週、一定の曜日に入れる人を募集している求人をよく目にするのですが、もし、応募しようと考えているなら休む手順やシフトの提出方法については面接の際にたずねておいた方が良いです。それはなぜかというと、私は以前出産のため抜けた人の穴埋めとして、正社員として働き始めたのですが、そこでは「土曜、日曜」固定のシフトで、新人の私以外、他の社員は現場にいませんでした。前にいた人が「土曜、日曜」にかならず出られる人だったので、私自身もそのような人と思われていたようです。実際土日に外せない用事が入ることもあり、シフトを変更してもらわなくてはならず、同じ部署の先輩方に「代わりに出ていただけませんか?」と私自身がお願いしなくてはいけませんでした。給料も立場も同じなのに土日は一人だけなんて・・・。思い返すと異常な職場だったんだと思います。

時間に融通が効くはずの派遣社員だからといっても、自分の好きなタイミングで辞められるものではないと…

時間に融通が効くはずの派遣社員になっても1年経ったら自分自身の好きなタイミングで辞められるワケでなはないと実際に転職で気付かされました。結婚した後、生活が落ちついたら、できればすぐさま子供を持ちたかったので、妊娠するまでと思いだいたい1年半~2年くらい現在の部署でそのまま仕事をしたいと思い、就職しました。フルタイムでなく派遣社員であるために、正規よりも給料は少なめでしたが、それでも派遣社員という道を選びました。でも、いざ入社したあとに、一緒に働く人たちの多数のスタッフが派遣社員として10年~20年ちかくつづけて勤務していたのです。たとえ派遣社員を選択しても、すぐ辞められる雰囲気ではないと気づき、この先どうしたらいいのか、少し困惑しています。

もしあなたが再就職を考えたとき、「Uターン」「Jターン」といった具合…

再就職を考えたとき、「Uターン」「Jターン」「Iターン」など、大都会から地方へと移住したうえで転職してみたいと考える人も多いです。今のネット社会では転職サイトを使えば、郊外や地方の求人もいつでも容易にアクセスできます。しかし、郊外や地方での求人情報では、大都市では当たり前に見るような条件や待遇のある会社が少ないので、その点がマイナスといえます。といった問題があるので、転職サイトのみに固執するとガッカリしてしまうかもしれません。求人サイトにプラスして、「地方自治体・商工会議所」の情報サイトなども頻繁にチェックしてみてください。「地方自治体・商工会議所」といった役所などが定期的に開催している転職サポートの関連情報も見ておくと、良い出会いが期待できます。

転職というものをしようと考えたとき、転職したあとの自分の年収について気にする人が…

転職を考える際、そこでの自分の給料ばかりを気にする人は、どうもいるようです。誰もが仕事というのは収入を得るため、自分の生活を成り立たせるために行うものです。ですから生活費を給料として得るために励んでいるとは思います。とうぜん自分の価値を測る指標でもあるのでとうぜん大切と感じるのは至極当然です。しかし、愚かにももらっている年収額ばかりを執着しすぎる人生というのも寂しいものです。それより年収がさほど期待できない仕事であったとしても精神的に満たされる可能性が大いにあるものだからです。

退職|『今すぐ転職をしたい』とおもっている方、自分の意志が強いのであれば、…

『なるべく早く転職をしたい!』という願望があって、自身の意志が固いならば辞職したいという旨を速やかに上司に伝えましょう。しかし、このときに相談といった形で話を持ちかけると、言いくるめられるおそれがあるので要注意です。また、実際に私自身も上司に転職の相談をしたところ、退職するタイミングを伸ばされてしまい、最終的に、半年ほど予定が伸びてしまいました。辞職したいことを最初に直属に上司に話した時は年度末、実際ではなぜか退職が受理されたのが同年の11月です。予定では、年度末いっぱいで辞めたかったです。スムーズにはいきませんでした。会社としても人事的な都合もあるとは思いますが、社員のを希望を聞かないまま、上司をはじめ、組織としてこちらの希望を無視してきたのでその会社に対しての職場に対して信頼はなくなりました。