仕事の面接でいるビジネススーツの色においては、新卒の就活…

退職|転職時の面接で着るスーツの色については、新卒の就活・・

  • 職を変える際にいるスーツのカラーについては、新卒の方が就活の際にに着用する色味が基本です。ですので、紺や黒といった感じのようなダークな色になるわけです。転職の場面であっても、着用するビジネススーツの色はこういったようなダークカラーが多数を占めていて、そうでないカラーを着ている転職者は少ないです。強いて言えば、まれにグレー系のスーツを着ている人がいるくらいです。一般的には黒系や紺系とかのビジネススーツがほとんどなのです。ですから、人事の方から見ても黒や紺色のスーツの方が自然に見えます。ですから、見た目の印象という面ではぜひともそのようにしてくださいね。

  • 今までは、職探しは「転職サイト」よりもいつも「ハローワーク」に相談していました。

  • これまでは「転職サイト」で職を探すより、主に「ハローワーク」が中心でした。というのは、ほとんどの転職サイトはどうしても都心部にある会社の求人ばかりだからです。そのため、求人情報をチェックする時は、「ハローワーク」に頼ってばかりでした。大手転職サイトに掲載されている求人よりどうしても知名度は低くなってしまいますが、地域に根ざした企業もあり、ピンポイントで見えるのはありがたいです。しかし、「ハローワークはなんとなく地味なイメージがある」と先入観を持っている人が多いかもしれません。でも、理想的な求人を発見できるかもしれないので、これから転職を希望しているのなら、ハローワークに足を運んでみてください。大手転職サイトみたいにこれでもかというくらいのお知らせやメールが送られてくることもありません。

  • 転職サイトや転職エージェントなどを利用して、転職活動を行う人はかなりいるはずです。

  • 転職エージェントや転職サイトなどを利用して、転職活動を行う人はたくさんいます。とはいえ、転職のチャンスを高めたいのなら、それに加えて転職フェアも積極的に活用しましょう。転職フェアでは、複数の企業が同時に集まることから、参加することでいろんな企業について知ることができますし、それに加え、その場で説明してくれるスタッフから、企業特有の個性を感じられるでしょう。今後、転職フェアに行くときには、面接に挑戦するつもりで良い印象を相手に伝えられるように意識しておきましょう。それによってフェアを通じて、企業に自分の魅力が伝われば、後に面接に進む際にとても有利となるはずです。

  • 転職活動では、それなりの準備は必要不可欠です。

  • 転職活動には、準備は不可欠です。一言で準備といってもたくさんありますが、そんな中でも「服装」を重視してしまう部分だと思います。けれど、近年の企業面接に関しては形式ばらない服装で大丈夫な企業があるので、「面接はスーツでなくては」と考えて面接に出向かなくても良い場合があります。とくに創業したての会社などは、フレクシブルな考えなので私服で面接したほうが、相手に好印象を与えられます。さらに、堅いイメージを与えないのでフランクに会話がしやすくなります。そして私服なら、面接の際に、ファッションの事で話題が広がることがあります。ですから、ポイントが残るでしょう。というわけで、転職する際は、企業の「設立した年」で選択し、(ベンチャー系企業の)面接の際は正装はせずに私服で挑んで見るのも良いかもしれません。

  • 退職|女性の転職については、一昔前と現在とは若干、違いがあります。

  • 女性の転職に際して、一昔前と今日とでは少し変化があるといいます。過去には会社側から「結婚の予定」や「出産後の予定」などのことに関して、自然に質問されることが多くありました。でも、現在はそのような内容は、「セクハラ」に該当しかねないために、質問されないことが多くなってきています。世間に名の知れた大きな会社ほど、神経質になっています。とはいえ実際、会社側としては、〇か×といった形ではなく、その女性の考え、結婚後は退職するのか、育休の取得が必要なのかどうかなどを把握しておきたいとは思っている事でしょう。自分の将来設計を伝えるためにも、志望した動機や自己ピーアールと並行して表現することで、面接担当官にもしっかり伝わり、また、モヤモヤも解消できると考えられます。ですから、たとえ、質問されていない内容でも、あなたから気を遣って話をしてみると良いでしょう。

  • 転職の予定があるのなら、すぐに「年間報酬」の高望みはしないほうが良いでしょう。

  • 転職した場所では、「年間報酬」を高望みしないほうが無難です。とりわけ転職したはじめの年度は、大概研修期間が含まれることも可能性は少なくありません。私のときは、尽力して手にした仕事なのに、予想に反して前職での稼ぎと年収とあんまりイコールで変わりませんでした。それにプラスして、業務は多様で忙しく、重大な責任が伴うものでもあったので、はじめの1年は、たいへん骨が折れました。そうした経験から転職1年目は、仕事を学ぶ年と割り切り、状況が許す限りやれるだけ転職以前の段階で貯蓄しておくことに尽きると思います。

  • 退職|看護師という職の人のそれ以外の職業に転職の原因は人それぞれではないでしょうか。

  • 看護師という職の人の他の仕事に転職に至る理由は、一人ひとり違います。転職するには「職場の中に関わりたくない人がいる」「結婚してから家庭環境の変化によって出産それに家族の介護など、いろいろな変化によってこれまでと同じような働けなくなってしまった」「今の収入に大きな不満がある」というような問題が解消したいために転職されるのかもしれません。しかし、それでも「なぜ、転職しなくてはいけないのか?」と、改めて沈着冷静に客観視してみることもしてみてください。「本当に転職する意味があるのか?」と再考してみて、決断してみてください。

  • 退職|20代のうちに転職を2回経験し、いまは資格を取得したいので…

  • 私は20代までに転職2回で、現在、資格を取るべく派遣社員で働いています。常勤の勤務を選択しなかったのでどうしても毎月の収入が少なくなってしまいました。しかし、心と時間に余裕ができました。思い返すと、学生時にもっと資格を取得し、就職に活かせばよかったという後悔もあります。また、そのような方たちを自分もああなりたかったと思います。以前までは自分と他人を比べてしまい、気分が落ち込むことが多かったのですが、しかし今は、結婚してから、随分と生活環境も変化し、前よりもそのなかで将来の進む道も定まったのでしあわせな生活を送れるようになりました。

  • 派遣社員として勤務しています。

  • ある会社に派遣されて働いています。労働契約法の関連で不本意ですがずっと働いていた派遣先での仕事の契約が終了します。同じ派遣の方の中には、派遣の就業先で直接雇用の契約をつかみ取った人もいるのですがそれははっきり言って仕事の能力とは関係なく派遣先上司の扱いが得意な方でそれで採用されたとしか思えません。業務上の能力よりおじさん転がし能力が必要なんじゃないのと抜擢されなかった別の派遣の仲間と愚痴を言う日々です。

  • 転職を行うにあたって、今勤務している会社辞める時に失業保険についての手続きをしなければいけません…

  • 転職に先立ち現在勤めている会社を退社する時に失業保険の給付を受ける手続きをしなければいけないが、もしあなたの側から退職届を提出して退職する、いわゆる自己都合退職であった場合はすぐさま失業保険が出るのではなく手続きを終え、失業したことを認められてから3か月経たないともらえない。よく間違って退社の1日後から3か月経過すれば給付されると思い込んでいる人がいますが、この規則を知らない人が、ハローワークのスタッフの方が間違っていると主張してそれが原因でハローワークの担当スタッフと口論していたのを以前見たことがあります。なお、社員側の都合ではなくリストラなど、「会社都合」での解雇の場合は、失業認定を受けたのち即座に失業保険が給付されます。

  • 退職|これまで経験したことがない分野などに転職をしようとするときに…

  • 今まで経験したことのない分野とかに転職したいと思っている場合には、前の業界で、自分が育んできた腕前ややってきたことを生かすことができるといった内容の自己アピールが必要になります。その分野の未経験者はその分だけその業界で勤務したことがある方よりも正直、損にはなりますが、自らが保持している力がその業界でも発揮できるということを相手に言えば、勝負になるケースはあります。そのため、経験が全然ない分野に挑むときには、その業界とこれまでに自分がしてきた職務との関係性を必ず探しましょう。

  • 転職における面接などに関して面接担当者に名刺を渡された場合・・

  • 転職での面接などの時に名刺を手渡されとしたら、同じように自分も名刺を渡すべきであるのかどうかと悩んだ場合は、たいていの場合は差し出さなくても良いと覚えておいてください。転職のための面接は仕事の一部ではなく、職を得るための就職活動の一部であるわけですから、普通一般的には名刺をやりとりする時間とは違います。また、あなたは会社の者として出向いているのではなく、あなた個人の問題でそこにいるわけです。という訳で、もしも相手から名刺を差し出されても、あなたは名刺を受け取るだけで問題なくて、面接担当者に相手側にあげる責任は少しもないと思われます。

  • 求人についての広告には、大部分の場合は普通の企業・・

  • 求人関連の情報誌やサイトを見てみると、とうぜんたいていの会社では月の収入の記載に目が行きますよね。ただしこの月収の項目を調べれる時には、注意して確認する事が大事です。その額の多い少ないだけを見て納得しないほうが良いです。というのは企業によっては、月収の中身に「毎月20時間分の残業」が含まれているおそれもあります。そういうことは残業代をあえて含めることで良い案件に見せて、人材を募集している場合もあります。また、「歩合給」をプラスする、といった案件も要注意です。歩合をかなり盛って月収を多く見せている所もあったります。だから、このような「不誠実」極まりない案件は、「ブラック企業」な可能性も高いので、警戒しておきましょう。

  • 退職|転職活動をするとき、最初に、ハローワークの求人票を見たりし…

  • 転職活動を始める場合、まず、ネット上で転職関係のサイトを見たりして気になる会社を調べるとは思います。ところが、その会社がその会社が情報を世間に出す際には、コンサルタントに相談をしていることが少なくありません。コンサルタントは、会社にマイナスとなる情報を隠すプロでもあります。仮に公表したとしても曖昧な表現を使ってうまくごまかそうとします。そのような「社長インタビュー」などに関しては、額面通りではなく、半信半疑で聞き流すべきです。もしも心地よいフレーズを鵜呑みにしてしまったら、こんなはずではなかったと気が付くことになることが多いです。たちの悪い会社は、素直な人材を効率的に取り込んで、その後は、いろいろと文句をつけて退社させないように謀略を練っています。いわゆるブラック企業に多い例です。

  • 昔の求人誌では、雇いたい人の「性別」まで記載されているのが普通でした。

  • 数年前は求人誌では、雇用主が必要とする人材の「性別」までもれなく記載されていました。けれど今では、1986年に施行された男女雇用機会均等法の影響によって、男女の求人や、採用での差別をあってはいけないルールとなり、応募資格の詳細に「性別」の表記ができなくなりました。そういった時代になったのですが、求人情報を出す側は、男性・女性のどちらでも良い、とは内心では考えていません。現実に、実は男手が欲しい案件に、募集に女性がやってきたり、その反対に女性が欲しいのに、男性がエントリーしてきたり、というような問題に悩まされるないとは言い切れません。例として、「女性が活躍できる職場です」と紹介されている求人募集の場合は、会社側が働き手は女性を必要としている、と認識したほうが良いでしょう。

  • 先日新しい仕事先を探すために人材会社に登録に行きました。

  • 先週転職先を見つけるために人材紹介会社へ登録に向かいました。そこで私のカウンセリングのために出てきた担当の人の雰囲気が見たところ若い社員のようで、私の説明の2分の1もその社員はわかってはいない模様だったのです。そのうえ「キャリアデザインが全然ですね」とか「もっと自分の強みを知ることが大切です」等、一人前のことを横柄にしゃべるからとてもイラつきました。カウンセリングをする人はある程度社会人を経験している方にするべきだと思います。