転社を繰り返さないためにすることは一つだけです。

退職|転社を繰り返す日々を止めるためにすることはただ一つです。

  • 退職と転職を繰り返す日々を止めるための対策は、シンプルです。スキルを向上させることもそうですが、それとは別に精神的なスキルを磨くとそう簡単に転職を繰り返すことがなくなります。現在はインターネットもあるので、精神面を強くする自己啓発系の情報は直ぐに拾うことができます。また、意外とも思えるでしょうが、転職とは違う行動をすることも精神面を強化することが可能です。それは、ズバリ海外に行くことです。海外に行くと、文化も言語も、日本とは大きく違うため、逐一、勉強になります。ですから、心の成長を成し遂げるにはぴったりの方法といえます。帰国すると、自分のこれまでの視野の狭さに驚き、世間はこんなにも狭かったのだということを思い知らされることになります。その気持ちを携え転職先を探し直ぐに面接に行くと、これまでとは比べようがないほどに自信に溢れた態度で相手にアピールできるはずです。ですが、退職してすぐは、精神的に弱っていることが多いので、ほどよく休むようにしましょう。

  • 転職によって仕事先を新しく替えるということは、自分自身に見…

  • 転職によって勤め先を新しく替えるということは、自分自身に適する自分の理想に近い場所を選んだほうが良いです。職場を変えればあなたにうってつけの仕事に就くことができるかもしれません。しかしながら、実際に行動するとなると、それ相応の労力やスキルがないと、転職自体がままなりません。逆説的に表現すると、自分の価値をあげることで、「天職」に出会える可能性も高くなる、ということです。ここ最近は、職業選択の自由が一般的に受け入れられているので、天職の道を選んだとしても偏見を持たれるなどの危険も殆どありません。組織と人との関係が軽薄になりつつある現代は「スキルのある人材が欲しい」と感じている企業も多くなっているので、この好機を狙って転職を考えてみましょう。

  • 退職|転職時の面接で面接官から「転職の理由は何ですか?」と…

  • 転職時の面接は、正直に答えれば良いというものではありません。「転職理由は」という風に、聞かれることは間違いありません。このとき、どんな理由があっても、前の職場の人づきあいや労働環境に関しての愚痴ともとれる回答などは、可能な限り控えたほうがいいでしょう。なぜなら、仮にそういった不満を回答すると、あなたにマイナスのイメージが付き、チャンスをふいにしてしまいかねません。ですから面接では「前向き」な人物であると印象づけるのが必要なので、とりあえず「新しい職場で、これまでの自分のキャリアをしっかり生かし、また、さらなるキャリアアップを図りたいと思っています。」此の様な言い回しが良い成果につながります。

  • 転職をするときにとても重要視されるのが「面接」です。

  • 転職活動では、とても要となるのがまぎれもなく「面接」です。大半、面接では応募者に対し、転職に至った動機や仕事の意気込みなどいくつかのことを尋ねられるとは思います。そしてほぼ100%、一通りの質問と説明が終わると、転職希望者から、面接担当の人へ逆質問に切り替わります。例えば、「なにか弊社についての疑問や質問などはありますか・・?」と。この手の質問が来たときは、面接者本人が緊張してアタフタしてしまうかもしれません。後で後悔しないためにも、面接の前には不安に感じていることや疑問などの聞きたいことを用意しておきましょう。冷静に考えてみればよく考えておけばいくつも疑問点は見つかるはずです。ぜひ、やってみてください。

  • クールビズ(軽装)の格好をして転職の面接に行く際には・・

  • クールビズ(軽装)の服装で転職の面接に行くときには、さすがにジャケットは着なくても安心であるとはっきりと分かるわけですが、ネクタイはした方が間違いないです。タイもしないで良いとする会社もある場合もなくはないです。ですが、ネクタイは例えクールビズが推奨されていても必ずつけて行く必要があると考える企業がいくつか存在するわけです。それゆえ、クールビズ(軽装)でOKだと言われていてもネクタイに関してはしていく方が安全であるということを知っておいてください。

  • 退職|生涯初の失業保険をもらう際に、「期間内は何もしなくても自動的にもらえる」と考える…

  • 生涯初の失業保険の給付を受ける際に、給付されるのを待っているだけでいいと思っている人が大多数なんですが、それは誤解です。実際は、失業保険をもらうためには、職探しを行っていることが必要で、加えて、月に一回以上はハローワークに行く必要があります。月ごとにスタッフに就職活動の状況をきちんと説明して本気で就職活動をしていることをわかってもらえれば翌月、保険が給付されるという仕組みになっています。なお、真面目に就職活動をしていないという心証を与えたり、毎月のスタッフとの面談に不参加な場合は、問答無用で給付を一時的に止められたり、場合によってはそれ以降の給付資格も消失するおそれがあるので、そうならないよう十分注意しましょう。

  • このあいだ転職をやっとしたばかりだというのに、数ヶ月しかたっていないの・・

  • このあいだ転職をやっとしたばかりだというのに、少ししか仕事もしてないのに辞めてしまうケースがわりと少なくないのです。何故かと考えてみると私の考えをいうと新たな気持で自分自身に合った会社を手に入れたはずなのに「自分の理想としていた職場環境とおかしいと思うほどギャップがあって幻滅した」「会社のルールに慣れなかった」と考えて退職を決意することが珍しくないといいます。できればこういった、転職先選びで避けるためにははやり前もっての情報集めは徹底するほかありません。具体的な業務内容、通勤時間、など事前に調べておくことで気になる点は職に就く前の段階でチェックしておきましょう。

  • 退職|転職を目指そうとしても、すべての人が思ったとおりの成果をあげられ…

  • 転職にも全部がうまくいくという確証はありません。どうせするなら、どのみち転職をしなくてはならないなら歳の若いうちに行動に移すほうが良いでしょう。傾向としては、20代のうちは良い結果が出やすいですが、残念なことに、30代後半~40代になると転職の場合は、たいへん厳しいといえます。管理職など、要職を担当している場合、転職を意識していても会社に残ることも選択肢の一つには入れておくべきです。つまり、退社してから転職活動をスタートさせるよりも、今の会社を辞めないままの方向で時間をかけて注意深く行動したほうが失敗しなくて済みます。

  • 退職|在職期間にあるときは、可能なかぎり社内の人間に気づかれないよう…

  • 雇用期間にあるときは、可能であれば、周りの人に悟られないよう、(私の場合)雇用中に転職したいという考えを早いうちに社内の人間に知らせたことがあります。でも、それから、転職サイトを色々とチェックしてみたのですが、悲しいことに働く先や時期などすら何一つ進めていたので、ダラダラと時間が過ぎてしまいました。そしてその一方で、社内では業務の引き継ぎ、諸々の手続き、自らの退職日などが続々と確定していき、結果的に、「退職予定日に沿う形で就職先を探していく」という、なんともお粗末な結果になってしまいました。ですが結局、理想とする結果が実らず、失職期間を経験し、次の就職先を見付けなくてはなりませんでした。

  • 転職したいと考えている会社での見学に参加するとかなり勉強になります。

  • 転職したいと考えている会社の見学は、すごく参考になります。会社見学できる会社の中でもとくに、「職人」がいる会社は、職人技を近い距離で見られるので楽しいものです。しかし、残念ながら「職人」がいる会社見学は、ほぼ例外なく見学者には、本来の現場を見せることはまずありません。典型的なのは、ずばり、ブルーワーカーなどの分野です。この分野では、独自の感覚を持つ人が多いので入社した後までは実際の姿は伺えないものです。ですから、見学で知った内容がそのまま仕事現場と解釈しないことがとても賢明です。また、見学時に仕事を体験させる会社は、問題があるので気を付けるべきです。入社してもいない人には仮に何かあっても、それに対する保障がないため、万が一、勧められてもやんわりと断るのが無難です。

  • 転職活動をしていて絶対に尋ねられることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

  • 転職活動を行っていると「志望動機」「転職理由」の2点は必ず質問されます。これらのうち志望動機に限っては、隠さずに話しても差し支えないですが、これとは違い転職理由について隠さずに話すのは得策ではありません。転職理由でよくある報酬に関する不満、人間関係の問題など、採用担当者に好印象を与えるものではありません。おそらく、自分が不利になることを何も考えずに話す人はほとんどいないと思いますが、採用担当者はそのような部分に注目しがちなので、慎重に質問されることは避けられないでしょう。これに対抗して現職の不満を相手へ伝えないようにするには、現職の仕事内容以外のことは話さないことです。加えて、この会社に入社してこんな貢献をしたい、「3年後にはーしたい」「5年後にはーしているだろう」、その希望が叶うのは御社しかありません、とポジティブなイメージを与えるようにしましょう。

  • 退職|たいてい一流企業は「定期採用」で人材を確保するため・・

  • 大半は大きな会社の採用は、「定期採用」であることがほとんどです。ですから、転職希望で入りたい場合は、時期を考慮しておく必要があります。そればかりか、郊外~地方となると転職の確率はたいへん小さくなります。でも、製造業に関連する企業に関して言うと、都市部でない地方の工業団地界隈に製造の拠点としていることも多々あります。また、そういう工場は、事業拡大などの際に「中途採用」をしていることがよくあるので、そのタイミングに転職するのも悪くないでしょう。そのためには、地方の工場に転職しようと考えているなら、転職を希望する企業についての予備知識をまえもって得ておきましょう。ホームページをチェックし、求人の予定がないか、ときどきチェックされることをお勧めします。

  • 日本には昔から「石の上にも三年」という人生において戒めのの意味を持つ言葉があります。

  • 古来より日本には”石の上にも3年”という諺がありますが、「終身雇用制度」は過去のものとなってきています。定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」を経験するのが一般的な事柄となってきています。ただ、「仕事を変えること」が当たり前になったからといっても、安易にそれを選択するのは考えものです。再就職するにはまずは良い時期を図る必要があります。まず第一に、現在の職場、や自分の置かれている立場などについて、不満点を約10項目紙に書き出ししてみましょう。こうした作業をしておくことによって、将来の再就職に役立ちます。そしてあなたが、いつか決断した時にはできるだけ素早く、今より良い仕事を手に入れるべく努力していきましょう。

  • 転職の面接に転職希望の会社へ行きました。

  • 転職の採用面接を受けるため転職希望の会社へ行きました。会社内の面接ができる部屋が空いておらず外部の会場で人事部の人と待ち合わせて面接をし、その場で解散をして、面接担当者もそのまま自宅に直帰されるとのことだったのですが、驚くことに自宅最寄駅が同じ。なので電車の中においても面接を行った人とずっとおしゃべりしながら帰ることとなり、結果として打ち解けて面接よりお話が弾んで、それが奏功したからなのか幸運にも採用を勝ちとることができました。

  • 新卒として入った会社を辞めて、悩んだ結果、転職しました。

  • 新卒採用で入社しましたが、転職した経験があります。実際に行動する前は、長い間将来が不安でした。でも、新卒採用で入社した会社を退職し、多数の人が転職をしていることを転職活動をしていく中で知り、無意識のうちに不安な気持ちが消え、楽になりました。なにより1度、転職をするとなんというか、精神的に楽になり、自分に適した仕事を探すことが出来て嬉しくなっていきました。やはり「仕事を変えるのは良いことじゃない」というような転職を否定する意見もありますが、必ずしも正しいとは限らないと思いました。私自身、転職してみるも大事だと思いました。

  • 退職|転職において、まずは今勤務している会社を辞職した…

  • 職を変える際に、まず今働いているところを辞めてからという方もいますが、辞めてから転職活動をする際にはボーナスをもらえる日について確かめておきましょう。社員にボーナスを出す会社は多く存在しますが、社員にボーナスが出る場合には、ボーナスが手に入る日まで少ししかないのなら、それを待ってから会社を去るという手も良い手です。ボーナスだとそこそこ大金なので、手に入れておいた方がいいともはっきりと言うことができますから、転職を思いついたらボーナスが支給される時期について最初に調べておいた方が損をしません。