女性の転職に際して、一昔前と今日とでは若干、状況に違いがあったりします。

女性の再就職に関しては、今現在とセクハラが問題視される前で・・

女性の転職において、一昔前と現在とは多少の、違ってきている点があります。過去には面接のなかで、結婚の予定や出産後の方針などについて、ごく当たり前に質問されることがほとんどでした。ところが、今現在の流れとしては、そのようなデリケートな内容は、「セクハラ」に該当しかねないために、聞かない会社が一般化しつつあります。名の知れた大きな会社の場合は、NG質問として扱われています。しかしながら実際、面接する側としては、YES・NO、の2択でなく、その人の生き方、結婚したあとどうするか、出産後の具体的な予定を知っておきたいと思うはずです。あなたの将来設計を知っておいてもらうためにも、志望の動機や自己PRと一緒に話すことで会社側も考えがわかり、安心してもらえると思います。そういうわけで、聞かれていない部分も、あなたから気を遣って話をしておくのが良いです。

転職した場所では、すぐに年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。

新しい仕事に就きたいと考えているのなら、すぐに「年間報酬」の高望みはしないほうが良いです。特に、入社した年度は、大方「試用期間」を含んでいる場合が多数で、私のケースでは、労力を費やして転職したというのに、予想と異なり前の会社での年収と大方同じだったことがあります。それにプラスして、業務は多様で忙しく、たいへん責任のあるもので、初年度をクリアするのにたいへん状態でした。そうした体験から初年度は、仕事を学ぶ期間と割り切り、可能ならば転職前にお金をためておくことに尽きると思います。

看護師という仕事の人のほかの職業に転職する理由はその人それぞれ。色々な事情があるはずです。

看護師の他の仕事に「転職しよう」と思う理由は人によって違うはずです。さまざまな理由がありますが、看護師でありながらの転職するには「職場に相性の悪い上司や同僚がいて困っている」「結婚することで自分勝手にできなくなって出産さらに子育てそのうえに家族の介護など、種々の身近な家庭環境の変化によって今までと同じようには働き方ができなくなった」「現在の収入面で不満を感じている」といったような悩みが考えられます。不満があるほど、急いで行動を起こしたくなりますが、実際に転職される前に「なぜ、転職しなくてはいけないのか?」と、ゆっくり冷静に、現在の状況を客観的に見つめ直すことも大切です。「実際に転職したら状況が好転するのか?」と再考してから決断しておくと間違いありません。

退職|私は20代で転職を2度経験して、そして今、資格を取得したい・・

私は20代で転職を2度経験して、いまは資格取得の勉強をしながら、「派遣社員」として働いています。フルタイム勤務とは違うので手取りは以前よりも少ないです。ですが、心と時間に大きな余裕が出来ています。学生時代に資格を取得し、仕事を続けるという方は本当に稀です。やはり、資格を活かしている人を見ると少し羨ましさを見えたりもします。以前は、うまくいってる人と自分と比べて、落ち込む日もありました。今では結婚を契機に私の生活環境もかなり変わり、前よりもそのなかで将来の進む道も定まったので充実して毎日を過ごせるようになりました。

派遣として就業しています。労働契約法が原因で残念なこと…

派遣で勤務しています。派遣法や労働契約法の関係で否応なく、ずっと働いていた勤め先での勤務があと数か月で終了します。仲間の派遣社員の中には派遣で勤務している会社で直接雇用の待遇を手に入れた人もいるのですが抜擢された理由としては正直なところ仕事の能力とは関係なく派遣先上司へのあしらいが得意な人でそれで採用されたとしか思えません。テクニカルスキルより上司に媚びるスキルの方が肝心なんだねーと派遣仲間達と職場でいつも不満をたれています。

転職をするために現在働いている会社を退社する時に失業保険に関する手続きを行う必要がありますが…

転職を行う際、現在勤務している会社を退社する時に「失業保険」給付手続きをしておく必要がありますが、もしも自分の希望により退職願を出して会社を去る、いわゆる「依願退職」の場合には即座に失業保険が出るのではなく手続きが終わった後で失業したことが認定されてから3か月待たないといけないのです。よく勘違いして辞めた次の日から3か月経過すれば給付されると勘違いしている人がいますが、実際に誤解してしまった人が、それが原因でハローワークの保険担当者と口論していたのを以前見たことがあります。ですが、リストラなど、「会社都合」での解雇のケースでは、失業認定を受けてすぐさま失業保険を受け取ることができます。

退職|経験したことがない分野などに転職を行う際は、以前の会・・

全くの初挑戦の分野などに転身を行う際は、以前の業界で育んできた能力やこれまでの経験を発揮することができるというアピールが必要です。勤務経験のないジャンルの場合、その分だけそのジャンルで経験してきた人たちよりも不利な状態になりますけど、自分自身が保持している力がそこでも生かすことができるということをしっかりと相手に伝えることができれば、勝負になる場合も多々出てきます。そういった訳で、経験が全くない業種に挑むときには、その業界と自分がこれまでやってきた仕事内容とのつながりを可能な限り探しましょう。

再就職での面接などの時に担当者に名刺を手渡されとした…

再就職での面接などの時にもし名刺を渡された時、こちら側も名刺を相手に渡す必要があるのか?と対応の仕方に悩んだ場合は、大方は渡すことはないと考えておいてください。転職のための面接においては仕事の内ではなくて、就職活動の一部であるわけですから、普通一般的には名刺を交換する時ではありません。加えて、あなたは会社の者としてその場にいるのではなく、あなた個人のことでこの場にいるわけです。という事で、もしも相手側から名刺を渡されても、こちらとしては、ただもらうだけで問題なくて、担当者に相手にあげる必要はまったくないと推測できるのです。

退職|求人関連の情報誌やサイトを見てみると、ほとんどの場合・・

求人関連の情報誌やサイトを見てみると、大部分の場合はたいていの会社では月の給与がしっかりと記載されていますよね。この月収の項目を見る時には、しっかり確認する事が必要です。額の多い少ないだけを見て判断しないようにしましょう。場合によっては、月収の金額の内訳に「毎月20時間の残業」が条件になっているかもしれません。何が問題かというと残業代の金額をトータルすることで金額が高く見えるようにしているケースも考えられます。それ以外にも、「歩合給」が基本給にプラスされる、というパターンにも要注意です。歩合をかなり盛って月収を多く見せている企業もあります。だから、その手の可能性の少ないケースを誇張しながら、人を集めるような会社は「ブラック企業」な可能性も高いので、警戒しておきましょう。

転職活動をするとき、まず、ハローワークや求人雑誌の求人情報を見たり・・

転職を行うにあたっては、まず第一に求人票を見たり、ウェブ上の公式サイトを閲覧したりして気になる会社を調査するはずです。しかし、当該会社が情報を公開するにあたっては、コンサルタントからアドバイスを受けていることが多いです。コンサルタントは、会社に不都合な情報を隠す傾向があります。たとえ公表するとしても曖昧な表現を使ってうまくごまかそうとします。そういった類の社長の方針や社員の感想に関しては、半信半疑で受け止めておいた方が良いでしょう。仮に鵜呑みにして会社に入ってしまった場合、「こんなはずじゃない!」と気が付くことになることが多いです。悪意ある会社は、素直な人間を効率よく取り込み、その後、あれこれと難癖をつけて辞めさせないように考えています。この手のブラック企業には注意が必要です。

今までの求人誌には、雇用側が必要とする「性別」について…

以前の求人情報には、募集要項の中に「性別」について、書かれているのが一般的でした。けれど現在では、1986年に施行された男女雇用機会均等法の影響によって、雇用において、男女差別がしてはならない事となり、応募資格の中身に「性別」が無記載となりました。とはいうものの、求人募集をしている会社は、男女どちらでも良い、とは本音では思っていません。現実に、男性が希望のジャンルに女性が募集にやってきたり、女手が必要なのに男性が来てしまい、といった問題も他人事ではないのです。例えば、「女性が活躍できる仕事場です」と記載があれば、会社側が「女性」を必要としている、と捉えておくトラブルを避けられます。

昨日転職の準備をしようと人材バンクに登録に行きました。

3日ほど前転職のために人材紹介会社へ登録に足を運びました。そこで登録カウンセリングをしに出てきた担当の方が見たところ社会人経験の少ない社員のようで、こちら側が説明している話の50%もわかっていない様子。さらに悪いことに「キャリアデザインがまだまだですね」とか「自分の強みをはっきりと知ることが大事です」等、私のことをすべて理解しているかのように横柄にしゃべるのでとても不愉快でした。カウンセリングをする人は多少はカウンセリングの経験がある社員にするべきです。

退職|就職活動において、年収はかなり重要な要素です。

就職活動において、年収はかなり重要なポイントです。面接では、ほとんどすべての会社で現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。ここで年収を実際もらっている額よりも大きく申告し、転職先で高額の年収を得ようと試みても、無駄な努力でしょう。「源泉徴収票」が必要なため、たとえ一時的に騙せたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、必ずウソがバレてしまうのです。運が悪ければトラブルに発展することもあるので、現在の会社での年収を正直に申告し、それに釣り合った希望年収額を設定するのが正解です。ちなみに、今の年収が400万円の人が、転職してすぐ500万円の条件を提示してもらえるかといえば極めて小さいです。もし、現在の年収が430万円であれば、希望年収額は400~450万円と相手に伝えておくとよいでしょう。完全なウソは、転職活動でのトラブルだけでなく、入社後のトラブルとなり、一時的に入社できたとしても、退職に追いやられる事態になるかもしれません。

自らが転職を考えていた時期に何社かの人材紹介会社に登録していたことがあります。

私はかつてかなり複数の人材紹介会社に登録していたのですが、その時に感じたこと、それは転職アドバイザーのレベルもまちまちでほぼ物足りない方ばかり。こちら側は人生がかかっているのにもっと心して向き合ってほしいという感情が募りました。その事がきっかけとなって私はキャリアカウンセラーになろうと考えたのです。キャリアカウンセラーとして働くには資格が必要です。資格取得までにはお金も必要だったし資格取得のための勉強面に関してもヘビーでしたが、就活中の人たちから頼みの綱とされるようなキャリアカウンセラーになるべく頑張っています。

退職|再就職を考えている時に見ることになる仕事の情報というの…

職を変えようとしようとしている時に注視する募集要項については、だいたいのもので載っている、という事も少なくありません。なので、情報として書かれていることを100%正確なことだとは迂闊に信じるのはやめておいたほうがよろしいかと思います。特に給与の金額などにおいては、社員を平均した値なのか?最低限もらえる金額であるのか?最高の給料であるのか?といった読みができない時が多く、自分で勝手に読み取ってしまうと、今後、そのことを悔いる事も少なからずあるでしょう。そのような訳で、嫌な思いをすることになる前に、募集事項については、おおまかなものだと思って、そういった重要な内容は直接確かめるのが好ましいでしょう。

これから転職活動をする人のなかで、次の仕事を始めるまでに時間があるのなら、…

これから転職活動をする人のなかで、次の仕事を始めるまでに期間がある場合は、必ず失業手当をもらうことをおススメします。あなたが働いている会社がもし雇用保険を払っているところであれば、申請をすれば必ず誰でも失業手当を手にできます。手続きについては、「ハローワーク」で行います。自己都合での退職なら、失業手当までの待機期間が「3ヶ月」ありますが、現在の企業の都合での退職、あるいは残業時間次第では日数をおかず即、受け取ることが出来たりもします。なお、支給される失業手当の金額は辞めた月の直近の給料を基準にして失業手当の金額を計算されるため、もし、「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の場合は、「繁忙期」後に辞めるのがお勧めです。