派遣として働いています。派遣法や労働契約法の関連で長期間勤務してい・・

派遣で働いています。労働契約法により長く勤務してきた…

派遣で就業しています。派遣法や労働契約法のおかげで否応なく、長く務めてきた勤め先での就業を終了しなければなりません。派遣の仲間の中には、派遣の勤務先で直接雇用の契約を手に入れた方もいるのですが実際のところ仕事の能力とは関係なく派遣先の上司の扱いが上手な方で引き立てがあった気配。職務を遂行する能力よりもおじさん転がしスキルが大事なんだねーと選考に漏れた派遣仲間の同僚と愚痴る毎日です。

転職する際、今勤務している会社辞める時に「失業保険」を受けるための手続きをしなくてはなりませんが、…

転職をするために今務めている会社を辞める時に失業保険についての手続きをしなければいけませんが、もし自分が望んで退職届を提出して退社する、いわゆる「依願退職」のケースではすぐさま失業保険が給付されるわけではなく手続きが終わった後で失業したことが確認されてから3か月待たないともらえないのです。よく勘違いして会社を辞めた次の日からキッカリ3ヶ月で受け取れる、と誤解しないようにしてください。この規則を理解していない人が、手続きに不手際があると勘違いしてハローワークのスタッフとトラブルを起こしているのを見たことがあります。なお、労働者側の都合ではなくリストラなど会社都合で解雇されたときには、失業認定されてから直ちに失業保険がもらうことが可能です。

退職|経験したことがない分野などに転職する際には、自分が以前の業界で…

経験したことがない業種などに転身を行う際は、自分の前の仕事で培ってきた能力や今まで経験したことを発揮できるという内容の訴えが必要です。その業種の未経験者は経験していない分だけその業種で働いたことがある人よりも事実、不公平な状態になりますが、自らが保持している力がその業界でも生きるということをしっかりと相手に話すことができれば、勝負になるケースは多々出てきます。ですから、経験のない業種に挑戦するときには、その業種と前の職場でやっていた仕事とのつながりを必ず探し出してみましょう。

再就職における面接などに関してもし面接担当者に名刺を手渡されとした…

再就職における面接などに関して面接担当者が名刺を渡してきた場合、あなたも同じように相手の方に名刺を差し出すべきであるのか?と対応の仕方に迷った際は、たいていは差し出さなくても良いと考えておきましょう。転職のための面接においては仕事の内ではなくて、仕事を得るための就職活動の一部であるわけですから、大体の場合は名刺をやりとりする時ではないのです。さらに、会社の人としてではなく、個人的なことでこの場にいるわけです。それゆえに、もし相手から名刺を差し出されても、あなた自身は名刺を受け取るだけで問題なくて、相手に渡す必要性はないと思われます。

退職|求人についての情報を見てみると、とうぜんまともな企業では…

求人関連の情報誌やサイトを見てみると、普通の企業では月の収入がしっかりと記載されていますよね。ただしこの部分をチェックする際は、深く確認する事が大事です。値だけで納得しないようにしましょう。というのは企業によっては、月収の中に「毎月10時間の残業」を前提に計算されている可能性もあります。何があるかというと残業代をあえて含めることで魅力的な案件のように見せかけ、募集している所があるからです。それ以外にも、「歩合給」をプラスする、といった案件も要注意です。歩合を過剰に多い前提で月収を多く見せているケースもあるんです。ですから、こういった「不誠実」とも取れる詭弁を弄する案件には注意が必要と言えるかも知れませんね。

転職をする際は、前もって、ネット上の求人サイトを閲覧したり・・

転職活動をするいあたっては、最初に、ハローワークやネット上の求人情報を閲覧したりして転職候補先の会社を調査するでしょう。ところが、当該会社がサイトや求人票に情報を出す際は、コンサルタントに相談をしている可能性が高いです。コンサルタントは、会社にとって不利益な情報を隠す能力に長けています。たとえ公開するとしても曖昧な表現を使ってうまくごまかそうとします。その種の企業の「社長インタビュー」や「社員情報」についてはそれを事実として見るのではなく、半信半疑で聞いている方がいいです。仮に額面通りに受け止めて入社してしまった場合、こんなはずではなかったとあとになってから後悔しかねません。なお、会社側はいかにそのように素直な人間を入社させ、その後は、言いがかりをつけながら退社できないようにしようとします。ブラック企業では、このようなことが多いです。

数年前は求人誌に雇用側の希望する「性別」が当然のように記載されていました。

昔の求人情報に必要とする人材の「性別」まできちんと書かれていました。ですが今では、男女雇用機会均等法の施行等により、採用する際、男女の差別がしてはならないルールとなり、募集要項に「性別」を明記できなくなりました。けれども、求人側は、男性・女性のどちらでも良い、とは心のうちでは考えていません。従って男性必要とするジャンルに、女性が応募したり、逆に女性を希望している案件なのに男性が来てしまい、でも不採用となる可能性が高くなります。求人情報で女性活躍等とアピールする案件では、求めているのは女性だと考えたほうが良いでしょう。

一昨日仕事を探すために人材会社へと登録に向かいました。

数日前転職の準備をしておこうと人材紹介会社へ登録に行きました。登録カウンセリングの時に出てきた担当者が見たところ社会人経験の少ない社員のようで、こちら側が説明していることの半分も彼はわかっていないようでした。それにもかかわらず「キャリアデザインが物足りないですね」とか「もっと強みと弱みをはっきりさせておくべきです」等、上から目線で横柄にのたまうのでとっても不快でした。カウンセリング担当者はいくらか能力のある人にしてほしいものです。

就職活動において、だれもが気にするのが年収です。

転職活動をしていれば、必ず「年収」の話題が上がってきます。大半の企業で現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。ここで実際の年収を上回る額をもらっていると偽り、転職先で高額の年収を得ようと試みても、無駄な努力でしょう。なぜなら、最終的には源泉徴収を提出しなければいけないので、もし一時的に信じ込ませたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、そこでウソがバレてしまいます。ときにはトラブルを引き起こすこともあるので、現職の年収を水増しせずに申告し、それに見合った希望年収額を設定するのが正解です。なお、現在の年収が400万円の人が、転職後すぐに500万円となる見込みはほとんど無い、と見ておくべきです。たとえば、現在の年収が430万円であれば、希望年収額は、400~450万円と転職先に伝えておくのが良いです。露骨な嘘は、転職活動時のトラブルだけでなく、一時的に採用されたとしても、退職せざるを得なくなる恐れもあるので、気をつけましょう。

退職|自分が転職を考えていた時期にかなり何個かの人材紹介会社に登録していました。

キャリアップしたいと思い何個かの人材紹介会社に登録していのだが、転職アドバイザーのレベルが驚くほど様々で大方物足りないアドバイザーばかり。私にとっては、とても大切なことなのにもっと誠意を込めて向き合ってほしいという落胆した気持ちがこみ上げました。そのことが発端となって自分自身がキャリアカウンセラーになろうと考えたのです。資格を取得するのはコストもかかりましたし勉強に関してもヘビーだったわけですが、求職者から信頼してもらえる存在になるべく頑張っています。

再就職を考えている際に目を光らせる募集要項に関しては・・

転職を考えている際にチェックすることになる募集内容は目安として、アバウトに書かれている可能性もあり得ます。なので、そこに書かれていることは何もかもが正しいとは安易に信じるのはやめておいたほうが好ましいと言えます。とりわけ給料の額などにおいては、一般的なのか?最低限もらえる金額であるのか?最高値なのか?という見解ができない人はたくさんいて適当な判断で読み取ってしまうと、後悔することになる事いなるかもしれません。という事で、嫌な思いをしないために、求人情報はだいたいのものだと考えて、そのような重要な内容は会社の方に直に連絡を取ってみた方が適切でしょう。

今から転職活動をする人のなかで、次までの仕事にまだ期間がある方・・

近いうちに転職活動をしていく人で、次の仕事を始めるまでにまだ時間が掛かりそうなら忘れずに失業手当をもらうことをおススメします。失業手当は今働いている所属する会社がしっかり「雇用保険」を支払っていた場合は、手続きをすればだれでももらえます。また、ハローワークで手続きをしてくれます。しかし自己都合で仕事を辞めた方は失業手当が受給されるまでの待機期間(3ヶ月)ありますが、現在の会社都合での退職や、残業時間によっては、ただちに受け取れることもあります。ちなみに、支給される失業手当の金額は最後となる月の直近の給料がもとになって手当の額を計算するのでもし、「閑散期」「繁忙期」の波がある業種の人は、理想的なのは「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当的にはお得です。

派遣会社に会員登録して働く人が規制緩和以来、増加する傾向にあります。

派遣会社に登録して働く人が規制緩和の後、増える傾向にあります。派遣会社が受け取る報酬が一時間あたりいくらで、そのうちの何割があなたに入るのかを可能な限り面接の際に質問しておいた方が無難でしょう。派遣業は、人手を欲する企業に人材を派遣し、その見返りとして、手数料を徴収する仕組みです。実際に派遣される労働者の取り分が不明確になっている場合がほとんどです。50%以上を労働者に還元しているのであるなら、まだよい会社ということも可能ですが、中には開示すらされない派遣業者も少なくなく、ひどいケースでは、労働者に2割しか還元しなかった、ということも多いです。面接のときにあいまいにしか答えない会社は、色々と不都合なことは隠そうとする可能性が高いのでできることなら違う派遣会社を利用されることをおすすめします。

もしあなたが転職したいと考えているなら、転職前に考えておいて損をしないのが資格の取得です。

もしもあなたが近い将来、転職するのなら、前もって「資格」を取得しておいたほうが有利になります。また、仕事を続けているうちに、資格取得しておけば、転職活動の際にそれを有効活用できるので、新しい仕事を探すのも簡単になります。というワケで、在職中であり、かつ転職活動前の段階の資格取得がもっともおすすめのタイミングです。もしあなたが再就職を考えているなら、このあと役立つ可能性の高い資格を持っておくと、今の会社を退職後も躊躇なく次に進められるはずです。さらには、資格取得によって転職活動の幅は資格が味方をしてくれるので、転職先での面接時に面接官に戦力になると判断してもらえ、以前の職場より待遇が良くなる可能性が高くなります。

近い将来、みるみるうちにシンプルな作業は機械によっ…

この先、労働力という観点において着実に考えなくてもできる仕事は機械に入れ替わりその変化によって必要な労働人口はどう考えても減少していきます。単純労働においては、ヒト以上に機械でやったほうが数段に分があるからです。数量をカウントしたり、同一の作業を繰り返すのは機械なら何の苦もありません。もちろん人と違って不満を言わないし、疲れることがありません。また、横着をすることもないし、正確にこなしてくれますし、均一だし、おまけに人と違って「人件費」も発生しません。労働力として生身の人間を使う意味が到底無いため、機械化が自然の流れなのです。

退職|最近はウェブ上の就職斡旋エージェントの中でヘッドハンティングの請負ををビジネスとする会社も増えてきました。

最近はネット上の就職斡旋エージェントの中でビジネスの一環としてヘッドハンティングの請負を行う会社をよく見かけるようになりました。「特許」を出すと、ヘッドハンティングされることが期待できます。彼らは、特許権を獲得した人以外にも、研究開発で論文を発表した経験がある人や、テレビで紹介された人など、何らかの実績も持つ人を対象に、電話やメールでコンタクトを取り、ヘッドハンティングのネタにしようと腐心しています。会社に在籍中に、ヘッドハンティングと考えられることを言われた場合は、自身の過去を振り返って、「キッカケ」を考えてみましょう。そんなにはないことですが、ヘッドハンティング名目として、登録料を請求する業者もありますが、その手の業者は完全なイカサマですから相手しないのが無難です。ヘッドハンティングは、企業が仲介業者に報酬を支払うので転職希望者が払う必要はありません。