在職中には、できるだけ周りの人間にバレないように(自身の経験談です…

雇用期間中は、極力周りの人間に気づかれないように…

  • 在職期間中なら、可能であれば、周りの人間にバレないように(私のときは)前職中に転職する意図だけを早期に同僚に知らせたことがありました。でも、その後求人を必死にあれこれ見ていったものの、結局は転職先のあても、タイミングさえも何も決まらず時間がムダになるだけでした。当時所属していた会社の方は、業務の引き継ぎ、諸々の手続き、自身の退職予定日などが段々と確定していき、さいごは「退職予定日に合わせてとりあえず就職(できる)先を決める」という、お粗末な状況になってしまいました。そして、予定は思うようにはいかず、失職期間を経験したのち、次の就職先を見付ける活動をはじめました。

  • 転職先で会社見学しておけば、たいへん勉強になります。

  • 転職しようと考えている会社の見学は、非常に参考になります。そういった会社のなかでも、「職人」がいる会社は、職人技を間近で見られて気持ちが高ぶります。そんな会社の見学では、見学者にはほぼ例外なく、通常通りの働き方を見せてくれないのが特徴です。その最たるものが、ずばり、ブルーワーカーなどの職種です。この業種では、個人のプライドが強いので入社した後でないと、本当の姿はわからないものです。そのため、会社見学で見たものをすべてだと考えないことがとても賢明です。それに加えて、見学時に実際に仕事体験させてくれる会社は危険ですから選択肢に入れるのはおすすめしません。雇用契約を結んでいない人には万が一問題が発生したとしても、それに対する保障がないので、スタッフから勧められてもやんわりと断りましょう。

  • 退職|転職活動中に、面接において例外なく聞かれる質問は志望動機と転職理由の2つです。

  • 転職のための活動を行っていて面接において例外なく聞かれる質問は志望動機と転職理由の2つです。これらのうち志望動機については、心で思っていることをそのまま話しても差し支えないですが、転職理由についてありのままに伝えるのは賢明ではありません。例をあげれば収入に関する不満、人間関係に関する問題など、あまり良い内容ではありません。おそらく、自分にとってマイナスになると予想されることを何も考えずに話す人は非常に少ないと思いますが、転職先となる企業は、往々にしてそういったマイナス点に関心を払う傾向があるため、遠回しに聞き出そうとしてきます。これに対して悪い印象を与えるのを回避する方法として、現職の仕事内容以外を話しないのが基本です。そのあと、この企業に入ってこんな仕事をしたい、5年以内にこんなゴールを達成したい、「こういった私の希望が叶うのは御社だけだと思っています」、といったように未来志向となるように、うまくかわしていきましょう。

  • 退職|多くの場合大企業の採用は、「定期採用」であることがほとんどです。ですか…

  • 大業は「定期採用」がメインです。ですから、転職で入る事は簡単ではありません。さらに、都会エリア外だと転職の機会はたいへん厳しくなるでしょう。ただし、「製造業」関連であれば、都市部でない地方の工業団地周辺に製造工場を置いていることもとても多いです。さらに、そういった工場に的を絞れば、事業を拡大する際に「途中採用」をしているので、そういった機会を利用して転職を検討してみるのもいいでしょう。地方の工場に転職しようと考えているなら、転職を希望する会社についての予備知識を事前に仕入れておきましょう。ホームページをチェックし、人員募集の有無など、忘れずに確認すると良いでしょう。

  • 退職|古来より「石の上にも三年」という生きていくうえで格言となるべき言葉があります。

  • 日本には「石の上にも三年」という教えがあります。現在の社会では「終身雇用制度」は崩壊に向かっています。転職というのは身近なものとして捉えている人も多いはずです。ですが、「仕事を変えること」が一昔前よりも身近になってきたとはいえ、やたらとそれを選択するのは考えものです。実際に転職するには適した時期を捉える必要があります。ますはじめに、今やっている職場、自分の置かれている立場などについて、納得できていないと感じることを箇条書きにして多くて10項目、最低でも5項目は箇条書きしてみてください。こうした作業をしておくことによって、転職活動がスムーズになるはずです。そして、将来の進む道がなんとなく見えてきたのなら、手早く、今よりキャリアアップできるように、自分なりに努力してみてください。

  • 転職したい会社の採用面接にある会社に出向いたときのことです。

  • 転職のための面接を受けに希望先の会社へ向かいました。その会社にある部屋が空きがないというわけで外部のとある場所で採用担当の人と待ち合わせて面接が行われ、その場所で解散をして、面接を行った方もそのまま直接自宅に向かうとのことでしたが、驚くことに下りる駅が私と一緒だったのです。なので電車の中においても彼と一緒に会話をしながら帰宅することとなって、結果として緊張がほぐれて話が盛り上がり、それが功を奏したのか何の問題もなく採用を獲得することができました。

  • 新卒で入った会社を辞め、心を改めて転職を決意しました。

  • 新卒で入社した会社に別れを告げ、一歩踏み出して転職すると決めました。会社を退職する前は、1人で悩んでいましたが、しかし、数年で会社を辞めて、中途採用で働いている人ばかりであることを私自身が転職を経験したことで学び、自然と将来への不安が消えました。なにより1回転職をすれば、徐々に肩の荷が下りたような感じがして、「自分のやりたいこと」を見つけることが前向きに過ごせるようになりました。やはり「自分の仕事をコロコロと変えるのは問題だ」といったような考えの方も、もちろんいますが、それが正しいとは限らないと思いました。私の場合、転職を決断して後悔はありません。

  • 転職活動をスタートする際、まずは今勤務している会社を辞めた…

  • 転職活動を行う際に、まず今働いている会社をきちんと退社してからと考える人もいるでしょうが、そうであるなら次のボーナスがいつ入るのかを見積もっておきましょう。ボーナスのある企業は多く存在しますが、ボーナスが支給されるなら、ボーナスが振り込まれる日まで数か月しかないのなら、支給日を過ぎてから辞めるという手も良い手です。ボーナスだとそこそこ多くの額が入るはずなので、もらい損ねたら損ということもはっきりと言うことができますから、会社を辞めようと思ったらボーナスについての規定と支給日を一度確かめておくともったいない思いをしません。

  • 退職|転職時の面接でいるスーツの色合いは、新卒の就職活動に準じた…

  • 転職の時の面接で着用するスーツの色味は、新卒の就活の際にに準じている色合いが安全です。ですので、紺系や黒系などのような暗い色、ということになります。それが、転職の面接でも、着ていくビジネススーツの色味に関しては黒系や紺系の落ち着いたカラーがほとんどで、黒や紺以外の色の転職者はほとんどいません。他のカラーで言えば、まれにグレーを着ている方がわずかにいるほどです。大方は黒系や紺系が大多数です。ですから、面接を行う人事から見ても黒や紺のスーツが当たり前であるかのように見えますから、第一印象という観点ではおすすめしたいのです。

  • これまで私は、求人情報は「転職サイト」よりも、「ハローワーク」を活用していました。

  • 今までの私は、「転職サイト」よりもいつも「ハローワーク」を利用していました。どうしてかというと、CMで有名な大手の転職サイトは、構造上、都心部にある会社の求人ばかりだからです。このため、転職活動をする際は、「ハローワーク」ばかり使用していました。有名な転職サイトに掲載されている求人よりもいくらか企業数や給料などで若干の見劣りがあるものの、古くから地域に密着した企業も多くあり、探しやすい魅力があります。ですが、「どんな求人があるかわからない」と感じている方も多いかもしれません。有名な転職サイトには掲載されない求人があるので、転職しようと考え中の方は、お近くのハローワークへ1度行ってみることをお勧めします。有名な転職サイトみたいに大量の電話・メールに悩まされる心配もありません。

  • 退職|転職エージェント、そして転職サイトを使用して、転職活動を行う人はたくさんいます。

  • 転職サイトや転職エージェントといったサービスを活用して、転職活動を行う人はますます増えています。転職のチャンスを高めたいのなら、転職フェアも併用されることをお勧めします。多くの企業が一堂に会することから、参加することであなたの気になる企業の情報を効率的に得られますし、さらに、説明員等を通じて、その企業の社風がある程度わかります。これから、転職フェアに参加する機会があれば、面接に行く心構えで自身をしっかりアピールしていきましょう。その結果としてフェアの期間中に企業側の担当者に気に入られれば、後日応募して面接等に進む時にアドバンテージになります。

  • 退職|転職活動を進めるには、然るべき準備は必要不可欠です。

  • 再就職する場合、然るべき準備はしなければなりません。準備といってもたくさんあるのですが、とりわけ目に映る「ファッション」は、誰もが気を遣う部分ではないでしょうか。ですが、今の企業面接に関しては形式ばらない服装を許可している企業もあるので、ビジネススーツを着て赴く必要がない場合もあります。創業間もない企業などは、フレクシブルな考えなのでスーツでいかないほうが相手先に良い印象をあたえます。さらに、正装でないので、ざっくばらんに話ができるメリットも。さらに、私服を見せることで面接の間に、洋服について、相手との話が広がる可能性もありますから、うまくいけば担当者と仲良くなれる期待ができます。というわけで、これから転職は企業の「創立した年」を確認し、(ベンチャー系企業の)面接の際はスーツは着ずに私服で勝負してみるのもアリかもしれません。

  • 女性が再就職する場合、今日と一昔前では若干の変化があるといいます。

  • 女性が転職するに当たって、今日と数年前では若干の違いがあります。以前は会社側から結婚観や結婚後の仕事に関して、当たり前のように質問されることがほとんどでした。ですが、今ではそういった内容はセクハラに該当するとして聞くのを避ける企業、が増加傾向にあります。世間に名の知れた大きな会社ほど、タブーとして全面的に避ける傾向にあります。ですが実際、会社側としては、YES・NO、ではなく、その人の考え「結婚後も働きたいのか」出産後は仕事にすぐに復帰するつもりかなどを把握しておきたいとは思っています。自身の価値観をわかってもらうためにも、志望の動機や自己PRと一緒に表現することで、相手方にも考えが伝わり、安心できると思います。ということで、たとえ、質問されてない箇所についても、こちら側から配慮し、話をしておくのが良いでしょう。

  • 仕事を始めてすぐはすぐに年収に関して高望みはしないほうが無難です。

  • 転職を考えているのならいきなり年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。ことさら、はじめの年はほぼほぼ「研修期間」が入っているというのが多くあります。自らの転職したときは、なんとか手にした職なのに、予想と異なり前いた会社での年収とほとんどイコールでした。さらに、仕事はキツく、かなり責任重大な立場でもあったので、初年度はたいへん労力を伴いました。ではどうすればいいのか、転職1年目は、勉強する年と割り切ってしまい、なるべく転職する前からお金をためておき、仕事に没頭した方が良いと思います。

  • それと違う職に転職する原因は人によりけりです。

  • 看護師という職の人の違う職に転職に至る原因は、その人それぞれ。色々な事情があるはずです。考えてみると看護師を辞めての転職するには「職場の中に自分と相性の悪い上司・同僚がいる」「結婚で家庭環境の変化によって出産と子育てそれから家族の介護など、環境のいろいろな変化など、これまでと同じような働けなくなってしまった」「今の収入に大きな不満を感じている」など多種多様の理由が考えられます。しかしながら、転職を決める前に「どうして、転職しないとダメなのか?」と、改めてゆっくりと再度、現状認識をしてみることもやっておきましょう。それは本当に転職するに値する妥当なものであるのかどうか、再考してから決断しておくと間違いありません。

  • 退職|私はこれまでに20代で転職を2回した為、そして現・・

  • 私は20代で転職を2度行い、現在は資格を手に入れたいので派遣社員で働いています。常勤の勤務を選択しなかったので毎月の収入は安いのですが、ですが、心と時間に大きな余裕が生まれました。思い返すと、学生時代にいくつか資格を取得し、就職できたらムダがなかったのにな、とは思います。また、資格を活かしている人を見るとうらやましいなと思ってしまいます。以前までの私は自分と他人をどうしても比べてしまい、気分が落ち込むことが多かったのですが、今は結婚してから、生活環境もかなり変わり、以前よりも明確な進路ができて自分の人生に満足できるようになりました。