転職の際の面接は、零細企業だったらおおよそは「人事」が面接担当ですが、…

再就職の際の採用面接では、中堅企業であれば概ねその社内の「人事」担当者が面接官ですが、…

  • 転職の際の面接では、中小企業であれば大体が「人事」が面接官ですが、100%ではありません。実際、今後一緒に仕事をする現場の責任者、簡単に言えば中間管理職である部長や課長が面接を担当することも珍しいことではありません。とりわけ事務系・営業系といった部署に転職する場合は、資格だけでは人の評価が難しいのでしっかり自分自身を売り込んでいくことが必要です。面接担当の人たちに「この男はハッキリ自己主張できるし、それになかなかの戦力になりそう」と思わせ、自分という人間を覚えていてもらうことがとても大事です。

  • がんばっている転職する活動時、「私は振り返るとこう・・

  • いい転職をしようと転職活動をしているときに、「今までずっとこういう内容の仕事をしました」「過去の仕事によって、手にした経験は、、、です」とそれまでの自分の成功体験などをアピールする人はしばしば目にします。でも、転職希望するその職場で「させてもらえるのならばこうありたい」「私があげたような内容の業務ならできれば貢献できると思う」と将来的なビジョンを話して自身をアピールする方がよっぽど効果があります。この点を覚えておくと、転職活動が楽になります。

  • 退職|以前は看護婦という名前だった看護師という仕事は、やっ・・

  • その昔は看護婦と言った看護師は職業として歴史的背景から女性比率がかなり高い職種です。しかも、気力だけでなく体力の大きく消耗がきついことが日常茶飯事です。したがって職場の環境での人間関係のいざこざや、自身の結婚や出産などのイベントでそれまでとは同等の勤務が継続できなかったりして、仕事と家族との折り合いをつけるのが取りづらい職業でもあります。実際に、上記のような点に行き詰まり、転職希望者が多い傾向にあります。過酷な労働環環境であるために、看護師は、人材不足な状態になっています。最近は特に、各病院は、看護師を求めている「売り手市場」な状態で、それが転職増加の原因の一つなのかもしれません。

  • 転職活動で重要なことは企業そのものというより、採用担当の面接係員・・

  • 転職は、最初の第一歩は希望している企業そのものより、どちらかと言えば面接係員とのやり取りが大事です。希望する企業に採用されるために、まずは肩の力を抜いて焦る気持ちを抑えて平常心を強く意識しましょう。女性とお見合いをするような意識で向かうと面接への余計な緊張が解けるかもしれません。更に大事なことは面接を通じて先ずあなたの人となりをチェックしてもらうので悪い印象を与える言動は注意し控えましょう。なおかつ良識ある社会人らしくきちんと整った服装で向かいましょう。ある意味のオーラを感じさせることが大事になります。面接官に企業に適した人材と認識されれば、転職活動はかなり楽になります。

  • 退職|この頃では、株式・不動産投資をはじめとした不労所得で稼いだ・・

  • 現在では、株や不動産投資等の不労所得を得たり、自営業・起業といった生き方も増えています。そういった移り変わりもあり、「会社員の道こそが正義」といった見解も過去のものとなりつつあります。高度経済成長を遂げている最中には、将来的に不安定な自営業や株式よりも雇用されて働いているほうが安定性にすぐれていました。人生の花形として、またそれが決まり切ったことであるかのように広く社会に浸透していました。そのような時代は過ぎ去り、時代は変わって「成熟期」といった名称でいわれます。将来的にはコンピューターの進化につれて、機械化や自動化が加速し、社会においては人の労力を必要としなくなると言われています。

  • 派遣社員として働く会社が決まりました。

  • 派遣の仕事が決まりました。勤務開始の日に派遣会社で営業を担当している方と派遣先の会社近くのコンビニで合流することになっていたのですが、営業担当者がなぜか店の前にいないから店内にいるのかもしれないと思い店内に入っていくと、担当者はこともあろうに雑誌売り場の前に座り込んで女性の裸が載ったグラビアページを開いて見ているのを発見しました。こんな担当の人のお仕事なんて我慢できないことだと感じて、声もかけずにお店の中から出てすぐさま派遣会社へ辞退する旨の連絡を入れました。

  • 転職の面接で着用する腕時計についてですが、ビジネスの場らしからぬ目を惹くよ・・

  • 転職の面接でする腕時計ですが、明らかに目立つタイプのものはつけないほうが安心といえます。腕時計で目立つものというのは見るからに高価そうに見えたり、というだけではありません。真逆で完全に安物である腕時計に見えてしまうとか、そのような意味であって両極端で目立つのだと思い浮かべておきましょう。面接のときにする腕時計においてもネクタイやスーツと同じようにとらえ面接に適切なものを選んだ方がベストです。そうはいっても、自身の歳に見合ったものであるということもとても肝心であって、新卒の面接で着けていた腕時計よりは少しでも高級感のある腕時計にした方が好印象であるということは断言できます。

  • 転職することを成功させたいのなら、前もって情報収集を徹底してみましょう。

  • 転職することをスムーズなものにするには、計画的な行動をしなくてはいけません。そうするには昨今はほんの小さな企業でも公式サイトを常設している企業が当たり前になっているので、インターネット検索で自分の気になる点を調べておくとまたその企業についてよくわからないこと等を解消しておくと転職の助けになってくれます。公式ホームページ以外にも、転職サイトなどを上手く利用することもお勧めです。そのほか、インターネット以外の方法としてその職場を自ら判断してみるのも良いと思います。

  • 退職と転職を繰り返す日々を止めるためにすることはただ一つです。

  • 退職と転職を繰り返さないための打開策が一つだけあります。仕事面のスキルアップもそうですが、それとは別にメンタル部分のスキルを磨くと、そう簡単に転職を繰り返しません。今ではインターネットを用いて精神面を強くするヒントはいつでも知ることができます。さらに、転職以外の行動によっても、メンタル面は強化できます。その行動とは、外国に行くことです。外国は、日本とは違う様々な文化があり、刺激を受けることばかりです。ですから、心の成長を成し遂げるにはぴったりの方法といえます。帰国してみると、自分が小さな世界しか見ていないことに気づかされ、こんなにも世間は狭かったのだということをしみじみと実感することができます。その気持ちのまま、(転職のための)面接に臨めば、これまでの面接とは比べ物にならないほどに自信に溢れた態度で相手にアピールできるはずです。しかしながら、退職後は精神面がもろくなっている人も多いので休暇も必要です。

  • 転職で仕事先を一新するということは、自分に見合った自分の理想に近い…

  • 転職して仕事先を一新するということは、自分に見合った勤め先に就職したいものです。職場や勤務先を変えることで、自分にもってこいの仕事に、就くことができるかもしれません。けれども、現実に行動に移すとなると、転職先にふさわしいスキルが必要です。言い換えると、自分自身が価値ある人材になれば、天職に恵まれる可能性も高くなる、ということです。今の時代は職業選択の自由が社会的に普通に当たり前になっているので、仕事の環境を変えたとしても偏見を持たれるなどの危険も殆どありません。今のような事態のもとでは、今は、「優秀な人材が欲しい」と思っている企業もだんだん多くなっているので、このチャンスをうまく利用してみるのも良いでしょう。

  • 転職のための面接では気を付けておきたい点があります。

  • 転職時の面接は、正直に答えれば良いというものではありません。「転職理由は」といった形で、ほぼ訊かれます。この時、どれだけ正しい意見だと思っても、「人づきあい」「働く環境」についての返事などは、できる限り控えることをお勧めします。もしも、こういった話をしてしまうと、採用されるチャンスを台無しにしてしまいます。そのため面接時にはポジティブな発言がとても大切で、本心とは違っていても、「新しい職場で、より一層キャリアを生かせられるように、御社に貢献していきたいと考えています。」のような売り込みの形が良い印象を持ってもらえるのです。

  • 転職をする場合、比較的重要視されるのがまぎれもなく「面接」です。

  • 再就職では、比較的重要視されるのが間違いなく「面接」です。普通、面接では面接官が応募者に対し、転職の経緯や退職理由など色々な質問が飛んできます。そして、面接を終えるあたりで今度は、面接希望者側からの逆質問というのがされるのが普通です。担当者から、「何か聞いておきたいことはありませんか?」と聞いてくれるわけです。こんなときは、緊張のあまり、何も聞けずじまいになる可能性もあります。こんな場面に備えて、事前に不安に感じていることや疑問などの質問の内容を整理しておきましょう。具体的に知っているわけではありませんから、いくつも疑問点は浮かぶはずです。ぜひ、やってみてください。

  • 退職|クールビズの格好をして転職の面接会場に行こうとする際に・・

  • クールビズの格好をして再就職の面接に行く際には、いくらなんでもジャケットは着なくても良いと間違いなく言い切ることができるわけです。ですが、ネクタイに関しては着用していったほうが印象が良いです。タイもしないで良いと考える会社も存在するケースもなくはないです。ですが、ことネクタイにおいては例えクールビズであっても必ずつけて行く必要があると決めているところがいくつか存在します。そんな訳で、クールビズ(軽装)で来るように言われていてもネクタイだけは絶対に着用いく方が良いということを知っておいてほしいです。

  • 生まれて初めて失業保険をもらうケースでは、じっとしていれば受け取れると思っている人が…

  • 生まれて初めて失業保険の給付を受けるときに、「何もしなくても自動的にもらい続けられる」と考える人が大多数だが実際には、失業保険の給付をきちんともらい続けるためには、仕事探しを行っていなければならず、それに加えて、月に一度はハローワークに行く必要があります。1ヶ月周期でハローワークの職員と話し合いをして、きちんと仕事を探していると判断されれば翌月も保険を受けられる仕組みとなっています。因みに「この人は就職活動をしていないぞ」と見なされたり、毎月のスタッフとの面談に参加しない場合は、有無を言わさずに給付がされなかったり、以降の給付資格を失うことになるのでそうならないよう十分注意しましょう。

  • 退職|少し前に転職したというのに、あっという間に辞めてしまう選択してしまう人・・

  • 少し前に転職したばかりというのに、すぐに退職してしまうケースがとても少なくないのです。何故そうなるのかと思うと私の考えをいうと新たな気持で自分に合った環境を手に入れたはずなのに「自分自身の考えていた職場環境とけっこうギャップがあって幻滅した」「職場の雰囲気が受け入れられず・・」と考えて別の仕事を探すことが多いようです。可能ならこのような、転職における失敗を避けるためにはやはり、転職先の情報収集を欠かせません。手を抜くことなく、徹底して行うべきなのです。職場内の環境、通勤にかかる時間、昇給システム、などいろいろチェックしておくことで分からない点はしっかり自己解決を図っておきましょう。そうすることで失敗を防げます。

  • 退職|仮に転職活動をはじめたとしても全部が首尾よく運ぶと断言はできません。

  • 仮に転職しようとしても何もかもが順調にいくとは言えません。遅かれ早かれ転職をしなくてはならないならどっちにしても転職をしなくてはならないならできれば早い時期に行動しておくべきです。たいていの場合、20代のうちは成果があがりやすいですが、30代後半~40代に入ってからの転職自体がとても難しくなります。管理職などの重要なポジションにいる場合、転職を意識していても今の会社に残ることも選択肢から外さないほうが良いです。退職後に転職活動をするよりも、今の会社に残った状態で、転職のチャンスをしっかり掴んでおく方が後悔がないはずです。