初めて転職を行う場合、注意しなければいけないのはなぜ今の仕事を去る必要があるのか・・

退職|人生で初めて転職をするにあたって、気を付けなければいけない・・

人生初の転職を行う際、頭に入れておくべきなのはなぜ現在の仕事を辞める必要があるのかについてクリアにしておくことだと考えられます。その理由こそが根本問題なので、必ず考えておきましょう。その後問題を改善できる会社を選んでみてください。既卒者の転職活動は、新卒の就職活動とは大きく異なり、今の仕事をこなしつつ就職活動をしていくため、時間の調整能力も、気力・体力も必要です。だから理由を明確にせず転職をしようとしたら、目標の途中で息切れしてしまいます。どうしても転職したい、現状を変えたいという強い情熱がないのであれば、転職活動を開始するのはやめておくのが賢明です。

将来的に転職活動をされるなら、気になる求人(または職・・

転職活動の最中、気になる求人(あるいは業種)を見付けるたびに必ず「〇〇業、ブラック」でネットで調べておくべきです。求人票や担当してくれる転職エージェントでは、業界のマイナス部分について、知ることができない、と思っておくべきです。もしも、ブラック企業体質な業界であれば、インターネット検索でカンタンに実態を知ることができます。そういう現実を知らずに入社した場合、あとからガッカリしてしまう可能性が高いです。だいたい求人が出ている理由が「仕事がキツイから人がなかなか定着してくれない」といった場合が少なくないため、目に留まった案件・業種については、納得するまできちんと調べた上で応募するようにしましょう。

今のあなたの仕事や職場に関して、ほとんどの人は、少なからず何かしらの不満点を感じているでしょう。

今現在のあなたの職場や仕事内容に対して、不服に感じていることの中に、「自分の持っているスキル・能力がきちんと評価されていない」したがって、「賃金は上がらず、将来レベルアップする見込みもない」といった不満が多いように感じられます。とはいえ、気持ちは理解できます。しかし、そういった不満を持っている人の中には自らの本来の才能を過剰評価してないか、再確認する必要があります。仮に、そういった人が転職活動をした場合、「自分が活躍するための求人がない」と仕事をしないブランク期間が長引くことになりかねません。可能性も少なくありません。なので再就職を効率的にしていくためにも、自分の能力を把握することが大切です。

就職活動をするとき、ネット上で就職を斡旋してくれる業者(エージェント・・

職を探すのに、ウェブ上でのエージェントを利用することもありますが、もしもそのようなところに登録し、運よく職を得ることができた場合でも、失業保険の給付を受け取ることはできないので要注意です。失業保険は、「ハローワーク」できちんと手続きしないと給付されないので気をつける必要があります。これと違って、「ハローワーク」主導で斡旋された会社に就業した場合は、就業の準備金として「一時金」を得られたりもします。ネットで展開している就職斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。彼らは、企業から「紹介料」を受け取るのみで、失業保険の給付手続きなどはしてくれません。こういった点を知らないでいると、失業中にお金を受け取れなくなるので、そうならないように気を付けましょう。

転業を考えているなら、労を惜しまずに様々な会社を普段から調べておくと…

再就職を予定しているのなら、様々な会社の募集案内を普段から調べておくと転職先の労働環境の見極めがかなりしやすくなります。あなたが今現在の仕事に不満足だと感じている場合、本格的に転職活動を開始した時に、どの会社も魅力的に映ってしまいます。そうなってしまうと、どこを選択するべきか、困ってしまいかねず、会社選びに失敗してしまいます。その後、短い期間で不満が募ってしまうこともあるので前もって会社を見る目を養っておいたほうが良いのです。転職したい会社の雇用面だけを見るのではなく、企業の取引先を見る事です。透明性ある良い企業は、取引している会社情報を開示していますし、そうでは無い会社は宣伝に力を入れる傾向があるので、確認しておいて損にはなりません。そのうえ、企業によっては、個人でのグループに入っている会社があるので、グループの名前を調べると細かい所もチェックできます。

いよいよ転職することを希望しているのなら、今の職場・業・・

今から転職やることに当たっては、今現在の業務や業務の何に不満を感じているのかを明確にしておく必要があります。当然できていると思うと、意外とそうでないのです。不満が大きいから転職したいと考えているのは分かります。でも「きちんと業務の客観的にみた不満な点を明確化する」ことを多くの人はやっていません。不満点を明確化し、解消されるならば、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自身の不満を客観的に見える状態にしておくと転職選びに失敗するリスクは減らせます。それを終えたあと、転職を叶えたとしたら、「現在の仕事よりもマイナスになりそうなこと」をしっかり想像してみましょう。転職したとしても、職場や仕事に全てに満足できるものは少ないからです。しかし、メリット・デメリットの両方をあらかじめ理解しておけば、転職後の急激なモチベーションのダウンを高確率で防げますから、失敗しないのは容易になるはずです。

退職|転職した会社でこれまでの資格やキャリアを最大限に活用できれ・・

新たな勤め先でこれまでに培ってきた資格やキャリアを活用できれば、即戦力として一目置かれ直ぐ職場にも馴染めるし、いい人を求人している雇用先も大いに助かると言うものです。時期さえうまくいけば、円滑に事が進むでしょう。加えてかつての業務内容と似たような業種であれば、見通しは十分にあります。但し、即戦力な人材であったとしても、大手の事務系の業務や、公職については、時代や景気に関係なく中々の競争率を勝ち抜く必要があるので楽観視は禁物です。

転職の際に欠かせない会社での面接でのやめておいたほうがよいの・・

転職先での会社での採用面接での勘違いしている人が多いのですがあからさまな猫かぶりをすることです。すると思いのほか良い結果にはならないことがあります。ですから、思い切って面接時は、「残業」などの、通常ならかなり質問しにくい内容を勇気を持って聞いた方が結果的に絶対に自身のためになります。信じられないかもしれませんが、「面接の段階でそのような質問をすることで選考結果に悪い結果になるのではないか」と不安になる人もいるかもしれませんが、ところがプラスの結果になることは最終的には可能性が高いのです。これらのことは労働環境やお金に関連する疑問点は、多くの人が知りたい内容なはずです。その反面、不採用を恐れるあまり、普通は質問できません。なので、あなたがあえて尋ねておくことで「勇気のある人だな」ということで自己アピールになるのです。

再就職する場合書かないといけない履歴書などについてです・・

転職をする時に必ず用意する履歴書や職務経歴書においてですが、基本、手書きではなく、パソコンを使って作るのが基本です。我が国においては履歴書についてはパソコンによるものではなく自筆で作るというのが当然だと捉えられている面も多々ありますが、それは新卒時の人たちの就職活動やアルバイトの時であって、実際には、転職をする時については履歴書は必ずしも手書きでないといけないとまでは言えません。手書きの履歴書や職務経歴書の方を高く評価するケースもありますけど、そうではない企業がずっと増加してきますから、手書きでなくてもよろしい会社は意外にも多くあるのです。

退職|転職期間中は、自身の趣味に没頭したり、体力の向上を意識しておく…

転職先を探している間は、自分の好きなことに時間を費やすことに加え、体力の低下を招かないようにしておくと良いです。仕事が決まり、いざ仕事を始めた時に、趣味に夢中になっていたことによって気付かないうちに集中する力が養われています。そしてまた、体力アップしていることで他の社員さん以上にスタミナがあるということを認識することができます。なので、退職してからの生活は、自分の好きなことに力を入れることと、体力を落とさないようにしておいて損することはありません。将来、その職場のなかで同じ趣味の方と知り合えたなら、話が盛り上がります。ですから趣味を極めることが転職期間の自由な時間の使い方です。

近時は、ブラック企業がマスコミで取り上げられたりして…

近時は、「ブラック企業」に厳しい世間の目が向けられるようになり、労働条件に対する取り締まり強化が実施されたり、社名が公表されるなど罰則もそれなりに強化されていますが、未だ完璧とは言い難いのが現状です。実は、面接で見破ることができます。とりあえず、求人票などに記載された労働条件に目を通して、不安に思う項目についてあれこれ質問してみましょう。おおよそブラック企業であれば、記載内容にウソがあったときは、返答が不自然になります。あるいは、その場で答えられなかったり逃げようとすることが多いです。中でも「給与」「残業」「休日」については、詳細について尋ねると、渋い顔をすることが多いです。それでも質問を続けると、ブラック企業によくある高圧的な態度や、ふてくされたような態度を見せはじめるので、そこで相手のウソを確信できます。この手の会社は、約束を履行してもらえないばかりか、入社後もふてぶてしい態度を繰り返される可能性が高いので、何か違和感を感じたら、入社を止めるのが無難でしょう。

再就職をする際に面接で100%聞かれるのが退職したのはなぜか、という話です。

転職の面接で決まっているかのように追求されることが会社を辞めた原因なわけです。このような質問が出た際には話題を退職した会社にしない方が最善です。そこに焦点を当てるとほぼ確実にマイナス面を取り込んだ話になってしまいますから。どのように話せばいいかと言えば、前の職場を退職したのはこの職場に必ず入りたいと思っていたからといった話題に持っていくべきであり、自己アピールもかねて今、自分が面接に来ている会社に話の中心を持っていきましょう。転職理由でも、そういった話ならば、マイナス面を消し積極性を前面に押し出した前職を辞めた理由にすることができます。

就職活動する場合に特に注意すべき求人内容は、そこまできつくなさそうな仕事なのに給料が高・・

就職活動中に気を付けるすべき求人情報は、そんなにきつくなさそうな仕事内容なのにも関わらず給料がよく、拘束時間が長いというものです。こういった募集内容の場合、記載されている給料に『みなし残業代』を含んでいるケースがたいへん多いです。みなし残業代というのは『みなし』とも呼ばれ30時間、45時間という感じで求人の記載内容に時間の併記があるはずです。毎月これだけの残業が発生する可能性があるので、事前に給料形態に残業代を組み込むというシステムになります。(この仕組みは違法ではありません)もし『みなし残業代45時間込』と書いてあれば「書かれた時間分の残業代を含めると、この給料です」というワケです。しかし、悪質な求人は、『みなし』という言葉自体がこともザラですので要注意です。

今、私は派遣の会社に入っています。

このところ私は派遣会社を通じて働いています。インターネットサイト内でなにげなく自分に向いていそうな仕事を発見して問い合わせを行ってみると「そのお仕事はもう別の方で話が進んでいます」と断られ瞬間的にサイト内からお仕事情報がなくなるのですが、翌日見ると再掲載されています。ということは結局は私だとダメと言っているのですね。そういうことならばトラブルにならない程度にはっきりと言ってほしいのですが、なかなかそうもいかないのでしょうか。それとももしかして架空の仕事を載せているのでしょうか?

退職|失業時、給付してもらえる「失業保険」は、給付されるためには失業中であることが必要です・・

失業することによって得られる失業保険は、失業中でなければもらえませんが、いつまでも受け取れるワケではなく、「期間」があります。それまで勤務してきた期間によって変わり、3ヶ月、あるいは1年と決められるのですが、これを知らずに期間の制限ががないと思い込んで失業保険で生活すればいいと考えて仕事を探さずにブラブラしている人もいますが、給付期間が終わる段になってやっと期間制限があることを知り急いで仕事を探してもあまりいいところは見つかりません。会社の面接官も無能では無いので、「いつに失業したか」「どのくらい失業期間があるか」「その間、何をしてたか?」といった部分はそこそこ察しがつくでしょう。ときには、失業中何をしていたのか根掘り葉掘り聞かれます。答えに困ってバレバレの嘘をついたりしていると、受かりません。

転職活動を今の仕事と同時に行う人が多いです。

転職活動と現職の同時進行を行っている人が多いです。しかしながら、仕事を続けながら求人案件をチェックしながら応募したり、面接に臨むのは精神的だけでなく肉体的にも負担が大きいといえます。転職活動をしているあいだ、今の職場の同僚や上司にバレないように振る舞う必要があります。とりあえず応募する、という行動をとる人もいますが、書類選考を通過し、面接が決まったあとに「辞退」したとしたら、今後の転職活動がうまくいかなくなるおそれがあります。転職エージェントを通して応募している場合は、そのエージェントに対する印象に響きますし、自身で直接、応募した場合も応募した会社からの電話・メールがしつこくやってくることもあります。自分の貴重な時間をドブに捨てることになるので、行く気のない案件は、はじめから応募しないのが賢明です。転職活動は新卒の就活とは全く違うものであると認識しておく必要があります。