求人についての情報誌やサイトを見てみると、ほとんどの場合、…

求人関連の情報誌やサイトを見てみると、大部分の場合・・

  • 求人関連の情報誌やサイトを見てみると、多くの会社では月の給与等が記載されています。この月収の項目については、深く確認する事が大切です。額の多い少ないだけ見て納得してはいけません。実は案件によっては、月収の金額の内訳に「毎月15時間分の残業」を前提に計算されている可能性もあります。何が問題かというと残業代を入れることで魅力的な案件のように見せかけ、募集しているケースも少なくないのです。また「歩合給」を基本給以外に考える、という案件も要注意です。歩合を過剰に多い前提で月収を多く見せている所もあったります。ですから、そうやって可能性の少ないケースを誇張しながら、人を集めるような会社は「ブラック企業」な可能性も高いので、警戒しておきましょう。

  • 転職をする場合、事前にネット上の求人サイトを見たりし…

  • 転職活動をするとき、はじめに、ハローワークやネット上の求人情報を閲覧したりしてその会社のことを調べるでしょう。ですが、当該会社が情報を載せるにあたっては、専属「コンサルタント」のフィルターが入っている、と考えた方が良いでしょう。コンサルタントは、会社に不都合な情報を隠す能力に長けています。仮に公表するとしても遠回しな表現に徹します。その種の企業の「社長インタビュー」または「社員情報」といった情報は、額面通りではなく、半信半疑で受け止めておいた方が良いでしょう。もしも美辞麗句を信じて会社に入った場合、「こんな話じゃなかったのに・・・」と後悔することになりかねません。悪徳会社は、素直な人間を効率的に集めて、その後は、色々と理由をつけて辞めさせないように画策しています。このようなブラック企業には注意しましょう。

  • 今までの求人誌に雇用側が求める人材の「性別」がきちんと書かれていました。

  • 数年前の求人情報では、必要とする人材の「性別」まではっきりと書かれていました。ところが最近では、1986年に男女雇用機会均等法が施行され、男女差別が採用時にあってはいけない事となり、応募条件に男女の性別を記載しないようになりました。ですが、募集情報を出す会社は、男性・女性のどちらでも良い、とは心のうちでは考えていません。現実に、男手が希望のジャンルに女性が応募してきたり、女性が必要な案件に男性が応募してくる、といった問題は誰にでも起こる可能性があります。たとえば、「女性が活躍する職場です」とアピールしている場合、雇用側が働き手は女性を必要としている、と考えたほうが確実でしょう。

  • 3日ほど前新しい仕事先を探すために人材バンクへ登録に向かいました。

  • 数日前転職の準備をしようと人材紹介会社へ登録に出向きました。そのとき登録するときのカウンセリングを行いに出てきた担当者が見たところ若い社員のようで、こちら側が説明していることの50%ほどもわかっていない模様。にもかかわらず「キャリアデザインが物足りないですね」とか「もっと自分の強みをはっきりとさせることが大事でしょう」とか、専門家のように偉そうに言い散らかすからとても不愉快でした。カウンセラーはいくらか仕事の経験がある人にするべきです。

  • 就職活動において、必ず問題になるのが年収です。

  • 就職活動において、年収は大変大事なポイントです。面接において、ほとんどの場合現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。年収を実際もらっている額よりも大きく申告し、多額の年収を獲得しようとしても、無駄な努力でしょう。なぜかといえば、結局は源泉徴収を提出することになるので、もし一時的に信じさせたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、必ずウソがバレてしまうのです。トラブルの原因になることもあるため、現在の会社での年収を正直に伝え、それに釣り合った希望年収を設定することです。例をあげれば、今の年収が400万円の方が、転職してすぐ500万円の条件を提示してもらえるかといえばまずあり得ません。たとえば、今の年収が430万円だとすると、希望額は400~450万円であると伝えておくことをおすすめします。露骨な嘘は、転職活動時のトラブルだけでなく、入社後のトラブルとなり、入社できたのをその後、退職しなくてはいけなくなるおそれもあるので注意が必要です。

  • 退職|自分が仕事を探していた時期に割と多くの人材紹介会社に登録していたのですが、…

  • 自らが勤め口を探していたころ何社かの人材紹介会社に登録していたことがあります。その時に感じたこと、それは転職アドバイザーのレベルにおいても驚くほど色々でほぼ十分だと感じる対応をしてくれない人ばかり。私とっては大切なことことだからもっと思い入れを込めて向き合ってほしいという感情が膨れ上がりました。そのことが発端となってキャリアカウンセラーを目指すことになりました。キャリアカウンセラーとして働くには資格が必要です。資格を取得するためにはお金もかかったし勉強の面に関しても大変ですが、就活中の人たちから頼ってもらえる存在になるべく頑張っています。

  • 再就職をする際にチェックすることになる仕事の情報というの・・

  • 仕事を探している際にマークする求人内容に関しては、目安として、アバウトに記載されている、という可能性もあり得ます。なので、記載されている情報は間違いのないものだと思わない方がよろしいでしょう。その中でもとりわけ報酬の金額などにおいては、平均の金額なのか?最低金額であるのか?最高額なのか?というような見極めができないことが多く、自らの勝手な判断で理解したつもりでいると、今後、後悔することになる可能性も少なくはないのです。なので、悔いることのないように、募集事項については、一般的なものだと思って、そういったような大事な事は直接確かめるのが適切です。

  • 退職|これから転職活動を考えている人で、次の仕事を始めるまでに時間があるのな・・

  • 年内中に転職予定がある人で、次の仕事をはじめるまでにある程度期間がある場合は、できれば「失業手当」を受け取っておきましょう。失業手当はあなたが勤めている会社がしっかり「雇用保険」を払っているのなら、申請をすれば必ず誰でも失業手当を手にできます。手続きに関しては、「ハローワーク」で行います。しかし自身の都合によって仕事を辞めた場合は、「自己都合」として処理されるので、3か月の待機期間があるのですが、今の企業の都合の退職、または残業時間次第ですぐに受け取れることもあります。支給される失業手当の金額は会社で最後に受け取った月の近々の給料を基準にして失業手当の金額を算出されるため、働いている会社に「閑散期」「繁忙期」がある業種の場合は、理想的なのは「繁忙期」後に辞めるのが無難です。

  • 派遣会社を利用して働く人が一昔前の規制緩和以降、増加する傾向にあります。

  • 仕事をするために派遣会社に登録する人が近頃多くなってきています。もしも自分がが派遣社員として働く場合は、派遣先から支払われる1時間あたりの報酬がいくらで、どのくらいの金額(割合)、自分のもとに入ってくるかをできる限り面接のときに聞いておいた方がいいでしょう。派遣業は、人手が必要な企業に人材を派遣し、その見返りに、手数料を徴収していくシステムで運営していますが、実際に派遣される労働者の取り分をうやむやにしていることがかなりあります。50%以上の額を労働者に還元しているのであれば、まだいいのですが、中には開示すらされないところも多く、酷い業者では、8割も自身の懐に入れ、2割しか労働者に還元しないケースも多いといえます。なお、面接のときに答えてくれないような会社は、いろいろ不都合なことは隠す体質であることが多いので、できることなら異なる派遣会社で登録されることを推奨します。

  • 退職|もしもあなたが近い将来、転職するのなら、「資格」取得は考えておいて損はありません。

  • 転職を視野に入れているなら、転職する前に資格を取得することで有利に事が運びます。また、仕事を続けているうちに、資格を取得すると、転職でそれを生かせるので、仕事を探しやすくなります。であるため、資格取得は、在任期間中がベストタイミングといえます。あなたが未来を考え、次の仕事に必要な資格を取得しておくと、仕事を辞めた後も心残りなく仕事を探せます。さらには、資格を取ることができれば、転職活動の幅は資格が味方をしてくれるので、転職先での面接時に面接担当者に即戦力になる人材だと認められ、それまでの職場より待遇も良くなる可能性があります。

  • この先、着実に単純労働は機械によってその変化によって…

  • 今後、私たちの労働環境において着々と短絡的な労働は機械化が発展していき結果的に必要な労働力はどう考えても削減されます。なぜかというと単純労働という観点では人よりも機械を稼働させたほうが比べられないほど作業量をこなせるからです。数をカウントするとか、同じ作業をずっと反復したりすることは機械なら何の苦もありません。当たり前のことながら人間とは違って愚痴を言わず、ペースが変わることもなくインチキをすることもないし、正確な作業をしてくれますし、均一にこなせます。また、給料が発生しないのも違いですね。ですので、人間を使う意味が無さすぎるため、機械にシフトされるもの必然といえるでしょう。

  • 最近はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」だけでな・・

  • 今日はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」だけでなく、ヘッドハンティングの請負ををビジネスとする会社をよく見かけるようになりました。あなたに特許出願の経歴があるなら、連絡が来る可能性が高くなります。ヘッドハンティングを行う会社は、特許を出願した人以外にも、研究開発で論文を出した経歴のある人や、マスコミで紹介されている人など、何かしらの「功績」を残したと思しき人を対象に、電話やメールを使ってコンタクトを図り、ヘッドハンティングのネタにしています。もしもあなたが、ヘッドハンティングに関することを言われた際には、心当たりを考えてみてください。ときとして、ヘッドハンディングと言いながら、「登録料」を要求しようとする業作がいますが、そのような会社はたぶんイカサマですからきっぱりと断るようにしましょう。ヘッドハンティングは、登録企業が報酬を支払う形になるので転職希望者がお金を払う必要などありません。

  • 転職活動時には、履歴書と職務経歴書が必須だとされています。

  • 転職活動を行う場合、履歴書と職務経歴書を準備することが必要不可欠といえるでしょう。企業のほぼすべては履歴書や職務経歴書の記載内容を元に面接するかどうかを決めるため、この2枚の書類の作成が大事といえるでしょう。ただ穴埋めするだけにとどまらず、記載内容が魅力的であることも重要です。「職務経歴書」では、過去に経験してきた職務の詳細や、可能な限り自己アピールとなる内容を記入してみましょう。また、現在の職務で挙げた実績を、たとえば前年比の売上を○パーセントアップを達成した、など分かるように書いておきましょう。作成の方仕方がイマイチわからあい場合は、「転職エージェント」に職務経歴書の添削をしてもらい、良い文章を引き出してもらうなどしてみましょう。ブランディングのために転職エージェントを利用するのも満足のいく転職をするための選択肢として考えておきましょう。

  • この頃スマホを使えばわかるけどネットで見られる世界に・・

  • 世の中は便利になったものでパソコンを使えばインターネットのエリアには、「転職に役に立つサイト」と呼ばれるものが多くて困るくらいいっぱい存在しています。その多くのサイトから自身にあった転職先を見いだすには何よりも情報を集めることから始めましょう。このような転職サイトをうまく使いこなすことで、よりスムーズな転職が叶えられるはずです。転職情報が満載で、客観的なデータもしっかり掲載される優良なサイトがある一方で、そうではないと思われるサイトが存在しているのも事実ですから充分に注意しておきましょう。利用して間もない頃は、本当に信用していいサイトかどうかを見極めることが大切ですから同ジャンルのサイトと比較しながらしっかりチェックしてみましょう。

  • 退職|ずっと接客業で勤務していたのですが、年齢を重ねるにつれ・・

  • 長く接客業でお勤めしてきましたが、年をとったせいか立った仕事は体力的にしんどいため、座って仕事ができるオフィスワークへ転職することを頭に入れて行動しました。事務未経験だとわりと難しく、そこで接客業での経験を役立てることができる受付兼医療事務を目指そうと考え資格も獲得し個人のクリニックに転職することができました。周囲はベテランのパートさんだらけで人間関係においても難しい。夜のシフトばっかり押し付けられ、接客業で働いていた頃より帰りも遅いのですが、まずはキャリアを形成する時期と受け入れ頑張ります。

  • 退職|シフトの仕事に関する話なのですが、毎週、決まった曜…

  • これはシフト制の仕事についての話です。決まった曜日に勤務できる人を募集している求人をけっこう目にするのですが、もし、応募しようと思っているならシフトの出し方や休み方について、面接時に聞いておいたほうが良いでしょう。それはどうしてかというと、私は以前出産のため抜けた人の代わりに正社員として勤めることになったのですが、「土曜、日曜」固定となるシフトで、新人の私以外は、誰も現場に出ないといった状況でした。産休に入った女性が土日は休むことなく出勤していたので、私自身も必ず出勤できると思われていたみたいです・・・。なので「土日」に休まざるを得なくなると、シフトを変更してもらう必要があり、同じ部署の上司に「土曜日に休まなければならないので代わりに出ていただけませんか?」と私自身が依頼しなくてはいけませんでした。給料も立場も同等なのに土日は私だけなんて・・・。思い返すとよく我慢してやってこれたと思います。