今では、株・不動産投資などの不労所得のほかに独立といった生き方も社会的に人気を集めています。

退職|今のご時世では、株式・不動産投資をはじめとした不労所得のほか、…

現在では、株式・不動産投資の不労所得で稼いだり、独立、起業等、そのような世の中の変化もあり、「雇用されて働くこと以外は不安定であぶない」といった従来の常識も変わりつつあるようです。高度経済成長時代においては、不安の残る株式投資、個人事業といった稼ぎ方よりも組織の一員のほうが手堅いとされていました。人が生きていくうえでもっとも正しい道としてまたそれが至極当然のことのように、一般の人々に認知されてはいました。しかし、そのような時代は過ぎ去り、現在のような時代は「成熟期」などと呼ばれます。将来は、機械化、自動化が進んで仕事においても人が不要な時代になる、といいます。

派遣社員として働く会社が決定しました。

派遣社員としてある会社で働くことになりました。仕事の最初の日に営業を担当している方と就業先近くのコンビニエンスストアで待ち合わせをしたら、約束をした店の前にいないから中にいるのだろうと考え店の中に入ったところ、担当者はあろうことか雑誌売り場の前でしゃがみ込んでいかがわしいグラビアページを開いて読んでいるではないですか。こんな担当の方のお仕事なんて人間として恥ずかしいことと判断し、声をかけることもなくこっそりとお店の中から出てすぐに派遣会社へ辞退する旨の連絡を入れました。

退職|転職の面接を受ける時につけていく腕時計においては、目を惹くタイプの…

再就職時の面接のときに着用していく腕時計の事ですが、ビジネスの場らしからぬ目立つような時計はつけないほうが良いです。この場合の目立つ腕時計と言うのは見るからに高そうに見える腕時計とか、というだけではありません。それとは真逆で安物の印象を持たれてしまうとか、そういう目を惹くということで正反対の意味で目を惹く、と理解しておいてください。転職時の面接にしていく腕時計はスーツやネクタイと同様に、面接にふさわしい堅実なものを選ぶのが良い印象を与えます。けれども、年齢に適している腕時計ということも条件の1つで、新卒の頃に面接時に着けていた腕時計よりはほんの少しでも値を上げた方が年齢に見合っていると言えるでしょう。

良い転職する先を見つけるためには、前に行動をするようにしましょう。

後悔しない転職を目指すのなら、戦略を立てながら情報を集めることが必須です。それにはこの頃は会社の名前を聞いたことのない小規模な会社らしくもなく公式サイトに企業の紹介を書いている企業がよくあるから、インターネットを利用して自分の気になる点をチェックしておくとそれとその会社のわからない点などを整理しておくと転職の助けになってくれます。加えて公式サイト以外にも「転職サイト」を利用するのもお勧めです。また、インターネット以外の手段として、何よりも希望している職場を自身で判断するのも大事です。

転職を繰り返す日々を止めるための対策が一つだけあります。

転職を度々しないための対策が一つだけあります。仕事面のスキルアップもそうですが、精神的に成長すると、そう簡単に転職を繰り返さなくなります。今ではネットを用いてメンタル面を鍛えるコツはいつでも知ることができます。また、意外と思われるかもしれませんが、転職とは関連性のないことでも、メンタル面を鍛えることができます。オススメは、「海外旅行」です。海外旅行に行くと、文化も言葉も大きく異なるので、刺激をたくさん受けることができます。ですから、帰国後変化があるのです。日本に帰ってくると、自分が小さな世界しか見ていないことに気づかされ、「世間の小ささ」というものを思い知らされることになります。この状態で面接を行えば、これまでの面接とは違って自然と自信に溢れた態度を示せるはずです。ですが、退職間もないあいだは、精神的にまいっている人も多いので心の回復のために休暇も必要です。

転職によって職場を一新するということは、自身に合う居心地の良い場所…

再就職で職場を一新するということは、自分自身に見合う職業を探したいものです。勤務先、職場を変えることによって、あなたにぴったりの仕事に出会うかもしれません。けれども、実際に行動する場合は、転職先にふさわしいスキルがないと、転職自体が難しいです。逆説的に表現すると、自分の価値をあげることで、「天職」に巡り会えるチャンスも高くなる、ということ。最近では職業選択の自由が社会的に普通に認められているので、仕事の環境を変えたとしても偏見を持たれる不安もありません。この様な情勢下では、現在は「役に立つ人材が欲しい」と思っている企業もだんだん増加しているので、この好機を有効活用してみてください。

退職|転職時の面接では担当者から「転職理由は?」と100%の確率で聞かれます。

転職する際には面接が必須となります。面接担当者から「転職理由をお聞かせください」という風に、かなりの確率で質問されます。このとき、どんなに正しい意見だと思っても、前の職場の「働く環境」「人づきあい」に関しての愚痴を絡めた返事は、意識してしないことをお勧めします。もしも、そのような不満を口にすると、あなたのイメージが悪くなり、チャンスを無駄にしてしまいかねません。ですから面接では「ポジティブ」な人柄をアピールするのが肝要で、正直な理由でなくとも、「新しい職場においては、これまでのキャリアをしっかり生かして、会社の成長をサポートできればと思っています。」のような内容で自分を売り込むことが良い結果につながるのです。

転職時、重要視されるのが「面接」です。

転職時、重要視されるのが間違いなく「面接」になります。多くの場合面接の際は、面接担当者が応募者に対して転職の動機や仕事の意気込みなどいろいろと聞かれることになりますが、そして必ず、一通りの質問が終わると、次は、転職希望をする人からの疑問に思う点などを質問できる時間が与えられます。面接担当者から「なにか弊社について疑問点はありませんか?」と尋ねてくれるわけです。こういったときは、緊張しすぎて慌ててしまうと思います。そんなときのために、前もって面接担当者からの問いに対する、(あなたからの質問を)いくつか考えておくのもいいかもしれません。すべてを把握していない職場ですし、いくつも疑問点は浮かぶはずです。ぜひ、試してみてください。

退職|クールビズ(軽装)のスタイルで再就職の面接に臨む場合、…

クールビズのスタイルで再就職の面接に臨むときには、ジャケットにおいてはやはり着込まなくても良いと言えるのです。ですが、ネクタイに関してはつけて行った方がイメージが悪くなりません。ネクタイの着用はなくてもOKだと考える企業もあるケースもありますが、ことネクタイについては例えクールビズだろうと着用すべきだと決めている企業がそこそこ存在するわけです。なので、例えクールビズ(軽装)で大丈夫だと言われていてもネクタイだけはつけて面接した方が印象が良くなるということを知っておいてください。

生涯初の失業保険をもらうときに、給付されるのを待っているだけでいいと考えている人…

生涯初の失業保険の給付を受ける際に、「期間内は自動的に受け取れる」と考える人が大部分ですが、それは間違いです。実のところ、失業保険の給付をきちんともらうためには、仕事探しを行っている必要があり、さらには、月に一回以上はハローワークに行く必要があります。毎月職員と就職活動の状況やきちんと活動をしているかを勘案して、真面目に仕事を探していることを理解してもらえれば次の月の給付が振り込まれるという仕組みです。その反対に、本気で就職活動をしていないと思われたり、毎月のスタッフとの面談を欠席した場合は、ルールとして給付の一時停止となったり、酷い場合は以降の給与資格をなくしかねないので、そうならないために十分注意しましょう。

少し前に転職をやっとしたばかりであるにも関わらず、す…

2ヶ月まえに、転職したばかりだというのに、何ヶ月もたっていないのに辞めてしまう人というのも結構多いといいます。私の考えでは新たな気持で新たな仕事を手に入れたはずなのに「考えていた職場環境と堪えられほど違っていた」「ルールに慣れなかった」ということがワケで退職してしまうことが多いようです。可能ならばこういった転職における失敗を避けるためには第一に、前もっての情報収集を徹底しておく必要があります。職場環境、昇給システム、などいろいろ事前に調べておくことで分からない点はしっかり自己解決を図っておきましょう。そうすることで失敗を防げます。

再就職を考えたとしても、万事首尾よく運ぶとは限りませ・・

転職を考える場合、万事うまく進行するという保証はどこにもありません。可能であれば、支障がないならなるべく早い時期に考えておいたほうが良いです。平均としてみると、30代前半まではとても有利ですが、30代後半~40代になると転職というのはとても厳しくなります。管理職などを任されているのなら、転職を考えていても会社に残ることも結論として選ぶ答えの中に残しておくべきです。要するに、退社してから転職活動を開始するよりも、今の仕事は続けながらじっくり探すほうが堅実です。

在職中には、可能ならば、周りの人に悟られないよう、…

在職中は可能であれば、周囲にバレないように(ちなみに私自身のときは)雇用期間中に転職の考えだけを早い時期に周りの人間に話して、反応を見たことがあります。しかし、その後に求人誌を見て回ったのですが、結局は就職先も時期など、何一つ煮詰まっていないままいつの間にか時間だけが経過してしまいました。一方の会社の側は、業務の引き継ぎや手続き、自身の退職日などが続々と確定していき、最終的に「退職予定日に合わせて就職先を決める」という、本末転倒な展開を迎えました。ですが予定は噛み合うこともなく、失業期間を経験したのち、次の就業先を探すハメになりました。

転職したい会社で会社見学などがあるとたいへん参考になります。

転職しようと考えている会社の会社見学ができれば、良い勉強になります。その中でも、「職人」がいる会社での見学は、職人技を近い距離で見られるので楽しいものです。が、残念なことに「職人」がいる会社見学は、見学者には間違いなく、本当の現場を見せることが少ないです。典型的な例を挙げると、ブルーワーカーといわれる肉体労働などの分野です。個人のプライドが高めな業種なので、実際に入社するまで、実際の姿は伺えません。なので、会社見学で見たものを仕事内容だと決めつけないことが良いです。加えて、見学時に仕事体験ができる会社は問題がありますからハッキリ言うと「論外」です。入社すらしてない人には何かあった時のそれに対する保証など一切ありません。進められてもやんわりと断っておくようにしましょう。

退職|転職活動をやっていると、面接で必ず質問されることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

転職活動で面接で必ず「志望動機」「転職理由」の2項目の質問をされます。志望動機に限っては、思っていることをそのまま話しても差し支えないですが、転職理由について隠さずに伝えるのは得策ではありません。例をあげれば収入面の不満、人間関係に対する不満など、採用担当者によいイメージを与えるものではありません。おそらく、自分が不利になることを何も考えずに話す人はほとんどいないと思いますが、採用担当者はそのような部分に関心を持つことが多いので、慎重に質問をしてきます。これに対して悪い印象を与えずに答える方法としては、現職の仕事の内容から外れることには、全く触れないようにすることです。それにプラスして、この会社に入ってこんな仕事をしたい、「5年後にはこうなっているだろう」、その希望が叶うのは御社しかありません、とうまく話をすり替えましょう。

大手企業は、「定期採用」で人材確保することが多くを占めます。ですから・・

たいていの場合は一流企業は「定期採用」がメインなので、転職希望で入りたい場合は、時期を考慮しておく必要があります。そればかりか、都会の外だとそのチャンスがずっと少なくなりそうです。ですが「製造業」系の場合であれば、地方の工業団地周辺に工場を置いている可能性が高いです。さらに、そういう工場は、事業分野の拡大をする時に「中途採用」をしていることがよくあるので、そういった機会を利用するのが無難です。そのためには、地方の工場に転職しようと考えているなら、転職を希望する会社についての予備知識をあらかじめチェックしておきましょう。ホームページをチェックし、求人がないか忘れずに確認しておくと間違いがありません。