退職|就職活動において、年収はとても重要な要素です。

就職活動において、年収は非常に大切なポイントです。

就職活動において、最大の問題になるのは年収です。面接の時、ほとんどの場合現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。本当にもらっている年収よりも多めに申告し、多額の年収を確保しようとしても、無駄な努力でしょう。なぜなら、結局は源泉徴収を提出することになるので、たとえ一時的に信じ込ませたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、必ず後からバレてしまいます。ヘタをすると、トラブルになりかねないので、現職での年収を正確に申告し、それに釣り合った希望年収を設定するのが一番良いです。ちなみに、年収300万の人が急に年収500万になるようなことはまずあり得ません。現在が430万円の年収であれば、希望額は400~450万円と伝えておくのが得策です。あからさまな嘘は、転職活動でのトラブルばかりでなく、入社後のトラブルとなり、一時的に採用されたとしても、退職を余儀なくされるかもしれません。

私が仕事を探していた時期に割とたくさんの人材紹介会社に登録していました。

私が求職中のころかなりいくつかの人材紹介会社に登録していました。その際に特に思ったのは転職アドバイザーのレベルも驚くほど色々でたいていの場合、物足らないと感じる人ばっかり。私にとってはとても重要なことことだからもっと心して臨んでほしいという気持ちがこみ上げました。それがきっかけで自分自身がキャリアカウンセラーの道を目標にすることになりました。キャリアカウンセラーの資格を取得するのにお金もかかりましたし資格取得のための勉強面もヘビーでしたが、お仕事を探している方から信用してもらえるように努力しています。

職を変えようと考えている時に目を光らせることになる求人情報…

転職を考えている際に目を光らせる求人情報については、一般的なものとして載っている可能性もあり得ますので、そこに掲載されている情報は何もかもが正しい情報だとは安易に信頼しないほうが最善でしょう。とりわけ生活に大きくかかわってくる給料の金額などにおいては、全社員を平均した給料なのか?最低限もらえる金額であるのか?最高額の給料なのか?といった見解ができる転職者は少なく、自分の勝手な判断で判断してしまうと、今後、悔いが残る事いなるかもしれません。それゆえに、嫌な思いをすることになる前に、募集内容の情報というのは、基準だと思って、そのような情報は会社に直に聞いてみた方が好ましいです。

年内中に転職活動をしていく人で、次の仕事を始めるまでに期間がある場合は・・

これから転職活動をする人のなかで、次の仕事をする前にまだ期間があるのなら、ぜひ「失業手当」をもらっておきましょう。あなたが勤めている会社がもし雇用保険を払っているところであれば、手続きをすれば誰でも失業手当を受け取ることができます。ハローワークで手続きをしてくれます。もしも自身の都合によって仕事を辞めた場合は、「自己都合」として処理されるので、失業手当までの待機期間が「3ヶ月」ありますが、状況によっては企業の都合での退職、あるいは残業時間次第ではすぐに受け取れる可能性もあります。さらにもらえる「失業手当」の額は、会社で最後に受け取った月の近々の給料をもとに支給する額を計算されるため、働いている会社に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の場合は、「繁忙期」後に辞めるのがお勧めです。

派遣会社に登録して働いている人が近時多くなっていますが・・

派遣会社に登録し、働く人が一昔前の規制緩和以降、増えてきていますが、派遣社員として働く予定があるなら、派遣先の企業から支払われる一時間あたりの報酬がいくらで、どのくらいの額(割合)、自分に入ってくるかをできる限り面接の際に質問しておいた方が無難でしょう。派遣業は、人手を欲する企業に人材を派遣し、その見返りに、手数料を徴収していく仕組みになっています。現場に派遣される労働者の取り分をうやむやにしているケースがかなりあります。半分以上を還元しているのなら、良い会社といえますが、中には開示すらしない派遣業者も多く、ひどいケースでは、3割しか労働者に還元しないという場合も珍しくありません。面接時に、まじめに回答に答えてくれない派遣業者は、隠ぺい体質である場合が多いので、異なる派遣業者のもとで登録されることをおすすめします。

もしも転職をするなら転職する前に資格を取るのがおすすめです。

もしあなたが近い将来、転職するのなら、転職前に「資格」の取得をしておいた方が良いかもしれません。とくに、仕事をしているあいだに資格取得しておけば、転職の際には有効活用することができますから、転職先の候補が増えるのです。ですので、在職中であり、なおかつ転職活動前の段階で資格取得をするのがベストな時期といえます。未来を見据えて、次の仕事に必要な資格を取得しておくと、今の職場を離れたあとも心残りなく仕事を探せます。しかも、資格を取ってからの転職活動では資格が味方をしてくれるので面接のときには面接担当者に「即戦力」な人材として認められ、今までより待遇アップも期待できるでしょう。

将来、着々と簡単な仕事は機械化が進んでいき、その変化によって…

将来的に、今以上に単純な仕事は機械に切り替えられて当然のことながら必要なマンパワーは削減されます。どうしてかというと、考えなくてもできる仕事は人の手を借りるよりも機械で進めたほうが比べられないほど分があるからです。数を数えたり同一の作業を延々とリピートしたりすることは機械なら何の苦もないのです。もちろん人間とは違って愚痴を言わないし、ペースが変わることもなく誤魔化すこともないし、正確にこなしてくれますし、均一にこなせます。おまけに給料を渡さなくてもいいのがメリットといえます。このような観点から人間を使う意味がまったくなさすぎます。ですから機械化が自然の結果といえます。

退職|現代、インターネット上では、「就職斡旋エージェント」だけでな…

最近はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」のほかに、「ヘッドハンティング」を専門に取り仕切る会社も増えています。特許を出願したことのある人は、ヘッドハンティングされやすくなります。彼らは、特許を出願した人に限らず、研究開発で論文を書いた実績のある人や、マスコミで紹介された人など、何かで有名になったことのある人を対象に、電話やメールを用いて接触し、ヘッドハンティング用のネタにしています。仮にあなたが、ヘッドハンティングと思えるような連絡を受けたなら、心当たりがないか考えてみましょう。まれにヘッドハンティング名目で登録料を要求してくる業者もあるらしいですが、その手の業者は当然ながら嘘であるので相手しないのが正解です。ヘッドハンティングは通常、企業が仲介業者に報酬を支払う形となるため、転職希望者が負担するものではありません。

転職活動を行う際には、「履歴書」「職務経歴書」を用意しなくてはいけません。

転職活動をするにあたっては、履歴書と職務経歴書が必須です。会社のほぼすべては履歴書に加えて職務経歴に記載されている内容で面接するかどうかを判断するため、まずはこの2枚はしっかりと作成しておきましょう。単に必要事項を埋めさえすればいいというわけではなく、記載内容の魅力化を図ることも大切です。「職務経歴書」は、過去に経験してきた職務の詳細に加え、できる限り、アピールできる内容を記載しましょう。また、過去だけでなく現職で挙げた実績なども有効です。たとえば残業時間を何時間減らしました、などかなり具体的に書いていきます。もしも、作成に行き詰まったのなら、「転職エージェント」に職務経歴書の推敲を手伝ってもらい、より良い内容に改善していきましょう。自分の価値を高められるように活用をはかることも転職を成功させるための有効な方法です。

いわゆるPCは便利でネット上には、いわゆる転職系のサイ・・

いわゆるスマホを見ればネット上には、要するに転職に関連するサイトが多くて困るくらいいっぱい存在します。サイトから自分自身の目的に合致した転職先というのを見つけたいなら、まず、情報を収集することから始めましょう。サイトを上手く利用することで効率的かつ満足度の高い転職先を探せます。更新頻度が高く、さらには転職希望者にとって役立つ情報が満載で、客観性ある内容に富む優良な「転職サイト」がある一方、それとは真逆なメリットが皆無なサイトもあるので、注意しておきましょう。はじめは、本当に信用していいサイトかどうかを類似サイトと比較しながら厳しくチェックしてみてください。

ずっと接客業で仕事をしていたのですが、加齢とともに立ち続ける必要のある仕・・

ずっと接客関係で勤務してきましたが、加齢のせいか立ち続けるお仕事は体力的にきついため、座って仕事ができるオフィスワークへ仕事を変えることを第一目標として動きました。事務の経験がないとなると簡単にはいかず、だから接客業の経験も活かせる受付兼医療事務になりたいと資格も取り個人医院に転職しました。先輩のパートさんばかりに囲まれて人間関係が苦痛。夜のシフトばかりさせられ、接客業で働いていた頃より帰宅時間が遅くなったのですが、とりあえずはキャリアを形成しておかなければいけないと腹をくくって頑張ります。

退職|「シフト制」の仕事に関する話です。

これはシフト制がある仕事についての話です。毎週、一定の曜日に仕事できる人を募集している求人をけっこう見るのですが、もしも応募しようと思っているならシフトの出し方や休み方を前もって確認しておいた方が良いです。私は以前出産のため抜けた人の助っ人として、正社員として仕事をすることになったのですが、私のシフトが土曜、日曜が固定シフトだったのですが、新入社員の私以外、誰も現場にいない状態という職場でした。産休に入った前任の方が土曜、日曜は必ず出勤していたので、私自身も同じタイプと思われていたようです。「土日」に外せない用事が入ったりした場合、シフト変更の必要があり上の人に「土曜日に休まなければならないので代わりに出ていただけませんか?」と自分で頭を下げなくてはいけませんでした。給料も立場も同じなのに土日を私ひとりだけに任せるだなんて・・・。思い出す度、本当によくやってこれたなと思います。

派遣社員であったとしても、1年経ったら自身の好きなタイミングで辞められるワケではない・・

比較的時間に融通が効くはずの派遣社員だからといってすぐ退職できるというわけではないことを実際に転職活動を経験して実感しました。新婚した後、生活に慣れたらできればすぐさま子供を持ちたかったので、その時がくるまでのあいだ、数年くらい今の職場で仕事をしておきたいと思い、就職しました。フルタイムでなく派遣社員であったために、正社員より報酬は少なめでしたが、仕方ないので時間的な融通を得たかったので、あえて選択しました。ところが、入社したあと、一緒に働く人たちのほとんどが派遣社員として10年以上も続けて勤務していらっしゃったのです。たとえ派遣社員であったとしても、契約が終わってもすぐに辞められる雰囲気もないと知り、ちょっと困っています。

仮にあなたが再就職を視野に入れた場合、「Uターン」「Iターン」において…

仮にあなたが転職をするとき、「Uターン」「Iターン」など、都会から地方に移住した上で転職したい、と希望する人、実践する人が増えています。この頃は求人情報サイトを用いれば、郊外や地方での求人情報にもいつでも簡単にアクセスできます。しかしながら、地方や郊外での求人に関しては、大都市では当たり前に見るような条件や待遇のある会社が少ないのがデメリットといえます。といった問題があるので、転職サイトだけに頼りすぎるのも考えものです。転職サイトと併せて、その地方の自治体や商工会議所の情報サイトも定期的にチェックし、「地方自治体・商工会議所」といった役所が開催する就業サポート系のイベントについても見逃しがないようにしましょう。

転職について考えた場合、転職したあとの年収について気にしすぎる人…

転職を考える際、その職場の給料について気にしすぎる人がそこそこ少数派でもないでしょう。ほとんどの方は、仕事というのは収入を得るため、行うものです。だから生活費を給料として手に入れるべく仕事をしていると思います。だから年収は自分の価値を測る指標でもあるので当然大切なものであることは無理もありません。しかし、愚かにも年収額に執着しすぎるのも虚しい気がしませんか?それより年収が期待できない業種でったも精神的な成長を遂げられるチャンスは大いにあるものだからです。

『今すぐ転職をしたい!』と考えていて、自身の意志が固いならば…

『転職をしたい!』という願望があって、その意志が抑えられないくらい強いものであるなら、退職したいという旨を速やかに上司に伝えましょう。しかし、このときに相談といった形で話を持ちかけると、上司に言いくるめられる可能性が高いので要注意です。実際にわたしが転職をすると話した時にはスンナリと受理されずに結局、半年以上にわたり辞められませんでした。はじめに、直属の上司に相談したのが年度末で、いろいろあって退職を受け入れられたのは同年11月です。本音を言うと、年度末を区切りにしたかったのに、スムーズに退職できませんでした。やはり企業としても人事的な都合もあるとは思いますが、スタッフの希望を聞かないまま、会社ぐるみで私の都合を無視する形で引き伸ばされたので非常に職場に対して呆れてしまいました。