職を変える際にいるビジネススーツの色においては、新卒の学生が就職活動の…

職を変える時に必要なビジネススーツの色においては、新卒の方が就活の・・

  • 転職の時の面接でいるスーツの色については、新卒の就活に着る色が暗黙の了解となっています。言い換えると、紺や黒などのような落ち着いた色味になります。転職の場面でも、着用していくスーツの色はこういったような暗い感じのカラーが大方を占めそうでない色のスーツの人は少数です。あえて言うならば、グレーの人がわずかにいるくらいで、ほとんどが黒や紺色のスーツが圧倒的に多いので、面接を行う人事から見ても黒や紺色のスーツの方が普通です。ですから、見た目の印象という点ではぜひともそのようにしてくださいね。

  • 以前は、職探しは「転職サイト」ではなく、「ハローワーク」で探していました。

  • これまで私は、職探しをする場合は「転職サイト」より、いつも「ハローワーク」で探していました。その理由は、大抵の転職サイトは、どうしても都心の企業の求人がほとんどだからです。であったので、新しい職場を探す時は、「ハローワーク」ばかり使用していました。やっぱり、掲載されている企業の知名度や給料は劣りますが、古くから地域密着タイプなので都会以外での転職には役立ちます。また、「どんな求人があるかわからない」というイメージがある人も多少いるかもしれません。以外にも、良い求人情報も載ってたりもするので、数年以内に退職後にすぐ転職活動したい方は、ハローワークへ1度は行ってみるのも良いと思います。人気の転職サイトのように多くの電話やメールが送られてくる心配もありません。

  • 転職エージェントや転職サイトなどを使って、転職活動を行う人は大勢います。

  • 転職エージェント、そして転職サイトを活用し、転職活動をする人はますます増えています。でも、転職活動の成果をもっと高めたいなら、それと同時に転職フェアも併用されることをお勧めします。転職フェアは、多くの企業が一堂に会するイベントです。そこに足を運べば複数の企業に関する情報に触れることができ、その上、その場で説明してくれるスタッフから、その企業の社風がある程度わかります。仮に、転職フェアに参加される場合は、面接を受けるつもりでしっかりと準備をしておきましょう。フェアを通じて、企業側から良い人材と見なされれば、後日本格的な面接時に大きなアドバンテージになるでしょう。

  • 転職活動をスムーズに行いたい場合、それなりの準備は必要不可欠です。

  • 転職をスムーズに行いたい場合、準備は必要不可欠です。そんな中でも目に映る「服装」は、誰もが気を遣う部分ではないでしょうか。けれども、現在の採用面接では形式ばらない服装が多い企業があるので、スーツを着込んで赴く必要がない場合もあります。とくに創業してすぐの会社などは、厳格な規則もないことが多く、私服で面接をした方が、良い印象を持ってもらえます。正装でないので、フランクに会話できるメリットも。そして私服なら、時には面接時にファッションの話題に発展しやすいです。ですから、うまくいけば担当者に気に入らえるチャンスを作れます。というワケで、転職活動をする際は、企業の創業年数で決めることが、(ベンチャー系企業の)面接の際はスーツは着ずに私服で勝負してみる、というのもアリかもしれません。

  • 女性が再就職するに当たって、ここ最近と数年前では若干の変化があるといいます。

  • 女性が再就職するに当たり、一昔前と現在とでは多少の変化が見受けられます。過去には面接のなかで会社側から、結婚観や結婚後の予定について当たり前のように質問されることが多々ありました。ところが、今ではそういった内容はセクハラとして聞かない企業の方が多くなっています。また、名の知れた大企業の場合は、神経質になっています。が、面接する側ははい・いいえ、の2択ではなく、その人の生き方「結婚後も働きたいのか」出産後の具体的な予定を把握しておきたいとは思っているはずです。自らの将来設計を知っておいてもらうためにも、志望の動機や自己ピーアールとともに表現することで、会社側にもしっかり伝わり、また、モヤモヤも解消できると思います。ですから、たとえ、聞かれていない内容でも、こちらから積極的に話をしてみると良いでしょう。

  • 転職を考えているのなら年収に関して高望みはしないほうが無難です。

  • 新しい転職先で、すぐに年収に関して高望みはしないほうが無難です。中でも、一年目の段階ではほとんどの場合試用期間が含まれることもあります。自分の転職したときは、尽力して新しい職を見つけることができたのに、悲しいことに年収が前職での稼ぎとほぼイコールということがありました。そればかりでなく、仕事内容はとてもキツく、かなり責任のある立場で初年度を乗り越えるのにたいへん骨が折れました。そういった実体験をしたからこそ、初年度は、仕事を覚える時期として捉え、可能ならば転職以前に貯金しておき、仕事に没頭した方が良いと思います。

  • それと違う職業に転職を決断する原因は、人によって違うはずです。

  • 看護師という職の人の転職する理由はその人それぞれです。それを見てみると看護師からの転職するには「職場環境に気の合わない上司や同僚、お客がいる」「結婚がきっかけで配偶者のこともあって子育てさらに親の介護など、環境のさまざまな変化など、これまでのようには仕事が難しい」「給与体系に不満がある」といったような理由があるのでしょう。環境を変えたい気持ちは分かりますが、転職を決める前に「どうして自分は転職をしたいと思っているのか?」と、ゆっくり沈着冷静に客観視してみることも忘れずにやっておきましょう。「本当に転職を叶えたら、状況が上向くのか?」ともう一度考えたうえで決断してみましょう。

  • 退職|これまで20代前半に転職を数回経験し、いまは資格を取る…

  • これまで20代前半に転職を数回行い、いまは資格取得のため、「派遣社員」を選択しています。フルタイム勤務ではないのでやはり手取りは安いのですが、前よりも心と時間に大きな余裕が生まれました。学生の頃に資格を取り、就職できたら良かったのに、と多少の後悔はあります。また、きちんと資格を活かしている人を見るとなんだか羨ましく感じてしまいます。昔の私は、自分と他人をどうしても比べてしまい、劣等感を感じる日もありました。しかし今では、結婚してから、私の生活環境が大きく変わり、その中で仕事や将来の夢も定まったので、楽しく日々を過ごしています。

  • 派遣として働いています。労働契約法の関連で不本意に…

  • ある会社に派遣されて働いています。派遣法や労働契約法のせいで長く務めてきた就業先での仕事を辞めなければいけません。いっしょに働いている派遣の仲間の中には派遣の勤務先で正社員の位置をつかみ取った方もいるのですが選ばれた理由としてははっきり言って仕事の実力というよりは派遣先の上司へのご機嫌取りがうまい方でそれが採用の決め手となった模様。仕事のスキルよりもおじさん転がし能力の方が大切なのだろうと選考に漏れた別の派遣の同僚と職場でいつも愚痴っています。

  • 転職を行う際、今働いている会社を辞める時に「失業保険」を受け取るための手続きをしておく必要があります・・

  • 転職を予定しているのなら今勤務している会社を退社する時に失業保険の給付を受けるための手続きが必要ですが、自分からすすんで退職願を書いて会社を去る、いわゆる依頼退職においては失業保険はすぐには出ず手続きしたのち、失業したことがきちんと認められてから、3ヶ月間を経ないと受け取ることが出来ないのです。であるため、会社を辞めた翌日から3か月経過すれば給付されると誤解している人がいますが、この規則を理解していない人が、ハローワークの職員の方が間違っていると主張してそれが原因となりハローワークの職員さんと過去に口論していたのを見たことがあります。例外として、自分側の都合ではなくリストラみたいな「会社都合」での解雇に遭遇した場合は、失業認定を受けて直ちに失業保険が給付されます。

  • 退職|全くの初挑戦の業種などに転職を考えるときには、以前の職で、自・・

  • これまで経験したことがない業種などに転職を考えるときには、以前の職で培ってきた力やこれまで経験したことが生かせるというアピールが必要になります。初めて挑む人は経験していない分だけその業種を経験している人よりも不公平な状態になりますが、自らが保持しているスキルがその業種でも生かすことができるということを相手に話すことができれば、勝負になる場合もあり得ます。ですから、経験のない業界に挑む場合は、その業界と自分が今までやってきた仕事内容とのつながりを必ず見つけ出してみましょう。

  • 退職|再就職における面接などに関して面接担当者に名刺を渡された場合・・

  • 再就職の面接などの場面で名刺を手渡してきた場合、あなたも名刺を相手側に渡した方が良いのか?と対応の仕方に迷った際は、おおむね渡さなくても良いと覚えておいてください。面接というのは仕事の延長上のことではなくて、仕事を得るための採用活動の一部です。ですからほとんどは名刺を交換する時ではありません。加えて、会社の者としてその場にいるのではなく、個人の問題でこの場にいるわけです。ですので、もしも相手の方から名刺を渡された場合であっても、こちらにおいては名刺を受け取るだけで問題なくて、面接担当者に相手側に渡す責任はまったくないと言えます。

  • 求人関連の情報誌やサイトを見てみると、まともな株式会社で…

  • 求人関連の広告には、大部分の企業では月の給与の記載に目が行きますよね。でもこの月収の項目をチェックする時には、注意深く確認する事が大事です。その多い少ないだけで納得しないようにしましょう。何故かというと会社によっては、月収の内訳に「毎月15時間分の残業」を含んでいるかもしれません。何が問題かというと残業代をあえて含めることで金額が高く見えるようにしているケースも考えられます。そのほか、「歩合給」が基本給にプラスされる、というパターンにも要注意です。歩合の割合をかなり多めにした上で、月収を高く見せているケースもあったります。ですから、こういった「不誠実」とも取れる詭弁を弄する案件には「ブラック企業」な可能性も高いので、警戒しておきましょう。

  • 転職活動の際は、まず、求人票を見たり、ネット上の公式サイトを閲覧したりして…

  • 転職を行うにあたっては、最初に、ハローワークの求人票や求人雑誌を閲覧したりして興味のある会社を調べると思います。しかしながら、当該会社が情報を公表する際には、コンサルタントから指導を受けている場合が多いです。コンサルタントは、会社に不都合な情報を隠す特徴があります。たとえ公表したとしても差しさわりのない表現をします。その種の会社の「社長インタビュー」または「社員情報」などの話は、すべてを事実だと考えるのではなく、半信半疑で受け止めておいた方が良いでしょう。仮に言葉を額面通りに受け止めてしまうと、期待していたことと全く違うとあとでガッカリすることになりかねません。悪徳会社は、素直な人間を取り込み、その後は、いろいろと難癖をつけて退社できないように策を練ってきます。ブラック企業では、この手のことが多いです。

  • 以前は求人情報には、雇用側の希望する「性別」がはっきりと書かれていました。

  • 以前の求人情報では、雇用主の希望する「性別」が明確に書かれていました。けれど最近では、「男女雇用機会均等法」ができたことによって、雇用する際、男女差別がしてはいけないとして、求人情報の詳細に「性別」が無記載となりました。でも、求人を出す側としては、本当のことを言えば、どちらが希望と言う想いがあるのです。現実問題として、実際は男手を欲しい案件に、女性が応募したり、対称的に、女性が必要なのに、男性が応募してきたり、といったような問題が起こりうる可能性があります。たとえば、「女性が活躍できる職場です」とアピールする案件では、雇い主再度が「女性」を必要としている、と解釈しておいたほうがべきです。

  • 退職|転職先の会社を探すために人材紹介会社へ登録に向かいました。

  • 転職活動の一環として人材紹介会社に登録に向かいました。カウンセリングのために現れた担当の方がどうも経験不足の社員のようで、こちらが説明をしていることの50%ほども彼は理解できていない感じ。さらに悪いことに「キャリアデザインに問題があります」とか「もっと自分の強みと弱みを明確化しておく必要性があります」等、知ったかぶりに横柄に言い散らかすからすっごく不快でした。カウンセリングをする人はそれなりに能力のある人にしてほしいものです。