派遣会社を介して働く人が最近では多くなっていますが、…

退職|派遣会社を通して働く人がだんだんと増える傾向にあります。

  • 派遣会社に登録して働く人が規制緩和の後、増加しています。もしも自分がが派遣社員として働く場合は、派遣先から支払われる1時間あたりの報酬がいくらで、どのくらいの額(割合)、自分に入ってくるかを面接の際に質問しておいた方がいいでしょう。派遣業は、労働力を欲する企業に人材を派遣し、その見返りとして、手数料を徴収するシステムです。実際に派遣される労働者の取り分が不明確になっている場合がかなりあります。50%以上を還元しているのであれば、まだよい会社ということも可能ですが、情報開示をしてくれない業者も多く、酷い派遣業者では、3割しか労働者に還元しないという場合も多いといえます。面接の際にきちんと返答しない会社は、いろいろ不都合なことは隠す体質であることが多いので、別の派遣会社のもとで登録されることをオススメします。

    もしもあなたが転職を予定しているのなら、先に資格を取得することで有利に事が運びます。

  • もしあなたが転職される場合は、事前に「資格」を取っておくと選択肢が増えます。とくに、在職中に資格取得をしておくのがお勧めです。転職活動でそれを生かせることができるので、次の仕事も見つけやすくなります。であるため、在職中であり、なおかつ転職活動前の段階が資格取得においてのお勧めです。もしもあなたが再就職を考えているなら、このあと役立つ可能性の高い資格を持っておくと、今の仕事に別れを告げても躊躇なく次に進められるはずです。さらには、資格を手に入れることで転職活動では資格が味方をしてくれるので面接の場では面接担当者に「即戦力」と認められ、以前の職場より待遇も良くなる可能性があります。

    将来的に、私たちの社会的環境においてぐんぐんと単純労…

  • 近い将来、私たちの社会的環境において着実に短絡的な作業は機械に変更されていき必要な人手は少なからず縮小させられてしまいます。なぜかというと単純な仕事は人よりも機械でやったほうが比べられないほど利便性にすぐれているからです。数をカウントするとか、同一の手順をずっとリピートしたりすることは機械なら何の苦もありません。人間とは違って泣き言も言わない、肉体的な疲れもないし、横着をすることもないし、正確な作業ですし、均一にこなせます。さらには、「人件費」が発生しないのもメリットといえます。このような観点から労働力として人間を使う意味が到底無いため、機械に移行していくのも必然といえるでしょう。

    退職|最近はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」だけでなく・・

  • 今日、インターネットの就職斡旋エージェントの中でヘッドハンティングの請負ををビジネスとする会社も増えています。あなたに特許出願の経験があるなら、直後に彼らから電話が掛かってくる可能性が高くなるといいます。ヘッドハンティングを行う会社は、特許を取った人だけでなく、「研究開発論文」を発表した人や、マスコミで紹介された人など、「功績」を残した人物に狙いを定めて、電話やメールを使ってコンタクトを図り、ヘッドハンティングするネタにしています。仮にあなたが、ヘッドハンティングの匂いがする誘いを受けたときには、そうなったきっかけを考えてみましょう。まれにヘッドハンディングを装って、登録料を要求しようとする会社もありますが、そのような業者は確実に詐欺といえるので騙されないようにしましょう。報酬を支払わなければいけないのは登録している会社で、転職希望者が払う必要はありません。

    転職活動では、履歴書と職務経歴書を準備することが必要不可欠となります。

  • 転職活動を行うにあたっては、履歴書と職務経歴書が必要不可欠だとされています。企業のほとんどは履歴書や職務経歴書に書かれている内容を考慮して面接するかどうかを判断するため、どうあってもこれらの書類が大事なポイントです。ただ文字を書くだけにとどまらず、記載内容を魅力的なものにすることも大事です。職務経歴書には、自分の職務の詳細な内容、できる限り自分のできること書いておきましょう。また、過去だけでなく現職で挙げた実績なども有効です。例をあげれば売上をこれまでの○パーセントアップ達成した、などわかりやすく書くのが得策です。難しいと思う場合は、「転職エージェント」に職務経歴書の添削をしてもらい、文章をチェックしてもらったりして自分のブランディングのために活用をはかることもよい転職をするための選択肢として考えておきましょう。

    最近はパソコンやスマホを使えばインターネットのエリアには・・

  • 最近はスマホを使えばわかるけどインターネット上には、要するに「転職サイト」と呼ばれるものが多数存在しているのをご存知でしょうか?その多くのサイトから自分自身に合った転職先と思えるのを見つけるには最初は情報を収集することが欠かせません。こういう転職サイトをしっかり利用することでよりスムーズな転職を叶えられます。客観的なデータもしっかり掲載される「転職サイト」がある一方、そうではないと思われるサイトが存在しているのも事実ですから注意が必要です。まずは、本当に信用していいサイトかどうかを見極めることが大切ですからよそと比較しながらチェックしてみましょう。

    長年にわたり接客関係で勤務してきましたが、年をとったせ…

  • 長年接客業で勤務を続けてきましたが、年齢を重ねるにつれて立ち続ける仕事は体力的にしんどいため、座って仕事ができる事務系のお仕事へ転職することを志して活動をしました。事務が未経験だとわりと厳しく、それなら接客の経験も活かせる受付兼医療事務を目指そうと思い資格も獲得し個人医院に転職しました。周りは超ベテランの先輩パートさんばかりで人間関係も複雑。夜間のシフトばっかり押し付けられ、接客業で働いていた時よりも家に遅く帰らなければいけなくなりましたが、まずはキャリアの形成時と思って我慢します。

    これはシフト制がある仕事についての話です。

  • シフトのある仕事についてです。一定の曜日に仕事できる人を募集する求人をよく見るのですが、休む手順やシフトの出し方については前もってチェックしておくべきです。それはなぜかというと、前に私は産休で休む人の代役として、正社員として仕事に就いたのですが、そこが「土曜、日曜」固定のシフトで、新しく入った私以外だれも出てくれませんでした。産休に入った前任者が土日は必ず出勤していたので、私も同じような人として扱われてしまいました。実際「土日」に外せない用事が入ると、シフト変更を出す必要があり、職場の先輩たちに「日曜日に休みたいのです」と自ら頭を下げなくてはいけませんでした。給料も立場もほぼ同じなのに土日を私ひとりだけに任せるだなんて・・・。今思うと本当によくやってこれたなと思います。

    時間に融通が効くはずの派遣社員だからといっても、1年経っ…

  • 派遣社員というものは、契約期間を迎えたら自分自身の好きなタイミングで退職できるワケでなはないと実際に転職したことで学びました。私は新婚生活が落ちついたらなるべく早く子供を授かりたかったので、子供ができる日が訪れるまでのあいだ、数年だけ今の職場で継続で続けられれば良いなと思い就職しました。フルタイムでなく派遣社員だったので、正社員より収入は少なかったですが、仕方なく時間的な融通のために、この道を選択しました。ですが、いざ入社したあとに、一緒に働く人たちの大半のスタッフが派遣の仕事を10年、15年と続けていらっしゃったのです。意外にも派遣だからといって、期間が過ぎたらすぐに辞められる雰囲気などなく、ちょっと困っています。

    もしもあなたが再就職を視野に入れたとき、「Uターン」「Iターン」といった具合に・・

  • もしもあなたが転職を考えた場合、「Uターン」「Iターン」にて都会から地方に移り住んだ上で再就職したい、と考えている方が、ここ最近増加しています。今では転職サイトを使えば、地方・郊外での求人情報にもいつでも容易にアクセスできます。しかし、地方での求人に関しては、どうしても選択肢が限られてくるというのが大きく違うところで、そういった点でマイナスといえます。したがって転職サイトを使用するのは当然ですが、転職サイトとともに、「地方自治体・商工会議所」の情報サイトなどもよくチェックしておくと良いでしょう。「地方自治体・商工会議所」など、行政が開催する就業サポートの有無も注意してみておきましょう。

    退職|転職というものについて考えた場合、転職したあとの自分の年収について気にする人…

  • 転職というものについて考えた場合、転職したあとの給与ばかりに気を取られる人がどうも多いものです。ほとんどの方は、だから生活費を得るために仕事をしているはず。ですから年収は自身の価値を測る指標という側面もあるから、大切と感じるのは至極当然です。でも、ひどく年収というものに異常にこだわりすぎる生き方というのも考えものです。それより収入面にそれほど期待ができない仕事であっても、精神的に満たされる可能性が少なくないからです。

    『なるべく早く転職したい!』という願望があって、自分の意志が強いのであれば…

  • 『今すぐ転職をしたい!』と思っている人のなかで、将来の進路がハッキリしているのなら、辞めたいという旨を即、上司に伝えておきましょう。ですが、ここでは曖昧な表現をするともしかすると言いくるめられる可能性が高いので要注意です。また、実際に私自身も上司に転職の相談をしたところ、スンナリと受理されずに最終的に、半年以上にわたり辞められませんでした。退職する旨をはじめて直属の上司へ相談をしたのが年度末だったのですが、いろいろあって数ヶ月働いて退職出来たのはこの年の11月です。本来なら、仕事の落ち着いた年度末を契機にやめようとおもったのに、思ったとおりにはいきませんでした。やっぱり職場にも人事の采配が必要なのは分かりますが、スタッフの意見を聞かずに、上司を含め組織として予定を引き伸ばしてきたので、心底以前にも増して失望しました。

    退職|仕事をするにあたって心的に自分が苦しくなって転職せざるを得ない状況に追い込まれたのな・・

  • 仕事のために回復が難しいほど心的に厳しくなって、会社を変えなければという気持ちになったなら、そのときは、会社(の関係者)と相談する以上に、自身の家族と相談して、退職するかどうかを決めたほうがいいです。なぜなら、働くことは当事者である自分ですが、同時に身内の問題でもあります。毎月、どれだけ高い給料を得たからといって、メンタル面が追い込まれるまで我慢して働きつづけるのは、望ましいとは言えません。現代は、物質的な豊かさよりも、働きやすさを優先する生き方が尊重される時代です。ですから、あなた自身の身内や、あなた自らの心身をいたわりましょう。

    退職|失業保険を毎月、給付してもらうには、仕事を探していることを理解してもらわなければいけません。

  • 実際に失業保険の給付を振り込んでもらうためには、職を見つけようとしているという証明が必要となります。とはいえ、現実は「今まで一生懸命働いてきたので、しばらくは仕事をせずにゆっくりと過ごしたい」というのが本音でしょう。ですので、本当に求職活動をしているように見せる方法があるので紹介しましょう。月に一回ハローワークに行って担当スタッフと面談するのはあたりまえですが、その場にて、「求人票」を閲覧することを最低限やってください。本気になって探したくないときは、求人票を真剣に閲覧している芝居をして、(ハローワーク職員との)面談時に「労働条件のいい仕事や自分に合った仕事、希望する仕事が無かった」と話して、次の機会を探すという手もあります。

    自分のスキルを武器に転職を考える場合に、転職し易い業界と…

  • 自身のスキルや資格を有効活用しながら、再就職をするつもりなら、転職し易い業界と比較的、再就職が難しい業種がある事を理解しておけば転職先を探すのに役立ちます。すんなりと転職がかなう職種としては、たえず人手不足になっている「医療・介護」が代表でしょう。医療や介護では、看護師、介護士の「資格」が必要で、ハードルが若干高いのも転職しやすさの拍車を掛けています。今現在、医療従事者として働いている人が、様々な事情により、異業種に転職したいと思っているなら、少し考えてみたほうが良いです。「医療」「介護」以外の業界は、働き手の流動性は少ないもの、と理解しておきましょう。というわけで、簡単に考えないことが大切です。異業種への転職される場合は、異業種では「売り手市場」な前提で軽率な行動を取らないように理解しておきましょう。

    ある古物商の社員募集に応募したところ、書類選考に合格したので・・

  • とある古物商にて、書類選考をクリアしました。2、3日して先方から面接の日時を教えてもらいました。けれども、面接日当日、行ってみると、手違いがあったのか相手の面接の準備が全くできていない状況だとわかりました。しばらく待って、責任者らしき人が面接に応じてくれましたが、たいへんにけだるい表情を見せ、なんとか面接は終わりました。しかし、2週間後と言われた結果の連絡がまったくもらえず、自ら問い合わせると、「結果は郵送で本日送付しました」と言われました。心待ちにしていたのですが、しかし、これも未着でそんなわけでまた問い合わせたところどういうことなのか、「残念ですが不採用とさせてもらいました」、とその直後、電話が切られてしまいました。私は呆れ果ててしまいましたが、率直に、採用されなくて良かったと感じています。